魚座の神話〜全てのものを含み持つ海/プロテウスの変容

ミケランジェロショパンビクトル・ユーゴーアインシュタインバルテュスといったきわめて有名な魚座の人物の名前を挙げてみると、黄道12宮の最後のサインが持つ美しさと複雑さが暗示されているかのようです。一人の科学者以外は皆、芸術家というのは偏りがありますが、これは魚座には天性の芸術的素質があるためです。この資質ゆえに、芸術の世界には、非常に感受性が豊かで独創性に富むクリエイターたちが生まれ続けて来ました。さらにアインシュタインをリストに加えたのは、魚座の人物であるだけでなく、先見性に富んだ知性と、宇宙の神秘を探究する能力を持っているからに他なりません。



水の柔軟宮(ミュータブルサイン)である魚座(2/19〜3/20)は、絶えず変化し続ける水(感情)を表します。従って、魚座を説明するには海にたとえるのが最適です。穏やかな海は心と精神に平和を呼び起こしますが、嵐の海は心の痛みやパニックを引き起こします。しかし、穏やかな時であれ嵐の時であれ、海はいつも変わらずに広く果てしない無限の広がりを特質として見せてくれます。このサインが持つ感情は複雑で、魚座の中の測り知れない奥深さや理解し難い側面を表しているのです。このような理由から、魚座ははっきりとしたシンプルさに憧れる一方、他者や環境に対して境界線があることを嫌う特質があります。

アインシュタインに会ったことがある人々の中には、彼のことを純粋で分かりやすいナチュラルな人物であったと語る人もおり、科学者であり天才でもあった彼を描写するには矛盾した意見とも思われます。しかし魚座の人物は、どんなに複雑なことができる能力をもっていたとしても、感情面は子供のような純真さを持ち続けているのです。私は魚座の人々は、子供時代のある瞬間に成長を止める決心をするのではないか、という印象を持ちました。まるで、自分を取り巻く腐敗した大人社会への反抗として、大人になることを拒否した子供を描いた小説(映画)「ブリキの太鼓」(1959年ギュンター・グラス原作・映画は1979年フォルカー・シュレンドルフ監督)の主人公のようにも、どこかしら思えるのです。

魚座の人物の天真爛漫さと優しさに、人々は魅了され、魚座の人に恋をしてしまうのですが、事態はとても複雑なものになりがちです。魚座の人物は、自分自身の感情と向き合うことが難しく、さらには自分の気持ちがいかに変わりやすいかをよくわかっているからです。恋人から一緒に過ごしたいという要求が高まるほどに、魚座の人物はプレッシャーを感じ、責任逃れにごまかしたり、はっきりしない態度をとってしまうのです。

川の流れによって運ばれてきた物をすべて受け入れる海のように、黄道12宮の最後のサインとして、前の11個のサイン全ての特質を魚座は含み持ちます。また、魚座は子供のように純真ですが、もちろん、それだけではなくとても老成した神の知恵を持つ存在でもあります。プロテウスの神話は、魚座との関連を示すものでしょう。彼は老人の姿をしており、ネプチューン神の息子でした。(海王星は、魚座の支配星です。)

プロテウスは、過去・現在・未来の出来事を知る海の神で、時間というものは様々な視点から見ることができる川のようなものと捉えていました。また、絶えず変化する海のように、他のものに変身する能力も持っており、ホメロスは叙事詩オデュッセイアーの中でこのように語っています。ある時、ある英雄がプロテウス神から秘密を聞き出そうと、彼を捕らえ鎖でつなぎ、閉じ込めました。プロテウスは逃れるため、自らの姿を次々と変えました。ライオン、大蛇、ヒョウ、ブタ、水、最後には木に変身しました。しかし、英雄はひるむことなくプロテウスを捕らえ続け、ついにはプロテウスは降参し英雄の問いに答えたのでした。

このエピソードは、魚座の人々の気分や態度が常に変わり続ける傾向をよく表しています。特に、精神的プレッシャーを感じている時、その傾向が顕著に表れます。何かに捕らわれたり、直面せざるを得ないような時、魚座の人々は、自分が逃れたいと思う人々を威嚇するために極めて攻撃的な側面を見せることがあります。ホメロスが示したプロテウスの変身を順番にたどってみるならば、ライオンは力と支配を表し、ヒョウはハンターのような迅速さと強欲さを、大蛇やドラゴンは狡猾さと知恵を、ブタは力のみならず低次の獣的本能を、水は感情的なゆさぶりに対応し、最後に木は、この文脈の中では、人間が監禁され閉じ込められている状態による外界との断絶を表すのでしょう。

私たちは、魚座によって吸収・統合された、黄道十二宮のサイン全てに、プロテウスの変容を関連づけることができましょう。ブタは地のサインを表し、ライオンとヒョウは火のサイン、水と大蛇は水のサイン、そして木は風のサインです。真の魚座にとって、宇宙の全てのものは平等ですから、ヒョウと水や木は、本来は同じ重要度を持つものとして扱われます。魚座は、宇宙全体と包括的につながり、宇宙の中にあるもの全てと繋がることを必要とします。全てのものは互いに繋がっており、全体の一部分でもあるのです。

勿論、あらゆるものの絶え間ない移り変わりや、感情や雰囲気の変化を、個人のレベルで取り扱うのは容易ではありません。魚座は、普通の分別ある人物になりたいだけでなく、全体と調和する能力や、自らの傷つきやすさ、取り巻く環境や人々からの影響を敏感に感じる力で、強い印象を与える人物になりたいのです。それが時に彼らを混乱させ、方向性を見失うことにもなるとしてもです。魚座は心の安定への欲求と、茫洋とした全体性との融合への欲求、という二つの間で心が引き裂かれているのでしょう。ですから、魚座の人々は、衝動や感情に意識を向ける代わりとなる効果的な方法を探し求めているのです。

その意味で、芸術は最も重要なものとなりうるわけです。魚座の人にとって芸術作品は、環境から受け取った感情、印象、メッセージの全てを入れ込む器となるのです。ミケランジェロと彼の作品の絵画、彫刻、建築を考えてみて下さい。彼のひな形である宇宙全体の知恵と、人類のあらゆる感情全てがそこにはあります。アインシュタインもまた、独自の方法で、時間とは宇宙を循環する流れであると端的に理解する能力を持った芸術家でした。時間が相対的であると言ったのは、魚座のアインシュタインだけではないでしょうか。

魚座の芸術家は、あらゆる種類の感情で作品を構成します。一方、残念な芸術家はあまりに感傷的になってしまいます。良い魚座の芸術家の名を挙げるならば、ショパンではないでしょうか。イングマール・ベイルマン監督の映画「秋のソナタ」(1978年スウェーデン)の中で、有名なピアニストである母親が娘に、ピアノでショパンの曲の解釈を教える有名なシーンがあるのですが、ショパンは感傷(つまり安っぽい感情)に浸るのではなく、感情を表現することに長けた芸術家だったと母親は語ります。そして彼女は娘にこう言うのです「同情や哀れみを捨てて演奏しなくてはならない。」と。

魚座の人々が自分を表現するもう一つの道は、あらゆる種類の愛を経験し、探究することです。彼らは、豊かで深い、けれども複雑な関係性を人々と持つ傾向があります。他のサインの人からしたら、魚座の人々が人を愛する時なぜそこまで悩み苦しむのか、その理由を理解するのは難しいかもしれません。魚座の人々はいつでも人からは容易に理解できない感情を探究しているのです。

魚座の人々が、本来の自己を表現するための創造的な道を見つけられなかった場合、中毒性のあるものに依存し現実逃避を図るのですが、これは危険な道となりましょう。彼らはドラッグやアルコール中毒を克服しようとする意志が弱まり、全てを失うことにもなりかねないからです。
そういうことから、魚座はギリシャ語で浄化を意味するカタルシスとも関連があるのですが、それもまた魚座の美しさと言えるのではないでしょうか。(終)

参照人物の出生データ(太陽のサインのみ参照)
Michelangelo:Mar./06,1475 in Caprese,Italy
Chopin:Mar./01,1810 in Zelazowa,Poland
Victor Hugo:Feb./26,1802 in Besacon,France
Albert Einstein:Mar./14,1879 in Ulm,Germany

翻訳:八田直美  監修:GIRASOL


─────────────────────────────────

PISCES

Just by mentioning some of the most famous Pisces personalities such as Michelangelo, Chopin, Victor Hugo, Einstein or Balthus, we can have an inkling of the beauty and complexity of the last sign of the zodiac. My list is biased because, except for one scientist, it consists of artists; the natural artistic tendency of this sign has given us some of the most sensitive and imaginative creators in art. And yet, Einstein belongs to this list not only for being Pisces but also for his visionary intelligence, capable of exploring the mysteries of the universe.

Pisces (February 19- March 20) is a mutable sign of water; this means that emotions (water) in this sign change constantly; thence the sea as the best metaphor to illustrate this sign. The sea can evoke peace of the soul and mind when it is calm; anguish and panic when it becomes stormy; but either in peace or turbulence, immensity is a constant attribute for the ocean. Emotional complexity in this sign is fathomless in this sign. For this reason Pisces yearn for clear and simple things, and yet they hate boundaries.

Some of the people who met Einstein talk about his purity and simplicity, which is a paradoxical opinion to describe a scientist and a genius; no matter how complicated they can be, Pisces keep their childlike quality at the emotional level. I have this impression that at some moment in their childhood, the people of this sign decide not to grow old, somehow as the hero of the film ‘The Tin Drum’, the famous novel (and film) about a child refusing to grow old as a reaction against the corruption of the adult world around him.

This innocence and tenderness of the Pisces tends to seduce people who fall in love with this sign; but things can get very complicated because Pisces lovers or partners can find difficult to commit themselves emotionally, they very well know how quickly they can feel differently; and the more demanding you are with them, the more they tend to become evasive under pressure.

As the last sign of the zodiac, Pisces includes all the qualities of the previous eleven signs, it absorbs them in the same way the ocean contains all the materials that the rivers carry in their flows. Pisces has the innocence of a child but, yes, but also the wisdom of a very old god. Proteus is one the myths associated to Pisces; he was represented as an old man; he was the son of god Neptune (the planet Neptune is the ruler of Pisces).

Proteus was a marine god who knew the past, the present and the future; for him, time was a river that he could see from different perspectives. He also had the power to change into different things, same as the sea which is constantly changing its aspect. Homer tells in the Odyssey that once a hero trapped this god with chains to find out some secrets; in order to escape, Proteus turned himself into a lion, then a serpent, a leopard, a pig, then into water and finally into a tree; the hero did not hesitate and kept the chains until Proteus gave up and answered his questions.

This episode describes well the tendency of Pisces people to change constantly their mood an attitudes, especially when they are under pressure; when they feel trapped or confronted, Pisces can show a very aggressive face in order to frighten the people from whom they want to run away. If we follow the sequence of the transformations that Homer mentions, the lion represents power and dominion, the leopard speed and rapacity as a hunter, the serpent or dragon lethal cunning as well as also wisdom, the pig strength but also lower instincts, water would correspond to emotional blackmail and finally the tree, in this context, would represent a sort of disconnection from human restraints, an autistic position.

We can associate all this metamorphosis to all the signs of the zodiac Pisces has absorbed and integrated. The pig can suggest the signs of Earth, the lion and the leopard, the Fire signs, water and the serpent, Watery sings, and the tree, Air. For an authentic Pisces, everything in the universe has equal status, a leopard is as important as water or as a tree are in nature. This sign needs to connect with the whole universe and in it, all is relevant, all is part of a whole.

Sure, all these constant mutations, different moods, are not easy to handle at a personal level. Pisces only want to be normal and sensible people but the impressive capacity to attune with wholeness, to feel radically vulnerable and affected by people and situations around them, sometimes make them feel confused and disoriented. Pisces can be torn apart between their need for stability and the need to achieve fusion into wholeness, which is a very uncertain wish. Thus, they look for different alternatives to direct their impulses and emotional estates in an effective manner.

Art would the most important. For them, a work of art is both a receptacle of all those feelings, impressions and messages they receive from their environment. Think of Michelangelo and his works in painting, sculpture, or architecture, where his casts the whole universal wisdom, the whole range of human feelings. In his own way, Einstein was also an artist capable of understanding time as a flow circulating in the universe (to put it simply). Only a Pisces could say that time is relative.

Pisces artists construct their art with all sorts of emotions; bad artists can become too sentimental. An example of a good Pisces artist would be Chopin. There is a famous scene in Igmar Bergman’s film, ‘Autumn Sonata’, where the mother, a famous pianist, shows her daughter how to interpret Chopin on the piano. She says that Chopin was an emotive, not a sentimental (she means cheap feelings) artist. She tells her, ‘You have to play it without pity’.

Experiencing and exploring all kinds of love is another path for Pisces to express themselves; they tend to have rich and profound relationships, albeit too complicated. People of other sings find difficult to understand why Pisces can suffer so much in their love situations, but they are always exploring some emotions that other people cannot grasp easily.

When Pisces cannot find a creative path to express their nature, they escape from reality through addictions; this is a dangerous path because they can get totally lost and their will to overcome enslaving with drugs or alcohol is weak.
Pisces is associated to catharsis, a Greek word meaning purification; such is the beauty of this sign.


N.B. These are the dates of the persons I mention, though I am only talking about the solar sign, not of their charts:
Michelangelo: Mars/06, 1475 in Caprese, Italy
Chopin: Mars/01, 1810 in Zelazowa, Poland
Victor Hugo: Feb/26, 1802 in Besacon, France
Albert Einstein: Mars/14, 1879 in Ulm, Germany
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-10-01 00:00 | 神話  

<< 自分自身の内なるミューズ(女神... 水瓶座の神話〜個であると同時に... >>