メキシコ演劇の父〜佐野 碩

性エネルギーを純粋な創造性へと昇華させるいい事例を探している時、佐野 碩(さの せき、1905年1月14日時刻不明、中国天津生まれ)という人物の人生とその偉業が、突然私の目の前に浮かび上がって来ました。ここのところ、私がますます強く確信を得ていることなのですが、現代の演技法が、役者だけでなく一般の人でも自分に自信を持てるようになるための道具になりうるということです。それは、人生をうまく生き抜く方法を学ぶことにも繋がります。演劇の巨匠、スタニスラフスキーステラ・アドラーリー・ストラスバーグらの教えを探究する中で、私は、メキシコ演劇の父として知られるひとりの日本人、佐野碩について知ることになったのです。

e0182773_6562614.gifSeki Sano
Jan 14,1905
time unknown
in Tianjin, China




佐野 碩は1950~60年代にメキシコの俳優たちの間で有名な人でした。何年か前にあるベテラン俳優に会った時、彼が佐野碩について語ったことがありました。ヨーロッパ、アメリカ、日本が戦争中だった1940年代、スタニスラフスキーメソッドをメキシコに伝えた日本の俳優がいたという話を、私はその時、おぼろげに聞いていただけでした。佐野 碩が、今日のメキシコで、特に若手俳優たちの間ではほとんど知られていないという事実は、悲しむべきことです。インターネットで検索をかけても、佐野 碩についての情報は、全くといっていいほど見当たらないのです。
 
しかしながら、佐野 碩はもっと称賛するに値する人物なのです。本当は、彼の記念碑があって然るべきだし、情熱的で創造性豊かな彼の人生を描いたハリウッド映画や書物があったってよいはずなのです。佐野 碩のちゃんとした伝記映画が日本で作られることを、私はずっと待ち望んできました。香川照之が佐野 碩役をやったら、それは適役だろうなと思います。戦前、佐野が左翼的だったということ、そして日本を追われたことが原因で、日本でその名を知られていないのだとしたら残念なことです。願わくばこの考えが誤りであればいいのですが。
 
簡単に佐野 碩の生涯について書きます。父親は医者で、祖父は後藤新平伯爵という良家の生まれでした。佐野は自由主義と二カ国語教育を受けて育ちました。彼の出生図は水星(学問)と天王星(革新)が山羊座で重なっており、素晴しい創造性と現実的な聡明さを持っていました。関東大震災が起きたことで、佐野は自らの人生の展望を変えることとなりました。人の置かれた環境の脆さに気づかされたからでしょう。

山羊座の佐野は、人類のために何か有用なことを為そうと決意しました。彼は劇場同盟を結成し、そして社会主義運動の活動家となりました。イプセンチェーホフ、フランス自然主義文学ドイツ表現主義、とりわけロシアの形式主義と心理的写実主義などに代表される、20世紀における最も重要な劇場前衛活動に勤しむようになりました。リアリズム演劇においては、コンスタンチン・スタニスラフスキーがその代表で、演技法に強い影響を及ぼしました。佐野にとって、芸術は武器だったのです。「芸術は武器である。」というのはベルトルト・ブレヒトのような左翼的なアーティストの間で使われたスローガンでした。やがて佐野は日本から追放され、いったんはモスクワに落ち着いたのですが、スターリンの圧政が原因で、妻と子供たちを残してソ連を離れねばなりませんでした。 

彼は最初にヨーロッパに行き、反ナチ運動に加わり、アメリカを経て、1939年にメキシコに行き着きました。彼の月は牡羊座で木星と重なっており、それがゆえに、佐野はたくさんのチャレンジと、たくさんの旅と冒険をすることとなりました。そして、常に創造的ヴィジョンを持ち続け、世の人々に自由を伝え続けたのです。

ステラ・アドラーリー・ストラスバーグはアメリカの最も重要な演技指導者で、二人ともスタニスラフスキー・システムを受け継いだ人物として知られていますが、私としては、アドラーのアプローチの方が、スタニスラフスキーの狙いをより忠実に捉えていたのではないかと思っています。彼女の弟子のマーロンブランドはそのいい例です。アドラーとストラスバーグはロシアの指導者の元でほんの短い間だけ学んだだけでしたが、そこでの学びを凝縮させて、自らの技法(※)を編み出しました。(※訳者註:メソッド演技法など)しかしながら、佐野はモスクワで何年も費やし、スタニスラフスキーと親しくなり、才能ある演技の指導者たちから成るスタニスラフスキーのグループに参加していました。(ここでそれらの人物を語るには長くなり過ぎるのでやめにします)

こうして、私は、佐野 碩こそがステラ・アドラーやリー・ストラスバーグたちよりも、コンスタンティン・スタニスラフスキー(1863年1月17日時刻不明モスクワ生まれ)の教えを確かに受け継ぐ人物だったのではないかという考えに至ることになったのです。それに、佐野の持っていた自制心や観察力といった日本人としての鋭敏さが、彼をスタニスラフスキー・メソッドの完璧な弟子にさせたのだと思います。スタニスラフスキーも佐野 碩も山羊座だったので、二人とも実践的な方法を見出すことへの抑えられない衝動を共有していたのでしょう。劇場で演ずるものの持つ資質をどう活かし、どのように演ずるのかを俳優たちに教えるために、演技法を構築し、ゴールに到達するための方法論を編み出したのです。

e0182773_19154375.gifConstantin Stanislavski
Jan 17,1863
time unknown
Moscow


佐野がメキシコに辿り着いた時、メキシコは、ヨーロッパやアジアの歴史的動乱から逃れて来た優れた才能ある者たちの安全な避難場所となっていました。当時、メキシコは可能性に満ちた前途洋々たる国だったのです。佐野は、知識と経験を分け与えることができ、それによって人々からの評価を得ていました。そして演劇学校を設立しました。1940年代のアメリカでは偏見があまりに強く、独自の考えを持った日本人アーティストは酷い扱いを受け続けたことでしょう。近年は、メキシコは麻薬の密売買と支配者闘争によって、相当危険で面倒な国になってしまいました。私は、佐野 碩の伝説を復活させるための運動が、メキシコでも日本でも必要だと思っています。彼は優れた功績を残した日本国民だったのですから。

佐野にはたくさんの弟子がいました。その多くは既に亡くなっていますが、イグナシオ・ロペス・タルソ(1925年1月15日時刻不明、メキシコシティ生まれ)は中でも最も有名であり、現在も存命中です。スタニスラフスキーと佐野碩と同様に、ロペス・タルソも山羊座です。山羊座は深刻で、表現や主体性の欠如と関連付けられるサインなのに、その山羊座がどうして数多くの素晴しい俳優たちを生むことができたのか、不思議に思いました。

e0182773_71823.gifIgnacio Lopez Tarso
Jan 15, 1925
time unknown
Mexico City


演技と劇場といえば、火と水のサインと結びつけてしまいがちですが、私たちは山羊座の人々が粘り強く、勤勉であることを知っていますね。この気質が、卓越した役者となるまで、頑張り通させるのです。自らを発展させようとする、あるいは、よりよい個人となろうとする、その継続的な求道心があるからこそ、彼らは自らの行動と反応、及び、外界との関わり方を、常に観察し続けられる、ということなのだと思います。

絶えず自分自身に気づき続けること、自ら達成したことを気にかけることを怠らない山羊座は、二つのことを学ぶこととなります。ひとつは常に今にいること。これは私たち自身に存在することの主な条件です。もうひとつは、自らの活き活きとした太陽のエネルギーを創造性に注ぎ込むこと。これは性エネルギーを昇華させる方法であり、錬金術だと言えます。

このコラムの読者のみなさんに、ロペス・タルソの有名な映画「Macario」(1960)をちょっとだけご紹介したいと思います。この映画に出ている多くの俳優たちは佐野 碩のことを知っていたに違いないと思うのです。彼が亡くなったのは1966年ですので。物語は、死と友だちになった1人の男が主役という、極めて土星的なテーマです(土星は山羊座を支配します)。本編はスペイン語ですが、英語の字幕もありますので、見てみて下さい。(終)
https://www.youtube.com/watch?v=vQiyQacK4oA

※このコラムの内容は、10月に行われる2日間のワークショップにて、さらに掘り下げて参ります。
■ ザビエ・ベトコート2日間ワークショップ 2015 東京
【自分自身と共にいること、私自身を生きること】
~健康、関係性、仕事、創造的活動全般にわたる人生の質を変化させ、発展へと導こう~
10月17日(土)~18日(日)10:00~17:00
http://www.girasol-x.com/workshop2015.html

─────────────────────────────────
原文(英語)

SEKI SANO, A JAPANESE MASTER IN MEXICO
         
Seeking for a good example of the alchemy of sexual energy into pure creativity, the life and deeds of Seki Sano (Jan 14, 1905, time unknown, in Tianjin, China) bounced in front of me. Lately, I have been more and more convinced that modern acting techniques can be applied to develop confidence in normal people in order to learn how to handle their lives. Exploring the teachings of the great masters of theatre, from Stanislavski to Stella Adler and Lee Strasberg, I discovered the personality of a Japanese man who is acknowledged as the Father of the theatre in Mexico.
         
Seki Sano used to be a celebrity among Mexican actors during the fifties and sixties; a veteran actor I met some years ago had mentioned him once; so, I had a vaguely idea that while Europe, the US and Japan were at war, a Japanese actor had introduced the techniques of Stanislavski in Mexico during the decade of the forties. An appalling fact is that Seki Sano is nowadays practically unknown in this country, particularly among young actors. There is hardly any information on the internet about him.
         
But this man deserves more: a monument, many books written about him as well as a good Hollywood movie made about his passionate and creative life. How I long to watch a Japanese serious biopic on Seki Sano, Teruyuki Kagawa would be perfect in that role! I am afraid, however, that his political leftish tendencies of and his exile from Japan before he war, have kept him practically unknown in his own country. Well, I hope I am wrong.
         
Briefly recounted, he was born in a well to do family, his father was a doctor, and he was the grandson of Count Gotoo Shimpei; he had a good liberal and bilingual education; in his natal chart, Mercury (learning) and Uranus (innovation) conjunct in Capricorn, so he had a brilliant imagination and a realistic intelligence. The Kanto Earthquake changed his perspective of life when he became aware of the fragility of human condition.

As a Capricorn, he decided to do something practical for mankind; he founded a theatre association and became a political activist. He became familiar with the most important avant-garde movements of theatre of the XX century which means Ibsen, Chekhov, French naturalism, German expressionism, and, above all, Russian formalism and psychological realism; this last current was represented by Konstantin Stanislavski, the strongest influence in our hero’s vision of acting. For Seki Sano, art was a weapon (a common slogan for communist artist such a Bertold Brecht); he was later exiled from Japan, settled in Moscow, but on account of Stalin’s repression he had to leave the URSS abandoning his wife and children.

He travel in Europe, participated in anti-Nazi movements, went to America and ended up in Mexico in 1939. His Moon conjunct Jupiter in Aries made him take challenges, travel a lot and have many adventures, always keeping his creative vision and conveying a message of freedom to humanity.

Stella Adler and Lee Strasberg are two of the most important teachers of acting in the US, both claim to be the real experts on Stanislavski’s acting method. Personally, I think Adler’s approach was more comprehensible about Stanislavski purpose, Marlon Brando, her student, is a good proof of it. Although Adler and Strasberg studied under this Russian master for only a short period of time, they made the best of it and enriched the techniques with their own; but, Seki Sano spent years in Moscow, he became familiar with Stanislavski and he participated with Stanislavski’s circle composed of brilliant revolutionary masters of acting (it would be too long to mention them).

Thus, I have reached the conclusion that Seki Sano was even a more competent authority on Konstantin Stanislaviski (Jan, 17, 1863, time unknown, Moscow) than Stella Adler and Lee Strasberg themselves. Besides, Seki Sano’s Japanese acuteness, discipline and capacity of observation, must a made him a perfect disciple of the method. As Capricorns, both Stanislavki and Seki Sano shared the compulsive need to find a practical method, build a structure and reach a goal for teaching actors how to play and use their own resources in theatre.

When Seki Sano arrived in Mexico, the country was a safe harbour for great talents escaping from the turbulences of history in Europe and Asia; Mexico was a prosperous country with lots of opportunities, Seki was able to share his knowledge and experience, he was appreciated here and he founded a theatre company and as school. There were too many prejudices in the US of 40’s, a Japanese artist with his ideas would have been badly treated. Nowadays, Mexico has become a dangerous and difficult country due to drug traffic and lord wars. I think we need a campaign to recover Sesi Sano’s legacy, in Mexico and in Japan; he was a distinguished Japanese citizen.

He had many disciples in Mexico, many of them are already dead; Ignacio Lopez Tarso (Jan 15, 1925, time unknown, Mexico City) is among the most famous, and he is still alive; same as Stanislavski and Seski Sano, Lopez Tarso was also a Capricorn; I wonder how this sign, associated with seriousness, lack of expression and spontaneity, can produce so many remarkable actors.
We tend to associate acting and theatre with fiery and watery signs. In a first approach, we know that Capricorns are tenacious and hard-working, which make them persevere until they become good actors. The truth is that the constant need to improve themselves, to become better individuals, keeps them always observing their own behaviour and their own reactions, and their dealings with the objective world.
 
Constantly aware of themselves and worried about their achievements, committed Capricorns can learn two main things: to be always in the present, which is the main condition to become present in ourselves, and to transform their vital solar energy into creativity, which is the alchemy of sexual energy.
                 
So, I want to invite our readers to have a glimpse of one of Lopez Tarso’s  famous films, Macario (1960); I am sure that many actors in it must have known Seki Sano (he died in 1966). The story is about a man who becomes friend with Death, a very Saturnian theme (Saturn rules Capricorn). The Youtube movie is in Spanish with English subtitles, this is the link:
https://www.youtube.com/watch?v=vQiyQacK4oA
 
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-10-01 00:00 | 人物  

<< 土星の射手座入り:ローマ教皇フ... 性とセックス:パワーと変容 >>