歴史家リサ・ジャーディンとルネッサンスの精神

パリで起きた残忍なテロ攻撃にショックを受けながら、起きたことの意味を解明しようと試みたのですが、そのあまりの痛ましさゆえ打ちのめされてしまった私は、筋の通った論説を立てることができませんでした。その代わり、この10月に癌で亡くなった歴史家のリサ・ジャーディン(享年71)への敬意を払うことで、私自身の想いを伝えていくことにしました。リサ・ジャーディンは極めて多くのことを成し遂げた英国の学者でした。

リサ・ジャーディン(1944年4月12日英国オックスフォード生まれ)は、ルネッサンス研究が専門のロンドン大学の教授でした。何冊か書物を執筆しており、歴史の他、科学や文学にまつわるエッセイや論文がありますが、ラテン語や古代ギリシャ語を含む8カ国語に達者でした。ケンブリッジ大学で数学と英語を学び、人生を通じて、芸術と科学に関連する複数の団体で教育研究に関わる重要な地位に就いていました。最晩年の6年間には、英国独自の機関であるヒトの受精及び胚研究認可局(HEFA)の長官を務めました。



e0182773_7325977.gifLisa Jardine
Apr.12,1944
in Oxford, UK

ここ数十年の彼女のキャリアについて、私はずっと注目してきました。リサ・ジャーディンが書いたシェイクスピアやロッテルダムのエラスムス(ルネッサンス期の最も著名な人文主義者)のような歴史的人物についての著作やエッセイは、注目に値する素晴らしいものです。リサの歴史や芸術への深い分析は、私独自の視点にも影響を及ぼしました。リサは、誰もがみないつか出会い、親しくなりたいと思うような、そんな類いの作家でした。それで私は、リサがBBCのコメンテーターをしていると知ってからは、科学や政治、文学など異なるテーマのリサのpodcast全てを集めたりしていました。

著名な科学者だったジェイコブ・ブロノフスキーと、彫刻家リタ・コブレンツの娘として生まれたリサ・ジャーディンは、ルネッサンス的教養人の理想的人格の全ての性質を兼ね備えていました。リサは知るということ、知識を得ることに対して躊躇うことなく、その視座は本物の科学、文学や芸術に開かれていました。まずリサの資質で挙げられるのは、実際的に価値の置かれる学問や芸術について、やさしく、おもしろみのあるやり方で、語ることができたこと。また、視聴者に対する配慮を欠かさず、自分の生徒や同僚たちを同等に扱ったという点。私は確信しているのですが、リサは人間の精神に対する深い信頼があったのではないかと思うのです。このことが、私が彼女のことをコラムに書こうと思った理由でもあります。私たちは偉大な魂たちに対して敬意を払わねばなりません。偉大な魂というのは、テロが蔓延り、他者に対し不信を抱き、犯罪行為が多発するようなこの暗闇の時代に、光を注いでくれるような、そんな魂のことです。

学者としてあまりに才気あふれるリサでしたが、女性としても結婚し、三人の子どもをもうけて、真っ当な人生を送りました。彼女は人生で最も達成感を得たのは、3人の子どもたちを健康で全うな人間に育て上げたことだと、よく語っていました。けれどもそれについて私は少し疑問があります。それは、彼女の子どもたちが成し遂げたことについての疑いではありません。娘のレイチェルもまた優れた学者になったということは周知の事実ですから。

リサ・ジャーディンは牡羊座で、牡羊座というのは、自分の子どもに対して自分を献身してゆくということに少々忍耐が必要なのです。もちろん、彼らが自分の子どもについて話す時というのは、決まって、世界で最高の子どもを持ったことを当たり前のこととみなし、子どもたちが優秀なのは、親が立派だったからと考えるのですが。私の疑問は、リサは本当に忙しい毎日を続けていただろうに、一体全体、子どもたちに意識を向ける時間があったのだろうか?ということなのです。リサは射手座に月(栄養を与える)がありますが、それは母親であることに対して高い理想と基準を求める位置なのです。しかしながら現実的にはそれを維持することは不可能だといえましょう。
 
リサの人生におけるまた別の難問は、彼女の父親と近し過ぎたということでした。ジェイコブ・ブロノフスキーは、輝かしい科学者でしたが、自分の娘を、まるで息子のように扱いました。彼は特に、娘が知識人としての技術を持てるよう育てました。父親は、リサがまだ小さい子どもや10代の頃から、頻繁に家に呼ばれて訪ねて来ていた作家や芸術家のような著名人に会わせたりしていました。それは、知識人的才能が自然に育つのに、豊かで刺激的で恵まれた環境でした。けれどもリサは4人の娘たちの長女だったこともあり、なにより牡羊座の競争的な性格から、長女である自分に対する父親の世話焼きに対して反発したに違いありません。リサは、知恵と戦いの女神であるアテナ神に似た側面を持ち合わせていました。

ゼウスの娘であるアテナは、プエラコンプレックスのよい例ですが、この類いの女性は永遠に父親像に取り憑かれてしまうのです。高い知的な技術を発展させることで、なにがどうであれ真実を守ろうとします。ギリシャ神話では、アテナは父親ゼウスの脳から生まれたとされていますが、アテナは純粋な知性であり、芸術と科学の女神なのです。

ゼウスは女神や死すべき運命の女性たちと情事を起こしました。彼の娘のアテナは、ある意味、父親と共犯者でした。アテナは常にゼウスの父の息子、不貞行為でできた息子を守ろうとしたからです。リサ・ジャーディンは、父親が母に対して不貞をはたらいて、自分の娘を味方につけ利用しようとしたのだと話していました。つまり父親は娘に自分の私的生活について打ち明けていたわけです。ジェイコブ・ボロノフスキーは娘のリサが本を書くような成功した学者になることを望み、母親の傍ではなく、自分の傍にいることを望んだのです。

アテナ然り、アマゾネス然り、ペルセポネ然り、全てのプエラコンプレックスの主問題のひとつは、父親が娘にもたらした傷です。リサの場合、父親は、リサの女性としての繊細さに気づかず、妻(リサの母親)と娘自身を共に裏切っていたという事実が、リサの女性性を深く傷つけてしまったに違いないのです。父からの無意識のメッセージは、「男のように考え、感じねばならない。それは即ち女性性を否定せよ。そうしなければ私はおまえを愛さない。」リサの死因は乳がんでした。

人生の最後にそれに気づいてしまったリサは、彼女の傷をもっと深めてしまったのです。父親が妻に書いた何通かの手紙を手に入れて、第二次世界大戦中、ジェイコブ・ボロノフスキーが爆破戦略を強化しようとする英国政府のために働いていたことを知りました。そしてジェイコブは戦後になって広島、長崎の原爆の効果についての研究を、日本に送ったのです。もし彼が娘を信頼していたなら、なぜ、このことを娘に一切話さなかったのでしょうか?これに気づいた時、リサは父親から裏切られたと感じたに違いありません。

リサ・ジャーディンは素晴らしく豊かで創造的な人生を送りました。非常に優れた本を何冊も執筆して、ルネッサンス期についての私たちが得られる知識情報を発展させ、科学と歴史への理解を深める上で、新しい視座を広げてくれました。リサ自身がルネッサンスの精神を持ち合わせていたことで、彼女は世界中で賞賛され、尊敬されたんだと思います。

もしリサに傷がなかったなら、彼女の人生はよりよくなっただろうか?  そうでないなら、彼女の全ての功績は、父親像との無意識の葛藤があったからこそのことなのではないだろうか? もしそうだとしたら、私たちはみな、何かの埋め合わせをし、 そこにある境界を越えてゆくために、深い葛藤を必要としているのではないだろうか? そんなふうに私は問いかけ続けているのです。(終)

___________________________
LISA JARDINE AND THE RENAISSANCE SPIRIT

Under the shock of the brutal attacks perpetrated in Paris last night I have intended to analyse the meaning, but I am still too distressed about those events to develop a coherent thought. Thus, I carry on my previous intension to present a humble homage to Lisa Jardine, a most accomplished British scholar, who died last month of cancer at the age of 71.

Lisa Jardine (born Apr/12, 1944, in Oxford, UK) was professor of Renaissance Studies at the University of London; she was the author of several books, essays and articles about history, science and literature; she was fluent in eight languages including Latin and Ancient Greek. She studied mathematics and English in Cambridge University, and throughout her life she held important academic positions in different associations of art and science; her CV and awards could fill dozens of pages. For the last six years of her life she was head the Human Fertilisation and Embryology Authority in the UK.

I have followed her career for the last two decades; Lisa Jardine’s books and essays concerning personalities such as Shakespeare and Erasmus of Rotterdam (the most famous humanist of the Renaissance) are remarkable. Her deep analysis on history and art have influenced mine own vision. She was the kind of author one wants to meet one day and become friends with; so when I discovered that she was also a commentator of the BBC, I collected of all her podcasts in which she talks about different themes, science, politics, or literature.

The daughter of a famous scientific, Jacob Bronowski, and an artist, sculptor Rita Coblentz, Lisa Jardine had all the qualities of the ideal personality of the Renaissance Man. She was not afraid of knowledge and her vision was open to serious science, humanities and art. One of her main qualities was to talk about the most relevant academic subjects in an easy and interesting way. Above all, Lisa Jardine always respected her audience; she put her students and colleagues at the same level. She had, I am convinced, a profound faith in the human spirit. This is the reason why I chose to write about her; we have to focus our attention on great souls, those who shed some light in these times of darkness, terrorism, cynicism and open criminality.

As a woman, this brilliant scholar led a normal life, she was married and had three children; she used to say that her best achievement in life was to have raised three well balanced children. Personally, however, I have some doubts about this theme; not precisely doubts about the accomplishment of her offspring, it is well known that her daughter Rachel is also a brilliant scholar.

But Lisa Jardine was an Aries, and Aries parents tend to have little patience to dedicate themselves to their children; and sure, when they talk about their own children, Aries always take for granted that they have the best children of the world and that their children’s merits are due to their being good parents. Besides, keeping so utterly busy, when on Earth did Lisa Jardine find time to concentrate on them? She also had the Moon (associated to nourishing) in Sagittarius; this position holds high ideals and standards about motherhood but it hardly keeps them in practical terms.

Another difficult theme in her life is that she was too close to her father. Jacob Bronowski was a brilliant scientist who treated his daughter almost like a son; he mainly encouraged her intellectual skills; he introduced her to famous personalities, writers and artists who were frequently invited to the family home when she was a child and a teenager. This shows a rich and inspiring environment where intellectual talents naturally thrive; but Lisa was the eldest of four daughters, her competitive temperament as an Aries must have made her fight for her father’s attention, only for herself. Lisa has the profile of Athena, the goddess of wisdom and battles.

Athena, daughter of Zeus, is part of the spectrum of the puella complex; this kind of woman is forever attached to her father image, she develops high intellectual skills and defends truth before anything in the world. In the myth, Athena was born from her father’s brain; she was pure intelligence, a goddess of arts and sciences.

Zeus had many love affairs both with goddesses and mortal women, his daughter Athena had a sort of complicity with him; she was always protecting his father’s son, the offspring of his infidelities. Lisa Jardine used to tell that her father was unfaithful to her mother and that he would use his own daughter as a confident; he would tell her about his private life. Thus, Jacob Bronowski wanted his daughter to write books, be an accomplished scholar and be on his side, not on the mother’s female side.

One of the main issues of all types of puella complex, the Athena, the Amazon, the Persephone, (and many more), is the wound the father inflicts on the daughter. In the case of Lisa’s, her father’s overlooking her female sensitivity, the fact that he was both betraying his wife (Lisa’s mother) and his own daughter herself, must have produce a deep wound in Lisa’s feminine nature. The unconscious message was: ‘you have to think and feel like a man; this means denying your female side; I can only love you in that way’. Lisa died of breast cancer.
A discovery Lisa made in the last years of her life only made her wound deeper. Coming into possession of some letters of her father’s, written for her mother, Lisa learned that during Second World War, Jacob Bronowski had worked for the UK government to develop bombing strategies. Then, after the war, he was sent to Japan to study the effects of the bombing in Hiroshima and Nagasaki. If he trusted and confided his daughter so much, why he had never talked to her about all this? This discovery must have increased the feeling of being betrayed by her father.

Lisa Jardine had a wonderfully rich and creative life. She wrote excellent books, improved the knowledge we have about the Renaissance period and open new horizons in the understanding of science and history; she was herself a sort of Renaissance spirit, she was admired and respected all around the world.

The questions, for me, are these: would her life have been better without her wound? Or is it that all her achievements were due to her unconscious conflict with her father image? If such is the case, then we all need a deep conflict to make us compensate and go beyond common boundaries.(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-12-01 00:00 | 人物  

<< ザビエ・ベトコートより新年のご... 土星の射手座入り:ローマ教皇フ... >>