<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

歴史家リサ・ジャーディンとルネッサンスの精神

パリで起きた残忍なテロ攻撃にショックを受けながら、起きたことの意味を解明しようと試みたのですが、そのあまりの痛ましさゆえ打ちのめされてしまった私は、筋の通った論説を立てることができませんでした。その代わり、この10月に癌で亡くなった歴史家のリサ・ジャーディン(享年71)への敬意を払うことで、私自身の想いを伝えていくことにしました。リサ・ジャーディンは極めて多くのことを成し遂げた英国の学者でした。

リサ・ジャーディン(1944年4月12日英国オックスフォード生まれ)は、ルネッサンス研究が専門のロンドン大学の教授でした。何冊か書物を執筆しており、歴史の他、科学や文学にまつわるエッセイや論文がありますが、ラテン語や古代ギリシャ語を含む8カ国語に達者でした。ケンブリッジ大学で数学と英語を学び、人生を通じて、芸術と科学に関連する複数の団体で教育研究に関わる重要な地位に就いていました。最晩年の6年間には、英国独自の機関であるヒトの受精及び胚研究認可局(HEFA)の長官を務めました。

続きはこちら....
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-12-01 00:00 | 人物