<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

報復の女神ネメシスとアリストテレス・オナシスの生涯(2)

オナシスは若い時分、自分たちの都市にトルコが侵攻してきた時、家族を救うために最善を尽くし、困難に立ち向かいました。しかし、彼の父親はついに彼を受け入れることをしませんでした。また、母親は彼がまだ少年の頃に亡くなりました。母親の名前はペネロペと言い、これが彼がオデュッセウスと自分を同一視した一つの原因ともなっているでしょうし、彼は自分の全人生を、その女性関係を通して母親を捜すことに費やしたのです。彼のことを自分のアニマ、彼の中の女性性、母性の側面に囚われた男と言うことができるでしょう。彼の射手座の月が彼の感情生活を完全に支配したのです。彼の名声と最も関係の深かった女性というのは、火の要素の強い女性たちでした。20世紀最高の歌姫マリア・カラス(1923年12月2日7:07、ニューヨーク市生まれ)は射手座でしたし、ジャクリーン・ケネディ(1929年7月28日14:30、ニューヨーク州サザンプトン生まれ)は獅子座でした。マリア・カラスは太陽とアセンダントが共にこの拡張的な火のサインにあり、ジャクリーンの太陽は、射手座と木星の部屋9室にあったので、彼女もまたひどく射手座的な人でした。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-16 00:00 | 人物  

NEMESIS, THE LIFE OF ARISTOTLE ONASSIS (2)

As a young man, Onassis struggled, the best he could, to rescue his family when the Turks invaded his city, but his father never accepted him completely. Ari lost his mother when he was a young boy, her name was Penelope, maybe this also accounts for his identification with Odysseus, he spent his whole life searching for her mother through his relationships with women. I regard his case as that of a man possessed by his anima, his feminine motherly side; the Moon in Sagittarius dominated his emotional life; the women most associated with his fame were fiery women, a Sagittarius, Maria Callas (Dec/2/1923, at 7:07, in NYC), the greatest Diva of the XX century, and a Leo, Jacqueline Kennedy (Jul/28/1929, at 14:30, Southampton, NY). Maria was a double Sagittarius, Sun and Ascendant in this fiery sign of expansion; Jacqueline's Sun was actually in the IX House, House of Sagittarius and Jupiter; so she also was very Sagittarian.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-15 00:00 | 人物  

報復の女神ネメシスとアリストテレス・オナシスの生涯(1)

ネメシスは、ギリシャ神話に登場する報復の女神で、人間の不服従や高慢さそして思い上がりに対する神罰を与えるのです。今回は、神であるかのようにふるまった一人の男アリストテレス・オナシスの話をしたいと思います。

最近のことですが、BBCのインタヴューに答えるイギリスの俳優ロバート・リンゼイのコメントに、私は当惑しました。彼はピーター・エバンスの原作「ネメシス」にほぼ忠実に基づいたマーティン・シャーマンによる演劇「オナシス」の宣伝をしていました。この演劇は、ロンドンのノヴェロ劇場(劇場街ウエストエンドにあったストランド劇場から改名)で、今も上演されています。すぐに観に行くことが出来なかった私は、とにかくすぐにその本を手に入れました。実は東京のブックオフですでにその本を見てはいたのですが、その時はそれ程驚くべき真相を語ってるものとは思いもしませんでした。この本は非常にダークな話ではあるけれど、小説として読むことができます。

Nemesis: The True Story of Aristotle Onassis, Jackie O, and the Love Triangle That Brought Down the

Peter Evans / Harper Paperbacks



続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-04 00:00 | 人物  

NEMESIS, THE LIFE OF ARISTOTLE ONASSIS (1)

Nemesis was the name of the goddess of retribution, the divine law punishing the disobedience and proud, the hubris, of men. We want to talk of a mortal man who wanted to behave like a god.

Recently, I was perplexed by the comments of the British actor Robert Lindsay in an interview for the BBC; he was promoting 'Onassis', a drama by Martin Sherman almost entirely based on Peter Evans' book, 'Nemesis'. The play is still been performed in the Novello Theatre (before known as The Strand in the West End) in London, and since l could not rush to see it, l did dash to buy the book; l had actually seen it on display in Books Off in Tokyo, but at the time l did not know what an astonishing reportage it was; it can actually be read as a novel, albeit a very dark one.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-03 00:00  

ザビエ・ベトコートより2011年あけましておめでとう? 

新年あけましておめでとうございます、
という挨拶をするのは、社会の習わしであり、お決まりごとでもあります。誰かからこの挨拶をされれば、私たちは希望を感じて嬉しくなりますし、誰でもこの言葉を使うのは気持ちいいものです。おはようや、おやすみと同じように、確かに礼儀正しいご挨拶なのですが、世界中が見舞われている過激な変化や持続的な脅威がもたらすこの雰囲気を思えば、単なる「あけましておめでとう」では、不十分な気がします。今は、これらの状況全てを反映するような何か重大な考えを含ませて伝える必要があるように、私は思うのです。

21世紀の新しい10年が始まって、前の時代とは人生についての考え方が明らかに別個のものになったと言えるでしょう。20世紀は既に過ぎ去った昔です。たとえば、2001年に生まれ、今10歳になった子にとってみたら、前の世紀のことなんて、あまりにはるか遠い昔のことに思えてしまうに違いありません。この世紀の変わり目に既に大人だった人以外にしてみたら、 新しい時代は、近代的なテクノロジーや、設備や、よりよい生活スタイルに囲まれ、私たちはみな喜びに満ちて、豊かでいる様を想像していたのです。新世紀が始まってみて、現実は違うということが見えて来ました。歓びや安心よりも恐怖の要素ばかりです。

想像を絶するようなどこか知らない場所か他の星にでも連れて来られてしまったかのように、私たちはみな、道に迷い、混乱している状態だという気がします。21世紀に生まれて来た本当の意味は、こんなことを体験するためだというのでしょうか?ガイドブックや地図を見て来たのに、その場所は期待していた所とはまるで違った、そんな感じです。

人が生きるのに容易でないような見知らぬ環境で道に迷ってしまった時、私たちには二つの選択肢があります。シェルターや隠れ場所を見つけるか、あるいは、この土地を探索し、征服し、武器を開発し、状況に応じて新たな可能性を探るかのどちらかです。そうして、私たちはこれまで考えたこともないような未知な可能性を発見することができるでしょう。

これが2011年年頭の、そして新しい10年間にあたっての、友人に向けての私の心からのメッセージです。私たちの住まう新しい次元を探索するチャレンジをしていくことができますように。もう後戻りはできないのですから。そして、その体験はきっとステキに違いありません。

ザビエ・ベトコートより心を込めて
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-02 00:00 | メッセージ  

HAPPY NEW YEAR? 2011 by Xavier Betancourt

Conveying our best wishes for a Happy New Year is both a custom and a convention; we all feel well when we say it as well as we feel optimistic when someone says that to us. It is certainly a form of courtesy, as bidding good morning or good night; but considering the atmosphere of radical changes and constant threats the world has been experiencing, l think a mere good wish is not enough. We need now to include some serious thoughts to reflect about all this.

As the new decade of the XXI century starts, the notion of being definitely in a different period of time becomes more distinct; the XX century is already part of the past. For a child born, let us say, in 2001, now around 10 years old, thinking about the last century must seem too too far away, like another era. Not for those of us who were already adults at the turn of the century, this new cycle we had all imagined jubilant and rich in modern technologies, facilities and better ways of life. The reality proved to be different since the start, even more on the side of terror than merriment and security.

My sensation is that we all feel lost and confused, as if we had been transported to a region, even to a planet we can hardly recognize. Is this what living in the XXI century really means? We had seen the brochures and the map, but the territory reveals nothing of we had expected.
When lost in a new environment that can be even hostile, we have two main choices, either we look for shelter and hide away, or we explore and conquer the region, develop weapons, learn about the new possibilities offered by the situation; then we discover an unknown potential we never had thought we possessed.
So this is my best wish from the heart for this new year and new decade to all our friends, to be able to take the challenge to explore this new dimension we are living in, there is no turning back; moreover, the experience can be fascinating!
[PR]

by xavier_astro | 2011-01-01 00:00 | メッセージ