<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ギリシャ哲学者イアンブリコスと祈りの力 (2)

今の私たち同様、イアンブリコスは激動の時代を生きました。それは人類の歴史で、深い変容が起こった時期であり、彼は至る所で、苦悩や虐待、そして崩壊を目の当たりにしました。彼は異教徒でした。そしてまた、国家の新しい宗教であったキリスト教によって滅亡の危機に瀕していた、価値あるものや真の秘儀的な伝統を保存することに尽力した、自由な精神の持ち主でした。

彼の「エジプトの秘儀について」('De Mysteriis Aegytiorum'; ルネッサンス期の哲学者によるラテン語訳)は、エジプトの僧侶アバモンの手紙に対する返答として書かれたものでした。しかし、それは「theurgy(テウルギア)」についての教えであり、この聞き慣れない言葉は、無知な翻訳者によって「魔術、呪術」と訳されました。けれども本来それは、魂を、大いなる宇宙のすべてを生かし続けるエネルギーへと調和させる技術なのです。いずれにせよ、テウルギアは「聖なる御技」とでも訳されるべきものです。

もっと簡単に言えば、祈りと黙想(瞑想の1つのやり方)を通して、この哲学者は発生の源の流れへと自分自身をつなげていったのです。その目的は、宇宙の絶え間ない再生の営みに参加し、それを促進させるために、彼自身の魂の中に隠れているエロス(生命の源)を呼びさますことにありました。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-04-15 00:00 | 人物  

IAMBLICHUS, GREEK PHILOSOPHER, AND THE POWER OF PRAYERS (2)

Very much like us, Master Iamblichus lived in a turbulent Era, a moment in History of mankind where deep transformations were taking place; all around him, he saw distress, persecution and destruction. He was a pagan, a free spirit committed in preserving values and authentic esoteric traditions that were threatened to disappear under the new religion of state, Christianity.

‘Mysteries of Egypt’ (De mysteriis Aegytiorum as the philosophers of the Renaissance translated it in Latin) was intended as a response to a letter from an Egyptian priest, Abamon. It was, however, a teaching on ‘theurgy’ (sic), a strange word that some ignorant translators translate as ‘magic’ but that, in fact, means the art of attuning the soul with the regenerative energy of the cosmos. In any case, theurgy should be translated as ‘divine working’.

In very simple terms, through prayer and contemplation (a form of meditation) the philosopher connected himself with the current of generation; the aim was to call upon Eros (generation of life) hidden in his own soul in order to participate and help with the regenerative task of the cosmos.

More...
[PR]

by xavier_astro | 2010-04-14 00:00 | 人物  

ギリシャ哲学者イアンブリコスと祈りの力 (1)

私個人的には、今のこの時代が 9.11以前の数十年と比べ、より悪いまたは、より恐ろしい時代になったとは思いません。ただ、現実や出来事に対する私たちの認識がより明確になったに過ぎないのだと思います。私たちは今や、この世界をより現実的にとらえることができるようになりました。人間も自然も総じて、ありのままの姿が露になってきたからです。

政治や社会における急激で予期せぬ情勢の変化や、ハイチやチリで起きたような自然災害について考えると、その一端を取り上げただけでも、真実の覆いが取り払われつつあることは否定できません。どんなに私たちがポジティブな考えや、安心させてくれるような何らか方法に、心の焦点を合わせようとしても、不安が私たちのセキュリティー・システムの裏口を激しく叩き続けているのです。

このことは冥王星と土星の目的と関係しています。すなわち、現実を覆い隠す偽りを葬り去ることによって、世界中に起こる物質的、霊的な変容を、私たちは理解し、またそれに関わりを持つことができるようになるのです。気づきは私たちを惑いから遠ざけてくれます。これは本来、良いことのはずなのですが、しかし、どんなに私たちが上手くやりこなしたとしても、痛みは依然としてそこにあるままです。私たちは他の人が苦しんでいたり、動物が酷い扱いを受けたり、環境破壊などを見ると、痛みを感じるからです。

More
[PR]

by xavier_astro | 2010-04-02 00:00 | 人物  

IAMBLICHUS, GREEK PHILOSOPHER, AND THE POWER OF PRAYERS (1)

Personally, l do not think that the epoch we are living nowadays is worse or more terrible than the decades prior to the 11/Sep, it is only that our perception of facts and events have become more clear. It is as if we were able now to see the world in a more realistic manner; mankind and nature, in general, appear under a more crude aspect.

If we think in terms of politics and society with their radical and unexpected turns, or of natural catastrophes like Haiti and Chile, to mention only a few, we cannot deny that the veil of reality has been torn. As much as we focus our minds on wishful thinking, or any other kind of formula of easy reassurance, anxiety keeps banging at the back door of our security systems.

We know this to be related to Pluto’s and Saturn’s purpose: destroying any disguise of the Real so that we can understand and participate in the general transformation of the world, materially and spiritually. Awareness prevents us from deluding ourselves, and this should be good news. But the pain is still there, even if we are doing well; we experience pain when we see other human beings suffering, animals badly treated, or ecological disasters.

More
[PR]

by xavier_astro | 2010-04-01 00:00 | 人物