<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

大悪徳(悪習)6(2)憤怒

大悪徳(悪習)1 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)1 (2)を読む
大悪徳(悪習)2 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)2 (2)を読む
大悪徳(悪習)3 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)3 (2)を読む
大悪徳(悪習)4 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)4 (2)を読む
大悪徳(悪習)5 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)5 (2)を読む
大悪徳(悪習)6 (1)を読む     

映画や文学には、たくさんの狂暴で怒れる登場人物が出てきますが、私のお気に入りは、マーティン・スコセッシ監督(1942年11月17日午前0時24分、ニューヨーク州フラッシング生まれ)、主演ロバート・デ・ニーロ(1943年8月17日午前3時、ニューヨーク州ブルックリン生まれ)、よく知られるボクサー ジェイク・ラモッタ(1921年7月10日時刻不明、ニューヨーク市生まれ)の生涯を描いた映画「レイジング・ブル」です。ラモッタの自伝を基に、一人のボクサーの成功と破滅を描いた作品で、スコセッシはこのボクサーの家族や複数の妻たちに対する嫉妬心や破壊的態度を追究しました。ラモッタの最悪の被害者は彼自身だったと言えましょう。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-06-16 00:00 | 心理  

DEADLY VICES 6(2) WRATH          

There are many examples of viciously irascible characters in cinema and literature; a favourite of mine is Martin Scorsese’s (17/Nov/1942 at 00:24am in Flushing, NY) ‘Raging Bull’, the film he made with Robert De Niro (17/Aug/1943 at 3am in Brookling, NY) about the life of famous boxer Jake LaMotta (10/Jul/1921 in NYC, time unknown). Based on LaMotta’s autobiography, the movie portraits the success and fall of a boxer; Scorsese explores the jealousy and destructive attitudes of the boxer towards his own family and different wives. The worst victim of LaMotta is himself.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-06-15 00:00 | 心理  

大悪徳(悪習)6(1)憤怒

大悪徳(悪習)1 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)1 (2)を読む
大悪徳(悪習)2 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)2 (2)を読む
大悪徳(悪習)3 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)3 (2)を読む
大悪徳(悪習)4 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)4 (2)を読む
大悪徳(悪習)5 (1)を読む     ⇒大悪徳(悪習)5 (2)を読む

この数ヶ月かけて見てきた大罪も今回で終わりとなります。今月は、最も明白でありながら、どういうわけか、あまり引きつけられない罪である憤怒を見ていきます。カリスマ性と罪とを結びつけて考えるのは、少し皮肉過ぎる気もしますが、大罪に取り憑かれた者のその人格の多重性は、ある種の神秘と言えるでしょう。罪を犯す者は、複雑な人々で、時に自傷行為をしたり、あるいは他者を傷つけることもあります。彼らは周囲にひどい害を及ぼすことがありますが、罪人が変化するのを見る時にはいつも彼らの中に、人間性に対する洞察を深めるような、再生へ向かおうとするとてつもなく大きな力が働いているのが分かります。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-06-02 00:00 | 心理  

DEADLY VICES 6(1) WRATH          

We close our cycle of the deadly sins that we have been reviewing for several months; this time is Wrath, the sin that seems the most obvious, and somehow, the less appealing. To associate sin with charisma sounds a little bit too cynical, but there is a certain mystery in the multiple layers of the personality of someone possessed by a deadly sin. Sinners are complex individuals who can destroy themselves or who can harm other people; evildoers can provoke terrible damage around them, but there is such an enormous amount of power for renewal in a sinner that our insight of human nature goes deeper whenever we hear about a sinner’s conversion.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-06-01 00:00 | 心理