<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

処女王 エリザベス1世 〜女性の地位向上とアニムス (2)

彼女の子供時代の話は、多くの伝記や小説、映画などによってよく知られています。彼女は暴君ヘンリー8世の娘であり、彼は最初の妻と離婚し、エリザベスの母親であるアン・ブーリンと結婚しましたが、自分の後継者として欲しかった男児ではなく、女児を産んだので斬首刑に処しました。エリザベスのチャートには、冥王星的な質を持ったパワフルで破壊的な父親が示されています。彼女の太陽(父親)は、力の源、セックスと死の部屋である8室にあります。ヘンリー8世はアンとは非常に情熱的な関係性だったのにもかかわらず、のちに彼女を処刑しました。それは、ちょうどエリザベスの牡牛座(もう一つの情熱のサイン)の月(母親)に冥王星がスクエアになった時のことでした。

この8ハウス的な背景とエリザベスのその後の成長から、私たちは、エロス(愛の神)とタナトス(死の神)の部屋の持つ深い意味を知ることができるのです。太陽が8室にあるのなら、その人は生まれた時から、どのように生き抜くのかを学ばなくてはなりません。エリザベスは、生まれたばかりの赤子の時に、父親から拒絶され、しばらくすると母親を殺され、そして自分が非嫡出子であると公言されたわけで、生き残る手だてを学ばなくてはなりませんでした。宮廷に渦巻く陰謀や、彼女を王室から消し去りたいと願う継母たちの嫉妬心を、想像してみてください。それでもこの子は、生き抜いたのです。彼女の本能を発達させることによって、です。私たちのチャートの中でそれぞれの天体は既に、自らの可能性を表現していくのに助けとなる最適なポジションに配置されているのだと、私は繰り返し言っているのです。エリザベスが21歳の時には、捕らえられ、ロンドン塔に連れて行かれました。その時の彼女が体験したであろう恐怖を想像してみて下さい。自分の母親も同じ場所に連れて行かれ、その場を出られたのは処刑後のことだったと知っていたのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-10-16 00:00 | 占星術  

ElIZABETH I THE VIRGIN QUEEN (2)

The history of her childhood is well known for to the public through lots of biographies, novels and films. She was the daughter of Henry VIII, a tyrant who divorced his first wife to marry Anne Boleyn, Elizabeth’s mother, beheaded her because she produced a girl, not the male he wanted for his succession. Elizabeth’s chart reveals a very powerful but destructive father with plutonian qualities; her Sun (father) is in the VIII house, source of power, sex and death. Henry VIII had a very passionate relationship with Anne but then he killed her, just when Elizabeth’s Moon (Mother) in Taurus (another sign of passion) was having an exact square of Pluto.

In this VIII house background and in Elizabeth’s further development we can understand the deep meaning of the house of Eros and Thanatos. If the Sun is this house, the individual has to learn how to survive since the beginning; this little baby had to learn about survival since her father rejected her when she was born, soon afterwards killed her mother and declared her illegitimate. Imagine all the intrigues of the court, the envy of her different step mothers to make her disappear from the kingdom. The little girl survived all this because she developed her instincts. That is why l always insist on the fact that each planet in our chart is in the best position required to help us to express our potential. When Elizabeth was 21, she was arrested and taken to the Tower of London, imagine the fear she must have experienced knowing that her mother only got out of the same place to be executed.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2010-10-15 00:00 | 占星術  

処女王 エリザベス1世 〜女性の地位向上とアニムス (1)

近代社会においては、ますます多くの女性が、権力を持ち、責任のある高い地位を占めるようになって来ているので、このことがどのようにして起こり、また、集合無意識レベルで、あるいは、個人の無意識領域に、いったいどんな意味があるのかを理解することが、重要になってきています。そこで、占星術及び錬金術のシンボリズムにおけるユング的見解から、このテーマを掘り下げている論説をいくつか、読者の皆さんに、ご紹介したいと思っています。

世界を見てみると、国家を治めたり、あるいは政治的、社会的、または文化的機関や、民間企業、国際商取引などを主導している女性を挙げていくと、その数はかなり膨大なものになるでしょう。政治の世界から少し例を挙げるとすると、アメリカ国務長官のヒラリー・クリントン、オーストラリアの首相ジュリア・ギラード、ドイツの首相アンゲラ・メルケル、チリの前大統領ミシェル・バチェレ、そして有名なコンドリーザ・ライス(米前国務長官)、サラ・ペイリン(米政治家/副大統領候補)などです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-10-02 00:00 | 人物  

ELIZABETH I THE VIRGIN QUEEN (1)

ELIZABETH I THE VIRGIN QUEEN, EMPOWERING WOMEN AND UNDERSTANDING THE ANIMUS

As more and more women access to dominant positions of power and responsibility in the modern world, it becomes important to understand how this happens and what this means in terms of the collective and personal unconscious. I intend to propose to our readers a series of two or three articles exploring this topic from the Jungian perspective of astrology and alchemical symbolism.

On international grounds, the list of women ruling countries, political, social and cultural institutions, corporations and international business, is rather long. We can think of USA Secretary of State Hilary Clinton, Prime Minister of Australia Julia Gillard, Angela Merkel in Germany, prior president of Chile Michelle Bachelet, well known Condolezza Rice and Sarah Palin, to mention very few examples from the world of politics.

More....
[PR]

by xavier_astro | 2010-10-01 00:00 | 人物