新しい生き方を創造する女性たち〜女性の役割とは?

私は、女性の社会における権限が向上してきていることに、この何年もの間、励みを得て来ました。ですけれども、ここ20年くらいは、男性よりむしろ女性の方が、人生の目的についての不安がずっとずっと増して来ている、ということも、見て知っているのです。

テロや戦争、生態系に関わるような大災害や、どんな管理や支配の下にあってもそれを凌いでしまうような、技術革新とか社会に影響を及ぼすことが増えてゆくのにつけて、男であれ女であれ、不安に陥るようなチャレンジに直面させられているのです。ここで優先すべきことは、世界が存続できるようにするということです。生き残るためにはたくさんのチャレンジを乗り越えねばなりません。女性は世界を救う重要な役割を担っていると私は思っていますが、彼女らが先ず最初に取り組まねばならない重要な課題は、自分のアイデンティティーを見直すということです。



もし女性が、自分自身が何者であるのかを理解したなら、彼女らが持つ本当の力を使うことができるようになるでしょう。そもそも、21世紀という時代に、女性として生きることの意味とは何なのでしょうか?男性に女性のことを理解してもらえるようにするには、どうしたらいいのでしょうか?人類を存続させるため、女性が為し得る役割とは一体何なのでしょうか?

前回のブログで取り上げた、歴史家リサ・ジャーディンの功績を研究する中で、特に彼女のシェイクスピアの戯曲について書いたエッセイが、女性の置かれた状況について真剣に考えてみる助けとなりました。ジャーディンは基本的にシェイクスピアの戯曲の中で描かれた女性像について分析しているのですが、私の愛するシェイクスピアを理解するための新たな可能性を開いてくれたのは彼女でした。ですが、彼女の功績の中で、私が全面的に賛同できない側面がいくつかあります。リサ・ジャーディンは才能あふれる思想家ですが、男女平等主義的視点に偏り過ぎていると私は思うのです。

何十年もの間、私は様々な社会的背景を持つ女性のクライアントや生徒と関わり、家族、結婚、恋愛関係、仕事にまつわる彼らの深いところにある不安についてカウンセリングし続けてきました。幼少期の頃から、私は、地位の低いとされるメキシコ生まれの女性から、洗練されたフランス人のフェミニストやアーティスト、大学教授や政治家に至るまで、本当に様々な文化背景の女性たちと関わってきたのです。そして私は今、どんな女性でも基本的に望むことは同じであって、異なるとすれば、それは文化的背景と、それにどう対応するのか、ということくらいであるとはっきり言うことができます。

「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」と、フランスの哲学者でフェミニストだったシモーヌ・ド・ボーヴォワールは書きました。その人を女性であるとみなすのは文化背景であると言っているのです。家庭や学校での教育や、あらゆる社会的公共機関が、女性に対し、その人が属する文化様式(西洋や日本やイスラム文化など)に従って行動するように強いているのです。

リサ・ジャーディンは、いわゆる女性たるは、文化的な解釈なのだと言っています。つまり、男性が(男の作家や哲学者、立法者や政治家など)女性について話す時、それは文化的偏見を語っているということを意味しています。

学問研究や職歴や、仕事に対する差別とか、いかなる類いの男性の暴力に苦しめられている女性を護りたいとあなたが思うならば、この捉え方は必然です。いわゆる現代の自由国家と呼ばれる場所で、宗教的偏見によって石を投げつけられて殺されたり、運転を禁じられたり、強姦されたり虐待されたりする女性たちをニュースでみるのです。有能で力のある女性たちが、仕事や家庭で、パートナーや兄弟や息子から酷い目に遭わされ苦しんでいるのを、私は見聞きしてきました。

しかしながら、この男女同権主義的な見方には不備ももちろんあります。先ず、女性とは何であるか?について説明できていません。女性も男と同じ人間である、ということでは不十分です。あるいは、どんな男性よりも知的で創造的でありうるということでも不十分で、というのは、深い分析的思考のできる女性というのはたくさんいただろうからです。清少納言は、昔の日本の伝統文化のよい例なのではないでしょうか。

この見方の最もリスキーなところは、身勝手で、金重視で、利己的になったり、というようなよろしくないやり方で、男性のように競争したり振る舞ったりするように、女性を至らしめてしまうことでしょう。この傾向の犠牲者となるのは、女性たち当人です。彼女ら自身がつらい思いをして、自分に対しよくない感情を抱き、最後には孤独に終わる傾向があります。最悪、他の女性を利用したり、屈辱を与えたりもしてしまうのです。

この見方では、女性の存在は現実的なあるがままの真実なのだと理解することはできません。あるいは、女性が生殖に関わる生物的な役割を持つに存在に過ぎない、などということもできません。人類始まって以来、それぞれの文化ごとに、この事実とどうつきあうかの独自の方法を見出して来たわけです。妊娠という複雑な生理機能、他の人間を産むという謎の力を孕む女性という、あまりに大きな神秘的真実の中に、何か特別な意味を見出そうとして来たのです。様々な解釈を非難したり否定する前に、受け継がれて来たものについて理解せねばなりませんし、そこから何を学べるのかを知る必要があると思います。

男女同権主義的な考え方について、また別の最も深刻な過ちは、女性のエネルギー(あるいは女性のアーキタイプ)を実際の女性と混同して考えてしまうところです。同じことが男性にも言えます。男性のアーキタイプを実際の男性と混同してしまうのですね。人は男女どちらのエネルギーの源も持ち合わせています。女性の中にある本当の力の源は男性的な強さから来るのではなく、女性的なところから来るものでありましょう。

もし女性が、フェミニズムの単なる知的近代的解釈によって説明されるのを許すならば、彼女らはもっともっと混乱し、心配が尽きなくなることは必至でしょう。男性関係はぎくしゃくしたものとなり、落胆させられることでしょう。女性の社会生活の発展は、男女同権を主張して権利を勝ち得るということでなく、自然で現実的な方法で起こる経済的、技術的革新から来るものなのです。サウジアラビアの女性も、もっと現実的な理由によってのみ、投票したり運転することを許されるようになって欲しいと思います。

真の解決策は、伝統的儀式の叡智とシンボリズムを探究し理解するということだと私は思っています。古代の伝統は、驚くべき発見から起きて来ているのです。これらの伝統は歪められ、誤解されて来てしまったわけで、その結果として女性に対する虐待や苦しめることや恐ろしい扱いがなされているわけなのです。こうして私たちは原初に立ち返り、偏見から女性たちを解放し、より進化した近代生活へと導かねばなりません。私たちは女性の真のエッセンスを理解する必要があるのです。

男女という性差間の葛藤や対立について語ることを避けねばなりませんでした。そうするには女性は賢過ぎるからです。私たちにとって発展の可能性があるとしたら、それは男女に違いがあることから起きてくることです。違いがあるからこそ、創造的になれるのです。

今世紀、そしてこれからの未来において、女性は真に自立した個人となるために闘わねばなりません。男女同権主義的なやり方でではなく、真の力の源泉について、即ち、女性が誰でも持っている独自の創造的な方法で表現する能力、その唯一無二の秘められた力について、理解することによって、真に確立された個人となるためにです。このことが、社会で自己証明しようと躍起になっている男性を超える優位な点を女性に与えてくれることでしょう。男性は単なる仮面を被った存在であって、決して本当の自分自身を理解するに至れないのですが、女性は自身の深いところ、あるがままの自分自身と繋がっていけるように、自らを導くことができるのです。(終)


___________________________

REINVENTING WOMEN

I have witnessed and encourage empowerment in women for many years; but for the last two decades, I have noticed that women, even more than men, have grown more and more anxious about their purpose in life.

With the increase of terror, war and ecological disasters, technological revolution and social interaction which surpass any form of control, men and women are faced with daunting challenges. The priority is helping the world to survive. This survival offers many challenges, and women have a key part in saving the world; but first, they have to face the biggest challenges of all: to redefine their own identity.

If women understand who they are, they can use their real power. So, what means to be a woman in the XXI century? How can women guide men to understand women? And what is their possible role in preserving mankind?

Studying the works of Lisa Jardin, the historian I dedicated our article last month, especially her essays about Shakespeare’s plays, has helped me to meditate seriously about the situation of women (in this already not so new century). Jardin basically focuses her analysis on the image of women portrayed in Shakespeare’s plays; she opened, for me, new possibilities of understanding my favourite play writer, but there are several aspects of her work I totally disagree. Lisa Jardine was a brilliant thinker but she was too much engaged with a feminist scholar point of view.

For decades, most of my clients and students have being women from different social backgrounds; I have being counselling them about their deepest concerns: family, marriage, love relationships and professional issues. Since my early childhood I have being in contact with women of different cultures. From the most humble Mexican indigenous woman to the most sophisticated French feminist, artist, professor of the university, or politician; now I can assert that their basic needs are the same, what changes is the cultural context and the way women respond to it.

‘One is not born a woman, one becomes a woman’, wrote once French philosopher and feminist Simone de Beauvoir. She means that it is the culture that makes a human being assume that she is a woman. She means that education at home, school and all kinds of social institutions program a woman to behave according to the way her culture (European, Japanese or Muslim) wants her to behave.
In words of Lisa Jardin, that which we call a woman is a cultural construction; this means that when men (male writers, philosophers, legislators, politicians) talk about women, they are expressing a cultural prejudice.

This approach is necessary when you want to defend women who suffer discrimination in their studies, carriers, work or any kind of male violence; we see in the news women stoned to death by religious prejudices, forbidden to drive, or raped and abused also in the so called modern liberated countries. I have witnessed that important and powerful women can also suffer some kind of abuse either at work or at home, with their partners, brothers, or sons.

But there are many disadvantages with this approach too. The first, it does not explain to us what it is a woman; it is not enough that she is only a human being, which we already knew; or that she can be as intelligent and creative as any man, for there have been many women who have shown capable of deep analytical thinking. Sei Shonagon would be a good example for a traditional culture like Ancient Japan.

The biggest risk of this approach is provoking women compete and behave like men in a negative way: selfish, too money oriented, cynical. The main victims of this tendency are the women themselves; they become embittered, they provoke too much hostility around them, and they tend to end up lonely. And what is worse, they exploit and humiliate other women.

From my point of view, this approach fails to understand that, a woman is a concrete natural fact; this does not mean, at all, that we can reduce womanhood to its sexual and biological role. But each culture has found an original way to deal with this fact since the dawn of mankind. Each culture has discovered a special meaning in the huge and mysterious fact of being a woman; her complex physiology, her enigmatic power to conceive and give birth to other human being. Before condemning those different approaches, we have to understand those traditions and see what we can learn from them.

Another, and deepest, mistake in the feminist approach is confusing the feminine energy (or archetype) with the concrete woman. The same can be said about the male archetype with the concrete man. A human being possesses both sources of energy. And the real source of power in a woman comes not from the masculine strength, but from her feminine one.

If women allow themselves to be drawn by the merely intellectual modern approach of feminism, they will become more and more confused and anxious. Their relationship with men will be more strained and disappointed. Improvements in the social life of women do not come from the feminist conquests; they come from economic and technological advances, in a natural and practical way. Women in Saudi Arabia will be allowed to vote and to drive only for practical reasons, not out of a feminist conquest.

The real solution is to explore and understand the wisdom of traditional rituals and symbolisms; ancient traditions came from deep revelation, what happened is that those traditions were deformed and misunderstood, the result was abuse and suffering, horrible treatment to women. Thus we have to go back to the sources, liberate them from prejudice, and introduce them into modern life; we have to understand the essence of the female power.

We ought to avoid talking in terms of struggle or battle between the sexes. Women are too clever for that. The real possibility for us is in the game between the sexes, this is where the creativity can come up.

To face the challenge that this century and the future present, women have to struggle to become real individuals; not according to a feminist agenda, but according to understanding their real source of power, their unique mystery that each woman has the capacity to express in her own creative way. This gives women an advantage over men who are always trying to prove themselves in society, those men become mere masks and never get to know themselves; but women can help them connect with their deep nature. (the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-01-02 00:00 | 心理  

<< さよなら ミスターデヴィッド・... ザビエ・ベトコートより新年のご... >>