土星の射手座入り:ローマ教皇フランシスコ

毎日、衝撃的なニュースが報じられています。国際情勢においては、悪いニュースばかりで、特にテロ戦争が始まって以来、私たちの日常は、以前よりずっと脅かされるようになりました。そうしたニュースを見聞きするたび、不安に駆られる人も多いのではないでしょうか。少なくとも私はそうですが。ひっきりなしにやって来るこの不安感をどうにかしたくて、私は、起きて来るどんな出来事の中にも、何か人類の未来への手がかりとなるような隠れたメッセージがないだろうか、と探す視点を持つように心がけています。私たちに必要なのは、楽観的な視座を持ち続けることです。さもなくば、私たちは憂鬱や悲しみに押し潰されてしまうやしれません。占星術や錬金術、ユング心理学などを知り、それとともに生きることは、私たち人類の精神的な心臓は、今も鼓動していることに気づくための助けとなります。



先月9月、統治者や支配構造、国家などあらゆる権力と関連付けられる天体である土星が、射手座入りしました。射手座は正義や法、宗教、協会などの意味があります。土星のキーワードは権威と知識で、射手座のキーワードは知恵とヴィジョンです。知識と知恵という二つの言葉ですが、少なくともヨーロッパの言語(英語)においては同義ではありません。いずれも真実を求めるのですが、知識はハードワークと経験を意味し、知恵はある種の自然な洞察を意味します。射手座の土星は、知恵と洞察を、最も高くて最も価値のある目的、真実のエッセンスを見出すという目的へと方向づけているのです。

射手座は射る人であり狩る人であり、即ち何かを追い求める人だと言えます。射手座には二つ挑戦することがあって、ひとつは光の精神的源なる的を射ること、もう一つは、私たちの動物的性質を支配している馬の手綱を引くということです。射手座の人は誰でも、本能と道徳的尊厳の間で闘わねばならないのです。とはいえ、時には、楽しみに興じて度を超すこともあるのですが。秘儀的見地から言えば、このサインは精神性を追い求めることを表しますが、即ちそれは悟りに至る、ということです。射手座の土星は、このことを極めて真剣に行うのです。

世界の別々の場所で同時多発的に起きた二つの事件のニュースは、土星が射手座入りしたことを告げるものであったかと思います。いずれも宗教的で政治的な影響をもたらすものでした。1つめはローマ教皇が米議会で演説したことです。これで米国政権に直接働きかけた最初の教皇となりました。もう1つは、サウジアラビアで起きた圧死事故です。メッカへの大巡礼中、700人以上もの巡礼者たちが亡くなったのです。

シンボルはいつでもポジティブとネガティブの両方に現れ出ます。光と闇は分けることはできえません。これがシンボルの本当の意味するところです。対極のどちらか一方を認識できたなら、なすべきことは相対するもう一つの極を見出すことです。時に私たちは、人生のポジティブな側面だけを見ようとしますが、もしネガティブを否定して生きれば、闇は表層に上がって来て、私たちを無分別な状態にさせてしまうかもしれません。あるいは時には私たちは悪いニュースや恐ろしい話を読んで、とても戸惑ってしまい、人類に救いはないと思ってしまったりするのです。真実は、私たちの生きる世界において、ポジティブとネガティブは分けることなどできないということです。

巡礼の旅も射手座の土星に関係があります。寺院に至る道は射手座に支配されており、土星は神聖なる場所へ達するための努力や意図を表します。毎年、数百万人もの巡礼者たちが、イスラム教徒にとって最も重要な行事であるメッカ巡礼をします。700人以上もの人が殺到して圧死するという最悪な事故は、巡礼最終日の主要儀式である「石投げ」という、悪魔に対して石を投げる儀式の最中に起きた事故でした。

むろん、亡くなった多くの人は何の罪もない人で、サウジアラビア当局の酷い計画の犠牲者に過ぎません。サウジアラビア政府は権力を握り過ぎて、イスラム教徒の多くはその圧政に反対しています。さらに原理主義者たちが、イスラム教のイメージを恐ろしいものにしています。神の名の下に殺戮したり、パルミュラ遺跡のような神聖な神殿を破壊したりしてきました。あらゆる宗教には狂信者がいますが、原理主義者たちは近年においてもっとも偏狭で血に飢えているということを示し続けているのではないでしょうか。

イスラム教は正されなければなりません。忠実な信者であるならば、真のイスラム教のために、その道をより寛容で明瞭なものにしなければなりません。いかなる宗教も悟りに至る道となりえますが、そうなるには、他者への寛容、慈悲の心、敬意を忘れず、これらを実践せねばなりません。

射手座のローマ教皇フランシスコは、(1936年12月17日21時アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ)世界でも最も権力を行使している米政府と対峙し、重要な話をしましたが、それは非常に勇気ある行動だったと思います。教皇の演説の主な内容は、まさしく寛容さと責任についてでした。私たちは何かと何かを切り離して考えることはできないのです。教皇はこの星の環境破壊について語りましたが、米国の政治家の中にはこの話題に触れることを避ける者もいるのです。なぜなら経済が絡む利害関係が危機的状況だからです。けれども、射手座の教皇は、人類という私たちの種族は、昨今、絶滅の危機に晒されているものとし、自らの属す人類に対し責任を感じたのでしょう。
e0182773_18433133.gifPope Francis
Dec 17,1936
at 21hrs
in Buenos Aires,
Argentina


もちろん、キリスト教もまた、その歴史において不寛容の非常に暗いエピソードがたくさんあるわけです。ここ最近の数十年の、何人もの聖職者の不道徳行為はキリスト教会に悪いイメージを与えることとなりました。しかし、フランシスコ教皇は、聖人たちの内で、最も純粋で慈悲深いことでその名を為した最初の人物となり、愛と慈悲というイエスキリストの最も重要なメッセージを復活させたわけです。

まず、家族と子供たちと共にヨーロッパを彷徨っている移民たちに対する慈悲の心です。自らの国で殺されたり奴隷にされたりしている人がいるのです。そして自国では飢えるのを免れるためアメリカの国境を越えねばならないラテンアメリカの移民たちへの慈悲です。つまりは、世界中の貧しい人たちに対する慈悲の心があるのです。

フランシスコ教皇は、金持ちの政治家やビジネスマンに対して、武器製造と世界への流通に関して責任をとるように言及しました。つまり、戦争に対する戒めを自然な形で説いているわけです。また、実業界の大物が武器流通に関与していることを指摘しました。   

この度、フランシスコ教皇が説いた多くの米国議会議員の多くは、極めて裕福で、選挙運動やロビー団体に巨額のドルを投じています。彼らの多くは、外国人のカトリックのキリスト者に道徳観について説かれることを嫌悪しました。それでも真の射手座の人として、教皇は人々の偏見を全く気にもかけませんでした。教皇は英語は得意でないがゆえに、逆に簡略で強力な説教になったわけです。好む好まない関わらず、教皇の言うことは正しいと分かっていました。

世界で今、何が起きているのかを案じるなら、土星の射手座入りが、私たちに明瞭なメッセージを与え続けてくれています。正しい道を選び、自らの責任を負い、個人個人としての責任をとって、私たちの地球を守る。人生における私たちの使命のエッセンスにフォーカスする。愛と慈悲を学び、責任を負う。これが悟りへの道です。まだ間に合いますよ。
だけれど、いったいどれだけの人が教皇の言うことに従うのでしょうね?(終)

ご参考:教皇フランシスコ、米議会での演説内容(カトリック中央協議会ホームページより)

─────────────────────────────────
POPE FRANCIS
         
We live bombarded by news. At the international level, most of them are usually very bad; since the war on terror started we live more frightened than ever. We become anxious after watching or reading the news; at least I do. To fight this constant apprehension, I try to find the hidden messages in any event that provide clues about the future of mankind. We need to keep a positive perspective; otherwise we could suffocate under the burden of melancholy. Being involved with astrology, alchemy and Jungian psychology helps to see that the spiritual heart of mankind is still beating.
         
Last month, September, Saturn, the planet associated to mandataries, government structures, states, and any kind of powerful rulers, entered Sagittarius, the sign of justice, laws, religion and institutions. The key words for Saturn are authority and knowledge; the key words for Sagittarius are wisdom and vision. Knowledge and wisdom, at least in the European languages (English), do not mean the same thing. Both aim at truth, but knowledge implies hard work and experience whereas wisdom is a sort of natural insight. Thus, Saturn in Sagittarius directs wisdom and insight towards the highest and most valuable purpose: finding the essence of truth.
         
Sagittarius is the archer and the hunter. He has two challenges: to hit the target (the spiritual source of light) and to steer the horse (dominate our animal nature). Every Sagittarius has to fight a battle between instinct and moral dignity; but sometimes Sagittarius indulges himself too much. Esoterically speaking, this sign represents the chase of the spirit, which means attaining enlightenment (satori). Saturn in Sagittarius takes this task very seriously.
         
Two important events, on the news, announce the transit of Saturn into Sagittarius; both happened almost simultaneously in different parts of the world, and both have religious and political consequences. One was the talk the Pope Francis gave to the US Congress; the first pope to address directly the USA politics; the other event was the stampede that occurred in Saudi Arabia during the pilgrimage to Mecca where more than 700 pilgrims died.
         
Symbols always express themselves in positive and negative ways, light and darkness cannot be separated; this is what a symbol really means. When we can recognize one of the poles, then we only have to seek for the opposite one. Sometimes we only want to see the positive side of life; but if we live in denial, darkness can come up to the surface and take us inattentive. Or sometimes we are so baffled by the bad news and the horrors we read about, that we think that there is no way out for mankind. The truth is that positive and negative cannot be separated in this world of ours.
         
Pilgrimages are also associated to Saturn in Sagittarius. The road to the temple is ruled by this sign; Saturn represents the effort and the focus to reach the sanctuary. Each year hundreds of thousands of pilgrims travel to Mecca, the most import event for a Muslim; something went terribly wrong and more that 700 died in a stampede, very close to the end of the journey, exactly at the moment of their ritual when they have to throw stones against the evil spirit.
         
I know that most of the people who died were innocent; they were only the victims of the bad planning of the Saudi authorities. But Saudi Arabia government has become too powerful and many Muslim disagree with their policies. Besides, the fundamentalists have been giving an awful image of their religion; they have been killing in the name of God and even destroying sacred temples such as Palmyra. There are fanatics of all creeds, but these fundamentalists have proved to be the most intolerant and blood thirsty in modern times.
         
The message is that Islam has to be redressed; the faithful have to make the path more open and clear for the real Muslim. Any religion can lead to enlightenment, but it has to practice tolerance, compassion and respect for others.
         
On the positive side, Pope Francis, a Sagittarius himself (Dec 17, 1936, at 21hrs in Buenos Aires, Argentina), was very courageous to face the most powerful government in the world and talk about things that matter. The main content of his speech was precisely about tolerance and responsibility. We cannot separate one from the other. He spoke about the ecological destruction in our planet; some American politicians hate to talk about this theme because many economical interests are at stake. But a Sagittarius feels responsible for his tribe; nowadays the whole human tribe is in danger of extinction.
         
Sure, the Christian religion has also had very dark episodes of intolerance in its history, and in the last decades the moral conduct of many priests has cast a poor image of this institution. But Pope Francis, the first to use the name of the purest and most compassionate of all saints, has been recovering the essential message of Jesus Christ, that of love and compassion.
         
Compassion , first, for all the immigrants flooding to Europe with their families and children; people who are massacred or enslaved in their own countries. Compassion for the Latino immigrants, who have to cross the border to the USA because they are starving in their own countries. Compassion, above all, for poor people all around the world.
         
Pope Francis compelled the rich politicians and business men to take responsibility about the arm production and the distribution of arms in the world. Here he was, naturally, preaching against war; he was also pointing out the involvement of tycoons is traffics of arms.
         
Many of the congressmen that Pope Francis addressed are extremely rich people who spent millions and millions of dollars in their campaigns and in their lobbies. Many of them disliked the fact that a foreigner, a catholic, gave them a moral lesson. But as a real Sagittarius, the pope does not care at all about people’s prejudices; in his poor English he was able to convey the most simple and the most powerful sermon; whether they like it or not, they know that he is right.
         
If we are worried about what is happening in the world, the transit of Saturn into Sagittarius is giving us a clear message: let us take the right path, take our responsibility with ourselves and with our fellow individuals, and take care of our planet. Let us focus on the essence of our mission in life: to learn love and compassion, become responsible. This is the path to enlightenment. We are still on time. But how many of us will follow the pope’s command?(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-11-01 00:00 | 人物  

<< 歴史家リサ・ジャーディンとルネ... メキシコ演劇の父〜佐野 碩 >>