<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

シェイクスピア物語メアリー&チャールズ・ラム兄弟の風変わりな関係

先々月のコラムの中で、「シェイクスピア物語」の著者、メアリー&チャールズ・ラム兄弟について書きましたが、この本は偉大なシェイクスピアの戯曲を、19世紀初頭の子どもや若者のために読みやすくして書かれたものです。ラム兄弟の文章スタイルが明快さと優美さを併せ持ってることは認めますが、シェイクスピアをいささか優しく簡単にし過ぎてるのではないか、とずっと私は文句をつけてきたのでした。

私が心配なのは、この物語を読んだ人々が原典を読む必要はないと思ってしまうかもしれないということです。私としては、まずシェイクスピアの原典を読んだあとで、このシェイクスピア物語を読むという順序をお薦めします。こうして読まれてこそ、ラム兄弟の功績は十分に評価されうるものと思っています。

More
[PR]

by xavier_astro | 2014-07-02 00:00 | 文学  

THE STRANGE CASE OF THE BROTHERS LAMB

In one of our latest articles I had mentioned the brothers Mary and Charles Lamb, authors of ‘Tales of Shakespeare’, a book written to make this great dramatist easy to read for children and young people in the early XIX century. Although I acknowledged the clarity and elegance of their style, I had complained about making Shakespeare seem too easy and light.

The main point of my criticism is that those who read ‘Tales of Shakespeare’ may think that they do not need to read the actual plays anymore. In truth, I would recommend the opposite direction: reading the tales after a direct contact with Shakespeare’s works. In this way the talent of the brothers Lamb can be fully appreciated.

More
[PR]

by xavier_astro | 2014-07-01 00:00 | 文学