<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

蠍座の土星(権力が病根に冒される時)(2)

ウゴ・チャベスは1954年7月28日午前4時、ベネズエラのサバネータ生まれ、貧賎の出でしたが、ベネズエラで最も権力を持つ人物となりました。これはベネズエラ石油の恩恵によるものでもあったわけですが、さらには南米やカリブ諸国を支配し制圧しました。ウゴ・チャベスは獅子座で、獅子座というのは人からの注目を必要とするのですが、チャベスの土星は蠍座にあって、彼の太陽と90度の角度を結んでいることから、自信が持てず、またそれが故に極めて自己中心的にさせています。贅沢な環境にいることを望み、チャベス自身が司会を務める「Alo Presidente(こんにちは大統領)」という自らの広報テレビ番組を持っていたほどでした。番組中、彼は何時間も喋り続けるのですが、威厳を強調するかのようであまりに単調なものでした。彼のアセンダント、月、木星、水星、天王星は蟹座にあるので、彼は愛されたくて愛されたくて仕方がないのですが、弱さや臆病なのを隠すために、対外的には父的なペルソナを作って見せていたのです。
e0182773_8393521.gif
Hugo Chavez
born in Sabaneta, Venezuela,
on July 28, 1954,
at 4 am


続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-04-18 00:00 | 占星術  

SATURN IN SCORPIO: WHEN POWER HAS CANCER(2)

Late president Hugo Chavez was born in Sabaneta, Venezuela, on July 28, 1954, at 4 am; from humble origins became the most powerful man in his country and, thanks to Venezuela’s oil, he influenced and controlled several countries in South America and the Caribbean. All Leos need a lot of attention but Chavez’ Saturn in Scorpio square to his Sun provoked a lack of confidence which made him incredibly narcissistic, he needed to be seen in lavish environments, he had a daily TV program, Alo president, where he would talk for hours, he was terribly monothematic, as those obsessed with grandeur are. With his Ascendant, Moon, Jupiter, Mercury and Uranus in Cancer, he wanted desperately to be loved, he created a fatherly type of persona, the protector of the weak and the poor.
e0182773_8321934.gif
Hugo Chavez
born in Sabaneta, Venezuela,
on July 28, 1954,
at 4 am


More
[PR]

by xavier_astro | 2013-04-17 00:00 | 占星術  

蠍座の土星(権力が病根に冒される時)(1)

冥王星が2008年に山羊座入りしてから2025年まで続く、この途方もなく込入ったトランジットを認識していくためには、土星のトランジットについて見続ける必要があると思うようになりました。その理由は単純で、試練や忍耐という極めて大きな役目を持つサインである山羊座は、土星が支配星だからです。冥王星はサイン、天体、室の内に隠れた潜在性を暴き、変容を強いて来るのですが、この消耗や破壊の容赦ないアクションは、土星がサイン上を通過する時に引き起こされる土星のリズムによるものです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2013-04-02 00:00 | 占星術  

SATURN IN SCORPIO: WHEN POWER HAS CANCER(1)

Ever since Pluto entered in Capricorn in 2008, I perceived that in order to grasp this incredibly complex transit, which will end up in 2025, we needed to keep tracking the transits of Saturn. The notion is simple: Capricorn, the sign with the biggest capacity of endurance, is ruled by Saturn. Thence, the inexorable action of corrosion and destruction that Pluto imposes to transform and disclose the potential of a sign (planet or house) would depend on Saturn’s rhythm led by the sign in which it will be transiting.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2013-04-01 00:00 | 占星術