<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

映画、夢見る芸術 (2)

イメージは魂にとってとても大切なものです。このことは、是枝裕和監督のすばらしい映画、「ワンダフルライフ(2001年)」を思い起こさせます。この映画は、死んで間もない人々の、天と地の狭間のある次元に留まっている魂の話で、その人が未来永劫、携えていたい最も大切で意義深い記憶についての映画を作るまでは、その場所から抜け出ることが出来ないという物語でした。「ワンダフルライフ」は、解き放たれるためには、私たちはみな、人生の意味をある一つのイメージに凝縮させねばならないということを示唆しています。「ワンダフルライフ」に出てくる登場人物たちにとって、自分たちの映画を作ることは、自分の人生の意味を要約するということでした。登場人物の幾人かは、自分がどんな映画にしたいかを見つけるまで、その場所に留まってていなければなりませんでした。是枝監督は双子座(1962年6月6日東京生まれ)で、彼の太陽はメリエスとスピルバーグの天王星とコンジャンクションしています。
是枝裕和 公式サイト
「ワンダフルライフ」公式サイト
e0182773_1211492.gif
是枝裕和
6 June,1961
at Kiyose,Tokyo


続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-11-16 00:00 | 映画  

CINEMA AND THE ART OF DREAMING (2)

Images are so important for the soul. This fact reminds me of Koreeda Hirokazu’s beautiful film, After Life (2001); it tells the tale of the souls of those who have recently died but are delayed in a special dimension, a sort of limbo they cannot leave until they make a movie about the most important and meaningful memory they want to take with them to eternity. After Life suggests that we all have to condense the meaning of our life in an image in order to be liberated. For each one of the characters of After Life, the making of his or her own film is a summing-up of the meaning of life; and some of them have to remain stuck in that limbo until they find what kind of movie they want to do. Koreeda is a Gemini (June 6, 1962), his Sun is in conjunction with the Uranus of Melies and Spielberg.

e0182773_1373985.gif
Koreeda,Hirokazu
6th June,1961
at Kiyose,Tokyo


More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-11-15 00:00 | 映画  

映画、夢見る芸術 (1)

映画は19世紀末に生まれ、20世紀において最も重大な芸術的事象といえるでしょう。商業的であり、そして実験的な媒体である映画は、人間が興味を抱くあらゆる主題を採り上げてきました。個人的視点から社会的観点のもの、人間の世界から動物の世界、身近なことから世間一般のこと、微視的なものから巨視的なものまで、様々な視点のものがあります。中には政治、経済、教育目的の、あるいは主義主張の宣伝目的のものもありますが、たいていはエンターテイメント目的のもので、1911年に第七芸術と呼ばれて以来、この媒体の主流をなしてきました。映画は、ある種独自の方法で、他の全ての芸術を統合する、まさしく芸術であるといえましょう。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-11-02 00:00 | 映画  

CINEMA AND THE ART OF DREAMING (1)

Born at the end of the XIX century, cinema was the most important artistic phenomenon of the XX century; commercial and experimental cinema have incorporated every possible topic of human interest, from the personal to the social scale, from the human to the animal kingdom, from the local to the universal, the microscopic to the macroscopic. Political and economic, educational and propagandistic purposes, and mostly, the ambition to entertain, have been the main tendencies of this medium, baptized, since 1911, as the Seventh Art. An art, indeed, that integrates all the other arts in its unique way.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-11-01 00:00 | 映画