<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ボストンマラソンのこれから、宿命と恐怖(2)

チャートを一見して、ジョハルの太陽は蟹座にあることから、兄の強い性格の影響を受けやすかったことが分かります。弟にとってタメルランは父親のイメージだったに違いありません。国々や地域の急な変化や、家族との別れを体験し、蟹座にとって家族や祖国というのは最も大切にしたいものであるので、それでジョハルにとって父親は遠い存在となり、この少年は兄を感情的道徳的な支えの中心として見るようになったのでしょう。ジョハルの乙女座の月は、ジョハルが物事をうまくこなせるように、兄を少しずつまねていっただろうことを示しています。母親というのはたいていの場合、道徳的規範にはなり得ないのです。とにかく、不安定でまだ若い蟹座は、理路整然としたうんと年上の天秤座の兄に対して、ノーということは難しかったに違いありません。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-06-19 00:00  

BOSTON EVENTS: FUTURE, DESTINY AND FEAR(2)

Whereas the darkness and the risks of Tamerlan’s chart are easy to spot, Dzhokhar’s tendency to commit a crime is much more difficult to detect; on the surface and far from any sort of prejudice, the younger brother’s chart tends to contradict any signal to become a mass killer. This standpoint makes the event more mysterious. How on earth a promising young fellow, interested in money, success and social acceptance, could unleash hell? The answer is that every mystery conveys a revelation, thus the esoteric tradition teaches us.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2013-06-18 00:00  

ボストンマラソンのこれから、宿命と恐怖(1)

21世紀はその全体像が露わになってきました。私たちが生きるこの時代はもはや新しい(希望の)世紀でななく、恐れと不確かな時代であるとますます思うようになって来ています。911のテロは、21世紀のイメージを決定付けました。希望に満ち溢れていた2000年はどこへいってしまったのでしょう?この世紀が、未来の象徴であったはずの超高層ビルが崩壊するというイメージから始まるとはなんとも逆説的ですね。起きた大惨事、大災害などをリストにしようとしたら、あまりに数が多くてあげきれないほどです。

これらの大惨事は、私たちの近代文明の世界に対する共通認識、あるいは個人レベルでの認識に、強いインパクトを与えました。また別のパラドックスは、もはや逃げ道がないという未来のイメージです。私たちは今や「未来」に生きているのです。科学的、技術的発見に心底驚くような人はもはや誰もいないでしょう。私たちは、ガジェットの最新バージョンはいつ入手できるのかと思いながら、手に入れるまで我慢を強いられているような状況なのです。この世紀のまた別のパラドックスは、技術が進歩すればするほど、もしテロに使われた時には、社会に対してより危険で致命的なものになってしまう可能性があるということです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-06-02 00:00  

BOSTON EVENTS: FUTURE, DESTINY AND FEAR(1)

The XXI century keeps sculpturing itself, the more we inhabit this already not so new century, the more we assume that these are times of fear and uncertainty; the 11/Sep attacks defined the profile of the epoch. Where did the hugely expected year 2000 go? It is a paradox that this age is founded on the image of the collapse of an emblem of the future, the skyscraper. And the list of catastrophes is already too long and too well known to keep mentioning it.
         
All this have a deep impact on the collective and personal perception of the world in our modern civilisation; another paradox is that the idea of the future is no more an escape exit; we are already in the future. Nobody can be authentically surprised about science or technological discoveries; we only become impatient wondering when we will be able to obtain the latest version of our gadgets. Again another paradox of the epoch is that the more technology evolves, the more dangerously and lethally in can turn against society when used by terrorism.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2013-06-01 01:00