迷宮のペルソナ 作家、 J.T.リロイ

アメリカ文学界に新たな傑作が生まれたと、小説「サラ、神に背いた少年(2000年、出版)」は批評家や読者から高い評価を受けました。売春婦の母を持つ少年を描いた小説で、残酷さや卑劣さ不道徳といったテーマを取り扱っています。少年は母親からの虐待を受けて育ちますが、それでも母を愛します。やがて少年は男娼となり、ドラッグに溺れ、女性になるために性転換を望みました。著者であるJ.T.リロイは、リアリズムとユーモアと魔法のような魅力を持ち合わせた作家であると評されました。




この小説は自叙伝と言われており、J..リロイはアメリカだけではなく、ドイツのような文学に高い関心を持つ国々でもアイコン的存在となりました。出版社、読者、熱烈なファンからの強い要望を受け、J..リロイとして公の場に姿を見せたのは、シャイで、ともすればその場から逃げ出してしまいそうな、中性的な魅力を持つ少年でした。彼はすぐさまセレブの仲間入りを果たし、ウィノナ・ライダー、ボノ、コートニー・ラブをはじめとする多くのセレブと親交を深め、女優で映画監督であるアーシア・アルジェントとは熱烈な恋人関係になりました。

しかし突然、「サラ、神に背いた少年」と他の小説に関して、本当の作者は、ローラ・アルバート1965.11.2 出生時間不明、ブルックリンNYC生まれ)であるとメディアから発表されました。この事実は大スキャンダルを巻き起こし、彼のファンやセレブたちは騙されたと酷く失望し、全ては大いなる捏造だったのかと、ローラは世間からの強い批判を受けました。ローラ・アルバートは、夫と息子がいる一介の主婦にすぎなかったのです。

しかしローラはいわゆる、どこにでもいるような平凡な主婦ではなく、彼女が書いた小説の世界よりもはるかに興味深い現実を生きていました。テレホンセックスオペレーターの仕事に就き、パンクロックとスキンヘッドに熱中し、性問題の専門家(アメリカではsexpart:セクスパートと呼ばれる)であることが明らかになっていきました。そして、太った容姿を人前にさらすことへの恐怖を抱いていました。小説が有名になるにつれて、J..リロイとして公に姿を見せるためのキャラクターを作る必要に迫られましたが、自分が何者かに変装するのではなく、義理の妹のサバンナを自分の身代わりに、聴衆の面前へと送り出しました。アンディー・ウォーホルのように、J..リロイのイメージをみごとに創り上げたのでした。

..リロイの人気が高まり、活躍の場がますます広がるに伴い、彼のために開催されるパーティーや文学イベントにも参加していたローラは、自分を美しく表現して楽しみたい、そしてそうすべきだと、ある決断をしました。それは体重を減らすために胃を切除し、さらに新しい鼻を作る手術を受けるというものでした。当然のように、蠍座として、起こっている状況を完全にコントロールしなければならなかったので、生まれ変わったローラ・アルバートはスピーディーと名乗り、J..リロイの偽アシスタントとなったのでした。

嘘によって塗り固められた社会的ペルソナといえば、佐村河内守氏のことが思い起こされます。日本の偽作曲家であった彼もまた、偽りの仮面をかぶり、社会的ペルソナを作り上げた人物です。しかし、ローラとの違いがあるとすれば、ローラ・アルバートは、才能ある本物の執筆家であったのに対して、佐村河内氏は、人のセンチメンタリズムにつけこむぐらいしかできない偽りの音楽家でした。しかし、いずれも人心を操作し、自己に陶酔しきっているモンスターであることには変わりなく、メディアとセレブシステムの産物であるとも言えるでしょう。

e0182773_07161560.gif
Laura Albert
Nov/2/1965, time unknown,
in Brooklyn, NYC



























ローラ・アルバートは、秘密と矛盾と驚きを生み出す源泉のような人物で、蠍座のあり様を示す興味深いケースでありましょう。そして、冥王星は蠍座の支配星ですので、彼女のことをプルートニアン(冥王星的人物)と呼ぶことにしましょう。蠍座の人物にとっての「アイデンテイティ」とは、人生における最重要テーマです。同じく、火のサインの人たちにとっても、アイデンティティは考慮すべきテーマです。しかし火のサインの人たちは、自分が何者かを知っており、自分がいかに重要な人物であるかを証明し、いかに自分が勇ましい英雄のごとくあるかを他者に示す必要があるとしています。一方、蠍座もしくは冥王星的人物は、自己の重要性や直観に従うことができません。その代わりに、アイデンテイティの真髄を見つけるまで、自分の表現を繰り返し作り直す必要があるのでしょう。

蠍座的人物は、決して破壊されることのない自己存在のエッセンスを見出すことへの強迫観念を持っているため、極めて破壊的になり得ます。彼らは主に、感情(情感)と性(セックス)という二つのツールを、自分の資質を深く探究するために使います。そして人生の極めて早い段階で、性の危険なパワーを知ることとなります。その、あまりに凄まじいパワーにさらされた結果、自分の中に多様な人格を生み出し、生き延びることに成功する冥王星的人物もいます。多様な人格(または入れ物)の中に生命エネルギーを分散させることで自己を生き延びさせているのではないか、というのが私の見解です。ローラ・アルバートは、子供の頃に性的虐待を受け、14歳で母親によって精神病院への入院を余儀なくされたのでした。

しかし、ローラが生み出した多様な人格は彼女の中の何者かによって制御され、消えてしまうこともなく、おかげでローラは独特な存在感を放つことになりました。さらに彼女は、患者として電話相談を受けていた精神科医を心理的に操るすべも身に着けていました。精神科医と電話で話すときには、ターミネーター(冥王星的SF映画の登場人物で、彼の破壊を目的としたいかなる攻撃からも生き延びる力と自身の再生能力を持つ)と名乗っていました。J..リロイやテレホンセックスの声、ターミネーター、スピーディーといった多種多様な社会的ペルソナをどのように創り上げたのかに答えたインタビューの中で、私が気に入っている言葉があります。「子供の時遊んたバービー人形は、生きているようだった。」というのです。風のサインである水瓶座に月を持つローラ・アルバートは、客観的でクリアにマインドを保つために、人形を通じて自分の感情と上手に距離を取り続けていたに違いありません。

ここに見出される神秘があります。インナーチャイルドが生き残る時というのは、創造エネルギーの源泉はそれ自体完全であり、全く損なわれることも影響を受けることもありません。そして、おもちゃを使って遊ぶことで、無限の創造性を発揮する可能性が開かれるのでしょう。蠍座であるピカソは、この種のユニークなアーティストのいい例です。ただし、この種の人物の問題点は、きわめて操作的であることかもしれません。自分の魅力に引き寄せられてくる人々に対して、恐ろしいほどに破壊的にふるまい、まるで自分のおもちゃのように扱ってしまうのです。

乙女座で天王星とコンジャンクションしている冥王星の内的衝動により、ローラは、社会的ペルソナゲームを創り上げ、完璧にゲームを支配しました。加えて、電話やカセットテープ、インターネット、テレビ、映画など天王星的なチャネルを使ったメディアのパワーを効果的に使うことに長けていきました。ソーシャルネットワーク上で別人格を作ることは、今日ではそう珍しいことではありませんし、実際、多くの人がそのようにしています。しかし大方は、ローラが持ち合わせていたような創造性には欠けていると言えます。まさに彼女は、自身のペルソナに餌を与えることで虚栄心を満足させているセレブ達の、肥大化したエゴを利用していたのでしょう。

ローラ・アルバートの事例は、いかなるトラウマや心理的な傷も、インナーチャイルドと触れ続けることによって乗り越えることが可能であり、感情をざわつかせるような最悪な出来事でさえも、創造性が発達するための材料になり得ることを示しています。

私が好きな文学ジャンルではないものの、個人的には、彼女の小説に敬意を表したいと思います。それに、アメリカの連続テレビドラマ「デッドウッド」の中で、別のペンネームで執筆された作品は、彼女の非凡な才能が伺える本当に素晴らしいものでした。(終)

※現在 J.T.リロイを題材にしたドキュメンタリー映画『作家、本当のJ.T.リロイ』が、公開中。UPLINK渋谷他、全国順次公開予定。

翻訳:八田直美(八田占星学研究所
─────────────────────────────────

THE LABERYNTH PERSONA: THE CASE OF JT LEROY

‘Sarah’ is a novel, published in 2000, greatly admired by critics and readers; it was saluted as a new American masterpiece. The theme is grim and sordid; it tells the story of a young boy whose mother works as a prostitute and though she abuses him, he still loves her; the boy becomes a sort of prostitute himself, gets into drugs and wants to change his sex. The author, JT LeRoy, combines realism with humour and magic.

JT LeRoy, whose novel was supposed to be autobiographical, became a sort of icon not only in the USA but also in other countries interested in literature, such as Germany. After lots of pressure from publishers, readers and admirers, a shy evasive androgynous young fellow was presented as JT LeRoy; he was an instant celebrity and became friends with other celebrities such as Wynona Ryder, Bono, or Courtney Love among many others; actress and director Asia Argento fell madly in love with him/her.

Then, suddenly, the media announced that the real author of ‘Sarah’, and other novels, was Laura Albert (Nov/2/1965, time unknown, in Brooklyn, NYC). There was a big scandal about it, fans and celebrities were disappointed and felt cheated. The outcry was that all had been a big hoax: Laura Albert, married and with a son, was only a housewife.

But she was not an ordinary housewife, her real life was more fascinating than her novels; it turned out that she had worked as a phone sex operator, had been involved with the punk rock and the skin heads, and had become an expert in sexual themes (called a sexpert in America); being fat made her obsessed with her physical appearance which made her phobic to public exposure. When she became famous, she had to fabricate a character to go public, but she did not disguise herself; to go out under the spot lights, she used her sister in law, Savannah, to take her place in front of people; with a sort of Andy Warhol look, she designed the image of JT LeRoy.

And there is more, when Laura Albert understood that she had to, and wanted to, be around JT LeRoy, to enjoy her own share of the glamour of the parties and literary events around him, she decided to undergo a surgery to have her stomach and her weigh reduced, plus a new nose; of course, as a Scorpio, she had to have total control of the situation. The new Laura Albert became Speedy, the fake assistant of JT LeRoy.

The situation of fabricating a public persona reminds of Samuragochi Mamoru, the Japanese pseudo composer who also fabricated a public persona with a disguise; the difference, though, is that Laura Albert is a real talented writer, whereas Samuragochi was a fake musician whose only talent was the capacity to exploit people’s sentimentalism. But both are manipulative and narcissistic monsters born in the media and the celebrity system.

Laura Albert is a well of secrets, paradoxes and surprises; hers is a fascinating example to illustrate what being a Scorpio means; and as Pluto is the ruler of this sign, we will call her Plutonian. For this sign, identity is the biggest theme of his or her life; fiery signs are also totally concerned about their own identity, but they think they know who they are and that they only have to prove their values and show people how heroic they are. A Scorpio or a Plutonian cannot conform to values or intuitions, they need to try and destroy any appearance of themselves until they find the very essence of their identity.

Scorpios can become very destructive because they try obsessively to find the indestructible core of their own being; they have two main tools to explore their deep nature: emotions (passions) and sex. Very early in life, they discover the dangerous power of sex, and the impact is so strong that some Plutonians develop multiple personalities in order to survive; my impression is that this tendency is a resource of the Plutonian to distribute the vital energy in different personalities (or containers). Laura Albert was sexually abused as a child, and when she was 14 years old, her mother put her in a mental hospital.

But what makes her unique is that she did not become lost among her multiple personalities, someone was controlling all of them. She even learned how to manipulate a psychiatrist she used to consult on the phone; with him she used the name of Terminator (a Plutonian science fiction character which has the power to reproduce himself and survive any attempt to destroy him). My favourite quote of hers in an interview about how she created her different social personas such as JT LeRoy, sex phone voices, Terminator or Speedy, is when she said that her Barbie dolls of her childhood had become alive. Having the Moon in an airy sign, Aquarius, Laura Albert managed to keep a distance of her own emotions to keep a clear and objective mind.

The secret is that when the inner child survives, the source of creative energy keeps itself intact and the individual can use his or her toys to play and become inexhaustibly creative; Picasso (a Scorpio) is a good example for this kind of unique artist. The problem is that these artists might be very manipulative; using people around them as their own toys makes them terribly destructive with people who are fascinated with them.

With her own Pluto in Virgo conjunct Uranus, she became very organised to create her games of social appearances, and learned to handle the power of the media (telephones, cassettes, internet, tv, cinema, Uranus channels) very efficiently; inventing a social network persona is nowadays a general tendency, so many do that, but most of them lack the creative substance that Albert has. Certainly, she exploited the huge egos of celebrities who feed themselves of their own persona.

Laura Albert case shows that any trauma and psychological wounds can be overcome when keeping in touch with our inner child, and that the worst contents of our emotional disturbances are material for developing creativity.

Personally, I respect her novels though it is not the kind of literature I prefer, but I find remarkable her contribution to Deadwood, the American TV series she writes for under different pseudonyms.(end)

[PR]

by Xavier_Astro | 2017-05-01 00:00 | 人物  

<< 現代の専制君主 金正恩(トラン... 映画監督 小林正樹〜真のヒュー... >>