<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

『百年の孤独』の ガルシア・マルケス 逝く

「予告された殺人の記録」(1981)は、ガルシア・マルケスの作品の中でも、最も興味深いものの一つでしょう。読者は最初から話の展開を知っていて、この小説が、主人公が殺されるに至った経緯について書かれたものだと分かっているわけなのですが、にもかかわらず、誰しも読むのを止められないのです。

ガルシア・マルケスの訃報を聞いて、これと似たようなことが起きたような印象を持ちました。私たちはみな、彼が、年を取り、認知症の症状が出ていたことを知っていました。1999年にはリンパ腫の治療を受けていたのですが、彼のような聡明な人が病に冒されることなど、誰も望まなかったわけで、だから彼にとって一番いいのは、死ぬことかもしれないと思ったけれども、彼の訃報に私たちは今もなお、打ち拉がれています。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2014-06-02 00:00 | 人物  

GARCIA MARQUEZ

‘Chronicle of a Death Foretold’ (1981) was one of the most spellbinding books that Gabriel Garcia Marquez ever wrote; the reader knows from the beginning of the story what happened, and the whole novella is just about why the main character was killed; and yet one cannot stop reading it.
         
Something similar took place with Garcia Marquez’ death; we all (friends and admirers) knew that he was ill, getting too old, and having a sort of dementia (Alzheimer?). He was also in remission of a lymphatic cancer he had had in 1999, and nobody wanted such a brilliant mind like his to be decayed by disease; so we all thought that the best for him was to die. And yet we all were terribly sad with the news of his departure.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2014-06-01 00:00 | 人物