<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ヴィーナスとアドーニス

ヴィーナスとアドーニス」は、シェイクスピアの最も有名な長編詩の1つで、まだ若い頃に書かれた作品です。この頃、ロンドンでペストが大流行し、劇場が閉鎖されたために、彼は自身の戯曲を上演することができませんでした。シェイクスピアは資金を得るために、戯曲ではない様式である詩を書きました。詩はたいへんな成功を収め、いくつもの版で出版されることとなりました。この詩の美しさとエロティックな内容が大衆にウケたのでしょう。

私はこの詩を数日前に読み直してみて、神話ヴィーナスとアドーニスの物語のシェイクスピアの解釈に改めて驚かされました。ユング的な観点からは、この長編詩に描かれたイメージは、特に欲情的な恋愛関係において活性化されたアーキタイプを極めて繊細に表現しています。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2014-01-04 00:00 | 文学  

VENUS AND ADONIS

One of Shakespeare’s most famous long poems is ‘Venus and Adonis’. It was written when he was still young; he could not work on his plays because there was an outbreak of plague in London and the theatres were closed; so in order to make some money he tried a different genre. The poem was very successful and there were several editions of it; the public liked its beauty and strong erotic content.

I reread this poem a couple of days ago; I was astounded by Shakespeare’s interpretation of the myth of Venus and Adonis; from a Jungian perspective, the images of this long poem express very subtly the archetypes that are activated in a love relationship, especially when passion is involved.

More
[PR]

by xavier_astro | 2014-01-03 00:00 | 文学  

ザビエ・ベトコートより新年のご挨拶 2014

希望は種を発展させようとする人間の健康的な感情の最たるものでしょう。希望こそが私たちを健全に保ち、未来への展望を開かせてくれるのです。どんなに悲惨な過去であれ、今がどうであれ、希望は必要なものなのです。希望なしに人類がこれまで生き延びて来れたとは私は思いません。

宗教、政治、芸術、科学など人類が発展させてきたことの全ては、常に希望とともにありました。いのちが経験をしようとする時に希望を切り離すことなどできえません。その経験がどんなに痛みを伴うものであったとしてもです。

もちろん、希望は現実に根ざしているべきで、私たちが望みを抱くのは実現可能なものであるべきです。また、希望は責任を伴うものであり、私たちは然るべき利益を得て、そしてそれをさらに増やしていかねばなりません。現実的でない望みを抱くことは、希望が持てないことを誤摩化し、錯覚しているものについて無駄話をしてるようなものです。楽観主義には二つあって、一つは強い望みを抱く時に出て来るもの、もう一つは夢物語や幻想から来るもの、というのが私の意見です。

不正、悪政、平和を脅かす不条理な領土の要求や、戦争、大災害、天災は、もはや無視できないところまできています。それでも私たちは未来につなぐ希望を抱く必要があるのです。私たちは種として今ここに存在しているのですから。私たちが生き延びられるように祖先たちが最善を尽くして来てくれた結果として、私たちは今ここに存在できているのですから。

2014年は、第一次世界大戦勃発からちょうど100年となります。グリニッジ標準時の新年のチャートを見てみることにしましょう。楽観主義と悲観主義、希望と絶望の間の葛藤を、不思議なくらい明確に示しています。戦争の神である火星は双子座のアセンダントのところにあって、ディセンダントにある天王星(唐突な予期せぬ変化や脅威、不安定要素を示します)と不安定な拮抗を生もうとしています。命の最たる象徴である太陽と月は山羊座にあって冥王星と重なっており、困難を乗り切る手助けをしてくれようとしています。これらはまた未来への新しい土台を築き上げるように働くでしょう。土星は2室で蠍座にあり、おそらくはこのトランジットで最も暗く重たい危機的瞬間となるでしょうが、2室で起きるというのが救いとなります。人生の本当の価値が何であるのか、土星が示してくれることになるでしょう。とりわけ、楽観的で拡張的な性質の天体である木星が天頂、チャートの最も高い位置にあることは、私たちに希望を与えてくれます。
e0182773_9281295.gif
1st Jan. 2014
00:00hrs.
at Greenwich, UK

さぁ、最高最善を望み、そして行動しましょう。それが実現させる最善の方法です。
日本の親愛なる私の友人たちに、このメッセージをお届けしたいと思います。

2014年お正月に。
ザビエ・ベトコート


原文はこちら
[PR]

by xavier_astro | 2014-01-02 00:00 | メッセージ  

NEW YEAR’S MESSAGE 2014

Hope is the most salutary feeling humanity managed to develop as a species. It helps us to keep a healthy and open perspective about the future, no matter how bad the past, or even the present, has proved to be. I do not think we could have survived without hope.

Religion, politics, art and science, all human achievements have hope at its central element. It would be difficult to separate this feeling from the experience of life, no matter how painful the experience of life can be.

Surely, hope has to be grounded in reality, what we expect has to be possible. Hope also imposes responsibility, we have to gain and then multiply the benefits we receive. If hope is not realistic, then, we are talking about illusion which is a sort of mask we use to disguise a lack of hope. In my opinion, there are two types of optimism, the one that comes from authentic hope, and the one that comes from fantasy and illusion.

We cannot pretend that we do not see injustice, bad politics, preposterous territorial claims that threaten peace, wars, catastrophes and ecological disasters, but we are obliged to have hope for the future. Why? because we are still here as a species, and we have to recognize that our ancestors did their best to keep us going.

This 2014 is the first centenary of the First World War. I am casting the chart for this New Year at Greenwich, UK at 00:00hrs. Curiously enough, the chart shows a clear struggle between optimism and pessimism, hope and despair. Mars, lord of war, is on the Libra Ascendant trying to impose a precarious equilibrium against Uranus in the Descendant (sudden and unexpected changes, threats, instability). Sun and Moon, the most important symbols of life are in Capricorn, all around Pluto, trying to help us endure hardships; they are also trying to build up new foundations for the future. Saturn is in Scorpio in the Second House, this might be the darkest moment of this transit. The good news is that in the Second House, Saturn will teach us what the real values of life are. But above all, Jupiter, the planet of optimism and expansion is at the Mid Heaven, the highest position in the chart, announcing Hope.
e0182773_9332415.gif
1st Jan. 2014
00:00hrs.
at Greenwich, UK

So, let us hope for the best and do are best to make it happen. I wish to convey my best feeling to all my dear friends in Japan, for this year and forever.     

Xavier Betancourt

In Japanese
[PR]

by xavier_astro | 2014-01-01 00:00 | メッセージ