<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

困難な時代を生きる〜悲劇的状況から気づきを得るために(2)

前述のコメントは単なる方法の一つですが、ここでの私たちの関心は、極度の苦痛に晒されている人間の状態の真の意味についての探求です。どんなに貧しかろうが、原始的であろうが、豊かになって、高度に発達していようが、人類は戦争と死、そして巨大な大災害に常に向かい合わなくてはならないようです。この現実は変えることなどできえません。

私としては、古代ギリシャ的な見方を通じて、この悲劇のメカニズムに重要な手がかりを見つけることができると思っています。悲劇は、古代ギリシャ アテナイの劇作家たちアイスキュロスソフォクレスエウリピデス)によって確立されたと言われるジャンルです。そして何世紀も後に、エリザベス女王と英国王ジェームス1世の時代(シェイクスピアマーロウベン・ジョンソン)、そして17世紀フランス(ラシーヌコルネイユ)で再発見され、発展しました。たいていの西洋の学者たちは、悲劇に対して非常に洗練された観点を持つと思われる「能」に関心をよせてはいません。ここでは私が偶然にも子供の頃から魅了され続けているこの西洋の伝統方式について見ていきたいと思います。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-05-16 00:00  

HARD TIMES AND THE TRAGIC KNOWLEDGE(2)

The previous comment is only a recipe, but what we are concerned about here is the quest of a meaning of the human condition exposed to extreme afflictions. It would seem that no matter how poor, primitive, rich or highly developed, mankind has to face war, death and massive catastrophes. Nothing can change this fact.

Personally, l think we can find important clues in the mechanism of the tragedy from the Ancient Greek perspective. Tragedy is said to be a specific genre created by the Athenians dramatists (Aeschylus, Sophocles and Euripides), then rediscovered and developed many centuries later by the Elizabethans and Jacobeans (Shakespeare, Marlowe and Ben Jonson), the French in the XVII century (Racine and Corneille). Most Western scholars have not studied Noh theatre which l suspect has a very sophisticated perspective about tragedy. But let us hover around this Western tradition l happen to be fascinated with since l was a child.

More
[PR]

by xavier_astro | 2011-05-15 00:00  

困難な時代を生きる〜悲劇的状況から気づきを得るために(1)

この文中で述べることは、私自身のシンボル研究から得た経験と、日本文化に対する愛と称賛、そして痛みと深い悲しみを、慎んで、日本のみなさんと共に分かち合いたい、という私の気持ちに基づいた、極めて個人的な意見です。

この度、日本で起きた大地震、壊滅的な津波、それに伴う多くの人々の命や、物的資源の消失をまねいた一連の出来事について、多くの報道がなされていますし、これから先も様々なことが言われていくことでしょう。この災難が単に地質学的変動と言われようが、国家が復興していくのは時間の問題であって、日本人の勤勉さと知性が、この災害を克服し国を再建していくだろうことを、疑う人などいないでしょう。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-05-02 00:00  

HARD TIMES AND THE TRAGIC KNOWLEDGE(1)

The comments developed throughout this article are very personal opinions founded on my own experience of the study of symbols, my love and admiration for the Japanese culture, and the pain and grief l respectfully share with the people of Japan.

Much has been said and will be said about the recent events in Japan, the magnitude of the earthquake, the devastating tsunami and the massive loss of human lives and material resources. Had the calamity remained defined in terms of a mere geological convulsion, it would have been but a matter of time for the nation to recover itself; nobody can seriously doubt the hard working spirit and the intelligence of the Japanese people to overcome the accident and then rebuild their own country.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-05-01 00:00