<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

永遠の子供=ピーターパンに救いはあるのか?

どうしたら「ピーターパン症候群」は癒されるのでしょうか?この症候群に陥ってしまった男性は、2つの可能性しか残されていないのでしょうか?未成熟で無責任なピーターパンのままその残りの人生を終えるか、それとも、悲しみと怒りや憎しみを抱えた老人となるか、です。

答えは、言うまでもなく、永遠の子供(=ピーターパン)にも救いは存在する、ということです。宮崎駿監督作品「ハウルの動く城」は、このピーターパン症候群に対する救いの手がかりを描くパーフェクトな例としてあげられるでしょう。(註:次の連載で掘り下げます)

この捉えどころの無いコンプレックスを持つ男性を救うことができるのは、女性の愛の力と勇気によってなのです。ピーターパンは子供のままで在り続けてしまうので、助けが必要です。映画の中ではソフィーがハウルのために戦い、彼が自分の傷ついたハートを取り戻せるように後押ししますが、それを為せるのは、強くて、情熱があり、寛容な女性でなくてはなりません。

この説明は簡単で比較的分かりやすりように聞こえますが、あるピーターパンは救われ、また別のピーターパンは救われない、そのわけは一体どこにあるのでしょうか?
女性がピーターパンと関わるときの危険性として言えるのは、母親になってしまうか、あるいは犠牲者に陥ってしまう、ということです。では、女性は一体どのタイミングで、彼のために立ち上がり戦い、ピーターパンが、統合された大人の男へと変容するのを助けたら良いのかを知るのでしょうか?ただ一つ言える答えは、それは「謎(ミステリー)」だということです。

捉えがたく、気取った風に聞こえるかもしれませんが、もし私たちが、ミステリーとは何を意味するものかが分かるならば、この答えはパーフェクトなものです。何か客観的な方法(視点)で、判断できるものではありません。それは、重要な局面において、その人(彼自身、彼女自身)によってのみ、体験され、発見されうるものなのです。それは、深い無意識からの啓示としてやってくるのです。このことが、多くの女性たちが未熟な男性との関係性を良くしようとしても、まま失敗してしまう、その理由といえるかもしれません。それに対して、もし誰もが使用可能な客観的方法論でもあるなら、この世にピーターパンは一人もいなくなることでしょう。

一方、「永遠の子供」(プエル・エテルヌス)ついて語ったユングは、無意識は、その潜在性を表現するために、ミステリーを必要とするのだ、と明言しています。ミステリーなくして創造性はなし、なのです。それが無ければ芸術も存在しえないのです。私たちは皆、絶えることのない自己(真のアイデンティティー)探求への道へと押し出されて突き進むためには、私たちは誰しも、傷が必要であり、それが故に、傷はなくなるということはあり得ない、とまでユングは言い切っているのです。

次の連載では、ソフィー(ハウルの動く城のヒロイン)自身の啓示(解放、悟り、目覚め、理解)への鍵を探るために、彼女の性格を掘り下げてゆきます。

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-11-12 00:00 | 心理  

The Eternal Child (Peter Pan) can be rescued ?

How can the Peter Pan syndrome be healed? Has the man affected by it only two possibilities left: either remain immature and irresponsible for the rest of his life or become a sad and embittered old man?

The answer was yes, of course, the Eternal Child (Peter Pan) can be rescued form his condition. Howl’s Moving Castle, Hayao Miyazaki’s film came as the perfect example to illustrate a cure of such a syndrome.

We stated that only the love and courage of a woman can rescue a man trapped in this elusive complex. Since the Peter Pan has remained a child for ever, he needs to be helped, in the movie, Sophie fights and pushes Howl to recover his wounded heart. However it has to be a strong woman, passionate and generous.

The formula sounds nice and relatively obvious, but then on what depends that some Peter Pans are saved and others are not? We know that the risk for a woman involved with a Peter Pan is to become either a Mother or a Victim, then, How can a woman know at what moment she can react and fight to transform her Peter Pan into an integrated man?
The only possible answer is: It is a mystery.

Although this sounds elusive and snobbish, the reply is perfect if we know what the word mystery means: something that cannot be traduced in an objective formula, it is something that can only be experienced and discovered at a critical moment by the person himself/herself, it comes as a revelation form the deep unconscious. Maybe this is the reason why so many women fail to rescue their relationships with immature men. If there was an objective formula for it that anybody could apply, there would be no more Peter Pans left in the world.

On the other hand, for Jung, who talked about the Eternal Child (Puer Aeternus in Latin), stated that the unconscious needed mysteries to be able to express its potential. Without mystery there is no creativity; no art would possible without it. He went so far as to affirm that some wounds cannot disappear because we all need them to be pushed to a constant quest of our Self (real identity).

In the next article we will explore Sophie’s (How’s Moving Castle heroine) personality to find more keys about her own revelation.

in Japanese
[PR]

by xavier_astro | 2009-11-11 00:00  

ピーターパン症候群

マイケル・ジャクソンはここ数十年もの間、「ピーターパン症候群」の完璧な例だと言われてきました。これは、J.M.バリーの1902年の著作(※註)に基づいています。成長しないと心に決め、ネバーランドへ逃げ込んだ少年のお話です。ネバーランドは魔法の国で、ここでは彼は空を飛ぶこともできるし、魅惑的な仲間たち(海賊や妖精たち)に囲まれて過ごすことができました。

マイケル・ジャクソンはとても意識して、あるいは意識せずとも、ピーターパンというキャラクターと自分を結びつけていました。あるインタビューで、彼の心の中では、自分はいつだってピーターパンなんだ、と告白したことがありました。それゆえに、彼がカリフォルニアの広大な牧場を手に入れ、ネバーランドと呼んだとき、誰も不思議がるものはいなかったのです。

大人になることを受入れられない男性、深刻な関係性にコミットすることができない男性は、ピーターパン症候群だと結びつけて考えられます。しかしながら、オリジナルの物語は、
私たちにピーターパンの心理を深く理解するためのキーを与えてくれています。話の中で、ピーターパンがお父さんとお母さんの家へ帰って、普通の男の子に戻りたいと思ったけれども、お父さんとお母さんには既に新しい赤ちゃんがいるのを、家の窓越しに見てしまったので、それで彼はそんな思いは二度と持つまいと決めたのでした。

ピーターパン症候群の男性は「傷つけられた子供」なのです。拒絶されていたか、拒絶されたと思い込んで、大人の世界に直面することを拒んだ子供なのです。マイケルが、父親によって虐待を受けて育ったという話はよく知られているところです。

ピーターパンは今の時代のお話で、さらに一般的には、カール・ユングが「永遠の子供」(プエル・エテルヌス(ラテン語))コンプレックスと呼んだイメージと結びついています。
ピーターパン症候群は、マイケル・ジャクソンのパーソナリティをさらなるユング的な複雑な解釈につなげる手だてを与えてくれています。

※註:『小さな白い鳥』"The Little White Bird"(1902年)(第13章から第18章にピーターパンのエピソード)

小さな白い鳥

ジェイムズ・M. バリ / パロル舎


参考:
J.M.バリー(ウィキペディアの項)
ピーターパン症候群(ウィキペディアの項)

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-11-02 00:33 | 心理  

THE PETER PAN SYNDROME

Michael Jackson case is a perfect example of what has been called in the last decades, the Peter Pan Syndrome. This is based on a modern tale, written by J.M. Barrie in 1902, about a child who decides not to grow up and escapes to Neverland, a magic kingdom where he acquires the power to fly and where he lives among fantastic beings (pirates and fairies).

Michael Jackson was so consciously, and unconsciously, identified with this character that he declared himself in an interview that, in his heart, he was always Peter Pan. Nobody wonders, then, why he called the huge ranch he had in California, Neverland.

Men who cannot accept to grow up and cannot commit themselves to serious relationships, are associated to this Peter Pan Syndrome. However, the original tale gives us with a key for a further understanding of Peter Pan’s psychology. We are told that when Peter Pan wanted to go back to his parents house and therefore become a normal child, he saw through the window that they had already a newborn baby, so he thought he was no longer wanted.

The fact is that man affect with the Peter Pan syndrome was a wounded child, a child who was rejected or thought he was rejected and decided not to face the adult world. We know that Michael had a history of abuse by his father.

Peter Pan is a modern tale and a more popular way to associate what C.G. Jung called the Eternal Child (Puer Aeternus) Complex. The Peter Pan Syndrome helps us to associate Michael Jackson personality with the more serious aspect of the Jungian theory. End.


in Japanese
[PR]

by xavier_astro | 2009-11-01 00:00 | 心理