<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ハーマン・メルヴィル「白鯨」〜土星にまつわる物語(2)

「白鯨」の物語は、「善」と「悪」にまつわる寓話なのです。私たちが住まうのは神秘と危険に満ちた世界であり、エイハブのような強迫観念に取り憑かれた者が、人を奈落の底に引きずり落とすのだ、という隠れた意味をこの物語は伝えています。ナポレオン然り、ヒトラー然り、ビン・ラディン然り、です。

それにしても、大きな疑問なのは、ハーマン・メルヴィルのように才能があって、自らのダークサイトを掘り下げて、自分の創造性を100%フル活用することができて、その作品よって、人間の精神への新しい理解の道を切り開くことができえた人が、いったい何故に、自分の人生は失敗だったのかと思いながら、死ななければならなかったのでしょうか?誰も自分の小説を決して評価することはないと確信しながら死にゆくメルヴィルの終焉は、悲しいものです。彼は何か過ちを犯したでしょうか?そうだとしたらそれは何だったのでしょうか?

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-10-16 00:00 | 文学  

SATURN AND THE WHALE, A PERSONAL ACCOUNT(2)

Moby Dick proposes an allegory about Good and Evil, it shows us that we live in mysterious and threatening universe, that a man, haunted by an obsession like Ahab, can drag humanity into an abyss; such had been Napoleon, such would later Hitler or Bin Laden.

Nevertheless, the real big question should be this: Why a talented man like Herman Melville who explored his dark side, used his creativity one hundred per cent, and managed to open a new understanding of the human psyche with his masterpiece, had to die thinking that his existence had been a failure? The thought of Melville dying persuaded that nobody would ever appreciate his novel is a sad thing. What was his mistake, if there was any?

More
[PR]

by xavier_astro | 2011-10-15 00:00 | 文学  

ハーマン・メルヴィル「白鯨」〜土星にまつわる物語(1)

私が最初に「白鯨(モビー・ディック)」を読んだのは、9才のときでした。それは学校で良い成績を採ったご褒美に母親が買ってくれた、挿絵の入った子供用のものでした。このハーマン・メルヴィルの小説が、どれほど私の人生に深い影響を与えることになるか、この時母は、予想だににしなかったことでしょう。その薄い本は、子供時代の度重なる旅行と引越し中に、無くなってしまったのですが、そのことが残念で仕方ありません。この本の構想の主眼点や、その描写の陰鬱さ、エイハブ船長自身の内なるモンスターに対する恐怖と強迫観念を描き出すことの出来た著者(あるいはゴーストライターだったかもしれません)に対して、称賛する気持ちがますます強くなっているからです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-10-02 00:00 | 文学  

SATURN AND THE WHALE, A PERSONAL ACCOUNT(1)

I was 9 years old the first time I read Moby Dick, it was a children’s version combined with pictures and drawings my mother had bought me as a reward for getting good marks at school. She never suspected what a deep Herman Melville’s novel would have in my life. The thin book was lost in some of the many travels and changes of house in my childhood, l deeply regret the loss because throughout the years I have come to admire more and more the writer, probably a ghost writer, who was able to extract the essential meaning of the plot, the melancholy atmosphere of the account, the terror and obsession of Captain Ahab with his own monster.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-10-01 00:00 | 文学