現代における山羊座の神話

並々ならぬ苦労と痛ましい努力を伴い、険しい山の頂点を征服した英雄のいかなる神話も、山羊座とのつながりが見られます。山羊座は、北半球において一年の中で最も夜の時間が長く、最も寒い季節の始まりを告げる冬至と関連付けられています。南回帰線へ到達した太陽は、冬至を境に北回帰線を目指して再び長い旅を始めます。人類が先史時代から耐え忍びながらも身に着けた、厳しい冬を生き延びる術は、最も困難な状況下の登山にも匹敵すると言えましょう。
 
このように太陽は、困難な状況で光を手にするために、闇の中を経験した後、英雄となりますが、単に山頂への到達に成功しただけの英雄ではありません。山羊座的英雄は常に頂上に意識を集中し続けねばならず、全てのエネルギーは目的達成のために向けられねばなりません。厳しくも険しい山岳地帯を登っていくために、自らの一歩一歩に全精力を集中させます。任務を降りることや方向転換することは許されないばかりか、手持ちの道具と武器を、自らの成功のために使わねばならないのです。



これが、カーディナルサイン(活動宮)です。つまり、山羊座の持つエネルギーは、一方向にのみ向かいます。北へ向かって、あるいは、常に上を目指して登っていくことを意味します。山羊座的英雄は、徹底的に上を目指すのです。どんなに多くの冒険と、わくわくするような発見をしたとしても、それは問題にはなりえません。彼にとっての唯一の任務は、登頂に成功することであり、それ以外は失敗を意味するのです。成功と失敗の間に着地点はなく、折り合いをつけるために交渉する余地もありません。そのため、十分な準備と装備をせねばならず、手持ちの道具とその使い方に熟知せねばなりません。最悪の事態を考慮してベストを尽くさねばならないのです。「責任」という名の命令を受け取ったこの英雄は、孤独と憂鬱を感じているに違いありません。
 
大変な任務、重すぎる責任、大きな負担、これを果たそうとするのが山羊座です。数ある山羊座の神話の中に、アトラスの神話がありますが、アトラスは両肩で全世界を丸ごと支えている神です。山羊座の人には、まさしくアトラスのごとく生きる人がいて、その重すぎる責任を果たそうとする様は、あたかも全世界を支えているようにも見えます。それでも山羊座の人々は、犠牲者のようにふるまうのではなく、そのような自分を誇りに思っています。しかし、時折このプライドが自らを厳しく辛辣にさせ、ついには高い地位からの失墜を引き起こすこともあるのです。
 
今回私は、二人の有名な人物について書こうと思いますが、うち一人はリチャード・ニクソンです。彼は、ウォーターゲート事件という政治スキャンダルに巻き込まれたことで有名なアメリカ合衆国の大統領です。ウォーターゲート事件で弾劾されたことにより政治生命を絶たれ、世界の大国の大統領としては恥ずべき状況に追い込まれました。ニクソンは、典型的な山羊座の人物でした。彼は元々身分の低い出で、低下層から高い地位へと上りつめていきました。そして、山羊座に備わっているもう一つの美徳である忍耐強さをもって、遂にはアメリカ合衆国の大統領就任を果たしたのでした。

かつて政権を握り、世界のトップに君臨したニクソン大統領は、真剣に責務を果たしました。両肩に世界の運命がかかっていることを自覚しており、ベトナム戦争終結、アメリカ南部における人種差別撤廃など、難しい仕事を成し遂げていきました。ニクソン大統領は、熱心に職務に専心していた人物でしたが、非常に権威的で、他の政治家への懐疑心が強かったと言われています。山羊座と関連している動物といえば山羊ですが、中でもアルパイン種の山羊(フランス・アルプス地方原種の中型の山羊)は、とても警戒心が強いと言われており、他の山羊が近づくのを許しません。ウォーターゲート事件での失脚は、ニクソン大統領の警戒心の強さが引き起こしたとも言えるのではないでしょうか。
 
ニクソンのような野心的で誇り高い山羊座の人物にとって、最高の地位からの失脚は、耐え難い苦しみだったに違いありません。さらに悪いことに、ウォーターゲート事件は、彼自身の失策でもあったのです。その後、ニクソンは、まるで失脚がそのまま自身の体にも起こったかのように、無気力状態になりました。しかし、山羊座の人物がプライドの高さを克服した暁には、真の英雄になることができるのです。失脚後、ニクソンは自らの罪を認め、本を何冊も執筆し、世界平和のために精力的に働きました。彼を描いた有名なアメリカ映画「ニクソン」(1995年、監督:オリバーストーン)、「フロスト×ニクソン」(2008年、監督:ロン・ハワード、原作:ピーター・モーガン)でそれぞれ主役を演じたアンソニー・ホプキンスフランク・ランジェラも、共に山羊座の人物でした。

私がお伝えしたいもう一人の山羊座的英雄は、天体物理学者スティーヴン・ホーキング博士です。最近制作された、彼の人生を描いた映画「博士と彼女のセオリー」(2014年)では、エディ・レッドメインがホーキング博士を演じましたが、なんと、この英国の俳優も同じく山羊座なのです! なんたる偶然の一致でしょうか。山羊座の人物を演じきれるのは山羊座の人物しかいないのかとすら思えてきます。おそらく、山羊座のアーキタイプは、あまりに強烈かつ重量感があり、そのエッセンスを表現できるのは、生まれながらにして太陽を山羊座に持つ人物しかいないのでしょう。
 
山羊座の人物は、一見平然として、人と少し距離をとるような印象を与えますが、内面からは脆さと悲しみがにじみ出ています。以前私は、カナダのバンクーバーから成田へのフライトで、2歳の小さな子供を連れた素敵な女性と席が隣になったことがありました。その子は明らかに居心地が悪そうであり、飛行機での長旅がとてもつらく、たいそう嫌がっているように見受けられました。しかし泣きもせず、ぐずりもせず、他人が近づくことを許さない雰囲気を発していました。もしかして、お子さんは山羊座生まれではないかと母親に尋ねたところ、その通りでした。私はこの美しい子に、何かしらとても老成した雰囲気と困難を跳ね返す力を感じたのでした。
 
スティーヴン・ホーキング博士の野望はとてつもなく大きく、全宇宙及び、宇宙の起源を説明する数式を発見したいと願っています。ホーキング氏は天才ですが、極めて高慢と言えるかもしれません。というのは、自分自身が神のごとくなることを望んでいるというのに、神(創造主)の存在を信じていないのです。それでも、私たちは、筋委縮性側索硬化症という苦しみの中で絶えず忍耐を強いられ続けているホーキング氏を賞讃せずにはいられません。彼の病気はある種の硬化症で、山羊座にとって最も重要な機能である、肉体の構造や組織を破壊していくのです。この障害をものともせず、ホーキング氏は人とコミュニケーションをとり、本を執筆し、自身の理論を探究し続けています。一日一日が、ひとつひとつの努力が、彼にはまるで険しい山を登る苦しみのごとく感じられているに違いありません。しかし、彼にとっての真の苦悩は、困難を強いられている生活状態のことでは断じてなく、探し求めている数式を未だ発見できないという事実の方ではないかと、私には思えるのです。彼は未だ、山の頂に立っていないのです。
 
今回のコラムで山羊座を説明するにあたり、難しい神話を使いたくなかったので、神話でのイメージは、アトラスの神話に触れるにとどめました。というのは、現代の神話としてリチャード・ニクソンとスティーヴン・ホーキング博士を紹介することこそが、私が真に意図するところだったからです。現代に生きる神話とは、常に変わりゆく集合無意識のエネルギーを捉えられるように、今、生み出されていくものなのです。(終)

翻訳:八田直美  監修:GIRASOL

e0182773_1827991.gif
リチャード・ニクソン
RICHARD NIXON
1913.1.13
at 9:35p.m.
in Whittier Junction,CA (USA)


e0182773_18282861.gif
アンソニー・ホプキンス
ANTHONY HOPKINS
1937.12.31
at 9:15a.m.
in Port Talbot,UK


e0182773_18354256.gif
フランク・ランジェラ
FRANK LANGELLA
1938.1.1 
at 9:26a.m.
in Bayonne,NJ (USA)


e0182773_18361734.gif
スティーヴン・ホーキング
STEPHEN HAWKING
1942.1.8
time unknown
in Oxford,UK


e0182773_18364558.gif
エディ・レッドメイン
EDDIE REDMAYNE
1982.1.6
time unknown
in London,UK 



─────────────────────────────────

CAPRICORN MYTH

Any myth involving a hero conquering the top of the mountain with hard toil and painful effort can be associated to Capricorn. In the Nothern hemisphere, this sign is associated to the Winter solstice, the longest night of the year, at the beginning of the coldest season. The Sun starts its long movement towards the northest point; the tough climate, the hard work of survival mankind had to endure in prehistorical times can be compared with climing a mountain in the most difficult conditions.

Thus, the Sun becomes the hero having to go through darkness in order to conquer light in difficult situations; not any hero can make it to the top; he has to keep focused on the summit, all his energy has to be directed to attain his goal; climbing up through those strenuous regions demands that he concentrates on every step he makes; he cannot be diverted from his task, and he has to use all his tools and weapons to succeed.

This is a cardinal sign; the energy of the Capricorn goes in only one direction: the North, which in this case also means going always up. This hero is very radical; it does not matter how many adventures and discoveries he can have, he fulfills his task only if he conquers the peak; otherwise he fails; for him there is no middle point, zero negociation. For this, he has to be well prepared and well equipped; has to know well his tools, he has to know how to use them; he has to do the best with the least. The command that directs this hero is ‘responsibility’. This hero is lonely and melancholic.

Big task, huge responsibility, heavy burden. One of the myths of Capricorn is the myth of Atlas, the god who is bearing the whole world on his shoulders; some Capricorns live like that, trying to hold such an enormous responsiblity that they seem to be carrying the whole world; those Capricorns do not behave like victims, the feel proud of themselves, but sometimes this pride makes them to rigid and severe, this can make them fall from high positions.

This time I want to talk about two famous men, one is Richard Nixon, the famous president of the USA, involved in a political scandal, the Watergate case, which destroyed his political career  when he was impeached, a humiliating situation for the president of the most powerful nation. Nixon was a typical Capricorn; he came from humble origins, he started from the bottom and reached high positions; his perseverance, another Capricorn virtue, was eventually awarded with the presidence of the USA.

Once in power, at the top of the world, Nixon took his resposibility seriously, he knew he was carrying the fate of the world on his shoulders; among other things, he finished the Vietnam War and the racial segregation in the South of the US, hard tasks. He was a serious and committed president, but too authoritarian and suspicious about other polititians around him. The alpine goat, the animal associated to this sign, is said to behave very cautiously, not allowing another goat approach him. The Watergate scandal provoked his downfall.

Falling from so high a position must have been very painfull for an ambitious and proud Capricorn like Nixon; the worse was that the Watergate was his own mistake. He became paralytic, as if the fall had been physical. But when a Capricorn overcomes his pride he becomes a real hero; after the fall, Nixon recognized his faults, wrote books and worked actively for peace in the world. In two important American films about him, “Nixon” (1995) and ‘The Frost/Nixon Interview’ (2008), the two main actors, Anthony Hopkins and Frank Langella respectively, were Capricorns.

The other heroic Capricorn I want to mention is astro physicist Stephen Hawkings; the film recently made about his life, ‘the Theory of Everything’ (2014), is played Eddie Redmayne; and guess what, this British actor is also a Capricorn! It is too much for a coincidence. It seems that only a Capricorn can interpret a Capricorn. Maybe the archetype of this sign is so strong and dense that only a native of the sign can capture its essence.

There is something cold and distant in the exterior of the Capricorn; and yet, the inside transmits fragility and sadness. Once, during a flight from Vancouver to Narita, there was a nice woman with a two year old baby next two me; I could see he was unconfortable, suffering and hating the long trip, but he would not cry or complaint, he did not allow anybody to approach him; I asked if he was a Capricorn and the mother said yes. There was something so old and resilient in this beautiful baby.

Steven Hawkings’ ambition is huge; he wants to find the mathematical formula that explains everything in the universe, including its origins. Hawking is a genious but his is too proud; he wants to be like a god, but he does not believe in God. And yet, we have to admire this man who is constantly enduring the torture of a degenerative illness, a sort of sclerosis that is destroying his physical structure, the most important tool for a Capricorn. In spite of this disability, he manages to communicate, write books and explore his theories. Each day, each effort he makes must be as hard as climing a mountain. But I am sure that the real torture for him is not this painful way of living; his real torment must be the fact that he has not found the formula he seeks for; he has not reached the peak yet.

This time I did not want to use a complex myth to illustrate the sign; I mentioned Atlas only to creat a mythic image; my real intention was to present Richard Nixon and Stephen Hawking as modern myths; myths in the making so that we can capture the energy of the collective unconscious in process.(the end)

RICHARD NIXON  Jan/13, 1913  at 9:35p.m. in Whittier Junction CA (USA)
ANTHONY Hopkins  Dec/31, 1937  at 9:15a.m. in Port Talbot UK
FRANK LANGELLA Jan/01, 1938 at 9:26a.m. in Bayonne NJ (USA)
STEPHEN HAWKING  Jan/08, 1942 (time unknown) in Oxford UK
EDDIE REDMAYNE    Jan/06, 1982 (time unknown) in London UK    
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-08-01 00:00 | 神話  

<< 水瓶座の神話〜個であると同時に... 神話と12サイン〜神話というシ... >>