映画監督 小林正樹〜真のヒューマニスト 

私が20代半ばから、何度も見続けているお気に入りの日本映画といえば、小林正樹監督の「切腹」(1963年)が挙げられます。「切腹」は、良くできた単なるチャンバラ映画などではなく、小林監督が深く掘り下げた様々な感情ー純愛・禁欲・怒り・恥・狂暴性・悪意・下品さ・残酷さ、が描かれ、極限状態における人間性をテーマとした興味深い映画となっています。





「切腹」は、観る者に、苦痛に満ちた体験を引き起こします。それは、近代アクション映画として流血や殺人といった暴力的で残虐なシーンが多いからではなく、観る者に、処理しきれないほどの精神的な痛みや攻撃を受けたかのような痛手を感じさせるからだと思われます。小林監督の映画の中では、暴力は、精神的な痛みからは決して解放されませんし、常に人間のあるがままを、慈悲深く描いているのです。スクリーンの登場人物よりも、自分が優れた人間であるとは誰が言えましょうか。ある時、この映画をワークショップの中で取り上げたところ、その後、何人もの生徒が悪夢にうなされた、というのも頷ける話でありましょう。


次に私は、「人間の條件」(1959-1961)を見ました。これは、五味川純平の自叙伝的小説を小林監督が映画化した三部作(※)で、全上映時間10時間にも及ぶ大作です。その時には、「切腹」よりもさらに酷い精神的苦痛にさいなまれ、そのショックから立ち直るのに、数か月もの時間を要するほどでした。

※註)全6部構成。2部ずつ3回に分けて上映された。


最近になり、小林監督が「人間の條件」より前に作った映画があると知り(「あなた買います」(1956)等)、もう一度「人間の條件」を観て、深く研究してみようと決心するに至りました。的確なカメラワークだけで、単純なシーンのどのような感情をも豊かに表現する彼の才能には、感服させられますし、その素晴らしさは賞賛に値します。小林監督は、単なるメロドラマ調の物語を、普遍的な人間ドラマへと変容させました。主演の仲代達矢が「当時若かったときよりも、今の方がこの映画のより深い意味まで理解できるようになった」とコメントしているのも、今の私には理解できます。


俳優として天性の才能を持つ仲代達矢(1932年12月13日 東京都 出生時間不明)は、小林監督の代表的な映画の主演男優でした。射手座の仲代は楽天主義の性質を持っており、同じく射手座的性質である、己の理想に燃える若者、梶(かじ)を演じました。梶は、第二次世界大戦中の旧満州へ、工場の労務監督者として赴任しましたが、現場組織の残虐で人間性を無視した行為に直面、中国人捕虜達を守ろうとした見返りに、兵として戦闘地域へと送られます。そして、耐え難い苦難や刑罰、屈辱にも耐えますが、遂にはソ連軍の捕虜となり、最期は雪の中で、飢えと寒さに命を落とします。しかしながら梶は、この壮大な長編映画の中で、終始、仲間や友人、敵にすら救いの手を差し伸べ、助けることを決して止めようとはしませんでした。結果、己の理想のために死ぬ運命となりますが、自らの激情と憎悪にかられ、遂には犯罪まで犯してしまったことも、避けられなかった道なのでありましょう。梶は、理想に燃える特別な人間でしたが、彼もまた、ただの一人の人間でしかなかったのです。


小林正樹(1916年2月14日 北海道小樽市生まれ 出生時間不明)と、五味川純平(1916年3月15日 中国旧満州生まれ 出生時間不明)は、誕生日が一か月と変わらない同世代の生まれでした。共に、素晴らしい知識人で、かつ反戦主義者でありながら、戦地へと赴き捕虜となる体験をしています。それ故彼らは、敗戦による心の傷を負い、苦悩し、否定されるといった激動の日本の混乱期を体験し、そして戦後、日本人の存在意義が根底から塗り替えられた時代を生きました。

e0182773_15115246.gif


e0182773_15130453.gif




























































従って、小林監督は、小説家五味川純平のメッセージを深く理解していました。仲代達矢とその他専門家の人々(篠田正浩監督のような)によれば、小説は全体として完璧に映画として作り変えられたとのことでした。私は原作を読んでいません。不思議なことに、未だ英語に翻訳されていないからです。しかし私は、小林監督は、原作の芸術性をさらに進化させたのではないかと思っています。原作の中にあった可能性を見抜き、著者の真の意図を汲み取り、普遍的な芸術へとさらに発展させたに違いありません。「人間の條件」は、日本映画のシスティーナ礼拝堂ともいうべき、最高峰の芸術作品なのでしょう。


五味川純平と小林監督は、第一次世界大戦中に生を受けた、水瓶座に天王星を持つ世代の人物です。悟りと啓発の天体・天王星が、支配サインである水瓶座にあるため、二人は共に、人類の意識の目覚めと進化を助ける能力を潜在的に持っていました。太陽が魚座である五味川は、哀れみと浄化を作品を通じて表現し、水瓶座である小林監督のミッションは、人類の持つマンダラを表現することで、映画を通じて人類の潜在的能力全ての統合を表現し、知性と生命力を、普遍的な全体性へと流していきました。彼の傑作映画の中で人間が血を流すときはいつでも、神は哀しみ、悪魔がその血を食らっていると観る人に感じさせることでしょう。


天王星とコンジャンクションする太陽(本質・アイデンティティー)を持つ小林監督は、人類の顔を象徴する「天使」を具現化する人でした。これは、彼と同じく水瓶座に天王星を持つ者たち共通の、世代的なテーマでもありました。また、水瓶座の水星は、ユニークかつ知性的な方法でメッセージを理解し、伝えることができました。(天使’Angel’はギリシャ語でメッセージという意味です)。しかし、彼のシンボル(=天体)が表現する個を超越したエネルギーは、一般の人々を圧倒してしまうものでした。そこで、小林監督は、その圧倒的なエネルギーを具現化し、観客の共感を得る力を持つ俳優が必要だったのでしょう。そういう意味において、小林監督にとっての仲代達矢は、まさにうってつけの俳優でした。


2009年、アメリカのホームビデオ配給会社であるクリテリオンコレクションのインタビューによれば、仲代は、「人間の條件」を撮影したときのことをこのように語っています。当時仲代はまだ若く、俳優としての経験も浅かったので、梶を演じることはあまりに荷が重い挑戦だったと分かりました。しかしすぐに(射手座の直観を通じて!)、この壮大な映画の主人公である梶は、小林監督そのものなのだと気づいたのです。それから、小林監督の態度、振る舞い、言動を観察し、監督の魂が言わんとすることを読み取り、自分なりの解釈で演じ始めました。それが、主人公・梶が誕生した瞬間だったそうです。もし仮に、フェティッシュ(fetish)に、超自然的な力をもったエネルギーを行使できるというイメージがあるならば、仲代達矢は、小林監督にとって真の「fetish actor」(霊感を受け取り、表現する俳優)となったのでありましょう。さらに驚くべきことに、彼は、現実を作り出し引き起こすエネルギー、水瓶座の土星の持ち主でした。


その上、射手座を太陽に持つ仲代は、「人間の條件」の撮影に激しく没頭し、そのための苦難に耐えうる勇気とチャレンジ精神を持ち合わせていました。リアルな映像を追求するために、彼は何度となく実際に叩かれ、傷だらけとなり血を流すほどでした。そして、危険なシーンが続く中、雪の中でのラストシーンでは低体温症となり、危うく本当に命を落とすところでした。後に小林監督は「切腹」の撮影時、本物の刀をそのままに使用したそうですが、仲代によれば、殺陣のシーンで誰も死なず、酷い怪我をした者もなく無事に撮影を終えられたことは奇跡だったそうです。「人間の條件」の撮影には3年の月日が費やされましたが、その間に仲代は自身のシャドウ(土星)を統合し、個として完成された人間(水瓶座)となったのでした。今、私たちは、この壮大で輝かしい映画からのメッセージを、真剣に受け取るべきではないでしょうか。(終)

e0182773_15185172.gif
































翻訳:八田直美(八田占星学研究所


MASAKI KOBAYASHI: A REAL HUMANIST

One of my favorites Japanese movies has been Kobayahi’s ‘Seppuku’ (1963) which I have watched several times since l was in my middle twenties; the range of emotions that the director explores, from pure love and self denial, anger, shame, fury, wickedness, baseness and cruelty, makes it not only a brilliant chambara film but a fascinating study of the human in extreme circunstances.

Watching ‘Seppuku’ can be an agonizing experience, not because of the blood and the killings, modern action cinema can be more violent and gory, but in this movie the audience feels the pain and the effect of the onslaughts; in Kobayashi’s movies, violence is never free of its pain, it is always real and humane, nobody can deem himself of herself superior to the characters on the screen. I can understand that some of my students have nightmares when l share this movie with them in some workshop.

Then, one day l watched ‘Ningen no joken’ (1959-1961), the almost ten hours long trilogy that Kobayahi made from Junpei Gomikawa’s autobiographical novel; the experience was even more excruciating for me than ‘Seppuku’, it took me several months to recover.

Recently, I decided to watch it again and study it seriously because l discovered the films that Kobashi made before Ningen no joken (Anata kaimasu, for example); l could admire and appreciate his genius to convey the emotion of any scene in a simple shot, just by putting the camara in the right place. Kobayashi san could transform a simple melodramatic stituation into a universal drama. l can grasp now Tatsuya Nakadai’s comment that he can undertands more and more the meaning of the movie now than when he was young.

Nakadai, a brilliant natural actor, was the main protagonist of Kobayashi’s masterpiece; as an optimistic Sagittarius, he plays the role of a young idealist, Kaji, sent as a labour supervisor in Manchuria during WWII; faced to the brutality of the system, he intends to defend the Chinese prisoners, he is then sent to combat, suffers the worst hardships, penalties and humilations, until he is made prisoner by the Soviets; eventually dies of cold and starvation. But throughout this epic, Kaji is never detered from helping and rescuing fellow human beings, friends or enemies; though he dies for his ideals, he has to experience his own fury and hatred, even his capacity for committing a crime. He is an extraordinary individual, but he is still only a human being.

Makasi Kobayashi (Feb 14, 1916, Otaru, Hokkaido, unknown time) and Junpei Gomikawa (March 15, 1916, Manchuria, China, unknown time) belonged to the same generation, born within one month of difference. Both were brilliant intellectuals, were pacifists, went to war and were made prisoners; thence, they undergo the trauma of the defeat, the pain and confusion a convulsed Japan, the denial, and the redefinition of what being Japanese meant in the postwar.

Thus, the film director deeply understood the message of the novelist; according to Nakadai and some experts (such as director Masahiro Shinoda), the adaptation in totally comprehensive. I haven’t read the novel because, oddly enough, it has not been translated yet, but I suspect that Kobayashi improved the artistic quality of the book; he must have seen the potential, the very intention of Gomikawa, and developed it into universal art. Ningen no joken is the chapell Sixtine of Japanese Cinema.

The writer and the director of Ningen no joken belong to the Uranus in Aquarius generation, born during the WWI; Uranus, the planet of enlightment, is in its ruling sign, which means that they have the potential to help humanity in its evolution towards awareness. As a Pisces, Gomikawa stands for compassion and purification; as an Aquarius, Kobayashi’s mission was to express the human mandala, the integration of all the human potential, the flow of knowledge and vital energy to the whole of mankind; whenever blood is shed in any of his great films, one feels that a god becomes sad, and that a demon feeds on that same blood.

With his Sun (essence, identity) conjunct to Uranus, Kobashi embodies the angel, the human face, of his generation; his Mercury in Aquarius allows him to understand and transmit the message (angel means ‘message’ in Greek) in an unique and intelligent way. But the transpersonal energy of his symbols is too overwhelming for normal people, he needed someone, and actor, capable of personalising (embody) that power, someone with whom the audience could identify. Tatsuya Nakadai became that person, his fetish actor.

In a 2009 interview for the Criterion Collection, Nakadai tells us that when he was working in Ningen no joken, he was still a very young and unexperienced actor, and that he found the challenge to play Kaji too big for him; but he soon discovered (through his Sagittarius intuition) that Kaji, the hero of the epic, was Kobayashi san himself; thence he started observing and interpreting Kobayashi’s attitudes, Reading his soul; at that moment, the character was born. If a fetish is an image that conducts the energy of a supernatural power, then Nakadai became a real fetish actor for his director. The most amazing thing is that he has Saturn (the energy of making it real, making it happen) in Aquarius.

Also, as a Sagittarius Nakadai had the adventurous spirit and courage to endure the hardships that making Ningen no joken involved; he was beaten, hurt and cut in some scenes for the sake of realism, and among many andventures, he nearly died of hypothermia in the snow during the final sequence. Later on in Seppuku, Kobayashi used real takana without blunting the edges; according to Nakadai, it was a miracle that nobody died or was seriously injured. But during the three years that the shooting of Ningen no joken took, Tatsuya Nakadai integrated his own Shadow (Saturn) and became an integrated Human Being (Aquarius). We have to take very seriously this magnificent film. (the end)



[PR]

by Xavier_Astro | 2017-04-01 00:00 | 人物  

<< 迷宮のペルソナ 作家、 J.T... トランプ大統領 >>