祈り〜秘められた恐れを受け入れ、安らぎを得るには

今月のコラムでは、人生と死と愛についての私個人の考えを、皆様と分かち合いたいと思います。

もう何年も前のことです。私はクンダリーニヨガの師から、次のように打ち明けられました。友人や親戚など親しい人達の死は、あたりまえのように自然に受け入れられるが、自分の死に関しては受け入れるのに酷く苦しんだというのです。師の言葉に私は二つの側面から悩みました。一つには、当時の私はいまだ、スピリチュアルな師とは、人が不安を抱く、いわゆる死のような問題は当然克服し、超越した人間なのだという幻想を抱いていたからです。二つ目には、師の考えは私とまるっきり正反対だとすぐに分かったからでした。当時も今も、親しい人の死は、私の心を大きくかき乱しますが、自分の死に関しては不思議と平静でいられるのです。




これは、死、特に死に際して体験する痛みや屈辱を恐れていないという意味では、決してありません。自分の死を現実のものとして感じられないというのは、現実を受け入れたくないというメカニズムが働いている可能性がありますし、不健全な症状ですらあるとも考えられます。死に対する恐怖と不安の克服は困難なプロセスを伴い、私の場合は20年ほどかかりました。では次に、どのように、そしてなぜ、死の恐怖が起こるのかを説明しましょう。さほど難しいことではありません。

はじめに、私が大切な人を失った時、いつもどのような衝撃を受けているのかをお話します。これにはいくつか理由がありますが、少し論理的な説明をしてみます。人生の中で大切な人が亡くなった時、その人はもう、この世に本当に存在しないのだと、私はこの世界に取り残された孤独を感じます。少なくとも、この先私が生きている間、二度と彼らに会うことは叶わないと気づいてしまうのです。そして、家族、友人、クライアントといった、人生の中にこんなにもたくさんの愛すべき人たちがいるということを、はっきりと感じたくなるのです。私が歳をとればとるほどに、関わりのある人達が次々にこの世から去っていきます。そして日々の祈りで、私が祈りを捧げるべき人の名前が増えていくのです。

深層心理学的に見ると、愛する人々の彼岸への旅立ちに際して、私達に多くの悔いが残ってしまうことも理由のひとつではないでしょうか。なぜ、大切な人にそのことを伝えなかったのだろう? 自分の人生でどんなに大切な人であったのかを、なぜ伝えなかったのだろう? 私はその人に失礼な振る舞いをしたのに、態度を改めないままにしてしまったのではないだろうか?あるいは、単に、電話したり会ったりすることを長い間後回しにして、その人との友情を深めることを怠ってしまったのかもしれません。理由がどうであれ、それが永遠の別れだと知ることは、私達にとって、人生で体験する厳しさと痛みなのでありましょう。

3日前、私の大親友が亡くなりました。子供時代、何度も住む場所が変わり、転校を繰り返した私にとっては、幼いころからずっと友情が続いた唯一の人物と言えます。私は、彼の太陽サインにちなんで、アクエリアスフレンド(水瓶座の友人)と呼んでいました。彼は聡明で、機知に富み、信頼できる、私にとっては完璧な友人でした。怒鳴り合いの口論をしても、次に会った時にはまるで何事もなかったかのようで、口論したこと自体を冗談にできるほどでした。彼の月は蟹座だったので、聡明であると同時に繊細な感受性を豊かに持ち、妻と子供達を誇りに思う、家族を愛する善き父、善き夫でありました。彼には感情的な面があったにも関わらず、私が不愉快な人々に抱く恐れを隠すために、つい出してしまう皮肉やたちの悪さを、そのまま出しても大丈夫な数少ない友人でした。

彼の息子が電話で、父親の死を知らせてきた時、「私の父は、あなたが大好きでした」と、真っ先に私に告げました。そうです、私は、そんな素晴らしい親友を持った幸せ者だったのです。彼が心臓発作によってこの世を去ったのは突然のことでした。不思議なことに、亡くなる前の週、毎日のように私は彼に電話をかけようとずっと思っていましたが、忙しさを理由に伸ばし伸ばしになっていました。私の無意識は、世界中の友人からの隠されたメッセージを受け取り、何をすべきかを知っていたのだと思います。

そして、今、私の残りの人生、このアクエリアスフレンドがいなくなってしまった現実に向き合い、なんとか克服しなければならないのです。時間が慰めになるという人もいますが、私にとっての慰めは唯一、祈りがもたらしてくれました。内なる対話の他に、亡くなった人達のために私ができる最善の行為は祈ることです。数か月後あるいは、数年後には、人生において大切な人達のために祈る時間は、彼らと再会し言葉を交す、ささやかな祝福の瞬間になることでしょう。

にもかかわらず、もう一つ、私には、まるで底なしの淵のように深遠で不思議な出来事が起こりました。このコラムを書いている時、バルセロナ屈指の繁華街、ランブラス通りでテロ事件が起こりました。当時そこに住んでいた姪のところへ、私の家族がちょうど遊びに行っていたときの出来事で、数日間、彼らと全く連絡がとれませんでした。結局は、皆、ポルトガルで休暇を楽しんでいたと知りました。このことから、私は決して忘れてはならないことを学びました。それは、愛する人を永遠に失うこと以上に最悪な状況というのは、今、その人が悲惨な状況の只中にあると知ること、そしてその人のために自分にできることが何ひとつないのだと思い知らされることです。テロ事件の犠牲となられた方々へ共感の心が生まれたのはこの体験があったからでしょう。犠牲になられた方々はどのような気持ちでおられるのでしょうか? ご家族の方々は、やるせなさと苦しみの中におられるのではないでしょうか?

日々起こる恐ろしいニュースに、私達はいとも簡単にのまれてしまいます。感情のバランスを保ち、自分の人生に集中し、自らの人生を楽しむために、私達は起こっている現実から少し距離を置くべきであると思います。私は反論する人々を説得したいわけでも、批判したいわけでもありませんが、痛みと絶望の中にある人々が世界中にいることを、そして、その人達に手を差し伸べ、苦しみを和らげる手助けをする必要があると、私たちは理解すべきです。そのために、日夜、人生の全てを祈りに捧げている人々もいるのです。

私が自らの死を受容する話に戻りましょう。30代半ばのことでした。パリへ向かうフライトの間中、パニック発作のような感覚に襲われた私は、飛行機が墜落しないように神に必死に祈り始めました。すると、私の内側から声が聞こえてきたのです。祈りが持つ真の目的とは、運命を避けることではない。人生で体験すべきことが何であれ、それがたとえ苦しみを伴う体験だったとしても、見事やり遂げられるように助けることが、真の目的なのだ、と。その瞬間、私の中に穏やかな静寂と幸せが訪れました。

もちろん、私達は皆、欲しいものを得るために、恐れていることや耐えられないことを避けるために祈りを捧げるのですが、そういった考えは常に、ある誤解や不調和を引き起こします。なぜなら、祈りが聞き届けられなかった時には、望みが失われたように感じてしまうからです。そういった意味で私達は、自分が体験している危機的状況の中で、迷子になっているのでしょう。もし私達が、「人生のプロセスの中で経験すべき、いかなることをもやり遂げられるよう助ける」、という真の祈りの目的を理解し、信頼し続けることができるならば、現実を容易に受け入れ、起こっていることの意味をより深く理解することができるのです。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所

─────────────────────────────────

SECRET FEARS, AND SECRET COMFORTS

This time I need to share with you some very personal thoughts about life, death and love.

Many years ago, my Kundalini teacher admitted that it was easy and simple, for him, to accept the death of people around him, friends and relatives, as a natural fact, but that the notion of his own death made him terribly distressed. His comment troubled me at two levels; first because at that time I still had the illusion that a sensei of a spiritual discipline ought to be beyond human concerns such as dying; second, because I instantlyrealised that, for me, it was exactly the opposite: I was (and still I am) horribly perturbed by other people’s death, but I am unruffled about the notion of my own death.

This certainly does not mean that I am not afraid of dying, especially about the pain and indignity it might involve; being too insensitive to the reality of one’s own death could be a mechanism of denial, or even a pathological symptom. No, overcoming the terror and anxiety about dying is a hard task, in my case, it took me almost two decades; further on, I will try to explain how it happened and why, this is not too difficult.

First, I want to talk about the impact I experience every time I loss any significant people around me; there are several reasons. One of them could be very logical: when someone important in my life dies, I remain here in this world, alone to feel the radical absence of the person, I know that I will not see him or her, at least while I will be alive. And I want to emphasise that there are many beloved people in my life, family, friends and clients; as I grow older and more and more people cease to exist, the list of the diseased I include in my daily prayers grows longer.

A deep psychological reason could be that the departure from this life of those we love leaves us full of regrets. Why I did not say this or that? Why did not I tell him or her how important she or he was in my life? Or maybe I behaved badly to the person and I did not make amendments to her. Or I simply postponed calling or meeting that person for too long, I sort of neglected her friendship. Whatever the reason, knowing that I will never again see him or her is a hard and painful fact of life.

Three days ago, one of my best friends died; as I moved out and changed places and schools so many times during my childhood, I can say that he was the only friend I still had from my early years. I will call him my Aquarius friend, as that was his astrological sign; he was the perfect friend, the one we all like to have, an incredibly intelligent, witty, and faithful one; the sort of friend you can argue with, shout at, and then meet again as if nothing had happened, and even joke about the quarrels. With his Moon in Cancer, he was bright but also sensitive; a family man, proud of his wife and children; and in spite of his emotional side, he was one of the few friends with whom I could express my ironic black humour, a trait of my personality I tend to hide for fear of offending people.

The first thing his son told me, when he called on the phone to give me the bad news, was: ‘my father loved you very much’. Yes, I was lucky to have had such a good friend. He died suddenly from a heart attack; the curious thing is that during the previous week I had been thinking of calling him every day, but I procrastinated because I was terribly busy. It is so difficult, for me, to postpone duty that I tend to miss the secret messages my unconscious gets from friends around the world.

Now I have to cope with the absence of this Aquarius friend, for the rest of my life. For some people, time brings consolation, for me, it only comes from praying. Besides keeping and an inner dialogue with the diseased, praying is the best thing we can do for those who die. Later on, after months or years, the precise moment of saying our orisons for those people who have been significant in our lives can become a little celebration, an encounter or a kind of hello to them.

I have, nonetheless, another secret to share, deeper like an abyss; while I was writing this comment, the Barcelona terrorist attack in the Ramblas happened; my family was visiting one of my nieces who lives there, and I could not contact them for a couple of days; eventually I learned that they were all taking a holiday in Portugal. Thence, I had to remember that worse than losing a beloved person for ever is the fact of knowing that she is in a horrible situation and that there is nothing I can do for her. This helped me to empathise, authentically, with the victims of the attack. What are they feeling? What about their families, the desperation and the pain?

It can become so easy to become used to daily news of horror occurring every day; I understand that we have to put some distant to that reality in order to keep our emotional balance and be able to focus on our own life, even enjoy it; I would not preach the opposite, or criticize them as I tend to do the same. But we have to understand those who feel desperate about pain in the world and come up to help and alleviate suffering. There are those, too, who just dedicate their whole life to praying, night and day.

Anyway, what about facing my own death? One day, when I was in my middle thirties, I had a sort of panic attack during a flight to Paris and then started praying desperately to God for the plane not to crash; I then heard a voice inside me: the real purpose of prayers is not avoiding fate, but helping you to go through whatever you have to experience or suffer’, then, I became peaceful and happy.

Sure, we all pray to obtain things we want or to avoid what we fear, or what we cannot bear; but there is always a certain misunderstanding with this attitude because when our wishes are not granted, we feel disappointed; in this way we keep missing the point of the crises we have. I think that if we understand and assume the real function of praying, which is helping us to go through whatever we have to experience in the process of our life, we can accept reality more easily, and have a deeper meaning of it. (the end)

[PR]

by Xavier_Astro | 2017-09-29 00:00 | 心理  

<< 土星とカッシーニ 〜 壮大な... 女性を理解し尽くした名匠 〜... >>