トランプ大統領

あなたがどのようなニュースを見たとしても、どのようなパーティに出席したとしても、たまたま出会った友人や、どこの国の人とであれ、言葉を交せば、ドナルド・トランプ大統領の印象や、彼のコメント、政治討論の話題になります。今やこの話題を避けて通ることは、ほとんど無理なのではないでしょうか。


トランプ氏の人を見下したような発言と声明は、メディア全体に広がっています。誰もが批判の対象になり得るのです。たとえ、障害を持った謙虚な態度のジャーナリストや、ドイツのメルケル首相のような、一国の首相たる要人に対しても、トランプ大統領は、その人物を批判し、笑いものにしてしまうでしょう。彼はIQが低い、とはよく言われてることで、とりわけ高いIQ保持者として有名なヒラリー・クリントン女史と比較されています。トランプ大統領のコメントや意見は、いつも浅はかで、単なる偏見や先入観によるものだとも見受けられます。しかし一方で、アメリカ合衆国の大統領になるために、天才である必要はないとの証明にもなりました。





もちろん、ドナルド・トランプ大統領(1946/6/14 10:54a.m. NYC生まれ)に欠落している深い知性を補っているのは、多くの直観的要素(火)と風のエレメント(双子座)にある天体です。主には、迅速な思考と判断を行い、常に逃げ道を探し、敵対者との状況をひっくり返すために使われているようです。双子座は貿易、商売と関連し、射手座の月は幸運を呼び込み、いかなる状況でも直観に従った行動で利益を得ます。さらに、2室(お金に関するエリア)にある天秤座の木星は、優れた商才と、良きビジネスパートナーに出会う天性の能力を与えました。その上、双子座はボクシングとの関連もあります。トランプ大統領の議論を注意深く聞き、人との接し方を観察してみると、常にリングの上で戦っていて、相手の鼻っ面に強烈なパンチをくらわそうと狙っているのがわかります。その上、タフで手強いボクサーですから、強烈な連打を顔面にくらってもすぐに回復し、立ち上がってくるのです。


e0182773_20121922.gif

Donald Trump

Jun 14, 1946

at10:54am  

in NYC
























彼が大統領になるとは誰も本気で思っていなかったというのが、実際のところではないでしょうか。私が思うには、皆が、ある意味、彼が大統領になることを否認していました。トランプ大統領が、アメリカの民意を代表し、多くの国民が理想とするタフでマッチョな勝利者にふさわしいとは認めたくなかったのです。

私は、日本を含めた世界中の識者と意見を交わしてきました。その中で、彼らが見せた反応とコメントに着目しました。1つ目は次のような反応です。選挙の前、そして選挙後でも、トランプ大統領について語るとき最後にはこのように言いました。「結局、彼はビジネスマンなのだ。だからそのように考え、行動するのだろう。世界で最もパワフルな国・アメリカを治めるための優れた実用的な方法を見つけるであろう。」これはつまり、たとえ、トランプ大統領が良識ある人物である必要がないとしても、ビジネスマンならば、決められたルールに従って行動するものだ(日本では特に)と、トランプ大統領の、ビジネスマンさながらに実用性を重視する性質について、人々は楽観的であろうとしてきたわけです。そして、私もそのように自分自身に信じこませようとしていました。

しかし残念なことに、それはただの絵空事でした。これは心理学的には、「認知的不協和」と呼ばれる心理状態であり、複数の内在する矛盾した考えによって作られたメンタルストレス(心理的緊張)なのです。私たちの内側にある論理的、感情的矛盾は、次々に多くの緊張を引き起こし続けます。その埋め合わせとして、自分を正当化しストレスを減らすために、「そうはいっても、この状況はそんなに悪くないさ」「結局はうまくいくのだ」と、私たちのマインドは一種の安易な解決策を作り出すのです。

とどのつまり、「結局、トランプ大統領はビジネスマンだ」とは、実は最悪の事態に備えている表れなのです。国家は企業ではありません。世界中のとても多くの問題をかかえている、そして、アメリカ合衆国同様に複雑で変化に富んでいる国は、そのすべての責任をとってくれる、賢く知性的な大物政治家を必要としています。香港で話をしたアメリカ人女性だけが、大統領の未来について率直かつ現実的な答えをくれました。「大失敗ね。きっと酷いことになるわ。」

私が耳にした識者の明言の2つ目は、私が常々参考にしている「エコノミスト誌」のコメントです。私は、敬愛するこの経済誌の製作チームによるポッドキャストをいつも聴いています。そこでは、博識高い専門家達が国際関係、政治、経済に関するトピックに意見を述べています。選挙運動から選挙の期間中、彼らが常に言及していたドナルド・トランプ大統領に対しての見解は、「何をしでかすか全く予測できない」というものでした。それは、トランプ大統領の太陽サイン・双子座の本質である「変わりやすさ、気まぐれさ」によって人々の心を掴む戦略だったことは明らかでしょう。しかし、論理的思考法の訓練を受けてきた専門家達にとっては、なにかしらのパターンにあてはめて構造的に理解する必要がありました。彼らは、アメリカ合衆国の統治を志す熱い思いを持つ政治家が、予測しえない行動をとるとは思いもしなかったのでしょう。それで、トランプ大統領の反応や態度を理解しないまま、予測不可能な人物だと結論づけたのではないでしょうか。

トランプ大統領のネイタルチャートによると、双子座の彼は敵を必要としており、12ハウスの獅子座の火星が、自分を本物だと感じさせるために、敵を探し求めます。12ハウスは、溶解と虚構の感覚を引き起こすのです。そして、蟹座の土星と金星のコンジャンクションは、人生の中で当然あるはずの、愛されるという経験の欠如を意味しています。ですから、相手を攻撃し、反応を試そうとする必要があるのです。この「ミスター新大統領殿」の攻撃に屈しない人物がいたとしたら、その人物は、トランプ大統領を嫌う倒すべき敵であるとみなされてしまうのです。

トランプ大統領のチャート上で土星の位置を見ると、彼の行動を理解する鍵となるものがあります。蟹座の土星は、他者からの愛と承認を、決して実感できないことを意味します。従って、トランプ大統領は他者に対する強い承認欲求があります。11ハウス(社会との相互作用を意味するエリア)の金星とのコンジャンクションは、強迫観念に囚われたかのように愛を必要とします。彼の火星は戦いを強要しますので、その固執した愛は攻撃的に表現されます。ホワイトハウスで自身の家族に囲まれているという事実も、他者との信頼感の欠如と、家族だけが彼を愛しているという幻想に起因するものなのでしょう。

また、トランプ大統領の月のテーマ、蟹座の土星(蟹座の支配星は月)と、4ハウス(月とも関連しており、ルーツを表すエリア)の射手座の月は、過去に何かを喪失し、たとえそれがどのようなものであったとしても、今、取り戻さねばならないと感じていることを示唆しています。まるで自分の財産と同じように、母国アメリカと自身を同一化しているという事実は、彼に、侵略者たちから国を守らねばならないと感じさせています。さらに、過去の黄金時代をも取り戻したいと望んでいるのです。

興味深いことに、(そして恐ろしいことに)、アメリカ合衆国のネイタルチャート(1776/7/4 17:10p.m. フィラデルフィア PA)は、トランプ大統領のネイタルチャートと根本的な部分でのコンタクトを示しています。彼の蟹座の土星と水星は、アメリカ合衆国の太陽と関連します。彼の射手座の月は、アメリカ合衆国のアセンダントと、彼の太陽・天王星は、アメリカ合衆国の火星・天王星と、また彼の木星はアメリカ合衆国の土星と関連します。と、まだまだ挙げられます。

e0182773_20253077.gif

Nation USA

4 July,1776

at 17:10

in Philadelphia PA, USA




2つのチャート間にある多くのアスペクトは、アメリカ合衆国のチャートの深く暗い側面をトランプ大統領が表している、ということにすぎません。私が思うに、最も重要なことは、アメリカ合衆国チャートの山羊座冥王星が、トランプ大統領の蟹座にある土星金星とのオポジションによって、強烈に活性化されていることです。さらに、山羊座のルーラーは土星ですが、アメリカ合衆国チャートの天秤座の土星が、トランプ大統領の木星によって大きく揺さぶられているのです。これは、破壊を意味します。この冥王星の繋がりから、私は1つのビジョンを受け取りました。トランプ大統領はアメリカ合衆国の集合無意識深くにあるダイナミズムによって生み出された、ある種の「シン・ゴジラ」なのだと。今年は、アメリカ合衆国にとって、初めてのプルートリターン(冥王星回帰)の年です。まさにそうなのです。災難のごとく酷い状況は、変容の前触れではないでしょうか。そして私たちは、今、人類の未来のために、きわめて楽観的でいることが大切なのではないでしょうか。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所

___________________________

NOT SO UNPREDICTABLE

It is practically impossible to avoid the topic, whatever news you watch or read, whatever party, meeting up with friends, or any kind of conversation with people of any nationality, you will bump into Mr Donald Trump’s images, comments or political debates.

His dismissive remarks and statements pervade the whole media, nobody is safe, you can be a humble handicapped journalist or a head of a State as important as Germany’s Ms Merkel, Mr Trump will criticise you or make fun of you. It is well known that he has a very low IQ, especially compared with Hilary Clinton who was famous for her high IQ; Trump’s comments and opinions are usually shallow, mere prejudices; but he has proved that in order to become the president of the USA you do not need to be a genius.

Sure, what Donald Trump (born Jun 14, 1946 at in NYC) lacks of deep intelligence (IQ), he compensates with lots of intuition (fire) and air (Gemini) which allows him to think fast, find always an exit to escape, or turn a situation against his opponent; the combination of Gemini, associated with trade, a Moon in Sagittarius, good luck and intuition to work out the benefit of a situation, plus his Jupiter in Libra in the Second House (money) make him good for money and for finding business partners. Moreover, Gemini is also associated to boxing; follow Trump’s debates, observe his way of dealing with people, he is always on the ring fighting and targeting his or her opponent for a good punch on the nose. And he is a tough one; he can get lots of blows on the face and he can recover soon.

The truth is that nobody seriously thought that he would win the presidency; I think we all were in a sort of denial, we did not want to accept that Trump represents millions of people in the USA that think like him, and that he represents the ideal of the tough macho winner that so many would like to become.

I have been pondering about two types of comments and reactions of several intelligent people I have talked to, all around the world, including Japan; before and after the election, people ended up a conversation about Trump saying that, after all he was business man, and, therefore, he would think and behave like such, he would find a good practical deal to rule the most powerful country in the world. This means, of course, that people were trying to be optimistic about the sensible qualities that a business man is supposed to have, especially, in Japan where, in general terms, a business man is supposed to behave according to certain rules, even if he is not necessary a good person. And I tried to believe that myself too.

Unfortunately, in reality, it is not the case; and this is what is called, in psychological terms, cognitive dissonance, the mental tension produced by two or more ideas that we cannot reconcile; logical and emotional contradiction would keep provoking more and more stress to the person, thus, in order to compensate it, the mind finds a sort of easy solution such as: after all it is not so bad, or it all comes for the best, and so on.

Concluding that, after all, Trump is a businessman, means, actually, preparing ourselves for the worst. A nation is not an enterprise; a country as complex and varied as the USA, with thousands of issues all around the world, requires a clever and intelligent statesman to take responsibility of it all. Only one American lady I talked to, in Hong Kong, gave me a straight realistic answer when I asked her opinion about the future of the presidency: it will be a disaster.

The second assertion I have been hearing regularly comes from ‘The Economist’; I am a great admirer of the team of this magazine, and I always listen to their podcasts where intelligent experts give their opinions on international political and economic topics. The term they have constantly used to define Donald Trump throughout his campaign and election was that he was totally unpredictable, which is an obvious way of capturing the wayward expression of a radical Gemini expression as it is Trump’s solar sign. These experts have a trained logical mind, they need to find a pattern and a structure; they can hardly conceive that a politician, a person aspiring to govern the USA might not behave in a predictable way. Thus, if they do not understand his reactions and attitudes, they conclude that he is unpredictable.

As we can see in Trump’s natal chart, as a Gemini, he needs adversaries, his Mars in Leo in the XII House looks for foes to make him feel real; the XII House provokes a sensation of dissolution and unreality; his Saturn in Cancer conjunct Venus means that he wants compulsory to be loved, he needs to attack people to try their reactions; for this new Mr President, if somebody does not surrender his or her power to him, it means that this person hates him and he or she is an enemy that has to be destroyed.

Saturn’s position in Trump’s chart is the key to understand his behaviour; Saturn in Cancer means that the person never felt really loved and accepted; hence, he has a strong yearning to be appreciated; the conjunction to Venus in the XI House associated to interaction with society makes the demand of love more compulsive; since his Mars pushes him to fight, he expresses his needs aggressively. The fact that he is surrounding himself by his own family in the White House comes from a lack of trust in others and a fantasy that only his family can love him.

Trumps Lunar theme, Saturn in Cancer (ruled by the Moon), and his own Moon in Sagittarius in the IV House (roots associated also to the Moon), suggest that this man feels that he has lost something in the past and that now he has to recuperate it no matter how. The fact that he identifies the USA as his home or even as his property, makes him feel that he has to defend his country against the invaders; he also wants to recuperate a bygone golden era.

The funny (and scary) thing is that the USA natal chart (Jul/4, 1776 at 17:10 in Philadelphia PA) shows radical contacts with Trump’s; his Saturn and Mercury in Cancer associate themselves to USA’s Sun; his Moon in Sagittarius with USA’s Ascendent; his Sun Uranus with USA’s Mars and Uranus; his Jupiter with USA’s own Saturn, and it goes on and on.

So many aspects between the two charts can only mean that Trump is expressing some deep and dark aspects of the USA’s own chart; the most important point, for me, is that Pluto in Capricorn in the USA’s chart is strongly activated by the opposition of Saturn Venus in Cancer of Trump’s; the ruler of Capricorn is Saturn, and USA’s Saturn in Libra is shaken by Trump’s Jupiter. This means destruction. This Pluto association provoke an image in my mind: Trump is a sort of Shin Gojira created by a deep dynamic of the USA collective unconscious; this year starts the first Pluto’s return of the USA. And yes, disaster means transformation; and here we have to be incredibly optimistic for the future of mankind. (the end)



[PR]

by Xavier_Astro | 2017-03-01 00:00 | 人物  

<< 映画監督 小林正樹〜真のヒュー... サンタクロースの象徴とアーキタイプ >>