<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ジョン・レノン 真の「マナ人格」 (2)

マザー・ユー・ハド・ミー・バット・アイ・ネバー・ハド・ユー  
'Mother, you had me but I never had you'

では何故、ジョンは最初の息子に対して、あのような嫌な態度をとったのでしょうか? ジョン・レノンの月は水瓶座で、冥王星とほぼオポジションにあり、この配置は時に母親の拒絶や、母親と子の間の破壊的な感情、しいては2つに裂かれた人格などを表します。ジョン自身が母親に見捨てられ、叔母に育てられたということは周知の事実です。彼の母親のアーキタイプは2つの女性像に引き裂かれているのです。つまり非常に深い無意識のレベルで、シンシアは彼の母親の悪い部分のツケを払わされ、ジュリアンは即ち彼女の一部でありつつ、独立した存在であり、一方を拒否することは、もう片方も自ずと拒絶することになるのです。(ジュリアンは父親の遺書の中で言及さえされていません)

オノ・ヨーコは水瓶座の太陽で、芸術的で知的な、まさに完璧な風的な女性像でした。というのも彼女は、自らを集合的無意識につなげることができたし、メディアとゲームすることもできたし、人類の大いなる母であることも、悪い魔女さえも演じることができました。一方、乙女座のシンシアは、ギリシャ神話のペネロペのごとくヒーローに見捨てられた妻として、彼のその帰りを永遠に待つ役を演じる羽目になりました。彼女は彼をずっと愛していたとはっきり言っています。一般に男性のチャートにおいて、月と金星はその人の女性性のイメージを表し、水瓶座の月と乙女座の金星の和解は困難であり、ジョンのチャートは、完璧な時計のように動き続けます。彼は自分の土的な部分のアーキタイプ(乙女座の金星/シンシア)を拒絶し、その反対側の水瓶座(オノ・ヨーコ)に、理想的で完璧な世界が影として現れ出ることを選んだのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-05-15 00:00 | 人物  

JOHN LENNON, AN AUTHENTIC 'MANA PERSONALITY' (2)

MOTHER, YOU HAD ME BUT I NEVER HAD YOU
Why then this dismal attitude to his first born son? John Lennon's Moon in Aquarius makes a close opposition to Pluto, sometimes this implies rejection of the mother, destructive feelings between mother and child, a split of personality. It is a well known fact that his mother abandoned him and that his aunt took care of him. His mother archetype was split into two women images; in a very unconscious level Cynthia paid for the wrongs of his mother, Julian was part of her, a sole entity, rejecting one (Julian was not even mentioned in his father's will) meant rejecting the other.

Yoko Ono, Aquarius herself, represented the perfect airy woman, artistic and intellectual; she could attune herself with the collective unconscious, could play games with the media, represent the mother of mankind or even play the bad witch. On the other hand, as a Virgo, Cynthia performed the role of Penelope, the abandoned wife of the hero eternally waiting for his return. She declares that she never stopped loving him. In a male's chart, the Moon and Venus represent his female counterpart; with Moon in Aquarius and Venus in Virgo, two signs difficult to reconcile, John's chart works like a perfect clock. Rejecting the earthy part of his archetype (Venus in Virgo), he chose the evasiveness of the abstract utopian mind looming on the Aquarius dark side.

More...
[PR]

by xavier_astro | 2010-05-14 00:00 | 人物  

ジョン・レノン 真の「マナ人格」 (1)

今年(2010)はジョン・レノンの生誕70周年であり、死後30周年にあたります。ジョンはイギリスの音楽史上、最も有名かつポピュラーなロックバンド、「ザ・ビートルズ」の一員であり、彼のその芸術性、パフォーマンス、そして政治的な立ち位置は、その人生の浮き沈みと同様、多くの人の知るところとなりました。

当然のことながら、ジョンは自らこの状況を引き起こしていった訳ですが、世界の平和と正義という彼の理想のためには、二人目の妻であるオノ・ヨーコとの緊密な関係性さえも利用して、メディアにさらすことをしていきました。例えば、ハネムーンでのアムステルダムのホテルで、二人はある種のパフォーマンスとして「ベッド・イン」をし、一週間もの間、ジョンとヨーコはベッドの中で、報道機関からのインタビューを受け、ベトナム戦争への反戦メッセージを伝え続けたのです。

イマジン  ’Imagine'

1940年10月9日生まれ、リバプール4人組を生んだジョンは天秤座です。それは想像できうる最も典型的な天秤座だといえ、彼の人生は、芸術的探求と、非暴力的世界への理想と、情事に満ちた結婚生活によって巡っていました。「芸術」と「平和と愛」に、ジョンは取り憑かれたわけですが、その方向性は彼の人生を築く助けとなりました。が、同時にまた、その最終的な破滅の原因にもなりました。強迫観念というものは、私たちを支え築くこともできうるし、あるいは、結局、破壊に追いやることもできるのです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-05-02 00:00 | 人物  

JOHN LENNON, AN AUTHENTIC 'MANA PERSONALITY'(1)

This year marks the seventieth anniversary of John Lennon's birth and the thirtieth anniversary of his death; as a member of the most famous and popular rock group in musical history of the UK, The Beatles, he became a celebrity whose artistic talents, performances and political standpoints were as publicly well known as the ups and downs of his personal life.
As a matter of fact, Lennon himself encouraged this situation, exploiting his intimacy with Yoko Ono, his second wife, in front of the media to support his ideals of peace and justice in the world. In their honeymoon in a hotel in Amsterdam, for example, the couple did their 'Bed-in', a sort of performance in which they allowed the press to interview them while John and Oko were in bed giving messages against the Vietnam War, for a whole week.

IMAGINE
Born on the 9th of October 1940, the creator of the Liverpool Quartet was a Libra, one of the most typical Libras one can imagine, his life turned around his artistic quest, his dream of a non violent world and his marital amorous life. Art, Peace and Love, were his obsessions, the vectors that helped him build his life, but also the reason of his eventual destruction. Our compulsions can either construct us or eventually devastate us.

More...
[PR]

by xavier_astro | 2010-05-01 00:00 | 人物