<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ネアンデルタール人;空想と想像 (2)

まず、ネアンデルタール人の生活は、困難極まりなく、ひたすら労働と努力の日々でした。北の大地ヨーロッパへと最初に向かったのも彼らでしたから、概ね寒い気候の中で暮らしたのです。けれども、そのとてつもない強靭さにもかかわらず、彼らの骨は、疲労や怪我、関節炎などが既にあったことを物語っています。このテーマについて語り出せばきりがありませんが、山羊座の彼らが、山羊座の次のサインである水瓶座たる、驚くべき文明の数々を地球上に興すことになる現生人類に、この場を譲り去っていったというのは、現実のことなのです。

人類学者によると、2万5千年前には、現代人はネアンデルタール人よりも、様々な点において、資力に富んでいたようです。ネアンデルタール人は動物の皮を縫い合わせることなしに身にまとっていましたが、私たちの祖先は、毛皮を縫い合わせることを発見し、織ることを学び、罠を作り、遠くからでも動物めがけて投げつけられる槍を造り出した、などなどです。

私の持論では、ここでのキーワードは、「想像力」だと思っています。即ち、ヴィジョンと創造性とに関わる天王星と木星の性質です。知っての通り、これらの天体は今まさに牡羊座を通過中なので、最近、やたらネアンデルタール人や、彼らのDNAやゲノムについて、話題に上って来ていますし、これからさらにそうなるでしょう。明らかに現生人類はネアンデルタール人よりも想像力があったでしょうけれど、このコンジャンクションが伝えているのは、ネアンデルタール人は進化して生き残れたはずだ、と想像することもできますが、重要なポイントは、高度に文明化された私たち現代人にとって、これからの未来に生き残るためのチャレンジがやって来ているということです。私たちは、想像力を用いて、これまで自分たちがこの地球に対してやってきた酷い行いに目を向け、克服するための、新しい創造的な方法を見つけることが果たしてできるのでしょうか?

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-08-16 00:00 | 占星術  

NEANDERTHALS, FANTASY AND IMAGINATION(2)

Their life was arduous, pure labour and effort, they lived mainly in cold weather, were the first to go to the North (Europe). Although extremely strong, their bones show fatigue, injuries, arthritis. It could be too long to develop more this theme, but the fact is that they left the place to Aquarius, the next sign, the Modern Men who peopled the world with astounding civilizations.

According to anthropologists, Modern humans, 25 thousand years ago, were more resourceful than Neanderthals in many different ways. Neanderthals covered themselves with animal skins but did not sewed them, whereas our ancestors discovered how to sew the furs, learned to weave, made nets, fabricated spears that could be thrown to animals from long distance. And so on.

Personally, I am convinced that the key word is imagination, a Uranus and Jupiter quality related to vision and creativity. As we know, these planets are now transiting Aries, there is a lot of talk nowadays about the Neanderthals, their DNA, their genome, and there will be more. Obviously, modern men were more imaginative than Neanderthals; however, the message from this conjunction is not the limited imagination Neanderthals had to evolve and to persist, the main point is the challenge, we, modern hyper civilized men, have in order to survive in the future. Will our imagination find new creative ways to face and overcome the mess we have made in this planet?

More....
[PR]

by xavier_astro | 2010-08-15 00:00  

ネアンデルタール人;空想と想像 (1)

天王星と木星が牡羊座へ移行するトランジットの影響下にあるせいか、私はにわかに、原始人やその進化、というよりむしろその絶滅に関することを、やたらと見聞きするようになりました。ホモ・ハビリス(ラテン語で器用な人の意)を起源とする他の多くの子孫のうち、どうして現生人類(ヒト)だけが生き残ったのだろうか?そんな疑問が頭をよぎるようになったのです。私たちヒトは、類人猿の類縁だとしても、この惑星に残った単一の種(ヒト科)であるのです。

ネアンデルタール人の骨は、洞窟で最初に発見されましたが、彼らの生活様式や、現生人類であるホモ・サピエンスとの類似性は、ここ150年間における人類学史上最も興味深い驚くべき新事実と言えましょう。

この私たちとよく似た高い知能を持つ種が、私たちの祖先が生きたのと同じ時代に存在していたことがあり、その後、地球から絶滅した、という新事実は、これまで自分たちが思ってきたほどには、私たちが唯一特有の種ではない、ということを意味していました。進化論において、現生人類に似た高い知能の種が、種族を存続させることができなかったということは、私たち人類もこの世界の終焉前に滅びる可能性があるということでしょうか?

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-08-02 00:00 | 占星術  

NEANDERTHALS, FANTASY AND IMAGINATION (1)

Still under the impact of the transit of Uranus and Jupiter in Aries; l suddenly began to hear and read a lot about archaic humans and their evolution, or rather, their extinction. A question was tampering my head, why among many others descending from the Homo Habilis (able man in Latin), was modern man the only that survived? Although we are far related to apes, man is a but lonely species in this planet.

The discovery of the Neanderthal cavemen skeletons, their style of life and their kinship to modern men, Homo Sapiens, is among the most exciting revelations in the last 150 years in the field of anthropology.

The revelation that an intelligent species, very much like us, coexisted with our direct ancestors and then disappeared from Earth, meant that we were not as unique as we thought we had been. If an intelligent variety of people close evolutionarily to modern humans was not able to survive, would this mean that we ourselves could perish before the end of the world?

More
[PR]

by xavier_astro | 2010-08-01 00:00 | 占星術