神話と12サイン〜神話というシンボルが示す本質的真実と神秘(射手座の神話)

幼少期、神話の魅力に目覚め、その後初めて占星術を知ったときから、私は神話と12星座の関係性に魅了されてきました。後になって、古代に存在した伝統的文化として神話を真剣にとらえるならば、神話とは本質的真実と神秘が示されていることを知りました。神話はシンボルで出来ており、存在の持つ明暗両方の側面を含み、どのように現実が起こってくるのかを説明する神聖な物語だと言えるでしょう。例えば、どのように世界が創造されたのか、どのように最初の人間が生まれたのか、また、なぜ結婚というものが存在し、どのように祝福されるべきなのか、といった具合にです。



神話は善悪を超えたもので、光と闇の間に劇的な緊張状態をありありと引き起こします。宇宙において人間を表すと考えられている黄道十二宮についても同じことが言えるでしょう。神話は12サインを説明し、サインは神話を説明します。12サインのひとつひとつが神話であり、世界中のどの神話であっても占星術のサインと関連させることができるとさえ断言できます。
 
これから、黄道十二宮の最後の4つのサイン、射手座・山羊座・水瓶座・魚座について、短編のコラムを書いていくことにしようと思います。これら4つのサインは、物質から精神へと、創造の源へと帰るテーマを持つ進化的なサインと言われています。また、1つのサイクルの終わりを象徴し、それぞれのサインごとに、火・地・風・水のエレメントが持つ知恵が集約され蓄えられています。
 
射手座と関連している神話は数多くありますが、ここではそのうちの2つに絞りお伝えしようと思います。一つ目は半人半馬のケンタウルスの姿をしたケイロンの神話です。ケイロンは賢者として知られ、名だたる英雄たちはケイロンに教え導かれました。一般的に、ケンタウルス族は残忍で暴力的だと考えられていますが、ケイロンは違っていました。彼は不死身で、知恵深く、人々を教え導き、癒しの技を施すことにその身を捧げていました。ある日、ケイロンに学んだ一人であるヘラクレスが、大勢のケンタウルスと戦い、彼らを皆殺しにします。その時、誤ってヘラクレスの放った矢がケイロンの太ももに当たったのでした。矢には触れたら死に至る猛毒が塗られており、ケイロンは痛みにもだえ苦しみますが、不死身のため死ぬことすらできませんでした。そこで、自らの不死の命をプロメテウスに譲り、(刑罰を受けていた)プロメテウスを解放すると申し出ました。

現代占星術の一つの考え方において、ケイロンの神話は同じ名前を持つ彗星と関連付けられており、ネイタルチャートでの彗星ケイロンは、治すことのできない傷を表します。ですが、古代から射手座とケイロン神話との関連は明白なのです。ケイロンは別の神(プロメテウス)の解放のために自らの不死の命を捧げ、その代わりに星座となり天にあげられました。さらに、射手座の記号は弓を持ったケンタウルスを完璧に表しています。矢の形をした記号は、射手座を表現する時の抽象概念として使われます。黄道十二宮の記号は、漢字のように、意味あるものを抽象的に表現する絵文字のようなものなのです。
 
ケイロンには、知恵と、人々への教育と癒しへの絶え間ない関心という射手座の性質が全て備わっています。射手座は教師であり癒し手です。人体において射手座を表す鍵となる部分は太ももですが、私は多くの射手座の人々が遅かれ早かれ、太もも、特に大腿骨に問題を抱えることを観察してきました。しかし、なぜ大腿骨なのでしょうか?
 
大腿骨は、骨格の中で最も長く強い骨で、変容の領域にある蠍座に属する骨盤と、崇高さの領域にある山羊座に属する膝を繋ぎます。それゆえに大腿骨は、蠍座の変容のエネルギーを発展させたり、膝・つまり山羊座の崇高さのシステムを支える手助けをします。太ももは、人間特有の直立二足歩行を支え、また、長距離を移動するためのエネルギー供給も行います。半人半馬のケンタウルスの射手座が持つ下半身の馬の部分は、長距離の旅を可能にした人間の能力を表します。馬にまたがっている騎手やハンターの姿です。これは、移住、遠距離旅行、遊牧民的社会を暗示しており、射手座はこれらのテーマ全てを象徴しています。
 
賢く穏やかなケイロンと、攻撃的で破壊的なケンタウルスを比較した時には、人の根本にある下位の本能(馬の部分)と、光と精神性へと向かう人間の向上心との間にある葛藤を、射手座の深い意味として理解することができましょう。ケイロンの犠牲的行為と、空に向けて放たれた矢は、天と地の対立の昇華を表すのです。
 
射手座と関連したもうひとつの神話は、オデュッセウスの物語です。主に、ホメロスの叙事詩「オデュッセイアー」の中で描かれており、双子座と射手座を軸としてとらえ、その関係を見ることができます。より深淵な、または秘儀的な占星術では、真のシンボルは相対する軸で伝えられています。12サインのひとつひとつは、より若いサインから老成したサインへと、軸の反対側にあるサインを発見し、統合しなければなりません。この英雄と悲劇と叙事詩についての全ての神話の中で、オデュッセウスは典型的な双子座的人物として描かれています。彼は、知性的で、機知に富み、雄弁で、狡猾です。彼には多くの役割が与えられていましたが、そのうちの一つは、メッセンジャーであることでした。ホメロスは彼を、「多くの素質を持つ男」と伝えています。これらは全て、双子座の特質です。オデュッセウスの数ある偉業の中に、風の神の息子であると語られたものがありました。風は双子座のエレメントなのです。

双子座的人物としてのオデュッセウスは、放浪癖があり、行く先々で困難な状況に陥る傾向を持つ信頼できない人物だと言えるでしょう。彼はトロイア戦争に10年を費やしました。そして他の英雄たちは戦争終結後すぐに故郷へ帰還したのに対し、彼が生まれた国へ戻るまで更に10年の年月を要しました。その間、乙女座的女性である妻、ペネロペは、求婚者達の欲望を退けるために機で布を織ったりほどいたりしながら、夫の帰りを待ち続けていたのです。このような振る舞いをしてきた双子座的男性を、私はこれまで数多く見てきました。彼らはピーターパン症候群の罠にはまり、決して大人になることはないのです。

しかし、数年間に及ぶ冒険を経て、オデュッセウスは成熟した大人の男となり、自らの責任と対峙し、人生のビジョンを発展させるべく家に帰ることができました。これらは全て、彼が自分の内側で射手座を統合したことを意味します。物語の結末での彼は、自身の強力な弓を使い(弓は射手座の象徴)、ペネロペに求婚する輩全員を矢で射貫いて殺します。求婚者達は、主人が家を留守にした20年もの間、彼の妻を苦しめ、家を好き放題にし続けてきました。
 
オデュッセウスの人格の否定的な側面を表している求婚者達は、多面的な顔と変わりやすい態度、そして一人の人間が分離・分裂している傾向を持つ双子座的人物を表します。唯一使うことができた弓をとり、求婚者を殺すことによって、オデュッセウスはバラバラで目的のない考えや行動と決別し、自らの心と精神を浄化しました。矢の一本一本が、彼の誤った思い込みや迷いを射貫くのでした。多くの痛みと苦しみを味わった後、オデュッセウスは個としての統合を終え、知恵と信頼を兼ね備えた射手座的人物となりました。彼はようやく自分の王国と妻、息子への責任をとったのです。(終)


翻訳:八田直美  監修:GIRASOL

─────────────────────────────────
MYTHS AND SIGNS

The relation between mythology and the twelve signs captivated my mind since the first moment I discovered astrology; I had become aware of myths before, in my early childhood. Later on, I understood that if we take myths seriously, as any traditional culture used to in ancient times, a myth is the revelation of an essential truth. A myth is made of symbols and includes the dark and bright side of existence; it is a sacred tale that explains to us how a reality came to happen; for example, how the world was created, how man was first born, or why marriage exists and how it has to be celebrated.

Myths are beyond good and evil, this provokes a very dramatic tension between light and darkness in live; the same can be said about the zodiac which places man in the universe. A myth explains a sign and a sign explains a myth. I would go as far as to affirm that each of the twelve signs is a myth, and that any myth in the world can be associated to a sign in astrology.

We are going to dedicate a short series of articles to the four last signs of the zodiac, Sagittarius, Capricorn, Aquarius and Pisces; these are evolutionary signs because their task is to go back to the source of creation, from matter to spirit. They represent the end of a cycle, and each of them accumulates the wisdom of the element: fire, earth, air and water.

There are many myths associated to Sagittarius; we are going to mention only two of them. The first is Chiron, a god who had the shape of a centaur, half man and half horse; he was known for his wisdom and some of the most famous heroes were educated by him. Centaurs, in general, were considered mean and violent, but Chiron was different; he was immortal, he was wise, and he was dedicated to teaching and healing people. One day Heracles, who had been one of his disciples, had a fight with a bunch of centaurs and killed them all; by mistake he shot Chiron in the thigh with one arrow containing mortal poison. So Chiron lay agonising in pain but unable to die until he offered his immortality to liberate Prometheus.

In some currents of modern astrology, the myth of Chiron is associated to the comet of the same name; in the natal chart it represents the wound that cannot be cured. But the association of Chiron with Sagittarius in antiquity is clear: Chiron became a constellation as a reward for offering his immortality to liberate another god (Prometheus). Moreover, the complete glyph of this sign is a centaur with an arch; we use of the arrow to represent Sagittarius only as an abstraction; the glyphs of the zodiac are truly a sort of kanji.

Chiron’s personality has all the qualities attributed to Sagittarius: wisdom, a constant concern of educating people and healing them. Sagittarius is the teacher and the healer. The thigh is a key part of a Sagittarius anatomy; I have known many people of this sign who, sooner or later, get injured of have a problem in the thigh, especially the femur. But why the femur?

The femur is the longest and strongest bone in the human skeleton; it links the pelvis, which belongs to Scorpio, zone of transformation, with the Capricorn, zone of elevation, the knee; hence, the femur helps to expand the Scorpio energy of transformation and helps support the elevation system of the Capricorn, the knee. Thighs support the unique straight human way of walking, and they also distribute the energy for long distance displacements. The horse lower part of the image of the Sagittarius, as a centaur, represents the human capacity to travel long distances; it is the silhouette of a horseman or a hunter riding a horse. This naturally implies migration, long distance travels, and nomadic societies; Sagittarius stands for all of these themes.

If we compare wise and gentle Chiron with the aggressive and destructive centaurs, we can understand the deep meaning of Sagittarius: the struggle between basic lower instincts (the horse part) with the human aspiration towards light and spirituality. Chiron’s sacrifice and the arrow, shot towards the sky, represent the sublimation of this conflict between heaven and earth.

The other myth I associate with Sagittarius is Odysseus; mainly as portrayed in Homer’s epic, the Odyssey, which shows the connection of the axis Gemini Sagittarius. In deep or esoteric astrology, the real symbol is conveyed by the axis; each of the twelve signs has to discover and integrate its opposite, from the younger to the older sign.

In all the myths concerning this hero, tragedies and epics, Odysseus is depicted as a typical Gemini; he is intelligent, witty, eloquent and cunning; one of his many roles is to be a messenger; Homer calls him ‘man of many resources’. All these are Gemini qualities. In one of the many versions of his exploits, Odysseus is said to be the son of the god of the wind, which is the element of Gemini.

As a Gemini, Odysseus could be unreliable with a tendency to wander and make entanglements everywhere; he spent 10 years in the war of Troy, and whereas the other heroes went back home soon after it, it took Odysseus another 10 years to go back to his natal country. In the meanwhile, his wife Penelope, a Virgo, kept waiting for him, knitting and unknitting. I have seen many Gemini men behave in this way; they can get trapped in the Peter Pan complex and never mature.

But what makes Odysseus exceptional is that after many years of adventures, wandering here and there, he was able to become mature, go back home to face his responsibility and expand his vision of life. All this means that he integrated the Sagittarius in him; at end of the Odyssey we see this hero using his powerful arc, attribute of Sagittarius, killing with its arrows all the pretenders. These men had been assailing his wife and abusing his house, while he was absent during all those 20 years.

The pretenders represent the negative aspects of Odysseus personality; they stand for the multiple faces and attitudes of a Gemini, the tendency to dissociation and fragmentation of a man. By killing them with his weapon, an arc that only he could use, Odysseus cleans his mind and spirit from his multiple and aimless thoughts and actions; each one of the arrows kills a delusion. After many pains and suffering, Odysseus becomes a Sagittarius, an integrated individual, wise and reliable; he takes responsibility of his kingdom, his wife and son.(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-07-01 00:00 | 神話  

<< 現代における山羊座の神話 「愛」についての再考〜愛はアー... >>