<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

恥と罪と変容 (2)

例を挙げてみましょう。おとぎ話の大半は罪に関係していると、メキシコのクラスの中で私が話した時、生徒の中の1人からピノキオの話が出たのですが、ここでそれを取り上げたいと思います。皆さんの多くはウォルト・ディズニーによる映画(ピノキオ)でその話を知っていることと思います。カルロ・コッローディによる原作(ピノッキオの冒険)はあまりに陰鬱なので、ここでは主にディズニーの映画から用いることにします。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-08-16 00:00 | 心理  

SHAME, GUILT AND TRANSFORMATION (2)

A good example, suggested by one of my Mexican students when I had told them that most of fairy tales were associated to guilt, is Pinocchio. Considering that must people know the story through Walt Disney’s production, let us use it as the main version; the original book, written by Carlo Collodi can be very gloomy.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-08-15 00:00 | 心理  

恥と罪と変容 (1)

私はかねてから、世間一般の普遍的真実とされているような考え方を受け容れられずにきました。それは、日本は恥の文化である、とする考えにも当てはまります。日本人の極めて複雑な精神を、恥の概念を通じて説明しようとした「菊と刀」(1947)がアメリカ人文化人類学者によって書かれてから、日の丸文化の真髄を理解するための鍵として、西洋諸国はこの考えを取り入れて来ました。そしてまた、日本人ですら、自分たちの性質を定義する手だてとして、この考えを受け容れている人がいるほど影響力の強い考えなのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-08-02 00:00 | 心理  

SHAME, GUILT AND TRANSFORMATION (1)

Personally, I have always been allergic, so to speak, to those opinions which become universal truths; such is the case with the common place idea that Japan is a culture of shame. Ever since the American anthropologist wrote ‘The Chrysanthemum and the Sword’ in 1947, an essay which intends to explain Japanese extremely complex ethos through shame, the Western world adopted this opinion as the key to understand the essence of the civilization of the Raising Sun. This idea has been so influential that even some native Japanese people have adopted this believe as a means to define their true nature.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-08-01 00:00 | 心理