<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

THE HOLLOW CROWN〜ホロウクラウン(空しき王冠)(2)

第3幕第2場面の初めの方に、リチャード二世が人間的になっていく過程の最初の兆しを描いた、もうひとつの美しい独白シーンがあります。リチャードは自分自身のことを、威厳があり尊ばれる王たる王だと思っていたにもかかわらず、今や終わりが来ようとしていることを悟ります。「墓と蛆虫(うじむし)の話をしよう。」ここで死に至らしめる罠としての王冠という主題が語られ始めます。「死すべき人間に過ぎぬ王のこめかみを覆う空ろな王冠の中では、死神という道化師が居座っているのだ。」王座はやがて追われる時が来るし、他の人々と同様に王とていつかは死すべき運命にある故に、権力も王の威厳も錯覚だと気づくのです。私たち人間が他の動物たちと違うのは、死を認識できるかどうかということなのでしょう。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-09-18 00:00 | 文学  

THE HOLLOW CROWN(2)

Earlier in the play (Act III, scene II), there is another beautiful monologue showing the first signals of the process of humanisation in Richard; he still sees himself as king, a royal and sacred person, but he now knows he is mortal: ‘Let’s talk of graves, of worms and epitaphs’.  Here he introduces the theme of the crown as a trap of death: ‘for within the hollow crown that rounds the mortal temples of a king, keeps Death his court’. Power and royal pomp are delusions because a king is mortal and has to die like any other men. What makes us human, different from all other creatures, is the awareness of death.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2013-09-17 00:00 | 文学  

THE HOLLOW CROWN〜ホロウクラウン(空しき冠)(1)

英語圏外でも文化的かつポピュラーで目立つものとしては、ウィリアム・シェイクスピアが挙げられるでしょう。彼の作品のうち戯曲はそれほど多くありませんが、ロミオとジュリエットハムレットオセロリア王テンペストなどがあります。これらは英国史において名だたる王と戦争について描かれたもので、史劇と呼ばれます。リチャード三世だけが西洋、東洋文化圏どちらにも親しまれた一般的な男な話ではないでしょうか。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-09-02 00:00 | 文学  

THE HOLLOW CROWN(1)

As a cultural and popular landmark, outside the English spoken countries, Shakespeare’s canon includes very few of his plays; ‘Romeo and Juliet’, Hamlet, Othello, King Lear, ‘The Tempest’ (to mention some of them). Of the ‘historical plays’, called thus because they deal about famous kings and wars of the British history, only Richard III is familiar to the average man in Western and Eastern cultures.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2013-09-01 00:00 | 文学