<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

大悪徳(悪習) 1 (2)

ここで明確にしておきたいのは、私たちは個人の単なる道徳的な行いについて話しているのではありません。大悪習(この場合は怠惰についてですが)というのものは、私たちの人生に対する姿勢に影響を及ぼします。大罪は自己にとって破壊的なものであり、自己がこの世に開花することの妨げとなります。このことは、占星術のシンボルを使うとより明確になります。月はエゴ(自我)と関係しており、太陽は自己(個として唯一無二の存在の本質)と関係しています。言うなれば、怠惰は、月のひとりよがりな感情的な悪習慣が、その人の人生を支配してしまい、太陽の輝きを抑制してしまうことを意味します。そして活力を失い、最終的には身体の破滅を招く危険性があります。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-16 00:00 | 心理  

DEADLY VICES 1(2)

Let us remind that we are not concerned by the mere moral behaviour of the individual; it is the fact that deadly vices, sloth in this case, affect the position of the self in life calls our attention; deadly sins are destructive to the self and prevent its flourishing in the world. This fact becomes clearer by aid of the astrological symbolism: the Moon is associated to the Ego and the Sun to the Self (the essence of the individual unique existence), therefore, sloth implies that the Moon’s emotional bad habits of self complacency take control of the person’s life and deny the radiance of the Sun, thence the loss of vital energy and the danger of an eventual destruction of the body.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-15 00:00 | 心理  

2012年 年頭のご挨拶

独裁者が権力を乱用するのを見る時、私がいつも思い出すラテン語の有名な成句があります。 SIC TRANSIT GLORIA MUNDI 「かくの如く世界の栄光は過ぎ去りぬ」です。独裁君主とて遅かれ早かれいつしか塵となりゆくのだという考えが、私にとってはある種の慰めになっています。人生における全てのものは儚く、名声や権力など単なる虚栄に過ぎず、物質レベルでは全てのものはいつしか無に帰すのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-04 12:34 | メッセージ  

FOR A HAPPY NEW YEAR

There is a famous phrase in ancient Latin that comes to my mind whenever I see a powerful tyrant abusing power: SIC TRANSIT GLORIA MUNDI (thus passes the glory of this world); for me, the thought that sooner or later that despot will be only dust is a kind of consolation. In this life all things are transient, so fame and power are mere vanity; at the material level, everything comes to nothing.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-03 00:00 | メッセージ  

大悪徳(悪習) 1 (1)

七つの大罪については、キリスト教会の初期の教父たちにより言及されては来ましたが、中世の最も偉大な哲学者であるトマス・アクィナスによって、その著作である「神学大全」の中で定義づけされ、研究されました。それらを挙げると、高慢(虚飾)、強欲(貧欲)、色欲、嫉妬、暴食、憤怒、怠惰となります。これらは魂を失わせる原因とみなされたので、致命的な罪源と呼ばれたのです。皆、誰しも自分自身の大罪を自覚し、その対局にある美徳に支えられつつ、罪源と対峙せねばなりませんでした。美徳とは、高慢に対して謙虚、強欲に慈愛、色欲に純潔、嫉妬に思いやり、暴食に節制、憤怒に忍耐、怠惰に勤勉となります。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-02 00:00 | 心理  

DEADLY VICES 1(1)

Although mentioned by the first fathers of the Christian church, the seven deadly sins were defined and studied by Thomas Aquinas, the greatest philosopher of the Middle Ages, in his treaty Summa Theologica. The list is as follows: pride (vainglory), greed (covetousness), lust, envy, gluttony, anger and sloth; they were called deadly sins because they were said to cause the loss of the soul. Every man or woman had to identify his or her own deadly sin and fight against it supported by the opposite virtue; humility for pride, charity for greed, chastity for lust, kindness for envy, temperance for gluttony, patience for wrath, and diligence for sloth.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2012-01-01 00:00 | 心理