<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

チリ鉱山落盤事故 鉱夫と洞窟と不死鳥のシンボル (2)

これらのチャートに見られる金星の巧みな有り様と働きには、ワクワクさせられます。落盤事故のチャートでは、金星は10室の乙女座という労働に関わる慎ましいサインにありますが、チャートの一番高い所に位置していることから重要になります。チリは銅の主要産出国であり、銅は金星と関連しています。またコピアポ鉱山から産出される主な金属でもあります。土星と火星は、金星が主星である天秤座にあり、天秤座と金星は、政府側と救助班と継続的に交渉し関わり続けるという、一連の流れにおける社会的な協力を示しています。また、あんなにも長期にわたる共同生活を生き抜くためには、33人の鉱夫たちは常にお互いに関わり合い、愛想良く思いやりのある態度で接する必要があったことも示しています。救助の過程を考えると、生き延びるための方法をみんなで慎重に練り上げ、鉱夫たちは地底で共に協力し合い、また地上では救助チームが協力し合い、その救助班の活動は、美しく、高価な芸術作品とも言えるような成果をあげましたが、その達成のためには多くの時間(土星)とお金(金星)を要したのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-02-16 00:00 | 占星術  

CHILEAN MINERS, THE CAVERN AND THE SYMBOL OF THE FENIX (2)

I feel enthralled when l think of the subtle presence and action of Venus in the charts of these events; in the chart of the accident, Venus is in Virgo in the X House, a humble sign (Virgo) related to work , but relevant because of the high position in the chart. Chile is the main producer of copper in the world, and this metal is associated to Venus; it is also one of the main metals extracted from the Copiapo mine. Saturn and Mars are in Libra, sign of Venus; Libra and Venus explain the social cooperation during the procedures, the constant negociations and deals between the goverment and the teams of salvation; in order to survive the experience of living together for such a long time, the 33 miners had to made constant deals and be social and kind to each other. If we think of the rescue process, so carefully planned, together with the scheme of survival, the miners working together underneath the earth, and on the surface, the working team, the whole performance appears as a beautiful and expensive work of art which took lots of time (Saturn) and money (Venus) to be achieved.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-02-15 00:00 | 占星術  

チリ鉱山落盤事故 鉱夫と洞窟と不死鳥のシンボル (1)

フェニックス(不死鳥)は伝説上の鳥で、数百年の時を生きた後、火の巣の中で死して、その自らの灰の中から再び生まれるとされます。この伝説の起源はエジプト神話ですが、地中海やローマ、ペルシャを始め、中国や日本に至るまで数多くの伝承の中にも出てきます。

錬金術師たちはフェニックスを、永遠の生命と不老不死の象徴である賢者の石の発見という、彼らにとっての最重要シンボルとして用いました。スペイン語でPhoenixはFenixと綴られ、この伝説上の鳥の名は、チリの鉱山地下深くに生き埋めとなった鉱夫たちの救出カプセルの名前に使われました。意図的にそう名付けたのかどうかわかりませんが、敬虔なカトリック信仰のラテンアメリカの国において、非常に的確な選択だったと言えるでしょう。と言うのも、フェニックスは、キリストの死と復活に関わるシンボルでもあるからです。

コピアポ鉱山落盤事故・・・チリ、コピアポ近郊のサンホセ鉱山にて、2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故(訳者註)

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-02-02 00:00 | 占星術  

CHILEAN MINERS, THE CAVERN AND THE SYMBOL OF THE FENIX (1)

The Phoenix was a mythical bird that lived for hundreds of years, it would die in a nest of fire only to be reborn from its own ashes; the origin of the myth was Egyptian but it was also present in many other traditions from the Mediterranean, Roma and Persia to China and Japan.

Alchemists had it as one of their most important symbols, the discovery of the philosophical stone, a symbol of health and inmortality. In Spanish it is written 'Fenix' and the name of this fabulous bird was used to call the capsule assigned to rescue the Chilean miners from the depth of the mine where they were buried alive. Whether consciously or unconsciously, the choice of the name was very accurate in the context of a strongly catholic oriented Latinamerican country, the Fenix was also a symbol associated to Christ, his death and ressurrection.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-02-01 00:00 | 占星術