12星座における愛とセックス(3)

愛とセックスにまつわる、月の表現の仕方というテーマは今回で終わりにしたいと思います。最後に、月の無意識レベルで強く惹かれ合う火と土の二つの要素を対比させてみていきましょう。つまりは肉体と感情についてみてゆくこととなります。

一般に、月は四大要素とは関係なく、その人の身体を通じて得られる経験を表し、それは感情と切り離すことはできません。しかし、四大要素はそれぞれの要素ごとに違った道筋で展開してゆきます。火の月は、身体的、精神的な生活を支えるために倫理的信念体系を必要としますが、土の月は肉体の感覚を重要視し、その傾向は単純に強まるばかりです。



火の月の人は常に特別な関係性を探し求めますが、土の月の人は肉体の次元に留まる傾向があって、肉体的切迫感(欲求)を満たすことが優先されます。結婚に関しては、火と土、この二つの要素にとって、真反対ではないですが、それぞれ違った意味を持ちます。火の月は、法や行政あるいは宗教が人々に執り成す倫理的合法的な保証を必要としますが、土の月は、法的契約によって愛する人と結ばれるという確約はもちろん、物質的な保証をも要求するのです。火の月の人は、理想化された愛を謳いたがりますが、土の月の人には、肉体の愛というのが好都合なのです。

西洋の伝統では精神的な愛と肉欲的な愛が対立するものとして捉えられていますが、これはユダヤ教とキリスト教の人間についての考え方の違いの名残りであり、これは火と土の対比に相当するものです。火の月の人は神聖なる愛の楽園に住むことを望み、土の月の人が望む楽園というのは、欲するもの全てを自ら保有するということです。この対立から罪という概念が生まれたのです。

これら二つの対立する愛とセックスを体験するための方法が、愛と憎しみの関係という、ある意味魅惑的ともいえる状況を引き起こしていくのです。火の月の人は、肉欲的な愛に打ち勝とうとすればするほど、肉欲にますます引き込まれてゆきます。一方、地の月の人は肉体の衝動に嵌っていけばいくほどに、無意識的には、精神的な愛を切望してゆくのです。それで、火の月の人と地の月の人が互いに惹かれ合うということが起こってきます。彼らは愛する人、あるいは欲望する人を完全に支配下に置くことを望むのですが、いったん一緒に暮らし始めると息苦しく感じ始めます。火の月の人は地の月の人のことを物質主義的で、セックス指向主義的で、身勝手過ぎると感じ、地の月の人は火の月の人のことを、理想主義的で批判的で激情的過ぎると感じるのです。

では、私の経験から最も過激だと思うに至った、この火と土の組み合わせについて、さらに掘り下げていくことにしましょう。

獅子座の月の人は、乙女座の月の人にいとも容易に惹かれてしまうようです。獅子座の月の人は誘惑するのが好きで、性行為そのものよりも、誘惑して相手を落とすそのプロセスの方に刺激を感じるのです。乙女座の月は儀式的なものや順番を大切にするので、つきあい初めの頃は、獅子座の月の持つパワフルさやクリエイティブさに魅了されるのでしょう。けれども遅かれ早かれ、獅子座の月の弱点となる マンネリや、ポーズやトリックを見抜いてしまいます。乙女座の月の人は完璧で完全なセックスを求めるのです。

獅子座の月の女性は女王のようにもてなされることを望みます。いつも自分が誘惑されて、その度ごとに自分が十分に与えられ満たされたと感じられることが重要なのです。まるでそれが初めて誘惑される時であるかのようにです。獅子座の月の男性は、相手の女性が本当の女王で、最高に値すると自分が思えることが大切です。実際、私は幾人もの獅子座の月の男性から、全く同じ表現を使って言われたことがあります。けれども乙女座の月の女性は、だんだん、この自分のセックスの相手に失望し、嫌気がさして来てしまいます。どうして失望してしまうのでしょう? 獅子座の月の人は約束し過ぎるからです。さらに悪いことに、たとえ自分の相手に誠実であったとしても、衝動的に浮気をしてしまうことがあるのです。それで乙女座の月の人は不安になり、激しく批判的になって、獅子座の月の人の自我を傷つけてしまうのです。

月が射手座と牡牛座の人の組み合わせは、さらにもっとドラマティックになりがちです。射手座の開放的で自由で冒険好きの性質が、関係性に対する相手の期待を極限にまで引き上げてしまうのです。相手は愛とセックスを、幸福の地への安全な旅だと思い込んでしまいます。けれども牡牛座の月は所有的で嫉妬深く身勝手な性質なので、がっかりさせられ、裏切られ、理想を奪われたと感じることになります。射手座の月も牡牛座の月もともに楽園を探し求めているのですが、矛盾しているのは、牡牛座の月が求める楽園は、元々俗的な中にあって、世界中の他でもないこの場所、即ちベッドルームにあるというところでしょうか。

牡牛座はセックス中毒に陥る可能性があります。情熱に取り憑かれてしまった時、愛とセックスの違いを見分けることができるでしょうか?私はできないと思います。射手座の月の人は、自分が罠にかかり、批判的になったり、独断する傾向がある、あるいはどこか他の場所で冒険することを求めてしまう傾向があることを、ちゃんと理解しています。そしてこの冒険心こそが牡牛座の月の人を嫉妬させ、さらに所有的にさせてしまうわけなのですが。シェイクスピアの悲劇オセロの中で、最終的に妻のデズデモーナを絞め殺すことになるオセロは、月が牡牛座の獅子座でした。デズデモーナは魚座で、おそらく月は射手座だったのではないかと私は思います。それゆえに月の高潔でエキゾチックな性質を求めることになったのでしょう。オセロを傷つけることで、デズデモーナはヴェニスの社交界を敵に回すほどの危険を冒しました。戯曲の中でシェイクスピアは、彼ら二人の性生活の激しさを彷彿させるように描いています。

最後に、牡羊座の月と山羊座の月の組み合わせですが、全体の中で最も過激でドラマティックであると言えると思います。山羊座の月の人は冷淡で冷静に見えるかもしれませんが、いったん躊躇う気持ちが取り払われれば、極めて優しく、そして繊細になり、そうして、抑圧されていたエロティシズムが一気にベッドルームを満たすことでしょう。牡羊座の月の積極的でまっすぐな熱心さが、山羊座の月の人を覆っている氷を溶かすのです。自己防衛のためのシールドが無くなると、そこに佇むのは、愛を欲しがる子どもひとり、というわけです。

牡羊座と山羊座の月は、全く持って違う性質ですが、共通項もあります。蠍座が絡むと、彼らは12星座の中で最も過激なサインとなります。何かのために捧げるといったん決めたなら、彼らを留めるものは何もありません。牡羊座と山羊座の月が出会ったなら、爆発的な何かが起きます。山羊座の月の抑圧されたエネルギーが解放された時、牡羊座の月は真正面からそれを受け止めようとするのですが、すぐに別の問題が浮上してきます。牡羊座の月は山羊座の月の強迫的に規律を守ろうとする性質に息苦しさを感じ始め、山羊座の月は牡羊座の欲求不満に対する適応能力のないことにイラつき始めるのです。山羊座の月が長い時間をかけてやり続けていることが牡羊座にとっては耐えられないことなのです。そして、極めて暴力的な言い争いになったりします。牡羊座の月は、山羊座の常に統制されている冷静さと客観性を損なわせたいという誘惑を押さえることができないのです。

この火と土の組み合わせの私が好ましいと思える部分は、付き合ううちに、互いの性質を評価しリスペクトするということを学んでいけるだろう点です。たとえ別れることになったとしても、早晩、よい友人関係を結べるようになります。これは、風と水の関係性においては考えにくいことです。風の月の人はすぐに忘れてしまうのですが、水の人は決して忘れることなく、あるいはもし相手に裏切られたと思ったら、決して相手を許すことはないからです。(終)

12星座における愛とセックス(2)
12星座における愛とセックス(1)

─────────────────────────────────

LOVE AND SEX III

In this section we finish with the lunar attitude towards love and sex; we are going now to contrast fire with earth, two elements that strongly attract each other at the unconscious level of the Moon, which means body and emotional conditioning.
         
In general terms, the Moon, independently of the elements, represents the physical and sensual experiences of the person, inseparable of the emotional conditioning. But each of the four elements develops in different ways.  Whereas a Moon in Fire depends on a moral system of believes to support its physical and psychological existence, the sensual quality of Earth is only increased.
         
A person with Moon in Fire looks for significant relationships; but someone with Moon in Earth tends to remain at the physical level, the priority is to satisfy a physical urgency. Marriage has a different, if not opposed, meaning for these two elements: A Moon in fire wants the moral and legal security that law, civil or religious offer to people; the Moon in Earth requires material security as well as the assurance that the loved one is bound by a legal contract. Ideal love is a Moon in Fire expression; love of the flesh suits better a Moon in Earth.
         
The Western tradition that opposes spiritual love to carnal love, a legacy from the Jewish and Christian vision of mankind, corresponds to this opposition fire and earth. A person with Moon in Fire wants to live in a sacred paradise of love; the paradise a Moon in Earth demands is a total possession of her object of desire. The notion of sin is born from this antagonism.
         
These two opposed ways of experiencing love and sex provoke fascinating relationships of love and hate. The more a person with Moon in Fire wants to overcome physical love, the more she feels attracted to carnal desire; as for the person with Moon in Earth, the more she is involved in the physical urges of the body, the more she aspires, unconsciously, to a dimension of spiritual love. This is how two people, one with Moon in Fire, the other with Moon in Earth, are attracted to each other; they want a total surrender of the person they love or desire, but they feel suffocated when they live together. A Moon in Fire feels the person with Moon in Earth too materialistic, too sexually oriented, and too selfish. Then, the person with the Moon in Earth feels that the Moon in Fire is too moralistic, critical, and explosive.
         
Let us explore the combinations Fire Earth, which I think, by experience, are the most radical.
         
A Moon in Leo will very easily feel attracted to someone with Moon in Virgo. A person with the Moon in Leo likes to seduce; the whole sequence of seduction can be even more exciting than the sexual act. At the beginning of the relationship, the Moon in Virgo, who loves rituals and sequences, may be fascinated by the power and creativity of the Leo one. But sooner or later, the Moon in Virgo detects the weak spots, the repetitions, the poses and the tricks of the Moon in Leo. A person with Moon in Virgo wants a complete and perfect sexual performance.

A woman with Moon in Leo wants to be treated as a queen; she wants to be seduced every time and she needs to feel that she is yielding herself every time, as if it was the first time. In the case of the man with Leo Moon, he wants to feel that his woman is a real queen and that she deserves the best (I have heard some men with this position to say exactly these words); but the woman with Moon in Virgo feels eventually disappointed and bored with her sexual companion. Why disappointed? Because Moon in Leo promises too much. And there is still worse; a person with a Moon in Leo can be a compulsive flirt, even if he or she is faithful to the partner. But then the Moon in Virgo feels unsafe and becomes horribly critical and she hurts the ego of the Moon in Leo.

The combination Moon in Sagittarius with Moon in Taurus tends to be even more dramatic. The expansive, free and adventurous nature of Sagittarius replenishes the person with the utmost expectation in a relationship; she imagines love and sex as a safe voyage to the land of happiness. But the possessive, jealous and selfish tendencies of a Moon in Taurus disappoint her; she feels betrayed and deprived of her ideals. The paradox is that both seek paradise, but the paradise that the Moon in Taurus wants in naturally very earthy, it is here in this world, in the bedroom itself.

Taurus can be insatiable in sex. Could Taurus be able to see the difference between love and sex when she or he is obsessed by passion? I do not think so; but, then, the Moon in Sagittarius realises that she has fallen in a sort of trap and she becomes critical and judgemental; or she starts looking for adventure elsewhere, which provokes jealousy in the Moon Taurus person and makes her even more possessive. We could imagine that Othello, in Shakespeare’s tragedy, who ends up strangling Desdemona, was a Leo with Moon in Taurus. And, sure, Desdemona, herself a Pisces, must have Moon in Sagittarius which made her admire the noble and exotic qualities of the Moor. By marring Othello she was adventurous enough to challenge the whole society in Venice. Throughout the play, Shakespeare makes us feel the intensity of their sexual life.

Last, but not least, comes the combination of Moon in Aries with Moon in Capricorn, the most radical and dramatic of all. The person with Capricorn Moon can seem cold and detached; but once she overcomes the inhibitions, she can be extremely tender and sensitive; all the repressed eroticism overflows the bedroom. The spontaneous straight forwardness of the Moon in Aries melts the ice that covers the Capricorn one; the protective shield falls away, and behind that, there is only a child yearning for love.

Aries and Capricorn are extremely different, but they have something in common; together with Scorpio, they are the most radical signs of the zodiac. Once they have decided to go out for something, nothing can stop them. Encounters between these two Moons provoke explosions; when the repressed energy of the Capricorn one is liberated, the Moon in Aries takes it frontally. But soon, the same dynamics of the other combinations of Earth and Fire come up to the surface. The Aries one feels suffocated with the obsessive discipline of the Capricorn one; and the latter becomes irritated with the Aires incapacity to frustration, incapable of keeping constant to her targets in long term. The quarrels between these two persons can become extremely violent; the Aries one can hardly resist the temptation to make the Capricorn lose control of her supposed detachment and objectivity.

What I like of these combinations is that eventually they can learn to appreciate and admire each other’s nature; even if they break off, sooner or later they can become good friends, something more difficult between combinations of Air and Water. Air can forget, but water can never forget, or forgive when she feels betrayed.  (the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-07-01 00:00 | 占星術  

<< 「自分自身と共にいること、私自... 12星座における愛とセックス(2) >>