「アナバシス」〜クセノポンと1万のギリシャ兵の物語〜(出生図の推測法)(1)

正確な出生データを知ることのできない大昔の有名な歴史上の人物だとしたら、どのようにして、出生図を作りあげることができるでしょう?

危機的な変化、混乱の状況にあって、秘められた可能性を発見する機会に恵まれている今、私は日本の皆さんに、ひとりの私のヒーローを紹介したいと思います。その人物は有名なギリシャの歴史家であり、また哲学者であり、古代に記録されている中で最も困難かつエキサイティングな冒険を成し遂げました。




彼は名前をクセノポンと言い、紀元前430年頃、アッティカに生まれました。アテネ市民の裕福な家系の出であり、それ故に彼は高い教育を受け、しばらくの間、ソクラテスの弟子でもありました。彼はプラトンのような深刻(本格的)で難解な哲学者ではありませんでしたが、彼の著書や対話集、回顧録では、生命の本質的な体験について、直接的で強烈なアプローチで取り上げています。彼は馬が好きで、狩りや農作業を好みました。高潔で勇敢な男で、男性的な活動を好み、戦争や争いをも好みましたが、同時に女性好きで、女性に敬意を払う人でもあり、自分の著書の中で常に女性を待遇するよう勧めていました。女性が所有物のように扱われていたその時代において、このことは彼の性格の極めて固有の特質を表していました。

彼の伝記を書いた人の1人、古代の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスは、クセノポンは非常にハンサムだったので、その美点を誇張したと書きました。しかし、このことを立証できる信頼のおける肖像(彫像や絵画)は現在残っていません。が、クセノポンは私たちが今日言うところの本物の紳士であり、カロカガティア(善美)というギリシャの概念と一致する完成された個人だったのです。読者の皆さんはどう思いますか?とすると、彼はおそらく天秤座だと考えますか? 何故彼は戦争がそんなに好きだったのでしょうか? 天秤座は平和と調和を愛すると言われています。文章後半で、この考えは変わることになるかも知れません。

私は予備校時代、彼のことを歴史家として学びましたが、個人的に彼を見出したのは古代ギリシャのことを学び始めた時でした。クセノポンの書いたものは非常に明確でシンプルで、そして優雅であり、何世紀にも渡って、古代ギリシャのアッティカ方言を生徒に紹介するためのモデルとして使われていました。彼の最高傑作である「アナバシス」を読んだ時、私は完全に魅了されてしまいました。それは7つのサバイバルの話で構成されており、生き延びるためのレッスンや、結束することの重要性、最も絶望的な状況における知性と勇気といったものが記されています。

古代ギリシャ語で 「アナバシス」の意味は、文字通り「内陸行軍」と訳する事ができ、それはクセノポンが1万のギリシャ傭兵とともに、敵地である外国に取り残され、自国であるギリシャへ帰還するために奮闘するという、その冒険について詳しく物語ったものです。

これはクセノポンがまだ若かった頃の話で、ペルシアの王である自分の兄アルタクセルクセスから権力を奪おうとしていたペルシアのキュロス将軍の傭兵に加わるようにと、友人から誘われた事から来ています。クセノポンほど高い教育を受けた者がこんな風に戦う気になったというのは奇妙に思えます。しかし彼の国であるアテネは、最近やっとペロポネソス戦争という今でいう第二次大戦のような長い苦しい戦いを終えたばかりでした。国は経済的にも社会情勢も悪い時期で、またそれとは別に、彼自身も冒険を欲していました。そして、彼はソクラテスに助言を求めます。ソクラテスは彼にデルフォイの神託を受けるように言いますが、クセノポンは神託の答えを自分の都合のいいように解釈してしまいます。

戦いを切望するのは、天秤座とは正反対の牡羊座的な気質のように思えます。しかしクセノポンは他の国とその文化を見て学びたかったに違いありません。キュロスの軍事行動は、問題と困難を抱えた時代に生きる若者にとっては、まさにうってつけのことだったのです。人が自分を表現し、人生を探求したいと思うならば、その時代背景とその文化的手段を使わざる得ないということを、私たちは考える必要があります。これらのことから、彼の太陽は天秤座で、遠方への旅行、意味の探求、法律、哲学や宗教といったことに関係している9室にあると仮定するのはどうでしょうか? 実際に、クセノポンはアテナからチグリス川沿いをバビロニア方面へ、そしてアルメニア黒海(トルコ、イラク、アルメニア)まで旅をしました。彼は哲学や教育、法律や政治について書き記し、そしてその記述の中で常に道徳を説きました。9室のルーラーとなる木星、射手座は、全ての物事、状況を裁き、戒めるというダークサイドを持っています。彼は狩り好きだったということですから、火星は射手座だったかもしれません。(続く)

「アナバシス」〜クセノポンと1万のギリシャ兵の物語〜(出生図の推測法)(2)
原文(英語)はコチラ
[PR]

by xavier_astro | 2011-07-17 00:00 | 文学  

<< 「アナバシス」〜クセノポンと1... XENOPHON AND TH... >>