サンタクロースの象徴とアーキタイプ

もう何年もずっと前のことになりますが、香港で初めてのクリスマスを過ごした時、街中に溢れんばかりの商業化されたクリスマスからなんとか逃れようとしたのですが、全くの無駄に終わりました。

白い髭をたくわえ、真っ赤な服に赤い帽子、腰には黒い太いベルトを締めた、愉快で太っちょな老人は、最もよく知られているクリスマスのアイコンです。サンタクロースの姿は、様々なメディアや現代の文明社会を象徴する物、例えば、台所用品をはじめ、クッキーやケーキといった食品はもちろん、映画・テレビ番組・テレビコマーシャル・アニメーション・玩具・クリスマスカード・クリスマスのデコレーション・グラスやコップといったものにまで見ることができます。クリスマスシーズン中、世界中の主だった都市の街中から聞えてくる、おふざけ調の笑い声に、サンタクロースさながらの衣装で、クリスマスプレゼントや玩具を売る男性や女性の姿も見られます。アメリカのショッピングセンターや、多くの国の商業施設では、サンタクロースとおしゃべりをしたり一緒に写真を撮りたいと、子供たちが長い列を作り、店やレストラン、そしてバーでは、サンタの赤い帽子を被った店員やウェイターが、ばつの悪そうな面持ちで店中を歩き回り、お客様の応対に汗だくになって働いています。




普段私達は、大衆に広まった信仰や習慣の由来にまで注意を向けることは、ほとんどありません。サンタクロースについて言えば、せいぜい、ドイツかオランダの聖ニコラウスの言い伝えを、アングロサクソン系アメリカ人が焼き直ししたものだと聞いたことがあるぐらいでしょう。しかし今回はこの事象を、シンボルとアーキタイプの観点から探究したいのです。人々の中に広まった、この豊かな人物の背後には、誰が、そして何が隠されているのでしょうか?サンタクロースは、子供たちに贈り物を持ってくると考えられています。実は、皆にお金を使わせているのが実際のところなのですが。

手短に言えば、聖ニコラウスの言い伝えは、現在のニューヨークにあたる、ニューアムステルダムのオランダ人コミュニティで語り継がれてきました。毎年12月6日は聖ニコラウスを祝う日で、大人は子供にプレゼントと甘いお菓子を贈ります。サンタクロースの姿は、1863年、ドイツ系アメリカ人の漫画家、トーマス・ナストによって初めて描かれました。ナストは、聖ニコラウスを歌った詩に挿絵を入れたのです。この「聖ニコラウスの訪問」という詩の中では、聖人はある種、妖精のようなものとして描かれていますが、ナストは大きくて太った、19世紀を生きる立派で裕福そうな男性の姿に描きました。そして、1931年、コカ・コーラ社のイラストレーターの手によって、私たちの誰もがよく知る、黒いブーツ、金のバックルがついたベルトに白い髭といった、いわゆるサンタクロースのお馴染みの姿となりました。

しかしながら、このエピソードは、私にとって喜ばしいものではありませんでした。サンタクロースは、私が世界で最も嫌いな飲み物を生産する企業が営利目的のために作った、単なるイメージやイラストにすぎないのでしょうか?
少なからず精神的ショックを受けた後、私はふと、サンタクロースに関することをより深く探究し、全ての真の意味を理解しなければならないことに気づきました。自らの偏見や先入観に縛られ続けたくないならば、より深みへの探究を試み、人間が真に表現していることを理解しなければなりません。

歴史的な見地から見ると、サンタクロースの起源とも言える聖ニコラウスの伝説と、社会的に広がったサンタクロースのイメージは、正に、厳しい現実を生きるための埋め合わせ的なものだと言えるでしょう。アメリカの貧しい移民コミュニティの子供たちは、病気や、深刻な栄養失調になっていました。ナストが風刺漫画に描いたのは、産業革命の間、工場で不当労働を強いられ、結核にかかり命の危険にさらされている子供たちの姿でした。パワフルで食べ過ぎにさえ見えるふくよかな男は、子供たちとのコントラストをはっきりと示しています。そして、コカ・コーラ社がサンタクロースの明確なイメージを打ち出し始めたとき、アメリカの人々は、仕事も食べる物もない、世界恐慌の真っ只中にいました。砂糖とカフェインたっぷりの粗悪な飲み物は、ほんの一時、人々を心地よい気分にさせるものだったのでしょう。

より深いレベルの見地から見ると、イエス・キリスト以外の聖者や神への信仰心を抑圧された新教の人々にとって、聖ニコラウスのような象徴に、信仰心を表現する道を見出したことはごく普通のことだったと言えましょう。アーキタイプが抑圧される時は常に、アーキタイプ自身のエネルギーを表現するチャネルを探します。12月6日に聖ニコラウスを祝う事実の裏には、射手座の支配星であり、拡大と幸運・豊かさの神ジュピターが、アーキタイプとして隠れているのです。

サンタクロースは、希望と豊かさを象徴していますので、子供たちへの寛大さと愛を示すジュピターの現れであることは明らかです。まさにその通りなのです。ウィキペディアによれば、オランダでは、二頭のトナカイに雷と稲妻を意味する名前がついており、雷と稲妻は、天界と嵐の神・ジュピター(ゼウス)の持ち物です。他に、木星と射手座の道徳的側面も見られます。伝統的な教えでは、子供たちを、良いと悪いとに分けます。もし、良いプレゼントが欲しいならば、良い行いをしなくてはなりません。従って、貧しい出の子供たちは、十分な報酬やプレゼントを貰うことができなかったために、自分たちはとても悪い子なのだと思わざるを得ませんでした。しかし、今年がどんなに失望するような年だったとしても、サンタクロースの伝説は希望を与え続けました。子供たちは、来年の願い事を書き添えた手紙をサンタクロースに宛て、希望を託したのです。

しかしその一方で、サンタクロースに現れ出たアーキタイプに、土星的要素が見られるのは明らかです。サンタクロースは、土星と関連した極寒の地である北極圏に住んでいます。サンタクロースにちなんだ日が、12月6日(射手座)からクリスマス(山羊座の日)へ移ったことについては、木星と土星、つまり、幸せと豊かさへの希望と、冬の苦難や重労働の両方が混ざり合った、という印象を私は受けました。それとも、サンタクロースが意味するのは、産業社会が生み出した抑うつと苦難を象徴する土星が、姿を変えたものだけしかないのでしょうか? 私はそうでないことを祈ります。それでは悲しすぎますから。

聖ニコラウスの古い言い伝えは、アーキタイプが表現する根源へと私たちを導くものです。4世紀、初期キリスト教の時代を生きた聖ニコラウスは、主教(司祭)でした。ですから、彼はタロットにおいては教皇のイメージに、そして占星術では射手座の土星に相当するのです。

聖ニコラウスは、貧しく不幸な人々の保護者で、特に、みじめな状況にあった子供たちの保護者でした。彼が起こした奇跡の中には、肉屋にたたき殺され樽の中で塩水で漬けられた3人の子供を生き返らせた話が伝えられています。そのため、この伝説的な聖人は、土星の2つの側面を兼ね備えています。1つ目は、子供時代の痛みと苦難の側面で、肉屋に殺された子供たちによって表されています。ギリシャ神話でも、クロノス(土星)は自分の子供たちを丸呑みにします。2つ目は、子供を助けるという土星の保護的側面で、個人の変容のプロセスに置き換えた場合、個が内的統合の道を見つける手助けをします。これは、生き返った子供たちによって表されています。樽と塩水は、変容のプロセスとも言える錬金術が、正しく秩序だって行われることに関係し、その中での3という数字は、鉛(土星)が金(太陽、子供)に変容する3つのステップを表しています。

この観点から見ると、秘教的メッセージは、サンタクロースの圧倒的な商業イメージの陰に隠されてしまっています。アーキタイプがどのようにして、常に様々なものに姿を変えながらも、自身を表現する方法を見つけるのか。その様は私たちを魅了して止みません。私たちがすべきは、ただ、そこに配慮し、注意深くあることのみです。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所

___________________________

WHO REALLY IS SANTA CLAUS?

Many years ago, I thought I would escape from Christmas commercial bombardments when I first started spending Christmas in Hong Kong; but no.

The jolly fatty old man with a white beard, dressed all in red with a bonnet and a thick black belt, is the most well know icon of Christmas; the image of Santa Claus appears in any media or object associated with our modern civilisation. Cinema, TV programs, TV commercials, animations, toys, Christmas cards, Christmas decorations, glasses or cups, as well as any kind of kitchen utensils, and edibles such as cookies or cakes. During Christmas time, the jocose laugh can be heard in the street of most of the big cities around the world, men and women dressed up with Santa’s iconography are selling presents and toys; in American Malls, or in commercial centres in many countries, children queue to talk to Santa or have a photo taken with him; in shops, restaurants and bars, waiters and staff, wearing Santa’s red bonnet walk around uncomfortably, sweating their way to attend customers.

We usually pay little attention to the origin of these popular beliefs or customs; at most, we have heard that Santa Claus is the Anglo American version of the German or Dutch tradition of Saint Nicholas; but this time I wanted to explore the phenomenon from the perspective of symbols and archetypes. Who or what is behind this exuberant fellow? He is supposed to bring gifts and presents to children, though in fact he makes people spend their money.

Briefly told, the legend of Saint Nicholas was introduced by the Dutch community in New Amsterdam, now New York; the feast of this saint was celebrated every year on December 6, then adults would give children presents and sweets. The image of Santa was first drawn by Thomas Nast, a German American cartoonist, in 1863; Nast was illustrating a poem about Saint Nicholas. In the poem, ‘A visit from Saint Nicholas’, the saint was represented as a sort of elf, but Nast made him big and fat, the very image of a rich and prosperous man of the XIX century. Then, in 1931, an illustrator of the Coca Cola completed the portrait of the Santa we all know now with his black boots, his belt with a golden buckle, white beard and so on.

Well, this information was not good news for me. Was Santa then a mere cartoon, an image created to be exploited commercially by the company that produces the drink I dislike the most in the world?

But then, after the shock, I realised I had to go deeper and find a real meaning to all this; if we do not want to remain stuck in our prejudices, we have to go deep and find what mankind is really expressing.

At the historical level, yes, the legend behind (Saint Nicholas) and the development of Santa’s image are meant to compensate a grim reality. In the poor migrant communities in America children were ill or badly nourished; Nast made his cartoon, during the industrial revolution, children were exploited in the factories where they were dying of TB; the image of a powerful overfed rich man offered a good contrast; and when the Coca Cola launched the definite image of Santa, American people were going through the Great Depression, no work, no food; a cheap drink full of sugar and caffeine could make you feel well, for a moment.

At a deeper level, as the protestant countries suppressed cults of saints and of any kinds of divinities except Christ, it was normal that figures such a Saint Nicholas found a way to express themselves with people. When an archetype is repressed, it finds always a channel to express its energy. The fact that Saint Nicholas was celebrated on December 6 tells us that the archetype behind was Jupiter, the ruler of Sagittarius and the god of expansion, good luck and abundance.

Santa Claus is obviously a Jupiter manifestation of generosity and love for children, as these represent hope and fertility; so much so, that, in Dutch, two of the names of the reindeers mean thunder and lightning (according to Wikipidia); thunder and lightning are attributes of Jupiter (Zeus), the god of the sky and storms. There is also the moralistic aspect of Jupiter and Sagittarius; the tradition divides children between good or bad, they have to behave well if they want to get a good present. Thus, children from poor backgrounds must think they are very bad because they are not well rewarded; but no matter how disappointed they are this year, the legend keeps hope alive, making children write letters to Santa with their wishes for next year.

There are, however, some clear Saturn ingredients in this archetypal manifestation; Santa lives in the North Pole, a frozen region related to Saturn. My impression is that the shift of dates associated to Santa, from December 6 (Sagittarius), to Christmas (Capricorn date), blends Jupiter and Saturn, happiness and hopes of abundance, with the hardships of winter and hard work. Or, could it be that Santa is only a disguised image of Saturn (melancholy and tribulation that industrial societies have produced)? I hope not, this would be too sad.

The ancient myth of Saint Nicholas helps us to go to the roots of this archetypal expression; Nicholas lived in the IV century (early Christian period), he was a bishop, so this corresponds to the image of the Pope in the Tarot, and to Saturn in Sagittarius in astrology.

Saint Nicholas was a protector of the poor and unhappy people, especially miserable children; one of his miracles consisted in restoring to life three children that had been chopped to death by a butcher who had put them in a tub with brine (salt water). Thence, this legendary saint combines two sides of Saturn; the butcher hacking children represents the pains and tribulations of childhood; in the myth, Saturn devours his children; whereas restoring children represents the protective side of Saturn that helps the child, the individual, to find the path for integration. The tub and the salt water are associated to an alchemical method, a process of transformation where the number three represents the three steps to transform lead (Saturn) into gold (the Sun or the child).

From this perspective, an esoteric message is hidden behind the overwhelming trade image of Santa Clause; it is fascinating how the archetypes find always a way to disguise and express themselves. We only need to pay attention to them. (the end)

[PR]

by Xavier_Astro | 2017-02-01 00:00 | シンボルとアーキタイプ  

<< トランプ大統領 『君の名は。』 >>