人気ブログランキング |

カリスマ〜諸刃の剣(2)

【完璧なメトロセクシャル〜ディヴィット・ベッカム】

懸命に努力し、自分の持ち味を活かすことで有名になった経緯を持つ二人の著名人のチャートを見ていくことにしましょう。ディヴィット・ベッカムオスカー・ピストリウスです。選んだ理由は明らかで、この二人ともが、トランジットの土星がチャート上で強いアスペクトを結んでいた時に危機的状況を迎えていたからです。ベッカムは1975年5月2日6:17am ロンドン生まれの牡牛座で、オスカー・ピストリウスは1986年11月22日10:30am 南アフリカヨハネスブルク生まれの蠍座です。蠍座にある土星は不動宮のクロス(牡牛座ー蠍座、獅子座ー水瓶座)に影響を及ぼします。ベッカムとピストリウスのパートナーはいずれも不動宮に天体があります。ヴィクトリア・ベッカムは水瓶座に月があり、ピストリウスの恋人だったリーバ・スティンカンプは獅子座生まれでした。



カリスマ性を説明するのにふさわしいセレブリティといったら、人気スポーツ選手であり、人気ブランドのモデルでもあるディヴィッド・ベッカムの名を挙げることに異論はないでしょう。彼は現代における男性の健康と美しさのアイコンとなりました。彼の姿は今や全てのメディア上で見受けられ、世界中のどんな人でも彼の顔を知っているでしょう。ベッカムは完璧なメトロセクシャルと言われますが、この言葉は、性別の志向性を超えて、美容やファッションを気にかける都会的な男性、と定義づけられた新造語です。いずれにせよ、アイコンであるベッカムが行った魅惑的なことといえば、ベッカムに対して緊密さを感じさせた、彼がベッドで寝ている姿を録画した映像アーティストの作品がありましたね。

e0182773_10281158.gif
David Beckham
May/2, 1975
at 6:17 am
in London, UK


ベッカムのチャートは、カリスマがどのようにして作られるのかを見ていくのに、格好のモデルです。まず最初に、太陽の支配惑星である金星と、牡牛座のアセンダントによる溢れる魅力についてみてみましょう。一方で、彼の金星は2室にあって、牡牛座と関連しています。金星が土のサインにある時期、また別の支配するサインである天秤座にある時よりもずっと魅惑的になるとされます。ベッカムの金星は双子座で風のサインにあって、いくらか天秤座の性質を彼に与えています。彼は一般的な牡牛座よりもずっと明るくて気さくな感じがします。この風的性質は水星がアセンダントと合を結んでいることから強められているのでしょう。彼の快活さと機敏さと優雅さは、金星と水星(双子座の支配星)の性質の結びつきからきていると言えましょう。

ギリシャ神話では、女神アフロディーテ(ヴィーナス)とヘルメス(マーキュリー)と間に生まれた息子はエルマフロディットと呼ばれ、両性具有神です。ベッカムを、男性性を打ち消すことなしに、男性的でもあり女性的でもあるオーラを併せ持つ人物像、メトロセクシャルにさせているのは、彼のチャートに見る水星的要素によるのではないかと私は考えています。これは、両性具有のいい例でしょう。もしベッカムの外惑星がそれほど活性化されていなかったとしたら、彼の様々な性質は表には表れ出てこなかったでしょう。天秤座にある天王星が山羊座の月とスクエアを結び、天秤座の冥王星は山羊座の木星とオポジションで、そしてもちろん、彼のチャートで最も存在感を発しているのが、7室(金星の本籍地)にある海王星です。トランスサタニアン(土星より外にある)の外惑星は、集合的無意識レベルで、ベッカムに、ヴィーナスとマーキュリーの息子の神話を表現させ、彼自身が、真の神話になるように導いているのかもしれません。

有名になる人にとって、7室は鍵となる場所です。結婚、パートナーシップ、関係性の部屋であり、世の人々の目線をその人に向けさす役割をしています。ベッカムのイメージを世界中の人々に印象づけているのは、海王星です。海王星には境界線がなく、世代も信条も人種も超えて世界中のどんな人でも、よいイメージであれ悪いイメージであれ、ベッカムの中に何かを見るのです。海王星のバイブレーションは、11室(集団や仲間の部屋)にある魚座(海王星のサイン)の火星を刺激して、ベッカムの男性エネルギーをメディアを通じて容易に人々の心に映し出します。好戦的なスポーツであるサッカーは、この火星という闘いの星のための完璧なフィールドだと言えましょう。11室の牡羊座にある火星あるいは太陽を表現する最善の方法は、チームスポーツであると私は思っています。グループに属しながら、競い合うことができるし、個人の成功が即ちグループの成功となるからです。過度に競争的になることは、孤立を引き起こします(金星は繋がり、火星は分離を示す)。ベッカムの金星的性質を欠いているのがオスカー・ピストリウスで、このケースにあてはまります。

海王星が最も深く強く及ぼしている影響は、明らかにベッカムの12室(海王星の部屋)の太陽、水星、木星に現れているでしょう。彼の本質である太陽は、集合的無意識に投影され、木星は、彼に幸運と名声を与えています。占星術師の中にはベッカムの名声と社会的成功はグループに因るところが大きいという理由で、彼の木星を11室に来るように設定しているベッカムの出生図をインターネット上で見かけたのですが、彼らは型に嵌めて見ているだけで、名声と有名人に関して12室がどれだけ強い影響力を持っているのかを見落としてしまってると私は思うのです。

とにかく、ベッカムの土の要素は彼を良識的で地に足ついた存在にさせています。サッカー選手を引退すると決めたのは、 年齢的なことももちろんあるでしょう。しかしながら、もし彼の表現が、金星と海王星を通じた健全なやり方によるものでなかったとしたら、彼の12室はやがてはその負の性質を表現し出すこととなり、例えば、酒に走るかもしれないし、太ってしまうことだってあるのかもしれません。(続く)

原文(英語)はコチラ
カリスマ〜諸刃の剣(1)
カリスマ〜諸刃の剣(3)

by xavier_astro | 2013-08-14 00:00 | 人物  

<< カリスマ〜諸刃の剣(3) カリスマ〜諸刃の剣(1) >>