人気ブログランキング |

ネアンデルタール人;空想と想像 (2)

まず、ネアンデルタール人の生活は、困難極まりなく、ひたすら労働と努力の日々でした。北の大地ヨーロッパへと最初に向かったのも彼らでしたから、概ね寒い気候の中で暮らしたのです。けれども、そのとてつもない強靭さにもかかわらず、彼らの骨は、疲労や怪我、関節炎などが既にあったことを物語っています。このテーマについて語り出せばきりがありませんが、山羊座の彼らが、山羊座の次のサインである水瓶座たる、驚くべき文明の数々を地球上に興すことになる現生人類に、この場を譲り去っていったというのは、現実のことなのです。

人類学者によると、2万5千年前には、現代人はネアンデルタール人よりも、様々な点において、資力に富んでいたようです。ネアンデルタール人は動物の皮を縫い合わせることなしに身にまとっていましたが、私たちの祖先は、毛皮を縫い合わせることを発見し、織ることを学び、罠を作り、遠くからでも動物めがけて投げつけられる槍を造り出した、などなどです。

私の持論では、ここでのキーワードは、「想像力」だと思っています。即ち、ヴィジョンと創造性とに関わる天王星と木星の性質です。知っての通り、これらの天体は今まさに牡羊座を通過中なので、最近、やたらネアンデルタール人や、彼らのDNAやゲノムについて、話題に上って来ていますし、これからさらにそうなるでしょう。明らかに現生人類はネアンデルタール人よりも想像力があったでしょうけれど、このコンジャンクションが伝えているのは、ネアンデルタール人は進化して生き残れたはずだ、と想像することもできますが、重要なポイントは、高度に文明化された私たち現代人にとって、これからの未来に生き残るためのチャレンジがやって来ているということです。私たちは、想像力を用いて、これまで自分たちがこの地球に対してやってきた酷い行いに目を向け、克服するための、新しい創造的な方法を見つけることが果たしてできるのでしょうか?



想像力に関しては、哲学や心理学の異なる学派や流派によって、様々な理論や定義付けがなされています。私の解釈は、インマヌエル・カントやヘンリー・コービン、イスラム神秘主義(スーフィズム)の影響を受けてはいますが、非常に独自のものです。私は想像力と空想とを対比させますが、両方とも月の性質であり、脳に関係しています。また、ともに現実を認識するのに役立ちます。子供が人生のごく早い時期に、自分自身が何かを得たり、あるいは失ったり、物事というのは変化するものだと理解するような時期に、これらの想像力や空想は活発化します。まずは母親との関係性において、そして父親との関係性において、というように広がりを見せていきます。

しかし、空想は困難な人生から私たちを逃避させるものであり、自分が持ち得なかったもの、または持ちたくなかったもの対して、私たちの心に埋め合わせをしようとするものですが、一方、想像とは私たちを現実へと飛び込ませ、創造的な方法で現実に関わらせるものなのです。例えば、家がなくて、悲惨な場所に住んでいるとして、宝くじに当たって美しい場所を買ったと空想することはできますが、しかし現実には何も起りません。もし想像力を使うのならば、問題解決のための手段を探し、社会に加わり、そして自分の本当の能力を使うことで、 問題を解決しようと試みることでしょう。もし、もっと動物を捕まえたいと思ったなら、実際に罠を仕掛ける、というようにです。

想像力とは現実世界の可能性を引き出すものであり、空想は単に少し装飾するだけのものです。創造的になるには、まず想像的になる必要があって、それから物事を生み出せるようになるわけです。ラテン語で発明(inventio)とは、見出すという意味です。高い知性が必ずしも想像性を意味するものではないということは、分かりますよね。私たちに必要なことは、外に対して意識が開いていて、自らそこに参加し、経験し、隠された秘密を発見していくことです。それには天王星の外に向かおうとするエネルギーが、古いパターンを壊し、新しいものを想像することを助けてくれるでしょうし、木星は、私たちが冒険をし、新しい意味を見出すことを助けてくれるでしょう。

繰り返しますが、冥王星の山羊座トランジットが、ここ数年かけて古い構造パターンを崩壊させ、変容させつつあり、天王星の牡羊座へのトランジットは、木星を伴って、水瓶座の人であるホモ・サピエンスに対してメッセージを送っています。私たちは想像力を使って、より創造的な方法で世界を再構築し始めようとするのでしょうか?それとも水瓶座の大きなハンデとも言える無慈悲がゆえに、絶滅を起こさせてしまうのでしょうか?例えば魚座のような慈悲深い種に、その場所を譲ることになるのでしょうか?想像してみましょう。(了)

原文(英語)はコチラ....

by xavier_astro | 2010-08-16 00:00 | 占星術  

<< YOGA AND ASTROL... NEANDERTHALS, F... >>