<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

オズの魔法使い

オズの魔法使 コレクターズ・エディション [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

オズの魔法使い [DVD]

メーカーオリジナル

オズの魔法使 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

オズの魔法使い [DVD] FRT-067

ファーストトレーディング


[PR]

by xavier_astro | 2009-06-30 19:29 | 映画  

オズの魔法使い その4

ドロシーが孤児であるこということは分かりますが、両親はどのように死んだのでしょうか?彼女はどのように母親を失ったのでしょうか?
もし魔女が、子供が抱く母親像の闇の側面が人格化したものであるとすると、魔女を殺すという「事故」(予期せぬ出来事)は一種の殺人と言えます。
ドロシーは母親が自分を見捨てたことに怒りを感じていたのでしょうか?
そしてまた、代理母のエム叔母さんは忙しく働く厳しい女性で、愛を示す余裕も、子供の一番大事な感心事に注意を向けるヒマもありませんでした。
西の悪い魔女は、ユングがシャドーと呼ぶ側面の人格化したものだと言えますが、それは本来、ドロシーを愛し守るべきはずの大人たちの攻撃性のみならず、彼女自身の破壊的な衝動の両方を併せ持ったドロシー自身の精神、心理の投影と言うことができるでしょう。
そして、悪い魔女がドロシーの「赤い靴」を奪おうとする様は、彼女が人生に根ざし大人になろうとすることを妨げる「悪い母親」を連想させます。
オズの国は、母親の破滅的性質や、友人たちの本来の性格やその無意識の欲求など、主人公の内的世界のあらゆる側面が具現化した世界です。また、そのそれぞれの側面は、彼女自身の個性化のプロセスにおける心理的な働きであり、占星術的要素であり、そしてコンプレックス(強迫観念)でもあるのです。
また、トトは彼女の中の、いつも危険を感じていて、「悪い女」に危害を加えられ危機に瀕している子供の部分(保護されようする本能)を象徴していると言えるでしょう。
トトは、生存のための本能であるとともに、彼女のもっとも聡明で賢い部分の表れでもあります。

(*註)原作では靴は「銀の靴」として書かれているが、映画版では、視覚的効果を狙って赤い靴を使用した、とされる。                  
                           (終わり)

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-28 00:00 | 映画  

オズの魔法使い その3

さて、私の個人的な解釈ですが、それは、私の幼年期からのこの映画や演劇に対する熱い思いに根ざしており、また、カールG.ユングの影響を強く受けています。
「オズの魔法使い」は大人への成長物語的寓話というよりも、むしろ本物の神話なのです。
この物語は、個人の統合を目指して、自分自身の精神、心理の中に分け入って行く危険な冒険のプロセスを描いています。
というのは、1939年版の映画では、夢という設定で、ドロシーはつむじ風によってオズの国へと飛ばされますが、「現実の世界」からおとぎの国への場面が展開すると、そこの住人たちはドロシーの身近な人々の顔とそっくりなのです。
ドロシーが叔父さんの家にいては落ち着いて居られなかった(’根付くこと’ができなかった)という事実は冒頭から明らかですし、彼女が遊んでいてフェンスから落ちた時に大人が助けてくれますが、その彼はとても気弱そうで感情的な人でした(後に臆病ライオンとして登場します)。
そして隣人のエルミラ・ガルチさんはドロシーの一番大切にしている可愛い犬のトトを殺そうと、悪意を持って脅しますが、叔父さんも叔母さんもそれを助けることが出来ず、ドロシーは最後には家出することに決めます。そうして家もろとも竜巻に舞い上げられ飛ばされてしまいます。
まるで機能不全の家族の話のようですね。

このお話の中で、’根付くこと’や基礎、土台に関連する重要なもうひとつの要素は「赤い靴」です。
オズの国では、西の悪い魔女がドロシーを殺そうとします。ドロシーの履く赤い靴は、彼女がオズの国にいる間ずっと鍵的要素となります。
ドロシーは、家ごと飛ばされてオズの国に落ちたので、その家に潰されてもう一人の悪い魔女(東の悪い魔女)を結果的に殺してしまいます。それは、この嫉妬と抑圧に満ちた恐ろしい母親イメージに対する、ある種の「アクティング・アウト(行動的表出)」であると言えるでしょう。
((*註)東の悪い魔女が履いていた赤い靴をドロシーが手に入れるのですが、西の悪い魔女はそれが欲しくて、彼女を殺そうとします)
ドロシーが「やっぱりお家が一番」と気付いた時、最終的に、彼女を生まれ育ったカンザスへ運んでくれたのは、やっぱり「赤い靴」でした。ドロシーはこうして初めて、自分の土地に自らの足で立つことができたのです。

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-27 00:00 | 映画  

オズの魔法使い その2

ですが、この昔から用いられてきた解釈は、この物語の冒険の面白さと、奇抜で愛らしい登場人物たちをすべて説明するには、「オズの魔法使い」の現代の観客やファンにとっては、薄っぺらで退屈なものに思えてしまいます。
このフランク・ボームの風刺的なたとえ話は、もはやその当時の政治的意味合いを越えて、今や自己認識の冒険物語になり、そしてまた大人への成長を描いた普遍的な寓話と言うにふさわしいものになっています。
このような普遍的な神話として地位を得る近代の物語はそうはありません。

1939年のミュージカル版は、演出家、脚本家、音楽家そして芸術家らが大きなチームを組み、アイディアを出し合ってつくられ、「オズの魔法使い」の「新規準」を打ち立てました。
現代の観客の中で、この話に風刺的な意味を持たせた当時の歴史的背景を知る人が少なくなればなるほど、この演劇はより比喩的に開かれたものとなり、そのことによって集合無意識的なより多様な解釈が可能となるのです。

そのうちの一つとしては、ゲイ(同性愛者)的な解釈があります。
アメ リカのゲイのコミュニティは、またこの映画の中に多くの彼ら自身の象徴を見出 して来ました。そしてレインボー(虹)はゲイ・ムーブメントの旗として使わ れ、テーマ曲である「虹の彼方に」と、そのシンガー(歌い手)であり、この映画 の主役であるジュディー・ガーランドは、ゲイのアイコン(象徴)として使われる ようになったのです。

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-26 00:00 | 映画  

オズの魔法使い その1

「オズの魔法使い」という作品の解釈については、これまでいろいろ語られてきました。ドロシーの魅惑的なオズの国への旅と、その旅路で出会うとても奇妙な友人や風変わりなキャラクターたちは、何世代にも渡って、アメリカ人に限らず世界中の子供、大人をも虜にしてきました。演劇や、映画、その続編、テレビ番組のために、数えきれないほど多くの脚色がなされ、それらの本や映画に対する様々な解釈が競いあうようになされています。

ライマン・フランク・ボームの描いたおとぎ話、「オズの魔法使い」は、1900年の出版以来、当時19世末におけるアメリカの政治的風刺や、人民主義的な世相を表す寓話として解釈され続けてきました。
この視点からすると、この物語の全ての登場人物を、現実の人々に言い換えることができます。
例えば、大魔法使い(オズの魔法使い)はグローヴァー・クリーヴランド大統領ですし、臆病ライオンは民主党の次期大統領候補です。かかしは農民で、ブリキ男は見放された工場労働者、そしてドロシーは善良なアメリカ市民でしょう。エメラルドの都はワシントンD.C.で、、、とさらに続きますが、この解釈の中で私が最も好きなのは、昨今の世界情勢にも当てはまるのですが、市民(マンチキン)を怖がらせる東の悪い魔女は銀行家ということになります。

原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-25 00:00 | 映画  

THE WIZARD OF OZ (1)

Much has been said about the meaning of The Wizard of Oz; Dorothy’s fascinating voyage to the Land of Oz, her outlandish friends and the eccentric characters she meets on her way, have haunted many generations of children and adults, Americans and non Americans. The countless adaptations for the stage, the movies, the sequels and television shows, compete with the multiple interpretations about the book and the film.
Since the publication in 1900, the fairy tale of L. Frank Baum, The Wonderful Wizard of Oz, enforced the theory of a political allegory and a parable of populism in the last years of the XIX century in the USA. From this point of view almost every aspect of the story can be translated term to term; the Wizard would be President Grover Cleveland; the Cowardly Lion, the Democratic-Populist Presidential candidate; the Scarecrow, the farmers; the Tin Man, the alienated factory workers; Dorothy herself, the good American People; Emerald City, Washington D.C., and it goes on and on. The one l like the most in this interpretation, fashionable these days, is the Wicked Witch as the bankers who terrorized the people (the Munchkins?).

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-24 00:00 | 映画  

THE WIZARD OF OZ (2)

Notwithstanding the authenticity of this theory, for the modern audience and fans of the Wizard of Oz, the explanation sounds flat and dull for such a rich account of adventures and extravagant and lovable characters. Frank Baum’s allegory surpassed the political intention of its time becoming a saga of self knowledge, a universal fable of coming of age. Very few modern tales have acquired the status of universal myths.
The musical version of 1939, made and engrossed by the ideas of a big team of producers, writes, musicians and artists, set the ‘canon’ of the Wizard of Oz. The less acquainted modern audiences become of the historical context that produced the allegory of the book, the more the play becomes an open metaphor, a byproduct of the collective unconscious accountable of multiple interpretations.
One of the many is the gay approach. Reid Davis, a scholar from the University of California, published in Film Quaterly magazine a long and serious essay, a psychoanalytic (based mainly on Lacan) exegesis entitled: ‘Lost Objects, Repeat Viewings, and the Sissy Warrior’, where he studied the multiple screening in TV, cinema and theatre, the reaction and identification of several generations of gay people with the personality of the Cowardly Lion, first posing as a macho or a butch and then singing: ‘Oh it’s sad, believe me, missy, When you are born to be a sissy’; funny dialogues as this of the Good Witch: ‘Only the ugly witches are bad’; or Judy Garland and ‘Somewhere beyond the rainbow’, for some, definite icons of the gay culture.

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-23 00:00 | 映画  

THE WIZARD OF OZ (3)

My personal interpretation, deeply rooted in the enthusiasm for the movie and the play since my early childhood, is strongly influenced by Carl G. Jung. The Wizard of Oz is more an authentic myth than a fable of coming of age; it depicts a process of individuation, the perilous journey into owns psyche in order to become an integrated individual. The fact that a whirlwind transports Dorothy to the Word of Oz, interpreted in the 1939 version as a dream, a jump from the ‘real world’ into a fairyland inhabited by equivalents of Dorothy’s everyday life, authorizes this approach.
That Dorothy is not confident and grounded at her uncles’ home is a fact made clear since the beginning; she falls while playing on the fence and the adult that helps her seems weak and emotional (later, he will turn into the Cowardly Lion); we see her threatened viciously by the neighbour, Elmira Gulch, who wants to kill Toto, Dorothy’s most vital and cherish object; the aunt and uncle cannot help and she actually intends to run away. Then, the whole house is carried away by the tornado; are we talking here about a dysfunctional family?
Another important element related to roots and foundations in the tale are the Red Shoes; the same that the Wicked Witch of the West covets to the point of wanting to kill her. The shoes become the key element since her arrival in the World of Oz; her violent landing actually kills the other Wicked Witch, a sort of ‘acting out’ against this terrible mother image full of envy and repression; those same Red Shoes will eventually transport her to her native Kansas once she realizes that ‘There is no better place like home’. Dorothy can now stand on her own ground.

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-22 00:00 | 映画  

THE WIZARD OF OZ (4)

We know that Dorothy is an orphan. But how did her parents die? How did she lose her mother? If we assume that the witch can be a personification of the dark aspect of the child’s mother image, then the ‘accident’ that kills the witch is a sort of murder. Is Dorothy resentful at her mother for abandoning her? We also know that the surrogate mother, Autie Em, is a hard working stern woman with no time to express her love and that she hardly takes care about the child’s main concerns.
The Wicked Witch of the West personifies an aspect of what Jung calls the Shadow; a projection of Dorothy’s own psyche where she includes both her own destructive drives as well as the aggressive tendencies of those adults who are suppose to love and protect her. The witch coveting Dorothy’s Red Shoes can be associated with the ‘bad mother’ preventing her from being well rooted in life and therefore becoming an adult.
The World of Oz makes apparent every dimension of our heroine's inner world, the mother destructiveness, the inner personalities of her friends, their unconscious desires, and the aspect each of them represents in her own process of individuation, her own psychological function, her astrological elements and complexes. Thus, Toto stands for the part of herself (instinct to be protected) that feels threatened all the time, the endangered child persecuted by the ‘bad woman’; as instinct of survival, Toto is also the most sensible and clever part of herself.

和文はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2009-06-21 00:00 | 映画