エマニュエル・マクロン大統領

社会に横行する扇動行為、トランプ氏の大統領就任、北朝鮮の脅威、イスラム過激派、テロリストの攻撃、メキシコでの麻薬ディーラー闘争と社会の腐敗など、現在世界中で起こっている社会的、政治的な出来事には落胆するばかりでしたが、その後、フランス大統領選でのエマニュエル・マクロン大統領の当選は、暗闇の中にようやく一筋の光が差し込んだかのようでした。対する極右派のマリーヌ・ル・ペンは、私が青春時代に抱いた理想と価値観全てを打ち砕くことを表明していたので、もし彼女が当選しようものなら、私は精神的ショックから立ち直るのに相当の時間を費やすことになったかもしれません。




人類の進化と精神の発達には、自由で安定した社会が必要です。私にとって、フランスに文化的、政治的に受け継がれてきたものとは、理想的な知性と社会性豊かな生活様式や生き方の中に現れていると思います。フランスの歴史では、1789年に勃発したフランス革命のような酷く大変な出来事が起こっていますが、そのような歴史的事件の中でも常に、自由・平等・友愛というフランスの価値ある精神が勝利してきたのを私は見てきました。

エマニュエル・マクロン大統領(1977年12月21日 10:40a.m. アミアン・フランス生まれ)は、革命というテーマを遂行するのに理想的な、新しい人類と呼ぶにふさわしい特質を、豊かに持ち合わせる人物です。このタイプの人物は、旧体制の知識と気品というものと、進歩的かつ自由なヴィジョンを統合します。ここでの自由とは、偏見からの自由を意味します。上記の独裁者(または、専制君主)の特徴をまとめるならば、偏見と誤解に満ちていること、だと言えるでしょう。もし私たちが、偏見を持って人や社会を見る傾向があるならば、この世界で生きる意味を見出し、社会での役割を理解することなど不可能となってしまいます。
e0182773_10322333.gif
Emmanuel Macron
born on Dec 21, 1977
at 10:40 am
in Amiens, France















前政権時代、経済相だったマクロン大統領の姿をニュースで見た時、彼のスピーチを聞いたところ、すぐさま、彼が今までの政治家とは違ったタイプの人物であることが分かりました。第一に、彼は知性的であり、ドイツのアンジェラ・メルケル首相は例外として、政治家の中では珍しい特質を持っていると思います。私が言うところの知性がどういった類のものであるかは、実際に彼を見れば分かることでしょう。マクロン大統領が人々と一緒にいるところを見ると、彼が人々を理解していることが分かりますし、人々のためにどのように存在しているのかを、彼自身がよく分かっているのが見て取れます。ほとんどの権力者は、人々のエネルギーを自分のものとして取り込み、人々をコントロールし、頂点に立とうとします。時間があるときにでも、トランプ大統領の巨大なエゴが、どのように彼の支持者からエネルギーを取り込み、自身のエゴをさらに増大させているのかを、一日観察してみて下さい。一方で、マクロン大統領がどのように人々と、精力的に相互に交流し合っているのかも観察してみて下さい。彼は常に、人々にメッセージを与え、人々からのメッセージを受け取っていますし、常に周囲の人々から何かを学ぼうとしています。マクロン大統領は、例えば、会合が始まる前と後では、まるで別人です。彼は、新しい体験から学ぶことを楽しんでいます。これこそ、真の射手座の特質なのです。

マクロン大統領は聖人でもなければ、聖人のごとく振る舞うこともない、ということが、最も重要なのではないでしょうか。自分は普通の人間であることを彼は承知しており、それが彼自身を謙虚な人物にさせています。自分が聖人だと信じている、もしくは聖人のごとく振る舞っている人々が権力を得たならば、とても危険な支配者となるでしょう。なぜなら、自分は優れた人間であり、選ばれし者であると思い始めるからです。そのため、教訓めいたことを人々に説き、さらには人類全体を罰することさえできると考えてしまうからです。マクロン大統領の太陽とコンタクトを取っている乙女座の土星が、彼をとても我慢強い、自己を客観的に批評する力に長けた人物にしています。彼は間違いを犯すことを好みませんが、どうにもしようがないことも理解しています。このように、彼は、よりよい人間になろうとしているのです。太陽とコンジャンクションしている金星と水星は、彼が国民を愛し、国民からも愛され、受け入れられることを好むことを示唆しています。

マクロン大統領は、キーとなる4つの天体が逆行天体なのです。彼のチャートは、逆行天体の意味を学び、理解する題材として、完璧だと思います。天体の逆行は、みかけの現象で、天体があたかも逆方向に進むように見えます。これは単に、天体が表現するエネルギーが、自然に現れ出ないことを意味しているにすぎません。よって、逆行天体を持つ人物は、逆行天体のエネルギーの理解を深めていかなければなりません。

マクロン大統領のチャートでは、例えば、射手座の水星が太陽と0.5度以内で、完全なコンジャンクションをしています。この配置は、彼を極めて知性的にしています。なぜなら、彼の生命力(太陽)は、水星の活動(神経システム)と同じリズムを刻みながら振動しているからです。しかし、水星は逆行しているため、とても慎重に学び、コミュニケーションを図るというパターンを持っていました。彼はいつも、自分が言うことは何であれ、正しく調べあげ、それが正しいのだということを証明する必要性を感じています。さらに、逆行している乙女座の土星(乙女座は水星のサイン)は、太陽と水星のコンジャンクションとトラインの関係にあるのですが、彼を極めて自己批判的な人物にしています。エマニュエル・マクロン大統領は、科学者の家の出で、兄弟はいずれも医師であり、同様に両親も医師で、医学界での重要な論文や契約交渉などの執筆にも携わっていました。このような環境に育ったマクロン大統領は、努力をし続けなければならない困難さを感じていたに違いありません。彼は優秀な生徒であると証明せねばならなかったので、懸命に哲学や政治学を学び、結果、フランス国内で最も権威ある大学、国立行政学院(ENA)を卒業したというのも不思議ではないでしょう。

幼き日のマクロンに両親が「(多くの火のサインの人たちのように)自分の意見をただ押し付けてはいけない。何かを発言したり、書いたりするときはいつでも、その正しさを証明する裏付けがなくてはならない。」と言ったことは容易に想像がつきます。

慎重であるように、という言葉をものともせず、マクロン大統領の理想とヴィジョンは、射手座の火の性質によって打ち出されました。そして、彼の才能とは、冒険心に富み、大胆かつ斬新であることでした。たった6か月で、新しい政治運動「アン・マルシェ!(進め!)」を創設し、それまでの政治家が成し得なかったことを、みごとにやってのけました。(フランス革命以来のことでしょう)。左派でも右派でもない政治が、大統領選を制しました。もちろん、山羊座のアセンダントが、彼を真面目で献身的に見せ、自然と事が起こっていくように助けたことは確かでしょう。

私生活はさほど気の休まるものではなかったようで、彼の月(感情の状態、母親像)は牡牛座にあり、愛に夢中で、愛への執着が見られ、嫉妬や所有欲も強かったようです。ユング心理学では、マザーコンプレックスと呼ばれるものですが、マクロン大統領は、このコンプレックスを安全に表現する方法を見つけました。24歳年上の女性と結婚し、これで彼はもはや心が傷つくことはありませんでした。こうしなければ、他の多くの女性と愛人関係を持ったかもしれません(前大統領のフランソワ・オランドのように)。もし、妻であるブリジット・マクロン(1953年4月13日15時 アミアン・フランス生まれ)が亡くなったり、彼を見捨てるようなことがあったなら、ひどい悲劇に見舞われるでしょう。マクロン大統領は、落胆し、完全につぶれてしまうかもしれません。
e0182773_10364088.gif
Brigitte Macron
born on Apr 13, 1953
at 15:00
in Amiens France


どうか、エマニュエル・マクロン政権が長く続きますように!
この時期にフランスを治めるのは決してたやすいことではないでしょう。国内外には、数多くの敵がおり、加えて、EUは重大な岐路に立たされています。そして、マクロン大統領の持つ逆行の獅子座の火星は、逆行はしていないものの、同じく獅子座の火星を持つドナルド・トランプ大統領への対応に困難を覚えています。獅子座に火星を持つこの2人の大統領は、すぐに戦おうとする傾向があり、その上、マクロン大統領は、偽善者と専制君主が嫌いなのです。彼の妻ブリジットが、賢明なる助言を与えてくれることを望むばかりです。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所

─────────────────────────────────

EMMANUEL MACRON

After so many disappointments about the world social and political panorama, demagogy, Trump, North Korea’s threats, ISIS, terrorist attacks, drug dealers wars and corruption in Mexico, the election of Emmanuel Macron as president of France came up as a ray of light in darkness. Marine Le Pen, the other French candidate of the extreme right, represented the death of all the ideals and values of my youth; it would have been very hard for me to get over such a moral blow if she had won the election.

The evolution of humanity and the development of the Spirit need social freedom and stability; France, its cultural and political legacy, represent for me the ideal intellectual and social way of life. There were horrible episodes in the history of France, especially during the 1789 Revolution, but I will always subscribe to the triumph of its values: Freedom, Equality and Fraternity (liberté, égalité, et fraternité).

Emmanuel Macron (Dec 21, 1977 at 10:40 am in Amiens, France) accumulates most of the qualities of the ideal new man issue of the Revolution; this kind of man integrated the knowledge and the elegance of the old regime (Ancient Régime) with a new vision of progress and freedom, and in this context, freedom means to be free of prejudices. A quick and easy summary of the dictators (or tyrants) mentioned above, shows that all of them are full of prejudices and misconceptions; it is impossible to learn and understand the meaning of life and our role in this world if we are prone to be prejudiced.

The moment I saw an image of Macron and heard him speak on the news when he was Minister of Economy in the previous government, I knew he was a different kind of man. First, he is intelligent, a rare quality among politicians, Angela Merkel would be one exception; the kind of intelligence I mean can be appreciated through the eyes, when Macron is with people we can see that he perceives them, that he knows how to be present for them. Most of the men or women in power absorb the energy from the people they control or summit to them. If you have time, one day observe how Trump’s huge ego feeds itself from his audiences; then observe how Macron interacts energetically with people, he is always giving a message, and he is always getting a message from those people, and he is always trying to learn something from people around him; the Macron that starts a meeting is different from the Macron after the meeting, he goes out with the knowledge of a new experience. This is a real Sagittarius.

Most important, Macron is not a saint, nor does he pretend to be; knowing he is human makes him humble. Those who believe or pretend to be saints can be very dangerous rulers when they are in power because they think that they are better that the rest of humanity, they think they are the chosen ones, therefore they think they can teach moral lessons and punish the whole of humanity. With Saturn is Virgo in contact with his Sun, Macron is a very tough critic of himself, he does not like making mistakes but he knows that he cannot help it, thus he wants to become a better man; Venus and Mercury conjunct with his Sun show that he likes people, and he likes to be liked and accepted.

Macron has four key planets in retrograde; his chart can be a perfect example to study and understand what a retrograde planet means. Retrograde is an optical phenomenon that makes us see the planet going in its opposite direction; this only means that the energy that the planet represents is not expressed naturally, thus, the person with retrograde planets has to develop a deep understanding of that energy.

In Macron’s chart, for example, Mercury is in a perfect conjunction (less than half a degree) with his Sun in Sagittarius, this makes him extremely intelligent because his vital energy (Sun) vibrates at the same rhythm with his mercurial activity (his nervous system). But because Mercury is retrograde, Macron had to become more cautious about learning and communicating patterns, he always feels that he needs to examine and prove whatever he says; moreover, Saturn (also retrograde) in Virgo, sign of Mercury, in trine to this Sun Mercury conjunction, makes him extremely critical of himself. Emmanuel Macron comes from a family of scientists; both his brother and sister are medical doctors, as well as both his parents who have published important articles and treaties on medicine. It must have been tough for Macron to grow up in such an environment, he had to prove he was a capable student; no wonder why he studied so hard, philosophy and political science, and became a graduate of one of the most prestigious universities in France the ENA.

I can very well imagine these parents telling the young child Macron: “you cannot just give or impose your opinions (like many fiery sings); you have to prove whatever you say or write”.

In spite of being cautious, Macron’s fiery nature is expressed in his ideals and vision (Sagittarius), and mostly, in his capacity to be adventurous and daring. In only six months he founded a new political party, En marche! (let’s move on!), and manage to achieve something that a politician had never done before (since the French Revolution): win the election without belonging to the left or to the right political wing. Sure, the Capricorn Ascendant helps him a lot; it makes him look serious and committed, and it makes him make things happen.

In his personal life things do not look so easy, his Moon (emotional conditioning, mother image) is in Taurus, he is committed to love, obsessed even, but jealous and possessive; this is what Jungian psychology calls a mother complex. Macron found a safe way to express this complex, he married a woman 24 years older than him; this makes him feel invulnerable; otherwise, he would be having affaires with many other women (such as Francois Hollande, the former president). It would be a terrible tragedy if his wife, Brigitte Macron (Apr/13, 1953 at 15hrs in Amiens France) died or abandoned him, he would totally collapse.

So, long live Emmanuel Macron! It is not going to be easy to rule France at these moments; a country full of enemies inside and out, plus the EU in crisis. And by the way, his Mars retrograde in Leo will find very difficult to deal with Donald Trump who has Mars in Leo too, though not retrograde; two men with Mars in the same sign tend to fight very easily. Besides, Macron hates hypocrites and tyrants; I only hope his wife will advise him well.(the end)



[PR]

by Xavier_Astro | 2017-07-01 00:00 | 人物  

<< 【トランスヒューマニズム】を知... 現代の専制君主 金正恩(トラン... >>