<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「トウキョウソナタ」〜本当の選択とは何か〜 (2)

黒澤さんの出生図の蠍座の土星をみると、(1955年7月19日神戸生まれ)、彼が、死とホラー(恐怖)を含んだ謎めいた状況に心惹かれるということが分かります。彼の以前の作品群はこの傾向が顕著ですが、トウキョウソナタの登場人物たちはそれぞれ違った種類の強迫観念に囚われています。実は、蠍座の土星は山羊座の冥王星と同じようにとらえることができます。土星は山羊座の支配星であり、そして冥王星は蠍座の支配星だからです。我々はこれをレシプロシティと呼び、相互に関係し合っていると見ます。そしてここから言えるのは、黒澤清監督は昨今、世界で一体何が起きているのか、について深く惹かれていると言うことであり、彼の深い無意識がそのメッセージをうまく表現していると言えるでしょう。

それ故に、トウキョウソナタの家族像は世界で起きていることを映す小宇宙を現しているのです。黒澤監督はおそらく月が蟹座にあると思われますが、世界的な危機の影響を探求する実験室として「家族の巣」を選んだというのも、蟹座的です。共感や結びつきと言ったテーマが彼の映画の根本的な主題です。例えば、インターネットに現れる幽霊の話である「回路 -KAIRO-」や、奇妙な一本の木が不可解にも森全体に影響していくというストーリーの「カリスマ」もそうです。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-03-16 00:00 | 映画  

ToKYO SONATA ~What The Real Choice Is~ (2)

Saturn is in Scorpio in Kurosawa san’s natal chart (b. Jul/19/1955 in Kobe); this explains his attraction to mysterious situations involving death and horror; as in most of his previous films, the characters of Tokyo Sonata are haunted by different sorts of obsessions. Actually, we can say that Saturn in Scorpio is a position equivalent to Pluto in Capricorn because Saturn is the ruler of Capricorn and Pluto of Scorpio, we call this, reciprocity; this means, of course, that Kiyoshi Kurosawa is deeply involved with what is happing in the world nowadays, his deep unconscious captures the message.

Thus, the family of Tokyo Sonata represents a micro cosmos of a global situation. As a Cancer, probably with the Moon in Cancer too, Kurosawa san chose the family nest as a sort of laboratory where he could explore the effects of the global crisis. The themes of empathy and connectivity are basic topics in his cinema; see, for example, ‘Kairo’ (2001), about an internet ghost story, or ‘Charisma’, a story where one strange tree is mysteriously affecting a whole forest.

More
[PR]

by xavier_astro | 2010-03-15 00:00 | 映画  

「トウキョウソナタ」〜本当の選択とは何か〜 (1)

数ヶ月間の外国で過ごし、長くて疲れるフライトを三回乗り継いでメキシコに戻った後、時差ボケから回復しようとするものの、東京が恋しくて寝付けない夜が続いたので、香港から持って帰って来た黒沢清監督の最新作「トウキョウソナタ」のDVDを観ることにしました。

現代の日本映画の監督であり、フランスやイギリスの映画評論家から高く評価されている、黒澤さんの芸術性やメッセージ性に、私は魅了されました。「トウキョウソナタ」は家族の物語であり、表向きは、黒沢監督の難解な、ホラーやスリラーとも言える前の作品とは全く違って描かれています。しかしながら、このよくありがちな筋書きは、徐々に、人生における困難や移り変わりのメタファー(喩え話)に変わっていって、この今の時代を通じて、私たち人間が何を目的として生きるのか、示唆を与えてくれています。

「トウキョウソナタ」は、従来の価値観と新しい価値観の狭間でもがき苦しむ家族の成り立ち、がテーマになっています。これは、半世紀以上も前、終戦後の時代に、小津安二郎監督が「東京物語」の中でやったこととよく似ています。この映画で家族は、その時代の社会情勢や経済そして政治的な変動が、個人的な次元にまで衝撃を与える場として描かれています。冥王星が山羊座入りした今、これら全ての領域において、基本構造が変容を遂げてゆく様を、私たちは観ることになるでしょう。

続きはコチラ....
[PR]

by xavier_astro | 2010-03-02 00:00 | 映画  

TOKYO SONATA ~What The Real Choice Is~ (1)

Back in Mexico City after several months abroad and three long and exhausting flights, trying to recover myself from the jet lag during a sleepless night, out of nostalgia from Japan, l decided to watch a DVD l had brought from Hong Kong, ‘Tokyo Sonata’, one of Kiyoshi Kurosawa’s last films.

I was enthralled by the art and the message conveyed by Kurosawa san, a director of modern Japanese cinema much admired among French and British film critics. ‘Tokyo Sonata’ happens to be a family drama, on the surface quite different from his metaphysical or horror previous thrillers, but here the conventional plot gradually turns into a metaphor about the hard times and the transits we all are living, it provides a glimpse of the purpose of mankind throughout this period.

‘Tokyo Sonata’ weaves its themes associating family structure with the struggle between traditional and modern values, very much like Ozu did with Tokyo monogatari, more than half a century ago, during the postwar years; the family of this movie becomes the field where the social, economical and political transformations of our time have an impact at the personal level. We can observe Pluto in Capricorn transforming the basic structure in all these areas.

More
[PR]

by xavier_astro | 2010-03-01 00:50 | 映画