12星座における愛とセックス(1)

どうか驚かないで下さいね。この話題をここで生々しく突き詰めようとしているわけではなくて、心理学的、神秘主義的な見方で少しみてみようと思ったのです。この話題については既にたくさん文献があると思いますが、それぞれの星座ごとに表現は違うわけですが、その意図と狙いについて書かれたものは全くと言っていいほど見当たりません。占星術の星座において重要なものならば、個人にとっても、社会全体にとっても役立てられるのではないかと思います。



種の保存と繁栄のための手段としてのセックスと、創造性の根源的パワーを発見するためのセックスの相違を確認しておくことは重要なことだと思います。まず最初に月についてみていくことにします。生殖とは、家族を持つこと、何百万年も昔の先祖から続いている進化という役割を担うこと、命を受け継ぐことを意味します。これは、生物学的にも、社会的にも、感情的側面においても、私たちの権利であると同時に責任でもあるのです。

火星、冥王星、8室はそれぞれに性衝動を駆り立て、強制的に変容を起こさせますが、性欲を可能な限り隠し、防ぎ、制御します。チャートの中で火星は性衝動の性質を表しますが、蠍座、牡羊座にある時にもっとも強烈で衝動的となり、山羊座、天秤座にある時にもっとも抑制され、管理下に置かれます。8室はリビドー(性エネルギー)の効率的活用法や、遺伝的法則を支配する部屋で、2室が金銭の管理をするのと通ずるところがあります。冥王星はひとつのサインに長い間、10年単位で居続けます。なので冥王星はたいてい、ある世代の、あるいは幾世代にも渡って人々が抱く性に対する一般的姿勢や考え方を表します(これは掘り下げるのによさそうなテーマですね)。けれども、冥王星がより個人的なことに働く室では、その世代の性衝動を個々人がどのように表現してゆくのかを表します。

先ほど触れた二つ目のセックス(創造性の根源的パワーを発見するための)は、自己発見のための基礎的なツールとしてのセックスであるとも言え、これは太陽に関係しています。生物学的な、もしくは感情的な欲求によってのみ衝動を駆り立てられる限り、月の領域に囚われていると言えます。この領域においては、本来的な太陽のパワーを理解し表現することは極めて困難ということになります。

このことが必ずしも人としていけないと言っているわけではありません。月的には、私たちを生物的に、もしくは社会的に存在させることが目的なのです。子孫を産み、家庭を築く全ての人々にとっては、ただそれだけで、この世に自己存在を正当化するのに十分な理由を持てるというわけです。木星及び9室は、性と繁栄(結婚、宗教、法律)を統制するための組織や制度を作る場所です。土星は、豊かさのサイクルに限界を設け、秩序や体制を重んじ、いったん生殖行為や経済的活動が成し遂げられたら、私たちの命を刈り取ります。私たちは祖先が貢献したことに感謝せねばなりませんね。この宇宙で生を受け、体験できる機会を与えられたということに対してです。

セックスについて書いてきましたが、愛についてはどうでしょうか?簡単にみてゆきましょう。パワー、光、天啓としての愛は、太陽のひとつの表現です。太陽の観点については次回のコラムで掘り下げることにします。ここでは月の観点から愛についてみてゆきます。月的には、私たちの脳(月に支配)から分泌される脳内物質ドーパミンとエンドルフィンの連携から愛が生まれるとされます。ずっと繁栄し続けるかどうか、夫婦や家族が一緒に居続けられるかどうかを確かめるのに、愛とセックスはもっとも強力な手段です。たいていの人は、愛とセックスという麻薬に溺れます。この類いの愛は当然のことながら、所有欲と切り離せず、自分本位のものです。仕方ありません。道徳的なことは抜きにして、それはそういうものなのです。

もし私たちが愛とセックスに関する太陽的観点からの理解を得たいと思うなら、まず月の観点から体験し、理解する必要があります。ですので、まず水の要素からみてゆくことにします。というのは水の要素のサインに月がある時、愛とセックスにおける交わり合いに対する最も強い指向性が見受けられるからです。

どの要素のサインに月があっても、月は私たちの感情的体験を写し出す地図のような役割を果たします。月は木の幹のようなものであり、あるいは、全てのものの周期や、浮き沈みする感情の波のように変化する風潮や時勢を記憶する土壌のようなものなのです。チャートにおいては、月は自分の母親との決別による傷を示します。同時に月は、隔たりを埋め、傷を癒し、感情的な代替としての新たな枝を伸ばすことのできうる力を持ち合わせています。

月が水のサインの人は、自分が何かに、誰かに属している状態を好みますし、愛する人が自分に傾倒しているという状態を求めます。彼らの愛情は、自身の根となり器となるのです。愛とセックスが同時に起きる時、その経験は彼らにとって魔法のようであり、天啓のようにすら感じられます。感情は催淫的麻薬にもなり得るわけです。それで彼らは、その瞬間を無意識に繰り返し求め続け、そして、愛とセックスという最初の難題を共に取り組んだ相手に執着し続け、他が目に入らなくなるというわけなのです。相手となる人はそのような感情的な欲求に耐えられなくなって逃げてしまうので、求めている相手を常に失ってしまうというのがパターンです。こうして、水のサインの月は、求めるという行為を求め続けるのです。

この事例の典型とも言えるのが蟹座の月で、蟹座の月の人はこのことに支配されていると言っていいでしょう。共存という言葉を文字通りに、命が合わさること、ひとつの存在となること、とするなら、蟹座の月は愛情を注ぐ力を最も強く持っていると言えます。家族を持ち家庭を築くことこそが、愛とセックスを護り、維持することのできる最も安全な場所を得ることになるわけです。蟹座の月は冒険を好みません。時にはかつて愛した人を懐かしんで、その人を今どうしているかわざわざ探して、どう感じているか、今でも自分を好きでいるかどうか知りたがったりします。このように不誠実になることもあるので、家庭を安泰にしておくのには苦心するのです。

蠍座の月は最も複雑と言えます。このサインの好戦的な性質が性的な強迫観念を生むのです。愛とセックスによって悪循環に陥ることもありえます。問題なのは、蠍座は要求し支配することが必要であるということです。しかし、いったん求める対象を手に入れると、その人を欲することを止めてしまいます。私も蠍座の月の人を何人も知っていますが、セックスに対して嫌悪感を持っていたりします。パートナーを愛している場合においてでもです。また、他の水のサインと同じように、何かに帰属したり、緊密な関係を体験しますが、交わり合えた相手に対してではなく、彼らを傷つけたり裏切った相手に対して執着心を持つ、というところが他のサインの人と違うところです。

魚座の月の人は極めて扱いづらいと言えます。交わり合うことを強く求めますが、その傾向があまりに強いがゆえに相手となる人は脅かされてしまうのです。矛盾しているのは、魚座の月の人は、極端に弱かったり繊細さを持つ人に猛烈に惹かれるのですが、その相手は感情が欠落しているか、あるいは例えば芸術家のように極めてクリエイティブなタイプの人物だということです。このような繊細な人たちは、魚座の月の度を超した感情的要求に、追い込まれ抜け出せなくなると感じて逃げ出すか、彼らに立ち入られないよう境界線を引いてしまうのです。

水のサインの月の人にとって最も安全なのは、現実的(土星)になり、恋心や愛情、家族や友人関係を、できる限り健全な、安心できる範囲に収めておくことです。(続く)

12星座における愛とセックス(2)

─────────────────────────────────

LOVE AND SEX IN THE ZODIAC I

Please, do not be frightened, I am not going to go graphic about this topic! I only intend to approach it from the psychological and esoteric perspective. There are already too many manuals and books about the topic of our title, but very few, or none, about the purpose and the mission of this vital expression of each sign. And when something is essential for an astrological sign, it means that a revelation is implied both for the individual himself and for the whole community.

It is important to ascertain the difference between sex as a medium of reproduction for the human species, and sex as a discovery of one’s fundamental power of creativity. The Moon is in charge of the first; reproduction means begetting a family, contributing to the task of evolution that our ancestors have started millions of years before us, inheriting our share of life. This is both a right and a responsibility in biological, emotional and social terms.

Mars, Pluto and the Eighth House are here, respectively, to impose the sexual drive, make transformation compulsory and then hide, protect and control sexual impulses as much as possible. The sign Mars is in our chart denotes the quality of the sexual drive, from the most pungent and impulsive in Scorpio and Aries, to the most controlled and organised in Capricorn and Libra. The Eighth House conducts the economy of the libido, sexual energy and hereditary laws, in a similar way that the Second House manages financial matters. Pluto remains for many years, sometimes whole decades, in one sign; so, he mostly represents the general attitude towards sex that one or more generations of people share (this might be a good theme to explore in one of our articles). But the House where Pluto is makes it more personal; it reflects how we express, individually, the generational compulsion about sexuality.

The second aspect mentioned above, sex as a fundamental tool for discovering the Self, concerns the Sun.  As long as we are driven only by the biological and emotional impulses, we remain trapped inside the Moon’s domain; here it is incredibly difficult to express and apprehend the Sun’s power.

In human terms this is not necessary bad; the lunar purpose of our existence is biological and social. Thus, all those who reproduce themselves and raise a family, have good reasons to justify their presence in this world. Jupiter and the IX House are there to create institutions in order to regulate sex and fertility (marriage, religions, law); Saturn is also there to set boundaries to fertility cycles, impose order and sickle our lives once reproduction and economical tasks have been performed. We have to thank our ancestors for contributing with their own share, thus allowing us to experience life in this universe.

We have been talking about sex, but what about love? Well, we can also address this question in the same manner, briefly. Love as power, light and revelation, is a Solar expression. We will explore the Sun’s perspective in our next article. As for love in the perspective of the Moon, we all know that it comes from a combination of dopamine and endorphins our brain (ruled by the Moon) processes. Love and sex is the most powerful formula to make certain that reproduction will continue for ever and that couples and families keep together. Most of mankind become addicted to this drug. This kind of love is naturally possessive and selfish; it is the way it is, and I say it without moralizing.

The Lunar attitude has to be experienced and understood if we want to attain the Solar knowledge about Love and Sex. Let us start with water because it is the element where the Moon shows the strongest tendency towards fusion in love and sex.

Each Moon, whatever the element, shows the map of all our emotional experiences; our Moon is the trunk of a tree, or the soil of a region that records all the cycles, changes of stations and climates, ups and downs of the emotional tides. This planet in the natal chart exhibits the scars of the separation with our mother.  But the Moon also has the capacity to fill in the gaps, cover those scars and grow new branches: the emotional substitutes.

People with Moon in water need to belong and need that those they love belong to them; their affections become their roots and their containers. When love and sex coincide, the experience has a magical quality, a sort of revelation. Emotion becomes a sort of aphrodisiacal substance for people with Moon in a watery sign. This is why they always want to repeat, unconsciously, the first moment of the discovery of this capacity; thence, they keep attached and obsessed to the partner with whom they made the first equation of love and sex. In general, they tend to lose that person because the partner runs away, overwhelmed with their emotional demands; also, the Moon in water needs to need.

The Moon in Cancer is the model of these tendencies; it rules this sign. If we take the word ‘symbiosis’ in its literal way, a conflation of life, a merging into one entity, then, this Moon has the strongest capacity for emotional attachment. Family becomes the safest shelter for keeping love and sex within a circle of protection. Moon in Cancer is not very adventurous.  From time to time they become nostalgic about a previous love and tend to look for him or her to see what they feel or to see if they are still in love; but even those who become unfaithful struggle to keep the family secured.

The Moon in Scorpio is the most complicated; the martial quality of this sign provokes sexual obsessions; love and sex becomes a sort of vicious circle. The problem is that Scorpio needs to desire, and needs to control; when he possesses the object of his desire, he stops desiring the person. I have known some people with this position that become disgusted with sex, even if they recognize that they love their partners. They go through the experience of belonging as any watery sign; the difference for them is that the obsession is created not with the person with whom they experienced fusion but with the person who hurt them or betrayed them.

Moon is Pisces can be very tricky; it has the strongest tendency towards fusion but their partners become frightened by it. The paradox is that a person with this Moon feels strongly attracted to those who are extremely vulnerable, either because they are emotionally destitute or because they are very creative (artists for example); but this vulnerable people can feel trapped by the overwhelming emotional demand of the Moon in Pisces and run away or put lots of barriers against them.

The safest course of action for a person with a Moon in water is to be realistic (Saturn) and maintain their affections, love, family and friends, within circle of security, as healthy as possible.(to be continued)

LOVE AND SEX IN THE ZODIAC I
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-05-01 00:00 | 占星術  

<< 12星座における愛とセックス(2) 習慣について(2) >>