「自分自身と共にいること、私自身を生きること」

「自分自身と共にいること、私自身を生きること」
〜健康、関係性、仕事、創造的活動全般にわたる人生の質を変化させ発展させるには〜

(※今月のコラムは、秋に東京で開催される2日間ワークショップのテーマに向けて、ザビエから寄稿されたものです。)

私はこの人生において、多くの人たちと共にワークすることの出来る機会を与えてもらっていることを神に感謝したいと思います。ヨーロッパ、メキシコ、日本の国々を巡って来た中で私がいつも驚かされるのは、そこで出会う人々の多くが、自己矛盾を抱えていて、時には強迫観念を抱くほどに葛藤しているということです。それぞれ一人一人はみな素晴らしい特別な存在なのですが、私たちはみな、文化的な背景とは関係のない、共通の基本的な恐れと自分自身に対する誤解を持ち合わせてしまっているのです。



30年以上に渡るカウンセリングの経験から、人生における悲しみ、不安、欲求不満の要因となるものは全て4つの主要テーマに関わることであると認めるに至りました。その4つとは、1.物質的安心、2.情緒的充足感、3.社会生活および他者との関係性、そして4.人生の意味です。他にもあるよと言える方がいらっしゃいますか?

これらのテーマには、それぞれ3つの領域があります。1つめの物質的安心は、お金の問題、仕事および人生における成功に関わることです。2つめの感情に関わる3つの領域は、幼少期の困難な体験に起因する情緒障害、性にまつわる複雑な問題、そして感情の浮き沈みによる人生への不適合でしょう。深刻な情緒障害は、うつや不安症、人生を生き抜く力の欠如を引き起こします。

3つめの社会適合と関係性を築くことには、コミュニケーション能力や知的能力、どんな類いのパートナーシップであれ個々人の関係性およびグループや社会に自分の居場所を見出していく能力が必要とされます。最後の人生の意味についてですが、人前に出た時、地に足つけて自分自身のままでいられる自己信頼や、創造的なやり方で自己表現することのできる能力、そして自分にはこの人生を全うするべく使命があるのだという強い信念あるいは確信に影響を及ぼすものです。

占星術に興味のある人ならば、出生図の四大要素、12のサインとハウスについては知っていますね。けれども重要なのは、私たちが見なければならないのは、人として私たちが共有している基本的な要求や表現の有り様、即ちアーキタイプについて、だということです。

私は、何年も何年もかけて、人々が困難な状況と闘っている姿を傍で見続け、彼らが自らの人生の道を見つける手助けをしようとして来ました(もちろん自分自身のことも見続けて来ましたよ)が、今、私がはっきりとお伝えできることは、人生における充足を成し遂げる唯一の方法は、「自分自身と共にいる」ということです。あまりに基本的でシンプルなことですから、誰も無視することなどできないでしょう。

この分離と混乱の世の中にあっては、最も必要不可欠で基礎的なことこそ、最も難しいことです。自分自身と共にいるとは、自分の存在する時間と空間に共にあること、今ここに存在し、私自身の状態に完全に気づいているということです。ソクラテスの格言「汝自身を知れ」は、人類にとって最も有用な助言となりました。にもかかわらず、私たちはこのデルフォイ神の信託のような戒めには耳を貸さず、自分自身を知ることの意味を、自分ではない何者かになろうとしたり、最悪なことには、本当の自分を否定することだと勘違いをしてしまう有り様なのです。

もし私たちが自分を理解するなら、決して自分自身のいる場所「今ここ」からいなくなることはないでしょう。なぜなら、理解するということは観ることであり、認めるということであるからです。私たちは自分自身を見失うことはできないのです。問題は、あるがままの自分ではなくて、自身のエゴと向き合おうとした時、自分自身についての物語に囚われてしまう傾向があるということです。月(エゴ)が太陽(本質、本当の自分)の役割を奪ってしまうので、自分はそこにいるはずなのに、自分が自分でないように感じてしまうのです。

今回のワークショップの私の狙いは、エゴ(月)のトラップから抜け出して、セルフ(真の自己、太陽)に気づくための方法や考え方を提示することです。普通の環境ならば、太陽は心臓そのものです。心臓を動かそうとする必要はなくて、心臓は自ら起きてくる衝動で鼓動するのです。太陽が自らの光によって輝くのと同様にです。

このワークショップでは、誰もが知っているような俳優の演技力を伸ばすための有能な教師による演技の教育システムについて探索してみたいと思っています。なんのため?かというと、私たちは誰もがみな、自らの人生という素晴しく美しい芝居を演じる主役だからです。持論ですが、昨今の演技法の偉大な先達の教えていることは、ソクラテスが25世紀前に説いたことと合致しているのです。言い換えれば、演ずるとは常にリアルだということです。「リアルである」ということは、自分がそこに存在し、自身を通じて人生がどう表現されるかを傍観することによってのみ、唯一為しうることなのです。

ワークショップのご案内の終わりに、二つのエピソードを紹介させて下さい。1つめは、私の尊敬する女性の話ですが、彼女とは20年以上一緒に仕事して来ました。最近は自分に存在することをテーマに探求を共に続けています。昨日、セッションを受けに彼女が来た時に、私にこう言ったのです。「私は兄弟姉妹との間にひどい問題を抱えていて、3歳になる娘のことではガッカリしたり心配してばかりだし、夫とは関係が上手くいっていないのです。けれども、これが私の現実です。私に今起きていることを如何に楽しんでいくかを学ばねばならないのです。学んでそして最善を尽くそうと思っています。これが私の人生ですから。今、このことを打ち明けられてとてもホッとしました。」

もう1つは、私が何年も前、おそらく40年も昔に(自分も年取りました。。)パリの地下鉄で会った若い女性の話です。その女性はスペイン語で歌を歌っていました。彼女の歌を歌詞を理解して聴いていたのは私ひとりだったのでしょう。その人はお金を物乞いし始めました。目が不自由な人だったのにも関わらず、彼女の表情は幸せに満ちあふれ輝いていました。その頃、私は自分自身と共に生きるということの意味を解っていませんでした。けれどもこのことがきっかけで、人生の目的は幸福の状態へ到達することだと私は誓いを立てることになったのです。この時のスペイン語の歌詞の中で二つの単語だけが記憶に残っていました。「linda Susana;かわいいスサーナ」という言葉です。今ならインターネットですぐ調べられますから検索してそれですぐに見つかりました。作詞作曲はホセ・フェリシアーノというプエルトリコ出身でこの人も目が不自由でした。サルサのメロディはおもしろおかしい感じですが、歌詞は詩的で光に満ちています。40年前に出会った盲目の若い女性はその歌をベートーベンの「歓喜の歌」のメロディに乗せて歌っていたのです。(終)

TEMA DE SUSANA-JOSE FELICIANO (youtubeの動画)


ホセ・フェリシアーノ web 
site


ザビエ・ベトコート 2days ワークショップ 東京 2015
「自分自身と共にいること、私自身を生きること」
~健康、関係性、仕事、創造的活動全般にわたる人生の質を変化させ、発展へと導こう~
このワークショップのご案内はコチラ


─────────────────────────────────

ABOUT THE AUTOMN WORKSHOP 2015

HEALTH AND PERFORMANCE
BEING PRESENT IN OURSELVES CHANGES AND IMPROVES THE QUALITY OF OUR LIFE: HEALTH, RELATIONSHIPS, WORK AND CREATIVITY.

I have to thank the gods for granting me the opportunity to work with some many people in my life. In Europe, Mexico and Japan, I have always been astounded, even obsessed, by the incredible paradox mankind represents for me: each individual is unique and yet we all have the same basic fears and misunderstandings about ourselves, independently of our cultural background.
         
Throughout an experience of more than three decades of counselling, I have learned to acknowledge that the main causes of grief, anxiety and frustration in life, are associated to four primary topics: material security, emotional fulfilment, socializing or relating to other people, and meaning of life. Who can invent a new one?
         
Each of these topics includes three different levels. Material security can refer to trouble with money, work or success in life. The emotional topic offers three main areas of difficulties: emotional disturbances coming from troubles in childhood, sexual complications, and difficulties of adequacy in life due to emotional upheavals. Serious emotional disturbances produce depression, anxiety and incapacity to deal with life.
         
Socializing and relating includes communication and intellectual skills, interpersonal relationships (all kinds of partnerships), and talents to find our place in groups and society in general. The last topic, meaning in life, concerns self-assurance to be able to stand our ground in front of other people, the capacity to express ourselves in a creative way, and faith or the firm belief that we have a mission to accomplish in this life.
         
Those interested in astrology can recognize in the above summary the four elements and the twelve signs and houses of the natal chart; but what matters is that we are talking about archetypes, the basic needs and expressions we all share as human beings.
         
In any case, after some many years of witnessing people struggling with their troubles and trying to help them find their path in life (as well as my own), I can proclaim that the only way to achieve fulfilment in life is to be present in ourselves. And this seems so elementary and simple that we all neglect it.
         
In this world of dispersion and distraction the most essential and elementary task becomes the most difficult. To become present in myself means that I am there, at the time and place I am, totally aware of myself. There, Socrates unique precept, Know Thyself, becomes the most useful advice for mankind. But we have been deaf to this Delphic commandment; we think that knowing ourselves means trying to become what we are not, or even worse, rejecting what we really are.

If we know ourselves, we cannot fail to be present to ourselves, because knowing, in this sense, means seeing and recognizing; we cannot lose sight of ourselves. The problem is when we only see our ego and not what we are; we tend to be trapped in the story we tell about ourselves. The Moon (ego) usurps the role of the Sun (our essence, real Self), we think we are there but we are not.
         
In this workshop, my goal is to propose a reflection and a method to find a way out of the traps of the ego (Moon) and, then, discovering the Self (Sun). The Sun is the heart, in normal circumstances, we do not need to pump the heart, it beats of its own impulse the same way as the Sun radiates with its own light.
         
We will explore the lessons of the most important teachers of acting that helped to develop the talent of the best actors we all know. What for? Because we all are the main actor of the formidable and beautiful play our own life is. My theory is that the teachings of the great masters of acting correspond, nowadays, to what Socrates preached 25 centuries ago. In modern terms: act always real. And to be real, I add, can only be possible if we are there, witnessing how life expresses itself through us.
         
Allow me to end up this invitation to our workshop with two anecdotes. The first is about a woman I admire and with whom I have been working for more than twenty years; we lately explored the theme of being present in herself. Yesterday she came to her session and told me this: “I have terrible troubles with my brothers and sisters, disappointments and worries with my three daughters and a difficult relation with my husband. But this is my reality, I have to learn how to be happy with what I have, learn and do my best. This is my life. I feel so relieved to say this.”
         
The second anecdote is about a young woman I saw many years ago in the Metro is Paris, maybe 40 years ago (Im getting old!). She was singing a song in Spanish, maybe l was the only one who could understand the lyrics, and she was begging for money. She was blind but her face was radiant with happiness. At the time I have no idea what being present with oneself meant, but I made the pledge to myself that the goal of my life would be to reach that state of happiness.  I only remembered two words of the song in Spanish: linda Susana (beautiful Susan); today I decided to look for a song with those words on the internet. I found it. The composer and singer is Jose Feliciano, a Porto Rican who happens to be blind! It is a salsa melody which sounds funny but the lyrics are a poetic, full of light. The blind young woman was singing it with the Beethoven melody: Ode of Joy! (the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-08-01 00:00 | ワークショップ  

<< 性とセックス:パワーと変容 12星座における愛とセックス(3) >>