悪の本質とは?本来の自己に繋がる道

なぜ、この世界には、こんなにも多くの悪が存在するのでしょうか?人類に痛みと苦しみを与える元ともいうべき悪が、なぜ、こんなにも多く存在しているのでしょうか?不幸と苦難多きこの世界で生き延びること自体、すでに大変つらいことでしょう。しかし、苦難がないことは、自らあるいは他者によって引き起こされた心の痛みよりも、もっと酷い状況であると言えましょう。

世界の多くの国々において、信じらないほどに高水準の科学技術や、人権・平和・正義の理想的な姿が実現され、人類にとって最も酷い苦しみ、例えば戦争や犯罪、奴隷制度でさえもが、静かに立ち去りました。しかし実際には、これらの悲惨な出来事は、依然として世界中のどこかで起こっており、それどころか、科学技術の発達によって、状況は悪化の一途をたどっています。インターネット、高度な科学技術や原子力の発展により、高性能の大量破壊兵器が製造されるようになりました。不正や悪事が横行し、全人類、女性や子供達に至るまで、酷い苦しみを受ける可能性が増し、更に危険度が高まっている、今はまさにそのような時代なのです。




時に、私は、このような矛盾を思うと恐ろしさのあまり息苦しくなり、呼吸が乱れてしまいます。それで、ヨガと祈りを日々の日課とし、時にはお酒を酌み交わしながら、リラックスした雰囲気の中、クライアントの皆様や生徒の方々、友人達と、私の考えを分かち合うよう努めています。人を励まし勇気づける時に、悲観的な雰囲気は禁物です。それでも、時には落ち込むこともさほど悪いことではありません。自分が生きているこの世界のことをどのように感じているのか、偽ることなんてできませんから。

悪を克服する可能性が最も高いと思われる解決策は、自己知、つまり、私達が本当は誰なのかを知るために自ら行動を起こすことである、というのが私の理想とするところです。この観点から言うと、私は、ソクラテスの訓戒「汝自身を知れ」や、キリストの戒めである「真理はあなた方を自由にする」、そして、中でも、私が一番好きな現代の哲学者、スピノザの格言「私たちはすると言うことは決して成さず、自分自身であることを成す」に従っているというのは言うまでもありません。

仮に、この世界が純然たる幸せな状態だとしたら、ソクラテスやスピノザなどの言葉を人類は必要としなかったでしょう。ですから、彼らの言葉が私にとってどのような意味を成すのかを説明する前に、まず悪の本質について少し問うてみたいと思います。

言うまでもないことですが、悪の本質についての解釈は数多く存在します。また、悪の起源と原因に関する解釈も、悪を正当化する事実や証拠すら数多く存在します。ですから、悪の主だった傾向を述べましょう。多くの神話や宗教的な教えによると、悪には、人類の始まりの時、アダムやエデンの園からの追放神話のような、人間の原罪が暗示されています。他にも、マニ教のように、世界は絶え間ない善と悪の戦いの中で作られたと主張するものもあります。

最も魅了される伝統的な教えでは、悪は立ち去っていない、もし立ち去ったのならばそれには目的がある、と主張しています。これらは、ピタゴラスやプラトン、新プラトン主義、カバラの潮流といった、深い精神性を持つ伝統的な教えを源流とし、ヒッピームーブメントやニューエイジ的な、表面的で安易な思想のものにまで流れ込んでいます。

ここで私は、プロティノスを紹介したいと思います。3世紀のエジプトに生まれた、新プラトン学派に属するギリシャ人の哲学者で、私は、ギリシャ語の先生の元で数年間にわたり彼の研究をしていました。プロティノスの文献を、古代ギリシャ語で読むのは簡単ではありませんが、神秘主義の伝統を汲む最も重要なマスターの一人です。彼は聖人であり、とても深遠で素晴らしい思想家でした。

プロティノスによれば、悪は立ち去り、そして悪が存在する目的は、善とは何かを私達が理解する手助けをすることだと言います。悪の役割とは、私達が本当は何者であるかを、自ら発見する手助けをすることです。悪を経験することなくして、一体どのように善とは何かを理解することができるのだろうかと、愛と美徳のマスター、プロティノスは私達に問うています。彼にとって、悪とは私達の外にあるもので、その外部性は痛みの原因となります。善とは、私達の内側にあると彼は断言しています。ですから、私達は自らの内に存在する善に繋がるために内省を必要とするのです。

ここで重要なことを付け加えますが、彼の思想は単なる非現実的な願望的思考でも、表面をさらりと撫でただけの話でもありません。実際にプロティノスは、肉体的苦痛と、外部からの攻撃を数多く経験し、常にそれらを克服し超えていく方法を見つけていきました。彼は、悪を使うことを学び、精神性を高め、善悪の対立を超えていったのでした。
繰り返しますが、プロティノスによれば、私達は、悪意のある人々から傷つけられている時でさえも、自らの内側へ向かうように背中を押され、善と悪のロジックを理解し、自身の内側の深みへと入っていく、と述べています。これは、キリスト教の伝統的な教えである「悪意ある人々を赦さねばならない」という意味ではありません。プロティノスはキリスト教徒ではありませんでした。彼にとって赦しとは諸刃の刃です。なぜなら、赦しは私達を高慢にさせたり、悪意のある人々を重要視してしまうからです。

私達が悪を受容する時、私達は痛みを受容し、自分の本質を発見するために自らの内へと入ることができます。もし、私達が自らの内側に留まれば、私達は自分自身のマスターになるのです、これがプロティノスの教えです。調和とは、悪に働きかけた結果、成されるものです。悪無くしては、真の調和はあり得ません。これは天秤座の深い思考の道です。プロティノスは、天秤座だったのでしょうか?それは私にはわかりません。

山羊座という地のサインの太陽を持つ私は、次のように考えています。悪の中にある無益な側面、つまり人生の無駄、資源の浪費、そして不平等があまりにも多く蔓延していると思います。そして、私達はこれらの事実と向き合い、戦いを挑むべきでしょう。しかし、プロティノスは、究極的な教えを示しています。それは、善の源泉、つまり、私達の存在の本質と、存在の目的を知る道は、私達の内側にあるというものです。

私にとってネイタルチャートは、プロティノス、ソクラテス、イエス・キリスト、スピノザをはじめとする、愛、そして悪からの解放を示した全ての霊的マスターと、同じ考えに基づいていることに疑う余地はありません。ネイタルチャートに間違いはありません。天体、サイン、ハウスの位置やコンビネーションに間違いも悪もありません。アーキタイプは純粋な力であり、創造性の源泉です。このことについての理解を手助けすることが、私の人生の目的です。もちろん、そのプロセスは、困難と痛みに満ちており、時にとても長期に渡ります。しかし私は、人々がそれに気づき、自身の光を見つめ始める時、計り知れないほどの喜びを感じるのです。

ネイタルチャートの探究は、ソクラテスが奨励した自己知の道になり得ます。光と闇の源であるアーキタイプに働きかけることは、イエス・キリストが私達を解放するために説いた、真実に直面することを意味します。それは、偽りの自己をやめる方法でもあります。そして、スピノザの美しい格言、私達はやると言ったことを決してせず、私達自身であることを成す、という意味ですが、「やると言ったこと」とは、私達が考えること(そうでありたい自分)、そして「私達自身であることを成す」とは、真の自己であることを意味します。実際には、それゆえに、私達は自身のネイタルチャートにあるものを表現するだけなのです。

各々のエレメントとサインには、この道を引き受けるのに、それぞれ固有の困難さがあります。火のサインは、常に自分が正しいと考える傾向があり、本当に彼らはそのように考えていますので、誰も彼らが間違っているとは疑いません。風のサインは、自分の論理と思考をあまりにも信じすぎています。もしくは、自分の見解を変化させるという傾向があります。水のサインは、自身の感情との繋がりが強く、そのためすぐに自分の考えを疑い、揺れ動きます。しかし彼らは、知識によって他者を操作する傾向があります。地のサインは、あまりに現実的で懐疑論者的です。彼らは、現象界のみが現実だと考えています。

私達全ての者に、ネイタルチャート、そして土星を与えてくれたことを、私は神に感謝します。
ネイタルチャートにおける土星は、私達が自分を欺いた時、常に私達の前に立ちはだかり、今、間違った道にあることを、明確に示そうとするのです。(終)

翻訳:八田占星学研究所 八田直美

___________________________

THE NATURE OF EVIL


Why is there so much evil in the world? Why so much malevolence causing pain and suffering for humanity? Surviving in this world full of misfortunes and troubles is already very hard; but no misery can be worse than the pain that some people provoke for themselves and for other people.

Although science and technology, or the ideals of human rights, peace and justice, have reached an incredibly high status in many countries of the world, the worst plagues of mankind still, such as war, crime, even slavery, still exit. In fact, not only do these horrors remain, but they have become worse by reason of the technical developments; internet, sophisticated technology and nuclear power can become efficient weapons of mass destruction. Nobody can deny that the capacity for wrong doing and torturing men, women and children has increased, becoming more and more dangerous.

Sometimes I feel so appalled by these contradictions, so suffocated, that I find difficult to breathe normally; then I practice some yoga, pray, or even have a drink, relax and keep trying to share my ideas with my clients, students and friends. We cannot encourage people when we are too pessimistic; but it is not so bad to be downhearted from time to time, we cannot delude ourselves about the kind of world we live in.

My ideal is that self-knowledge, the act of getting to know who we really are, is the best possible solution to overcome evil. In this position I, obviously, follow Socrates’ admonition: ‘Know thyself’; or Christ warning: ‘Truth will set you free’; and most of all, the statement of Spinoza, my favorite modern philosopher: ‘we never do whatever we say we do, but we do what we are’.

None of these decrees would be necessary if the world was pure happiness, so before explaining what they mean to me, I want to inquire a little bit about the nature of evil.

Needless to say that there are hundreds of explanations about this theme, lots of interpretations or even justifications about the origin and the cause of evil, so let us mention the main tendencies. Many myths or religious traditions imply that there was a sort of transgression at the beginning of mankind, such as the myth of Adam and the loss of Paradise; others affirm that the world was created like that, as a constant battle between good and bad, such was Manicheism.

The most fascinating traditions are those which claim that evil does not exit, or that if it does exit, it is for a purpose. These go from deep spiritual traditions such as Pythagoras, Plato and Neoplatonism, or certain Kabbalistic currents, to the shallow and easy going attitudes as the Hippie movement or the New Age tended to become.

Here I want to introduce Plotinus, a Greek New Platonist philosopher born in Egypt in the III century AD, I have been studying him for several years with my teacher of Greek; Plotinus, not easy to read in ancient Greek, is one of the most important masters of the mystical tradition, he was a saint, a very deep and serious thinker.

For Plotinus, evil exits, but the purpose of its existence is to help us understand what the Good is; according to him, the function of evil is to assist us discover who we really are. How could we understand what good is if we did not have the experience of bad, asks this kind master of love and virtue. For him, the bad is outside us, exteriority is the cause of pain. He affirms that the good is inside us; that is why we need introspection, to make contact with that good.

Important to add that this is not mere wishful thinking or shallow talk; Plotinus experience lots of physical pain and aggression from the outside, but he found always a way to go beyond that, he learned to use bad to become spiritually stronger and go beyond the opposition of good and bad. Again, according to him, even when we are hurt by malevolent people, we are thus pushed to go inside us, understand their logic and go deeper in ourselves. This does not mean that we have to forgive them in the way the Christian tradition imposes, Plotinus was not a Christian. For him, forgiveness is a double edge weapon, as it can make us feel superior or give too much importance to the wicked people.

When we accept evil, we accept the pain, and we can go inside us to discover our essence; if we remain inside us, we become our own masters, teaches us Plotinus. Harmony is the result of working with evil, no harmony without evil. Was Plotinus a Libra? We cannot know, but this is a deep Libra way of thinking.

As an earthy sign (Capricorn), I think that there is a very concrete and unnecessary dimension of evil, a waste of life and resources, too much injustice, and we should try to fight and face these facts; but Plotinus shows us the ultimate lesson, that the source of good, the path to know the essence and the purpose of our existence is inside us.

For me, there is no doubt that our natal chart agrees with Plotinus, Socrates, Jesus Christ, Spinoza and all those spiritual masters of love and liberation from evil. There is no badness is the natal chart, no position, or combination of planets, sign or houses are wrong or bad, archetypes are pure power and source of creativity; helping people to understand this is the purpose of my life. And sure, the process is hard and painful, sometimes very long, but I feel an immense joy when someone realizes it or start seeing his or her own light.

Exploring our natal chart can be the path of getting to know ourselves that Socrates recommended; working with the archetypes, source of light and darkness, means facing the truth that Christ preached to make us free, the way to stop lying to ourselves. And Spinoza’s beautiful axiom, that we never do what we say we do, but we do what we are, meaning that one thing is what we think (or want to pretend we are), and another is what we really are; the fact, therefore, is that we can only express the contents of our own chart.

Each element and sign has its own difficulty to assume these paths; the fiery signs, because they tend to think that they are always right, just because they think that, and nobody can doubt them; the airy signs because they trust their logic and thoughts too much, or tend to change their point of view; the watery signs can doubt more easily their thoughts because of their emotional connection, but they tend to manipulate other with that knowledge; the earthy signs tend to be too practical and skeptic, they think that only the external world is real.

Thanks God, we all have Saturn in our chart always confronting us and trying to prove us wrong when we cheat ourselves.(the end)


[PR]

by Xavier_Astro | 2017-12-01 00:00 | 占星術  

<< GIRASOLプロジェクト解散... 土星とカッシーニ 〜 壮大な... >>