『君の名は。』

香港に着いてすぐに、私は日本滞在時に幾度となくその名を耳にした映画「君の名は。」を急ぎ観たのですが、スタジオジブリ、特に、宮崎駿監督とは全く違うタイプの才能あるアニメ映画監督、新海誠氏の作品を知るまたとない機会を得ることとなりました。

この映画をまだ見ていない方々のためにストーリーをお伝えしましょう。「君の名は。」は、10代の若者である瀧(たき)と三葉(みつは)が織りなすラブストーリーです。二人は、三年という時間のずれを超え同じ瞬間に存在し、お互いの身体と生活と住んでいる場所の入れ替わりが繰り返し起こります。やがて二人は恋に落ちますが、この時空の裂け目のようなものの影響により、二人が実際に会うのは難しい状況となります。なぜなら、三葉は彗星飛来の折、彗星の核が二つに分離・落下し、街が破壊された大災害で既に亡くなっていたからでした。瀧は、時間を遡りその状況を覆すことに成功し、三葉と街の人々は救われました。しかし悲しいことに、お互いの名前は、それぞれの記憶から消えてなくなってしまいます。それでも、感情と感覚は心の中にいつまでも残り続け、ついに二人は再会を果たすのでした。



「君の名は。」は、異なる現実レベルの込み入った事象を調べていくうちに、次第に全てのことが一つに繋がり統合されていく、美しくも感傷的な物語です。現実の第一のレベルは身体です。映画の中でのストーリー上、身体の入れ替わりが可能なのは、二人の間に、親近性があるからでしょう。アーキタイプのレベルでは、瀧は三葉の男性性を表すと同様に、三葉は瀧の女性性を表していたと言えるでしょう。瀧の女性性が彼自身の内側に目覚め、三葉の男性性が彼女自身の内側に目覚めました。二人は自身の身体の中で、お互いの性への好奇心が次第に目覚めていったのでしょう。

場所の親近性や、繋がりを見ることもできます。冒頭から、三葉は東京への強い憧れがあり、「東京に住むイケメン男子になりたい」と切に願っていました。彼女は必ずしも、自分の故郷とそこに息づいている文化を否定したかったわけではなく、どこか別の土地に住んでいる自身の男性性と出会いたかったのでした。彼女と同じ理由で、どれほど多くの人が、ソウルメイトと出会うことが叶わぬものでしょうか。一方、現代的な都市に住む瀧は、先祖から受け継いだ土地やルーツとの繋がりから、完全に切り離されていましたし、三葉は、儀式と神道に精通した、伝統に深く根ざした一族の出でした。三葉たちが執り行った「口噛み酒」の儀式は、三葉と瀧の間の結婚(融合)を伝えるものでした。とても深い意味において、そして、勿論、監督の意識的な意図とはかけ離れたところで、この儀式は、英雄と母なる大地の間での結婚と関連しているのです。(類似性のある儀式が、ケルトやアステカの古代文明で見られました。)瀧は古代の社(宮水神社のご神体)に戻ってきたとき、聖なる酒を一口飲み干さなければならないとわかっていました。その結果、二人は一つに統合されることが叶いましたが、更に、真の問題である「時間」と直面せざるをえなくなったのでした。。

その他の重要な親近性は、「時間」です。共時性があったり、なかったりと、絶え間なく起こるゲームとしての「時間と共にあること」です。「時間」は、占星術と錬金術では土星で表しますが、ネガティブな側面では分離と死をもたらす力の象徴です。愛の観点からは、分離と死は同じ意味を持ちます。瀧の携帯電話のデータが消えてしまったのは、三葉が三年前の大災害で命を落としていたからでしたが、本物の愛は、希望を失うことは決してありませんでした。そして、これこそが、瀧が時間を巻き戻し、三葉を救い、今、お互いを探している理由なのです。

新海誠氏(1973年2月9日 長野県南佐久郡小海町生まれ)は、映画の中で、組紐の象徴的意味を紹介するという、とても美しい直観を持っていました。彼は、時間と現実を、組紐が持つ芸術性と伝統に結びつけました。三葉の祖母は、伝統の担い手であり守り手として描かれています。そして、彼女は組紐の持つ力と神秘を知っており、それはつまり、どのように現実が、まるで組紐のように、様々な模様と夢見の質を撚り合わせ、織りなされていくのかという神秘でした。監督は比喩的に、組紐のアートが持つ驚くべきイメージを描き出しました。

e0182773_1932465.gif
Shinkai Makoto
9, Feb. 1973
time unknown
in Koumi, Nagano


唯一、私が残念に思うのは、この「おばあちゃん」のキャラクターが、十分に引き出されていなかったことです。彼女は、この映画の深い意味を知るためのカギとなる人物で、ストーリーの中で、より重要性を持って描かれるべきでした。恐らく、彼女に重きをおかなかったことが、組紐のメタファーが観客にはぼんやりと映ってしまった理由ではないでしょうか?「君の名は。」について私が読んだ記事の中で、このことに言及した映画評論家はいなかったのではないでしょうか。とにかく、現実が組紐のように織りなされていくという直観的真理は、とても奥深い意味を持つのです。新海氏の資料や記録によれば、彼がこれまでに受けたトレーニングは、デザイン、コンピューター、現代映画だけのようで、秘教的な教えとのつながりは全くないようです。しかし、きっと、彼の芸術的な感性が、自身の内なる知恵を目覚めさせたのでしょう。

この映画は、全てを感傷的な手法で見せており、月が象徴的に、物語の全てのテーマとイメージを結集させています。新海監督のチャートには水の要素がありません。(水=生き生きと活動する感情)。従って、感情は下位の(最も無意識の)心理的機能となり、彼の芸術作品においては、無意識に自身の感情を表現することとなります。水瓶座にある太陽、水星、金星の三天体から、彼が非常に知性的な人物であると断言できますが、双子座の土星(もう一つの風のサイン)が、彼のコミュニケーションを困難にさせています。そこで、最も容易で安全にコミュニケーションをとる手立てとして、イメージとシンボルを手にしたのでしょう。双子座の土星は、意識の分離を引き起こす傾向があります。(まるで彗星の核が分離したように!)この映画が持つ感情面におけるテーマは、絶えず起こる意識の分離傾向の克服、つまり、感情と意識の結びつきなのです。

東アジアの研究をしている学者(トマス・ラマール)が引用したコメントをいくつか読んだのですが、そこで言及されていた中の一つに、宮崎監督はA地点からB地点へ行くのに対し、新海監督はA地点から、B地点を飛ばして直接C地点へ行くとありました。勿論、宮崎監督は山羊座ですから、彼が作る物語は完璧な構造の元に組み立てられています。しかし、新海監督は、水瓶座なのです。彼の水星は、現実を網目状のものが張り巡らされた球であると捉え、その球の中を心地よく旅することができるのです。

しかしながら、「君の名は。」は、現実を月的視点だけで描いています。登場人物、そして彼らの行動や考え方、望みは、感情によって支配され、月と土星が新海監督の世界観を導いています。彼の詩的な表現の美しさは、ロマンティックで、登場人物は個の確立を目指すことよりも、自分のもう片割れを探し求め、幸せになることだけを望んでいます。どうやら彼らは、そのお相手の存在なしに完全な個になることができないのでしょう。そして恐らく、新海氏の、牡牛座にあるであろう月が(出生時間不明)、彼をとても情熱的にさせると共に、作品イメージを組み立てるための、強力な視覚的・感覚的能力を授けました。映画のテーマは、様々な現実と遊ぶことですが、風景の描写に関しては本物のような緻密さとリアルさにこだわり、都会の風景を写真さながらの鮮やかさで描き出しているのです。

ここにこそ、真の個になるために常に葛藤し続ける登場人物を描く、宮崎監督との決定的な違いがあります。宮崎監督が作る映画のどれもが、個性化のプロセスを描き出しており、彼の芸術が象徴しているのは、太陽だと言えるでしょう。一方、新海監督はまだ若いながらも、そのポテンシャルは計り知れないものがあると思います。(終)

翻訳:八田直美(八田占星学研究所


___________________________

YOUR NAME

As soon as I arrived in Hong Kong, I hurried up to watch ‘Kimi no Na wa’ which I had heard about a lot in Japan; it was a good opportunity to discover the work of Makoto Shinkai, a talented anime director very different from those of the Ghibli studios, especially from Hayao Miyazaki.

For those who have not watched the movie, ‘Your name’ tells the love story of two teenagers, Taki and Mitsuha, who constantly switch bodies, lives and places, though they are out of sync in a gap of three years. This sort of hole in time complicates their meeting together when they fall in love, particularly because she is supposed to have died in a catastrophe when a comet, split in two, destroyed her town home. Taki succeeds to reverse the situation, Mitshuha and the other inhabitants are saved; sadly, each one loses the memory of the other’s name; but the feelings remain and eventually they meet again.

‘Kimi no Na wa’ is a beautiful sentimental tale that explores the intricacies of the different levels of reality and reveals that everything is welded together. The first level of reality is the body; the switch would be possible, in the narrative of the movie, because there is an affinity between this boy and this girl; at the level of the archetype, it would be possible to say that Taki represents the male soul of Mitsuha, as well as she represents his female soul. Taki’s female side awakes in him. Mitsuha’ male side awakes in her. There is a degree of sexual curiosity for each other in their own bodies.

There is also the affinity, or link, of places. Since the beginning Mitsuha yearns to be in Tokyo and be a handsome young chap living there; her wish in not necessarily a denial of her home town and culture, but the calling of her male soul living somewhere else. For this same reason so many people can never meet their soul mate. On the other hand, Taki is a modern urban boy, totally disconnected from his earthy and ancestral roots; Mitsuha belongs to a deeply rooted traditionally family, familiar with rituals and their gods; the kuchikamizaki ritual that the girl performs, announces a marriage between she and Taki. In a very deep sense, and, of course, very far from the director conscious intention, this ritual is associated to the marriage of the hero with the mother Earth (similar rituals were performed in Celtic or Aztec ancient cultures). When Taki goes back to the ancient Shinto shrine, he knows that he has to drink the sacred potion, thence they can be united though they still have to face the main adversary: time.

The other important affinity is with Time, hence the constant game with synchronicity or lack of synchronicity. In its negative side, Time, Saturn in astrology and alchemy, is a force that brings about separation and death; from love’s perspective, death and separation are the same. The data in Taki’s mobile phone disappears because Mitsuha is supposed to have perished in the catastrophe three years before; but real love cannot lose hope and this is the reason why Taki reverses time, saves her and they find each other in the present.

Makoto Shinkai (Feb 9, 1973 in Koumi, Nagano, Japan) had an incredibly beautiful intuition introducing the symbolism of weaving in his film; he associates time and reality to the art and the tradition of weaving. Mitsuha’s grandmother represents the guardian of the tradition, and she knows the power and the secrets of weaving, of how reality is woven, its different patterns and the nature of dreams. The director shows astounding images of this art in a metaphorical way.

I only regret that the character of this obachan is not fully developed; she is the key of the deep meaning of this movie and needed to be more important in the narrative; maybe this lack of emphasis on her makes the metaphor of the weaving not so clear for the viewers; none of the film critics of ‘Kimi no Na wa’ I read for this article mentions it. Anyway, the intuition of the knitting of reality is very deep; according to the data and records about Shinkai san his training seems to be only about design, computers and modern cinema, he does not seem to be connected with any esoteric tradition, but surely his artistic sensitivity awoke this knowledge in him.

The point of view of this film is by all means sentimental; the symbol that orchestrates all the themes and images of the story is the Moon. There is no water (active emotion) in the director’s chart; thus emotion is the inferior (most unconscious) psychological function that expresses itself in a spontaneous way in his artistic work. With his three planets in Aquarius (Sun, Mercury and Venus) we can attest that he is a highly intelligent man, but his Saturn in Gemini (another airy sing) causes trouble for communication, so he found images and symbols as the easiest and safest way to communicate. Saturn in Gemini tends to provoke dissociation (the split of the comet?); the themes of feelings and emotions are constantly overcoming this tendency in the movie. Emotion binds.

One of the comments I read quotes a scholar in East Asian studies (Thomas Lammarre) who says that Miyazaki goes from point A to point B, whereas Makoto Shinkai goes directly from point A to C and skips B. Sure, Miyazaki san is a Capricorn and the structure of his tales is perfect; but Shinkai san is an Aquarius, his Mercury can travel comfortably in the spherical net of reality.

‘Your Name’, however, offers only a Lunar perspective of reality; the characters, their actions, thoughts and desires are ruled by emotions, Moon and Saturn are the masters in Shinkai san’s world; his poetry is romantic, his characters do not become individuals, they only want to find their counterpart and be happy, they cannot be complete without the other. Most probably his Moon is in Taurus (we do not have the birth time), which makes him very passionate and confers on him the strong visual and sensual capacity for constructing his images; although the themes play with different realities, he shows an obsession with detail and realistic scenery, an almost photographic capacity to portrait urban space.

Here lies the main difference with Hayao Miyazaki whose characters are always struggling to become real individuals; each of his films illustrates a process of individuation. Miyazaki san’s art is Solar. Makoto Shinkai san is still young; his potential is enormous. (the end)


...
[PR]

by Xavier_Astro | 2017-01-02 00:00 | 映画  

<< サンタクロースの象徴とアーキタイプ ザビエ・ベトコートより新年のご... >>