<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ハウルの動く城 (2)

ハウル=永遠の子供の完璧なモデル

映画で、ハウルは最初からずっと、ユングの定義で言うところの「永遠の子供」のアーキタイプ(プエル・エテルヌス)に囚われていました。あるいはもっと身近に言い換えれば、ピーター・パン症候群で苦しんでいました。ハウルは見事に水星的です。空を飛ぶし、不思議な力を持っているし、常に違った扉から逃げまわり、誰も彼を捕まえることが出来ません。それに自惚れが強く、綺麗で若く見られたいし、全くもってハウルはナルシスティックな性格なのです。

ハウルは大人になること、自分自身にコミットすることを拒絶することで、ハウルに対する女性エネルギーの否定的側面を活気づけています。これはハウル自身の母親イメージから来ており、永遠の子供の典型的な反応とも言えます。荒地の魔女は、嫉妬に狂う情婦のように振る舞い、ハウルが女性といい関係性を築こうとするやいなや可能性をもぶち壊して彼を苛み続けます。そういうわけで、荒地の魔女はハウルがソフィーに興味があるのではと思った瞬間にこの若い女の子に魔法をかけたのです。ピーター・パン症候群に影響されている男性はみな、自分の魂の内に独占的で嫉妬深く、耐え難い母親イメージを持っていると言えます。これはプエルが何故いつも安定した関係性を怖がるのか、無意識の理由の内の1つと言えるでしょう。彼が恐れているのは、一度関わることを決めると、たとえそれがプリンセスであれ若い女性であれ、恐ろしい要求の多い魔女に変貌してしまうことなのです。

簡単に言うと、ハウルは暗いマザー・コンプレックスに囚われているのですが、それは荒地の魔女のハウルへの執着だけでなく、城それ自体がその表れなのです。特に監督のデザインの仕方は、ハウルはある種の母親の子宮の形の変えたものの中に住んでおり、それ自体は彼の幻想に合うように変化しつつも、彼を決して手放しません。ハウル自身の未成熟な態度と現実逃避癖が、魔法使いサリマンが彼を助けるためにそこにいて、彼が自身の責任を引き受けることを望んでいるだけなのだということを理解する妨げになってしまっています。 (3)へ続く...

原文はコチラ in English
[PR]

by xavier_astro | 2009-12-12 00:00 | 映画  

ハウルの動く城 (1)

イントロダクション

宮崎駿監督はこの映画の中で、1986年に出版されたダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の小説、ハウルの動く城(※「魔法使いハウルと火の悪魔」)の、ある程度のあらすじは残しましたが、その大半の構想を作り直し、登場人物の心理的な性格に手を加えることで、反戦芸術家として自身のメッセージを伝えています。

ソフィーは原作よりももっと発展型で、他の宮崎アニメのヒロインのように、勇敢だし、思いやりにあふれ、そして直感的な性格に描かれています。例えば千尋やもののけ姫のような確固たる意志や火のような激しい性質を持った女性ですが、宮崎監督の出生図の牡羊座の月に表れているように、監督自身が抱いている女性性アーキタイプの確かな表現となっています。

一方で、監督は、ソフィーとハウル双方が抱く母親イメージとシャドウを強調しています。荒地の魔女の性格を凝縮させ、王室付き魔法使いマダム・サリマンをより強く、より賢い母親イメージにしています。「千と千尋の神隠し」の作中でも、湯婆婆とその姉の銭婆に同じテクニックを使い、同じ原型に二つの顔を持たせています。一方は強い欲望を表し、もう一方は厳格だけれど最終的には優しい母親アーキタイプの賢明さを表しています。

ハウルの性格については、監督は、より優しく興味をそそられるような性格を、映画用にデザインしています。小説では、魔法使いハウルは、若い女の子を追いかけ回し、責任から逃げることに時間を費やしているように描かれていますが、宮崎監督はハウルの視点をもっと拡大して、ハウルをよりカリスマ的で、護られた感じで、宮崎アニメにとって非常に重要なテーマである権力、戦争や平和といったことに関心を向けているように描きました。 (2)へ続く...

e0182773_14395627.gif
宮崎駿監督
1941年1月5日 東京生まれ


原文はコチラ in English


魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉

ダイアナ・ウィン ジョーンズ / 徳間書店


[PR]

by xavier_astro | 2009-12-11 00:00 | 映画  

HOWL’S MOVING CASTLE 2

HOWL, PERFECT MODEL OF THE ETERNAL CHILD

All along the film we see Howl trapped in the archetype of the Eternal Child (Puer Aeternus), according to Jung’ definition, or suffering from the Peter Pan’s syndrome in more popular terms. Howl is completely mercurial, he flies and possesses magical powers, escapes constantly through different doors, nobody can catch him, he is vain, he likes to look pretty and young, Howl has a narcissistic character.
Howl’s refusal to grow old and commit himself activates the negative aspect of the feminine energy against him, this negativity comes from Howl’s own mother image, a typical response in any Eternal Child. The Witch of the Waste, behaving like a jealous mistress, persecutes him spoiling any possibility of finding a stable relationship with a woman; and such is the case when she casts a spell on Sophie just the moment she feels that Howls is interested in this young girl. We could say that any man affected by the Peter Pan’s syndrome hides in his soul a possessive, envious and intolerant mother image; this would be one of the unconscious reasons why the Puer is always afraid of a stable relationship, he fears that once committed, the princess or young woman will turn into a horrible demanding witch.
In general terms, Howl is trapped in a dark mother complex, not only the Witch of the Waste’s obsession for him, but the castle itself, especially the way Miyazaki designs it, shows that Howl inhabits in a sort of mutating mother’s womb, adapting itself to his fancies, but never letting him go. Howl’s own immature attitude and escapism prevent him from realizing that the sorceress Suliman is there to help him and only wants him to assume his responsibility.

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-12-02 00:00 | 映画  

HOWL'S MOVING CASTLE 1

INTRODUCTION

Although Hayao Miyazaki kept in his film some of the main aspects of Howl’s Moving Castle as in the original novel of Diane Wynne, published in 1986, he reinvented the most of the plot and modified the psychological profile of the characters in order to convey his message as an antiwar artist.
Thus, Sophie’s personality is more developed than in the book, she is more courageous, compassionate and intuitive, like most of Miyazaki’s heroines; think of Chihiro or Princess Mononoke, for example, resolute and fiery women, an authentic expression of his own feminine archetype represented by the Moon is Aries in his own natal chart.
On the other hand, he stresses the mother image and the Shadow of both Sophie and Howl, condensing the personality of the Witch of the Waste and making Madame Suliman, the royal sorceress, a more powerful, but wiser, mother image. The same technique was applied to Sen to Chihiro Kamikakushi (Spirited Away), with Jubaba and her sister Zeniba, two faces of the same principle. As we will see later, one represents the lust of power, the other, stern but eventually kinder, stands for the wisdom of the mother archetype.
As for Howl’s personality, Miyazaki designs a kinder and more intriguing one for his film version. In the novel, Howl, the wizard, spends most of his time chasing young women and escaping form responsibility, Miyazaki expands Howl’s views making him more charismatic and protective, interested in power, war and peace, themes extremely important in Miyazaki’s works.

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-12-01 00:00 | 映画