現代の専制君主 金正恩(トランプ大統領そして習近平国家主席) 

北朝鮮最高指導者、金正恩委員長の誕生日に諸説あるのは、ある種の戦略だと思われます。伝記に書かれた内容が、不確実かつ曖昧であればあるほど、性格や精神性について研究しようにも、理解し難く複雑なものとなるからです。フランスのウィキペディアに掲載されている198318日ピョンヤンが、最も信頼に値する出生データである、というのが私の見解ですが、イギリスのウィキペディアで彼の叔母さんが明かした198418日というのも捨てがたいと思います。




e0182773_17202813.gif
KIM JONG-UN
Jan/8, 1984  
time unknown
in Pyongyang




























e0182773_17413112.gif



KIM JONG-UN
Jan/8, 1984  
time unknown
in Pyongyang

<br clear=all>



金正恩委員長の叔母さんという人は、どれほど信頼できる人物なのでしょうか?この無慈悲な専制君主の血縁関係にあるということがどれだけ危険なことか、窺い知れませんが、専制君主というものが絶対的権力に取りつかれてしまった場合、次第に、自分の一族に対しても疑いの目を向け攻撃し始めます。こういった行動は、心理的な面において成熟していない、未熟な感情からくるもので、もし金正恩委員長が権力を握ったならば、激しい感情によってたちまち一族をひとり残らず壊滅させてしまうでしょう。一族の者達は生き残りをかけて、彼女が明かした事実を改ざんしたのかもしれません。

いずれにせよ、たとえ偽の誕生日から作成した間違ったチャートであったとしても、深い無意識からの真のメッセージが、深遠な意味を語っているとの確信を、私は常に持ち続けています。良く考えてみると、金正恩委員長の叔母さんは、何一つ重要なことは明かしていません。彼女が認めている事実は、金家は金正恩にスイスの学校でハイレベルな教育を受けさせたかったこと、英語とドイツ語を学んだのは背が高くなりたくてバスケットボールに興味を持っていたからだということ、マイケル・ジョーダンに憧れていたこと、子供時代を甘やかされて育ったことなどでしたから、実情など何も分からないのです。

1984年生まれのチャートでは、金正恩委員長の月は魚座となり、他者に対して過渡の疑念を抱く傾向が示されます。しかし、どのような専制君主も、ある程度の妄想的傾向がみられると言えるでしょう。よってこの場合において、ある権力者の月が魚座にある時には、気分の極端な浮き沈みがあり、物事を客観的に理解することが困難な状態を引き起こします。そして1983年生まれのチャートが示すように、もし、月が蠍座で土星とコンジャンクションしていたなら、金正恩ファミリーの女性達の水面下で行われていた権力闘争から、泥沼化した関係性が想像されます。彼の母親は乳がんで亡くなっていますが、それも冥王星的な月をネガティブに表現した結果だったと言えましょう。(蠍座は冥王星に支配されています)

水のサイン(蠍座、魚座)の月が持つネガティブな表現には、その人物を感情的にさせ、恨みを持ち続けるという性質があります。痛みに満ちた感情を人に押し付けるのです。よって、このタイプの人物は、他者に苦しみを負わせることに喜びを見出します。

北朝鮮の最高指導者、金正恩委員長のチャートにおいて、はっきりしている点は、蠍座に土星を持ち、太陽が山羊座であることです。29~30歳の頃に訪れた1回目のサターンリターン時に、重責を担うという山羊座の運命が明らかになりました。山羊座は、圧倒的な抗しがたい父親イメージを持つ傾向がありますので、世界でも名高い権威主義的国家を統治する重責は、かなりのものだったに違いありません。特権を与えられた状況で、国を統治する後継者に指名されたことは、まるで毒入りのプレゼントを受け取ったに等しかったでしょう。金正日という、ヒトラーと並び称される人物の息子として生きることは、困難の連続であったに違いなく、むしろ祖父の金日成を手本にしようとしたのも無理のないことでしょう。通常、山羊座は真面目で、人々からの信頼を得る行動規範となることを自ら選択する傾向があるのです。

金正恩委員長の人間性という面では、ごく平凡な人物にすぎません。歴史的に重要な時期に、大量破壊兵器を供給し、国際的に注目を浴びている狭量な専制君主にすぎないと思います。まさにこの平凡さ故に、危険な人物となりました。自分は優秀で重要な人物であり、父から後継者に選ばれたことへの正当性を証明したい欲求を持っているのです。研究対象として見るならば興味深い点は2つあり、1つは彼が堕落している点、もう1つは個としての真価が乏しいにも関わらず、権力を欲しいままに行使している不均衡という点でしょう。彼のケースでは、人間としての限界と、神のごとく君臨したい野心との間の、非情なまでのバランスの悪さがアーキタイプによって表現されており、傲慢とは何かを私たちに知らしめています。

ここ暫くの間、核エネルギーと関係する冥王星が、金正恩委員長の山羊座の太陽の上を通過しています。金正恩委員長といえば、誰でも核爆弾とミサイルを連想することでしょう。彼は、この兵器を使うことへの強い衝動があるでしょうし、そこに個を超えた集合無意識レベルでの、トランジットの山羊座冥王星が的確に表現されています。土星に支配される山羊座は、強い権力と国家組織を表現します。山羊座の冥王星は、権力構造の根底からの変容を要求しますが、すでに権力を手中に収めている山羊座の人物は、今の状況からの変化を好まない傾向があります。よって自分の権威を脅かす敵として他国を捉え、その破壊を企てる傾向があるのです。その意味で、ネイタルチャートに山羊座の冥王星を持つアメリカ合衆国(1776.7.4 17:10 フィラデルフィア)は、完璧なターゲットとなり得ました。そして、破壊と荒廃が、人類にとっての本質的変容を意味することとなるのでしょう。
e0182773_17271148.gif
Nation:USA
Jul/4, 1776
at 17:10, in Philadelphia


























アメリカ合衆国大統領であり、政治未経験のいわばビジネスマンであるトランプ大統領にとって、事態はますます厳しいものになります。ドナルド・トランプ大統領のチャートで蟹座の土星は、アメリカ合衆国チャートの山羊座の冥王星と、同じく金正恩委員長の山羊座の太陽とも、お互いに正面から向かい合う位置にあります。最も楽観的な見解では、トランプ大統領の土星は遅延を意味します。状況へのいらつきと、最終決戦の回避を意味するでしょう。一方で、最も悲観的な見解によれば、何かしらの事態を引き起こすシンボルである土星は、ただ悪夢が現実となることを意味します。
e0182773_17361655.gif
Donald Trump
14/Jun,1946
10:54a.m.
in Queens County,NY
























トランプ大統領もまた、ある種の専制君主です。状況的には違うものの、彼を妨害し力を削ぐような強力な構造と組織を有する国を統治しています。しかし、トランプ大統領と金正恩委員長を同一視することは決定的な事態をもたらすでしょう。彼らのチャートは天王星の通過による影響を強力に受け、両者共にインターネット・ツイッター・コンピューターゲームなどを好み、それぞれが、まるでプレイステーションゲームのキャラクターのようにも見えます。

金正恩委員長は、国民に感銘を与えて悦に入るのがお好きなようですが、実際には、ドイツでは真に賢明な君主と言われています。それも山羊座の性質が、彼を極めて用心深くさせているからでしょう。重大な戦いに勝利しても、失うものの方が大きいと分かっているようです。騒々しいトランプ大統領は、威張りちらし、誇示するのを楽しんでいるだけで、彼の気まぐれな双子座の性質は、感情のふり幅を大きくし、むしろ非効率で捉えどころのない人物という印象を与えています。

この玉座ゲームのもう一人のキーマンは、賢明で実践的という双子座のもう一つの側面を持つ、習近平国家主席(1953.6.15 中国・北京)です。彼の出生の天秤座土星は、金正恩委員長の山羊座太陽にスクエアしています。これは、北朝鮮にとって障壁となる権威を意味します。金正恩委員長をコントロールできる人物がいるとすれば、唯一、この中国のリーダーだけでしょう。さらには、習近平国家主席の土星は、トランプ大統領の土星ともスクエアであり、アメリカ合衆国の天秤座土星とコンジャンクションしています。つまり、アメリカ合衆国を保護する必要性を表しているのです。信じ難いことですが、習近平国家主席はアメリカ合衆国とその同盟諸国の救世主となるかもしれません。誰も認めようとはしないでしょうけれども。
e0182773_17292341.gif

Xi Jinping

Jun 15, 1953, time unknown

in Beijing, China




























人類に課せられた使命というものがあると私は思っています。そして、どのような最悪の事態が起ころうと、この世界の真髄である光を守るために、日夜祈りを捧げている聖なる人たちがいる、ということを、私は確信しているのです。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所

─────────────────────────────────


FASHIONABLE TYRANTS: KIM JONG-UN AND OTHERS

There seems to be a sort of strategy in keeping different birthday dates of the North Korea dictator;the more uncertain and vague facts about his biography are, the more complicated it becomes to investigate about his character and inner life. From my point of view, the most reliable date would be Jan/8/1983 in Pyongyang, taken from French Wikipedia, but we cannot discard 1984 (same date), given by Wikipedia in English, a date disclosed by his aunt.

How reliable Jong-un’s aunt can be? We do not know; being related to this relentless autocrat can be very dangerous. As tyrants become more obsessed with absolute power, they start suspecting and destroying members of their own family, which is consistent with the emotional childishness of tyrants’ psychological profile; had he the power, an infuriated could smash his whole family. As these relatives intend to survive, the aunt’s revelations might be cooked.

In any case, I have always been convinced that even those charts cast with wrong of fake birthdatesprovide deep meanings, real messages from the deep unconscious. Well considered, Jong-un’s aunt reveals nothing important; she basically admits that the Kim dynasty wanted to provide him with a first class education in Swiss schools, that Jung-un learned English and German, was interested in topics such as basketball (because he wanted to be taller), admired Michael Jordan, and that he was a spoiled child; nothing really substantial.

The 1984 chart has the Moon in Pisces which would account for Jong-un paranoiac tendencies, but then, any tyrant can be said to have certain a degree of paranoia; what could show a Moon in Pisces in this context, in someone with power, is that the person is subject to extreme ups and downs in her moods which provokes difficulty in perceiving things objectively. If the Moon is in Scorpio conjunct to Saturn, as the 1983 chart shows, then, we could think of a swampy relationship among the female members of Jong-un’s family, with underground struggles of power among these women; his mother died of breast cancer, which could be a negative expression of a Plutonian Moon (Scorpio is ruled by Pluto).

The negative expression of a Moon in water (Pisces or Scorpio) makes the person more emotional, with a tendency to keep grudges, thus, imposing on people his or her painful emotions; this type of person finds pleasure in making other people suffer.

What seems evident in the main alleged charts of North Korea supreme leader is that he is a Capricorn with Saturn in Scorpio; assuming such a high responsibility around his first Saturn’s return (29/30 years old) reveals a Capricorn fate. As this sign tends to have an overwhelming father image, the burden of having to rule the most authoritarian nation must come with tons of anxiety. Being privileged in this context, chosen to inherit the kingdom, was a poisoned present; it must have been tough to be the son of Kim Jong-Il, who was an embarrassing combination of a geek with Hitler; no wonder Jong-un rather tries to emulate his grandfather, Kim Il-sung. A Capricorn normally tends to choose more serious and reliable models of behaviour.

Personally, I think Kim Jong-un is nothing more than a mediocre chap, a petty dictator, provided with weapons of mass destruction, and placed under the international spot lights in a key historical moment; what makes him dangerous is precisely his mediocrity, his need to prove that he is superior and important, that his dad was not wrong in choosing him. Two points make him interesting as a study case: his decadence, and the disproportion between his poor personal merits and the enormity of his power. His case offers an archetypal situation to study the mechanism of a hubris, the tragic imbalance between human limitations and the aspiration to become a god.

Pluto, associated to nuclear energy, has been transiting his Sun in Capricorn for a while; whoever thinks of Kim, he or she thinks about atomic bombs and missiles. The temptation to use those weapons must be huge for this autocrat. Here is an accurate expression of the transit of Pluto in Capricorn at the transpersonal level; Capricorn, ruled by Saturn, represents high authority, the structure of a state. Pluto in this sign demands a radical transformation of structures of power, but as a Capricorn in power tends to be reluctant to change, he tends to attempt destruction of other states that he sees as rivals against his own authority; the USA, with Pluto in its own natal chart (Jul/4, 1776 at 17:10, in Philadelphia) can be a perfect target. And yes, the devastation would mean a radical transformation for mankind.


With Trump, a businessman without political experience, as president of the USA, things become grimmer; in his own chart, Donald Trump has Saturn in Cancer opposing the USA’s Pluto, as well as opposing Kim’s Sun (in Capricorn). From the most optimistic perspective, Trump’s Saturn might mean delays, frustration and avoidance of the final confrontation; from the pessimistic point of view, this Saturn (a symbol of making things happen) can only mean that the nightmare becomes true.


Trump is also a kind of tyrant, though in a different context, in a country with powerful structures and institutions that tend to hinder and neutralise him; but the equation Trump plus Kim can be lethal. Uranus is in a strong transit in their charts, both mandataries like internet, tweeter, cyber toys and so on; each one looks like a character of a Playstation game.


As I have faith in the mission of humanity, I am convinced that no matter how bad things get, a group of saints are praying night and day for us to maintain light, the heart of the world alive.


In practical terms, what the Germans call the Real Politik, although he likes gloating to impress his people, Kim Jung-un’s Capricorn temperament can make him extremely cautious; he knows that he can lose more than he can win in a massive confrontation. Vociferous Trump enjoys bullying and showing off, but his inconstant Gemini swings make him rather inefficient and even elusive.


Another key point, in this game of thrones, is Xi Jinping (Jun 15, 1953, in Beijing, China), another Gemini who seems rather sensible and pragmatic; his natal Saturn in Libra squares Kim’s Sun in Capricorn which means barriers and authority for the North Korean; it might be that the Chinese leader is the only one capable of controlling Kim. Moreover, Xi’s Saturn also squares Trump’s own Saturn, and, it is in conjunction with the USA’s own Saturn in Libra, therefore representing the need of preservation of that country. An incredible paradox would be that Xi becomes the saviour of the USA (and its allies), though nobody would acknowledge this.



[PR]

by Xavier_Astro | 2017-06-01 00:00 | 人物  

<< エマニュエル・マクロン大統領 迷宮のペルソナ 作家、 J.T... >>