習慣について(2)

前回のコラムでは、要素が火と土の星座を、今回は、風と水の星座を対比させて書いていますが、これは伝統的占星術に依るものです。占星術的曼荼羅である十二宮では、水と土、火と風を対比させます。ですが、厳密に言えば、この対比は誤りなのです。というのは、この対の要素は互いに補い合っているからです。火が存在するのには風(空気)を要するし、水は入れられる器となる土が必要です。古代ギリシャに発祥した秘儀的伝統においては、対比、対立、というのは存在せず、ただ精妙な実在の正反対の表現があるだけなのです。知らないということ=無知こそが、矛盾や対立を生むものなのです。



十二宮の中で正反対の、あるいは相容れない性質のその極と極の対は、変化し続ける生命、人生の様々な側面を表します。土と火、水と風(例えば、牡牛座と獅子座、蠍座と水瓶座)はスクエアをなしますが、スクエア同士にも繋がりがあります。それについては、これから書いていくことにしましょう

知っての通り、ユングがエレメンツ(要素)については、古代、中世とは異なる伝統に従って、彼自身の心理学的類型論を確立しました。これによって、ユング理論は他の心理学的性格分類の中で最も堅実なものになっているのです。ユングは要素を心理的機能と結びつけて考えました。健全な精神のバランスには、4つの機能(要素)を統合してゆくことが必要なのです。

火(直感)と土(感覚)は、共に知覚という軸上で繋がってはいますが、互いに相容れません。火は主観的、土は客観的という点で違います。同様に、水(感情)と風(思考・心理プロセス)は、状況を判断する能力としての合理性という軸で繋がっていますが、水は主観的、風は客観的です。

それぞれの星座、要素が表す人生に対する基本姿勢を理解するのに、習慣についてみていくと、とても分かりやすいのです。

一般的に風のサインはみな、人生観が楽観的なので、健康への取り組みも積極的です。火の人は権威に関して独断的な態度を取りますが、風の人は独断的になることはありませんし、土の人のようには、人間の肉体や生理学に取り憑かれることもありません。風のサインの人にとって、物事がどのように働き、どういう選択肢があるのか理解できている限りにおいては、物事というのは常に改善の余地があるのです。風は、文明と進化と人間の発展に関係している要素と言えます。けれども、彼らには二つ問題があって、ひとつは変化と楽しむことが必要だということ、もう一つは、自分が話したり考えたりしていることを(習慣的に)実践することはないということです。

双子座は最も持続性がなく、最も移り気な性質なのですが、一定の期間、継続して実践することの利点を確信することもあります。例えば、ヨガがこれにあたり、双子座の人は、ヨガの理論や、様々な異なるメソッドや伝統についてなど、全てを学ぼうとするのです。情熱的に修練をスタートさせますが、暫くすると、疑いを持ち始めます。そうして他のメソッドを見つけ出しては、やっぱり太極拳の方がもっと楽しめるんじゃないだろうか?と思い至るのです。双子座にとっては継続するのはとても難しいことなのですが、変化するという目的のためになら、変化を選ぶことが可能です。双子座の子を持つ親御さんには、例えば、音楽をやるならバイオリンかピアノか、スポーツをするなら水泳かテニスか、など、その子に選択肢を与えてあげることをいつも薦めています。双子座の子は、優しい気質なので指導しやすいのですが、飽きっぽいのです。彼らが飽きてしまった時、指導する側はたいへんですね。

天秤座は、他の風のサインの人と同様、好奇心と変化を求めますが、習慣については継続的で、実践的です。ただ、天秤座は習慣化させ、修得する理由と利点を確信するまでに時間を要します。確信に至るまでに、考えに考え抜く必要があるのです。彼らにとって、習慣を取り入れるということは、ある種の結婚のようなものなのです。もし修練することと共に暮らすと決めたなら、そのことについて全てを知る必要があると考えます。キーワードのひとつは調和です。彼らにとって健康は美なのです。バレエや体操や、ダンス、マーシャルアーツなどは天秤座の子供にとって理想的です。天秤座の理想は、トラップにもなり得るのですが、彼らのパートナーや友人と一緒にやることが大切です。けれども、他の人に依存し過ぎると、実践し続けることは危険です。

習慣について、水瓶は山羊座と似ているところがたくさんあります。いずれの星座も、土星(権威と我慢強さ)に支配されています。よい習慣の理論が彼らの精神システムにインストールされれば、彼らはずっとたゆまずやり続けます。問題なのは、それをグループの中で行いたいと思うところです。あるいはコミュニティ全体と自分のビジョンを共有したいとまで願うところです。水瓶座は、遅かれ早かれ、グループに失望します。それから、ようやく彼らは自身の精神と霊性の発展に集中し始めることができます。

水の性質は、習慣に関して言えばとても複雑になりがちです。水のサインの感情は主に二つの源から来ています。今起きてきていること、あるいは起こらなかったことというような状況(例えば、関係性が上手くいっていたり、あるいは上手くいっていなかったりする時)と、過去の体験に基づく感情の二つです。過去の体験が今の状況への反応に影響するのと同じように、現在の状況が過去の感情をかき立てます。水のサインのチャレンジは、習慣に対する実践的な姿勢を維持することです。良い習慣をやり続けることが、感情的に安定させる助けになるということを理解しなければなりません。

蟹座は愛されていると感じる必要があります。安全を感じ、楽観性を大切にするために、家族や、安定した関係性に依存します。関係性が上手くいかない時、彼らは実践を怠ったり、落ち込んでしまい、習慣を甘く見てしまう傾向があります。月のサイクルに依存し過ぎることは、難儀なことです。蟹座が好かれたいと思う時、誰かのハートを掴みたいと願う時には、彼らは修練に情熱的になり、持続させることができます。

蠍座は、水のサインの中で最も強烈で、人生の極めて早い時期に、自身の容姿が性的魅力となることを見出します。水瓶座の支配惑星である火星が、スポーツや習慣に関して競争的で強迫的にさせるのです。もし、コントロールを失った時には、深刻な喪失や、裏切りが、麻痺や自己破壊を招くことになりかねません。人生の全てが上手くいっていたかのように思われたのに、唐突に、死の恐れや、現実感の喪失という深い無意識からやってくる暗い波が彼らを襲い、どんな努力も無駄であると思わせてしまうようなこともあるのです。いったん人生の辛い現実をうまくやりこなすことができるようになれば、蠍座は山羊座同様、良い習慣をやり続けることができるでしょう。

魚座は、習慣に関して、十二星座の中でもっとも複雑で神秘的です。彼らは気分がすぐにかわってしまうので、習慣をやり続けることは彼らにとって、とても困難なことなのです。魚座は、良い習慣を続けることが、日常的な気分の波が引き起こす混沌とした状態や混乱を解消する方法であることを分かっているのです。習慣については乙女座よりも強迫的になり得るかもしれません。度を超してしまうと、魚座は冷淡になり、自分の秩序だったやり方や決まり事を乱すものを避ける傾向があります。魚座は孤立したり孤独に陥りやすいのです。魚座が、習慣が実際は、儀礼であり、霊的人生への道であることを理解すると、彼らは人生における本当の使命を見出します。物質的世界と神聖なるものの架け橋役を担おうとするのです。(終)

習慣について (1)

─────────────────────────────────

HABITS II

The reason we chose to set a contrast between fiery with earthy signs, and now airy with watery signs, comes from traditional astrology. In the astrological mandala, the zodiac, fire is opposed to air as water opposes earth; but, strictly speaking, this opposition is only illusory because these pairs of elements are complementary. This means, for example, that fire needs air to exist, or that water needs earth to be contained; in the esoteric tradition, which comes from the ancient Greeks, there is no opposition, only opposite expressions of subtle reality; only ignorance provokes contradictions or hostility.

Pairs of opposites or incompatible expressions within the zodiac represent life in a dynamic aspect. Thence, the natural squares formed by earth and fire, or earth and water (Leo makes a square with Taurus, or Scorpio with Aquarius, for example). Strictly speaking, there is a connection between these squares; we will talk about it bellow.

As we know, Jung followed the different traditions about the elements from Antiquity and the Middle-Ages to build up his theory of the psychological types. This makes Jung’s theory the most solid among any other psychological classification of temperaments. Jung associates the element to a psychological function; a healthy balanced psyche needs to integrate the four functions (elements).

Fire (intuition) and earth (sensation) seem incompatible though both (fire and earth) are connected through the axis of perception; the difference is that fire is subjective and earth is objective. Same system in the case of water (emotion) and air (mental process), the axis connecting them is rationality, the capacity to estimate (evaluate) a situation; water is subjective and air is objective.

The topic of habits is a useful tool to understand the essential attitude towards life that each sign and element shows.  

In general terms, all airy signs have a positive approach to health because their perspective of life is always optimistic; they are neither dogmatic concerning authority as fire is, nor are they obsessed with the human body and its physiology as earth is; for all airy signs, things can always be improved as long as we understand how they work and what the options are. Air is the element of civilization, progress and human development. But they have two issues, one is that they need change and entertainment, and the other is that they do not always practice what they say or think.

Gemini is naturally the less constant and the most fickle; for a period, he or she can be totally convinced about the benefits of a practice, let us say yoga, for example. The Gemini person will learn all about yoga theory, its different methods and traditions; she starts practicing it enthusiastically, but after some time, she has doubts and too many questions about it, she discovers other methods and decides that maybe Tai chi is more fun. Constancy may be difficult for Gemini; they change only for the sake of changing. I always recommend the parents of Gemini children to offer them some alternatives; violin and piano, concerning music, or swimming and playing tennis, concerning sports. Gemini children are gentle and easy to handle, but I would not like to be near them when they become bored!

Although they share with the other airy signs the curiosity and need of change, Libras can be steadier and more practical about habits; but they may take time to be convinced about the reasons and benefits of acquired habits and their practice. They have to ponder and ponder until they become convinced. For them, adopting a habit is a sort of marriage; if they decide to live with a practice, they need to get to know all about it. One key word is harmony; for them, health is beauty. Ballet, gymnastics, dance are ideal for Libra children (martial arts too). Libras’ ideal, which can also be their trap, is they insist on practicing with their partners or friends; but if you depend too much on other people, your practice is in serious danger.

Concerning habits, Aquarius have many points in common with Capricorns; Saturn (authority and perseverance) rules both signs. Once the logic of a good habit is installed in their mental system, they will practice it for ever. The problem is that they want to practice it with a group of people; or they even want to impose their vision to a whole community. Aquarius, sooner or later, become disappointed about groups; then they can concentrate themselves on their mental and spiritual development.

Water temperament can be complicated about habits. Watery signs’ moods come from two main sources: situations that are happening or not happening to them in the present time (for example, being happy or unhappy in their relationships), and emotions coming from the past experiences. A present situation can stir emotions from the past, as well as past experiences affect the way they react to a present situation. The challenge for these signs is to keep a practical attitude towards habits; they have to understand that adhering to good habits helps them to maintain their emotional stability.

Cancer people need to be loved; they depend on a family, a stable partnership, to feel safe and optimistic; when things go wrong in their relationships they tend to abandon their practice, feel depressed and become indulgent with their habits. This would be one of the reasons why they tend to gain weight. It is hard to depend too much on the Moon’s cycles. When Cancers want to be liked or when the want to conquer someone else’s heart they become enthusiastic and constant in their practice.

Scorpio, the most powerful of the watery signs, discovers very early in life that his or her appearance supports sex appeal; as a ruler of this sign, Mars make them very competitive and obsessive about sports and habits. Again, if things get out of control, a serious loss, a betrayal, can set out a process of paralysis and of self destruction.  Sometimes everything in a Scorpio’s life can seem to go well, but suddenly, a dark wave from the deep unconscious, fear of death, loss of sense of reality, can overcome them making them feel that any effort is worthless. Once they manage to reconcile themselves with the hard facts of life, Scorpios can become as constant as Capricorns with good habits.

Concerning habits, Pisces are the most complex and mysterious of the zodiac; it can be very tough for them to keep a habit because their emotional moods change very quickly. But Pisces know that acquiring good habits is the antidote of the chaos and confusion that emotional ups and downs provoke in their lives. So much so that a Pisces can become even more obsessive with habits than a Virgo person; if they go to this extreme, Pisces get dry and tend to avoid any disturbance in their order and routines, thus they risk isolation and loneliness. But if a Pisces understands that habits are actually rituals, the path to spiritual life, then they discover their real mission in life: to become the bridge between the material world with the divine.(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-04-01 00:00 | 占星術  

<< 12星座における愛とセックス(1) 習慣について(1) >>