<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「第二の性」社会的パワーを持つ女性〜シモーヌ・ド・ボーヴォワール(2)

ボーヴォワールジャン=ポール・サルトルに出会った時、その哲学者としての知性に魅了されました。フランス実存主義のアイコン(象徴)そのものともいうべき人です。2人がカップルになったのは、彼女が21歳の時でしたが、2人は結婚することも一緒に住むことさえもせずに、その後の人生をずっと伴侶としてあり続けました。たとえ彼女が他の複数の男性たちと関係があった時でさえ(水瓶座の金星は恋愛関係においても非常に自由たり得る)、自分の人生においてサルトルこそが最も重要で影響力のある男性であると考えていました。

トランジットの射手座にある土星が彼女の出生図における魚座の土星にスクエアをなし、ちょうど彼女の山羊座にある天体と重なる頃、二人は恋人となりました。土星のトランジットは強烈で、その間に誰かと出逢うということは、その人を拒絶するか深く関わり合うかのどちらかであり、いずれにせよ、そのようなトランジットの時に自分にとって重要な人物に出逢うということは、常に自分自身のシャドウとの対峙を意味しています。フランスで最も影響力のある実存主義者であったサルトルは、ボーヴォワールの良き師となり、彼女の人生におけるいわば大きな軸となりました。彼は彼女の献身さとその知性を信頼していたので、彼女はサルトルの書物を全て出版前にチェックさせられていました。サルトルの哲学があまりに深く彼女の哲学的、心理的そして政治的な著作の根幹たるものとなったため、数十年もの間、彼女は単にサルトルの思想を説明する人と思われて来ました。トランジットの土星が乙女座に入り、彼女の魚座の土星とオポジションになった最近になって、彼女の本の新訳が完成されたことで、世の人々は彼女の思想の独自性を見出し、受入れたのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-12-16 00:00 | 人物  

THE SECOND SEX, WOMEN IN POWER 〜Simone de Beauvoir (2)

When Simone de Beauvoir met Jean Paul Sartre she was mesmerized by the intellectual power of this philosopher, the most important icon of Existencialism in France, she 21 years old when they became a couple, and although they never got married or even lived together, they remained in an open relationship throughout their lives; even if she had other raltionships with many other men (Venus in Aquarius can be very liberal in terms of love), she considered Sartre the most important and influencial man of her life.

Transiting Saturn in Sagittarius was making a square to her natal Saturn in Pisces and then it came on her planets in Capricorn around the time they became lovers. When we met someone during a strong transit of Saturn, either we reject that person or we become deeply committed; in any case, meeting someone important when we have such a transit always implies an encounter with our Shadow. Jean Paul Sartre, the most influencial philosopher of Existencialism in France, became her mentor, a sort of axis in her life; he trusted her devotion and her intelligence, she had to approve every book he wrote before publishing. The philosophy of Sartre became the basis of her philosophical, psychological and political writings, so much that for several decades, she was considered a mere illustrator of Sartre's thought; it is only now, since the new translation was prepared while transiting Saturn in Virgo opposed her natal one in Pisces, that people discovered and accepted the originality of her ideas.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2010-12-15 00:00 | 人物  

「第二の性」社会的パワーを持つ女性〜シモーヌ・ド・ボーヴォワール(1)

私たちは、女性の地位向上という視点からアニムスについて探求を続けているわけですが、今回は、現代における例を紹介したいと思います。極めてシリアスなフランスの作家、シモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908-1986)の思想と人生は、私たちの探求の助けになることでしょう。彼女の代表作「第二の性」(1949)が昨年、新英訳で出版されたのですが、それを読んだ時に私はそう確信したのです。

ある論評によれば(例えばブリタニカ百科事典)、1953年に出された英訳はあまり正確なものではなく、彼女の使用した多くの哲学用語は、妥当な英語に翻訳されていませんでした。私は彼女のエッセイと小説を大学の時、フランス語で学びましたが、この「第二の性」は、フェミニズムや女性学を現代風に発展させた強い影響力のある作品として、外国でもよく知られているのだろうと、当然のことのように思っていました。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-12-02 00:00 | 人物  

THE SECOND SEX, WOMEN IN POWER 〜Simone de Beauvoir (1)

In this chapter of our exploration of the animus from the perspective of empowering women we want to introduce some contemporary examples. The thought and the life of a very serious French writer, Simone de Beauvoir (1908-1986), can help our purpose; the idea came to me when l read that a new translation in English of 'The Second Sex' (1949), her most important essay had been published last year.

According to some comments (Encyclopedia Britannica, for example), the previous translation , made in 1953, was not completely accurate, many of her philosophical terms were not well rendered in English. I had studied her essays and novels in French at the University, so l had taken for granted that the Second Sex, a seminal work for modern development in feminism, genre and woman's studies, was perfectly well known abroad.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2010-12-01 00:00 | 人物