「孤独」と「真の個としてあること」

自分を取り巻く全ての人から、愛と賞賛を得たい思いに取り憑かれている私たち現代人にとって、ひどく嫌な響きをもつ「孤独」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか。孤独とは、人類出現以来、男女にとってある状態を表す言葉であり、聖書でさえも、男性と女性は共にいるために神によって創られたと示唆しています。つまり、人間にとって孤独とは好ましくないものだと考えられていました。神が自ら人間を創造したのは神が孤独だったからだ、と伝えている古代神話は、ひとつやふたつではありません。



カウンセラーとしての私の経験から言えば、今日ではあまりに多くの人々が孤独に陥っています。その原因は各々異なってはいるものの、彼らはみな等しく強烈な無力感と自己否定感に陥っているのです。それで私は決まってこう言うことにしています。「あなたは決して孤独になんてなれませんよ。」なにせ、誰しも自分自身と共にいるというのに、いったいどうすれば孤独になれるというのでしょうか。もちろん、私は、「自分自身」という輩の正体を説明し、さらにはみなさんに彼(=自分自身という輩)について紹介することに全力を尽くさねばなりません。「自己」とは、私たち一人ひとりの内側にある真の本質であり、真に私自身であることであり、私たちを唯一無二の存在にさせているものであり、神聖なる輝きそのものなのです。

英語の「loneliness(孤独)」と「solitude(孤独)」には、根本的な語義の違いがあり、最近は特にアメリカ英語において、その意味合いを脚色したり、和らげたりする傾向が強く見られます。「loneliness(孤独)」は、拒絶感や憂鬱と関連したネガティブな意味が含まれ、「solitude(孤独)」は、内省や創造性と関連しているように思われます。しかし実のところ、この二つの言葉は、ラテン語では同じ意味なのです。ラテン語で「solus」は「alone(孤独で)」を意味するのです。スペイン語とフランス語という、ラテン語から派生した言語で話す私には、「loneliness(孤独)」と「solitude(孤独)」の間には何ら意味の違いなど感じられません。しかしアメリカ英語では、実際に意味を違えて使われていて、紛らわしい時もあるわけです。これはあくまでも私の見解ですが、「loneliness(拒絶感と憂鬱を伴う孤独)」は、「solitude(内省と創造性と共にある孤独)」の恩恵に気づくために、避けることができないひとつのステップではないでしょうか。しかしながら、「solitude(内省と創造性と共にある孤独)」は、罠や隠れ蓑にもなり得ます。つまり、私たちの中に潜んでいる、他者と現実的に関わることへの困難さを、「solitude」が覆い隠してしまうのです。

原始社会では、罪を犯した人は部族から拒否されました。「loneliness(拒絶と憂鬱を伴う孤独)」は、刑罰として経験させられるものでした。その結果、罪人は、コミュニティーからはじき出されたことを理解します。私たちの遺伝子にはこの記憶が刻まれ、進化における強迫観念となり、自分自身に目覚めていくようしむけられているのです。戦争や大規模な疫病、大災害、全てを失うこともまた、「loneliness(拒絶と憂鬱を伴う孤独)」の原因となりました。人は、自らの可能性やその器を自分で広げねばならず、その結果、人間の存在意義について驚くべき発見がなされました。つまり、「solitude(内省と創造性を伴う孤独)」は、啓示をもたらし、悟りを得るために必要な手段となったのでした。初めて内なる宝物への気づきを得た時、それはどんなに素晴らしい発見であったことでしょう。人類へ道が開かれ、私たちは皆その道へと招き入れられているのです。

私は、魂の目覚めは「solitude(内省と創造性と共にある孤独)」の中において、唯一到達されうるものと思っています。たとえ、グルの教えを通じて、あるいは、グループの中や群衆の真っただ中にいる時に、自ずと魂の目覚めが起こってしまった時でさえもです。私たちは、「loneliness(拒絶と憂鬱と共にある孤独)」であることの恐怖と向き合わなければなりません。内面の探究は、自己の内なる力を発達させたいと望む人々にとって、必修課題となりました。「solitude(内省と創造性と共にある孤独)」は、いかなる宗教や霊的伝統においても通過儀礼として必要なステージです。ヒーローは、「loneliness」の中、たった一人でドラゴンと戦わねばなりません。ブッダは、悟りを得るために、何年もの間一人で過ごしました。イエス・キリストは、ミッションを始める前、サタンが誘惑を試みたかの砂漠で、40日もの間たった一人で過ごしました。全ての聖人は、人里離れた場所で、自らの内なるサタンと向き合わねばなりません。隠遁者・修道女・修道士も同じ道に続きました。隠遁の場に残った人たちは、人類のために永遠の祈りを捧げています。

私には、隠遁し、独りの内省の時間を持つことなく、「真の自己」を発見する道など考えられません。

理論上では、「solitude(ポジティブな意味を含んでいる孤独)」は、自由意志のもと、自己選択することが可能です。しかし、現実の人生においては、必ずしもそうではなく、最も強く才能ある人々でさえも、不幸な出来事や挫折・失望がきっかけとなり、内なる自己の探究の道に入らざるを得なかったのです。そんな中で彼らもまた、(ネガティブな意味での)孤独を感じたに違いありません。深いメランコリーを体験し、今で言う深刻なうつ状態に陥ることもあったでしょう。

そこで私が確信していることは、現代社会では、「loneliness」と「メランコリー」に間違った焦点をあてているということです。スピリチュアルなアプローチであれ、セラピー的アプローチであれ、孤独・隔離・独りあること・隠棲(あなたにしっくりくる表現でいいのですが)の重要性を理解している手法は、ほとんど無いに等しいと言えます。たいていのセラピストや精神科医は、孤独の重要性を理解する人々をサポートすることも、自らの内なる光を見つけるプロセスの途中にあり、自己の深みへとさらに分け入ろうとしている人々を勇気づけることもしません。その代わりに、プロセスの途中の人々を、外へとひっぱり出してしまい、結果、彼らの目覚めのプロセスを中断させるか、もしくは、躁鬱の感情のループから抜け出せなくさせてしまうのです。

真の個となるとは、こういうことです。
私が提案する公式は次の通りです。「初めに、孤独(どのような理由であれ)があり、次に、自らの闇と向き合い、悪魔と対峙し、そして真の自己を発見する。結果、唯一無二の創造性あふれる個として再生するのです」。

問題はそれだけではありません。もう一つの問題は、利己主義や誇大妄想と、独立した真の個であることを混同してしまうことです。どうかそこに気をつけて下さい。本物の個であるということは、利己的なものなど入る余地は微塵もありません。それどころかクリアな目覚めと、他者の個性への受容に満ちているものです。真の個は、本来寛容です。なぜならば、真の個は人類にとって素晴らしいものを分かち合いたいと望んでいるからです。本物の個は、常に情熱的で、自らの情熱を他者へ分かち合うことを厭わないものなのです。

説教と分かち合いの違いについて理解しておくことも重要です。説教者は、他者を教化し、自分の考えを押し付ける傾向があります。他者のやり方を容認せず、人々にとっての最善は何かを自分は知っていると思っています。そして、どのように人々がふるまうべきか、人々が何になるべきか、固まったイメージをかたくなに持っています。しかし私は確信しているのですが、自由な真の個となるために、前もって決められているものなど何もありません。さらにはとても美しいことに、誰もが最適な独自の方法で、人生の新しい局面を開いていくことができるのです。

私はいつも、「自分自身」を発見している人をみると、感動のあまり涙を流してしまいます。時には、何年もの間苦しみの中にもがき、絶え間なく続く戦いを経験した後に、自己を発見する人もいます。自己の発見は、予期せぬ形で不意に、突然やって来るものです。その時あなたは、ずっと前からいつでも「自分自身」と共にあったのだと理解することでしょう。隠されたものを取り出すカギは、自らの内側にこそあると知るのです。

その瞬間、シェークスピアの後期の戯曲の一つ、「テンペスト」の中でミランダが言った言葉が私のもとへやって来ました。
「なんて人間は美しいのでしょう! ああ! 素晴らしくも新しい世界には、こんな人たちが生きているのね。」

そうですとも。あなたが情熱を持って生きるならば、世界はいつだって新しく開かれているのです。(終)

翻訳:八田直美     監修:GIRASOL

─────────────────────────────────
LONELINESS AND INDIVIDUALITY

What does this dreadful word really mean for us modern people obsessed with being loved and admired by everybody around us? Loneliness, however, seems to be a condition for men and women since the dawn of mankind; even the Bible suggests that men and women were made by God to be together, it was not good for man to be alone. Some ancient mythologies go so far as to tell that God himself created man because he was feeling lonely.

In my experience as a counsellor, too many people nowadays suffer from loneliness; the causes can be very different, but they all come to the same: a strong sense of inadequacy and rejection. My catch phrase is that you are never alone. How can I possibly be alone if I am with myslef? Sure, but then I have to explain who is that fellow called Myself and make my best to introduce him to everyone. The Self is the real essence inside us, our real identity, what makes us unique, the divine sparkle.

Recently, the English language, especially in America with its strong tendency to embellish and sanitize concepts, makes a radical difference between loneliness and solitude. The first has a negative connotation associated with rejection and depression; the second would be associated with introspection and creativity. But actually both mean the same; in Latin, ‘solus’ means ‘alone’. For me, as a Latin speaking person (Spanish and French) there is no difference between them. The American difference, though, can be used for practical terms, but it can also be misleading. Loneliness, from my point of view, is an unavoidable step to discover the benefits of solitude; but solitude can also become a trap, a disguise to conceal our own difficulty to make real contact with others.

In the primitive world, when a man committed a crime he was rejected from the tribe; loneliness was experienced as punishment, and then the culprit understood his failure to be part of the community; we have that memory in our genes, it is an evolutionary complex that makes us aware of ourselves. Wars, plagues, catastrophes and the total losses they carried about were also causes of loneliness; men had to develop the capacity to be by their own, and then they made astonishing discoveries about what being human meant. Solitude became a revelation, a necessary means to enlightenment. What a wonderful discovery it must have been for the first man or woman who became aware of his or her inner treasure! He or she opened a new path to mankind; we all are invited to experience it!

I think that soul awareness can only be reached in solitude; it is thus even when we discovered it through a guru, or inside a group, or, spontaneously in the middle of a crowd, we have to face the fear of loneliness. Exploring the inner dimension became compulsory for those who wanted to develop their power. Solitude is a necessary stage for initiation in any religion or spiritual tradition. The hero has to fight his dragon in loneliness; Buddha isolated himself for years to reach satori; Jesus Christ spent 40 days alone in the desert where he was tempted by the devil before starting his mission. Every saint has to face his or her demons in seclusion. Hermits, nuns and monks follow the same path; some remain secluded for ever praying for mankind.

I cannot imagine a way of discovering our real Self without a period of isolation.

Theoretically, solitude, with a positive connotation, can be chosen freely and consciously; but in real life, even the strongest and most talented people had to be urged by some misfortune, frustration or disappointment to explore their inner Self. This means that at a certain moment they felt lonely. They experienced a period of deep melancholy, a serious depression in modern words.

I am convinced that modern society has a wrong focus on loneliness and melancholy. Very few techniques, either spiritual or therapeutic, understand the importance of loneliness, isolation, solitude, or seclusion (choose the word according to your own taste). Instead of helping the person to understand the importance of the feeling of loneliness, encouraging him or her to go deeper until completing the process and find the light, most therapists and psychiatrists pull the person out of it. The consequence is that either they abort the process of awareness, or they keep the person stuck in a sort of emotional loop with periods of deep trouble and periods of lucidity.

It is all about becoming authentic individuals. The formula I propose is this: first, loneliness (for whatever reason), then facing our own darkness, encounter with our demons, discovery of the Self, and being reborn as a unique and creative individual.

Another problem is that some confuse selfishness and megalomania with individuality; beware of them. There is nothing selfish about being an authentic individual; it includes the clear awareness and acceptance of other’s individuality; a real individual is naturally generous because he or she wants to share the prize with mankind. A genuine individual is always enthusiastic and always willing to share his or her enthusiasm with others.

It is important to understand the difference between preaching and sharing. The preacher tends to moralize and impose his or her own views on others; he or she cannot accept the way people are, he thinks he knows better what is good for them, he has a fixed image of how people have to behave and what they have to become. But I assure you, there is nothing predetermined in becoming a free and authentic individual; and this is the beauty of it, that each person can open a new dimension in life in the most original way.

I am always moved to tears when I see a person discovering his or her own Self, sometimes after years of pain and constant strive; it comes as a surprise, something totally unexpected, then you understand that it had always been there, but only the person herself had the key to disclose it. At that moment Miranda’s words in The Tempest, one of the last plays of Shakespeare, come to me: ‘How beauteous mankind is! O brave new world that has such people in it’.

Yes, when you are an enthusiast, the world is always new for you. (the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-05-01 00:00 | 心理  

<< 「愛」についての再考〜愛はアー... あるシンクロニシティの物語 >>