水瓶座の神話〜個であると同時に個を超越する象徴

12サインの最後を締めくくる水瓶座と魚座は、最も複雑で進化的です。個であると同時に個を超えた存在でもある矛盾を内在しているため、このサインは理解し難いものとなっています。皆と同じ平凡な個人でありながら、集合無意識もこの2つのサインを通して流れているのです。水瓶座は、個人と人類全体を同時に表すサインです。

この複雑さを回避するため、これらのサインの定義は一般にシンプルで表面的なものになりがちです。水瓶座は社会の幸福と発展に夢中な知性的で優しい人物で、魚座は感性が細やかで霊的な、時として重い責任を回避する人物である、というようにです。ここでこれら2つのサインの本質を探究し始めるにあたり、より適切な言い回しで表現するならば、水瓶座は人類の精神を象徴し、魚座は人類の感情を象徴する、といえるでしょう。



水瓶座はその名に水(アクア)を持つため、水(感情)との関連を想起させますが、風のサインであることを強調しておく必要があります。つまり、水瓶座が象徴するものは、生命の流れなのです。ここでいう生命の流れは、呼吸システム全体のことであり、古代インドの伝統で宇宙のプラーナ(気息:生命力を与えるものとしての気)と言われているものです。真に目覚めている健全な水瓶座は、感情的でも感傷的でもないのです。

視点を宇宙から個人のレベルに下ろした時、人体は秩序ある宇宙そのものであり、体内を巡る生命の流れは血液だと言えます。よって、水瓶座は人体において循環器系と関連付けられます。血液の流れは、心臓から血管系を通り微細な血管へと至るので、ここでいう血液とは、最も細い毛細血管をも含んだ循環器系全体を表します。水瓶座の特質を理解するときに極めて重要かつ明白な事実は、天王星に支配されている水瓶座は、システム内の至る所に同時に存在することが可能だということです。ここで言うシステムとは、水瓶座の人にとっては必要不可欠な状態で、安全かつ論理的に筋の通ったものと言えるでしょう。それ故に水瓶座の人は、自身が構築したシステムの中に没頭することを好みます。これが、水瓶座が風の固定宮だという所以です。

このことを表す適切な言葉は、至る所に存在するという意味のラテン語を語源とする「ユビキタス(同時に至る所に在る)」でしょう。さらに伝統的な哲学によれば、この言葉は宗教的な意味合いを持ち、神は至る所に存在する、と表現されます。このことは、水瓶座の人にとっては、重要な結論となりましょう。
第一に、水瓶座は神聖な特質を持ち、黄道12宮の守護的存在だと言えます。第二には、水瓶座の人はそこからいなくなってしまうと、人に感じさせる時があるのです。つまり彼らは、肉体的にはそこにいますが、感情や精神はそこにいないのです。一方で、同じものを共有し分かち合いの精神を持つ人々に囲まれている時の水瓶座の人は、しっかりとそこに存在し、とても人目を惹きます。中には、水瓶座の持つ社会的なカリスマ性に惹かれ恋に落ちる人もいますが、水瓶座の人と一個人として、親密に心の奥底まで気持ちを通わせることは難しいとわかるのです。

では、水瓶座の人自身はどうでしょうか?彼らのチャレンジとは、極めて精神的で純粋無垢な側面と、欲望や欠点を持った普通の人間的側面の両方を内面に併せ持つことですが、一体どのようにそれをやってのけているのでしょうか?確かに、それは簡単なことではなく、ついには他者との関わりを避ける生き方を選ぶ水瓶座の人も少なくないのです。このタイプの水瓶座の人物は、人と共に生きるより自分の思考の中で生きることを好みます。象牙の塔(※訳者註)の住人となり、思考と観念の世界を楽しむのです。現代のインターネット時代などは、まさに水瓶座の人にとって黄金時代と言えるでしょう。肉体的・感情的に接触することなく、人々と繋がることができるのですから。
※(デジタル大辞泉の解説より)芸術至上主義の人々が俗世間を離れて楽しむ静寂・孤高の境地。また、現実から逃避するような学者の生活や、大学の研究室などの閉鎖社会。

一方で、内なる豊かな資質を真に理解している水瓶座の人は、ここにいながらにして至る所に同時に存在することができます。(宇宙と秩序というシステムの中にいるかぎりは)。水瓶座の対極に位置する獅子座は、水瓶座の人々に魅力を感じますが、それは獅子座が、自分自身の王座や、自己の中心だけに存在しているためです。水瓶座は、自分自身が宇宙の天体の一部分であることを理解しているので、エネルギーを分かち合い、隅々にまで行き渡らせることは、極めて重要な活動です。彼らは、エネルギーの流れそのものであり、そこに人体でいう動脈・静脈・毛細血管をも加えたシステム全体だと言えるでしょう。獅子座は、本来寛大で高潔ですが、他者からの承認を必要とします。一方水瓶座は、他者からの承認を得るために時間を使うことはありません。

時間と空間が水瓶座の人の圧倒的な力を奪うことを、ほとんどの人は知り得ません。例えば山羊座は、時間と空間の制限を受け、今ここにその身を捧げます。12サインにおいて初めの10個のサインは各々に悲劇を抱えているのですが、中でも山羊座の場合、山の頂のような究極の局面へと登りつめるために、大変な痛みと苦しみを経験します。しかし、水瓶座の支配星である天王星は、時間の神たる土星を超越しています。勿論、水瓶座の人とて、自然の法則に従い、普通の人間として皆等しく歳をとり、死を迎えることは避けられません。しかし、神秘的で目覚めている水瓶座の人は、肉体と脳(土星と月に支配されている)だけは時間と腐敗の影響を免れられないことを理解しています。精神が時間と空間からの影響を受けることは決してない、これこそが偉大なる天王星が明かす神秘と言えましょう。

数ある水瓶座を表す神話の中に、ガニメデの神話がありますが、自己の超越について語っています。ガニメデは、鷲に姿を変えたゼウスに誘拐された美少年でした。ゼウスは、ガニメデをオリュンポス山(ギリシャ人にとっての天界)へと連れ去り、不死の命と永遠の若さを与え、神々の給仕係としました。ガニメデの仕事は、ネクタル(神々の飲む不老長寿の酒)と、アンブロシア(不老不死になる神々の食べ物)を給仕することでした。

神話は、聖なる啓示です。ガニメデの誘拐は、高められていく精神性を表しています。鷲の姿のゼウスは、天に上る霊的な力の現れです。古の錬金術師達は、魂の昇華のプロセスを教えるために、この神話のイメージを幾度となく使いました。ゼウスがガニメデを天界へと連れ去ったことは、この少年が天界の者であることを意味します。ガニメデは天界で、永遠の命の流れである気と宇宙の生命エネルギーを、分かち合い、広く行き渡らせているのです。

数日前、BBCで報じられたニュースは、奇妙で一風変わった、それでいて恐ろしいものでした。オーストラリアの野生動物ショーのさなか、多くの観客の目の前で、巨大な鷲が7歳前後の少年をさらっていこうとしたのです。恐らく鷲は食糧だと思ったのでしょう、気の毒に少年は、ひどく怯えていたそうです。しかし、私としてはまさにガニメデ神話とぴったりの出来事に、少年の出生チャートを見たい衝動にかられました。(彼の個人情報は保護されており不可能でしたが)。このエピソードは、彼の1回目のサターンスクエア(出生時の土星にトランジットの土星がスクエアになる時)に、人生を通じて影響を与えるのでしょう。この経験が、少年の残りの人生に与える影響を想像してみて下さい。少年は、神経質で恐怖心の強い人物に成長するのでしょうか?それとも、この事件の真の意味を理解し、天界での自分の居場所を得るというチャレンジを選択するでしょうか?少年の魂へのメッセージは、極めてパワフルだと言えましょう。彼の出生チャートで、太陽が水瓶座になかったとしても、その支配星である天王星がパワフルな位置にあることは恐らく間違いないでしょう。(終)

このニュースが掲載されたBBC NEWSサイトの記事
http://www.bbc.com/news/world-australia-36771205


翻訳:八田直美  監修:GIRASOL


─────────────────────────────────
AQUARIUS

The last two evolutionary signs are the most complex signs of the zodiac. The paradox of being both personal and transpersonal makes them difficult to understand. This means that they can be normal individuals like anybody else, but at the same time the current of the collective unconscious flows through them. An Aquarius is, simultaneously, an individual and the whole of mankind.

To avoid this complexity, common definitions of these signs tend to be simple and shallow; Aquarius would be an intelligent and kind person preoccupied for the welfare and development of society, and Pisces would be a hypersensitive, spiritual and sometimes an evasive person. But if we want to use a more efficient formula to start exploring the nature of these two signs, we can say that an Aquarius represents the face of mankind while Pisces represents the feeling of mankind.

We have to stress the fact that Aquarius is a sign of Air, because the water in the name (acqua) makes people associate this sign with Water (emotion); it is the flow of vital liquid what Aquarius represents. And that vital flow is the breathing system of the whole, the prana of the cosmos in the Vedic tradition. An authentic and healthy Aquarius is not sentimental or emotional.

At the individual level, the human body is the cosmos; the vital fluid that circulates in the body is blood, thus Aquarius is associated to the circulatory system. We know that we can track the movement of the blood from the heart through the vascular system up to the microscopic vessels; but the fact is that blood is, simultaneously, in th whole cardiovascular system, including the tiniest capillaries, and the smallest vessels. This obvious fact is extremely important to understand the nature of Aquarius; this sign ruled by Uranus has the capacity to be at the same time here and there, everywhere within a system. The system is the basic condition for an Aquarius to be safe and coherent; this reason makes this sign obsessed with his or her own system. We are talking of the fixed sign of Air.

The proper term is ubiquitous, a word from Latin origin meaning being everywhere. And in serious philosophy, this is a godly quality. We can say that God is ubiquitous. This has important consequences for the Aquarius individual. One is that there is a divine quality in this sign; Aquarius is the angel of the zodiac. Another consequence is that sometimes we can feel that the person is not there; he or she physically present but absent emotionally or mentally. Or the opposite, an Aquarius becomes present and very conspicuous when he or she is surrounded by people sharing things in common. Some fall in love with the public charisma of an Aquarius but then they find it difficult to cope with him or her in more private or intimate levels.

What about the Aquarius person herself? How he or she can cope with this huge challenge of being, on the one hand, very spiritual and angelic, and, on the other, a normal human being with needs and flaws? It is certainly not easy; many Aquarius end up isolated from people; this type of Aquarius prefers to live in their mind, in a sort of ivory tower, enjoying their thought and ideas. Internet is the golden Era for Aquarius; they can be connected virtually but without physical or emotional contact.

An Aquarius who realises his or her full potential learns to be present here and everywhere (as long as there is a system, which means order or cosmos); this is why Leo, the opposite sign, finds so fascinating Aquarius people, because a Leo can only be there, in his or her own throne, or centre. Sharing and distributing is a vital activity for Aquarius people; they can do this because they understand that they are part of the same cosmic body: they are the flow of energy itself, plus the arteries, the veins and the capillary. A Leo can be naturally generous but he or she still needs to be recognised by others, whereas Aquarius have no time for that.

The secret is that time and space lose their tyrannical power in this sign. Capricorn is crushed and sacrificed by time and space; this is the tragedy of the first ten signs, though Capricorn suffers more because he goes to the ultimate dimensions, the peak of the mountain. But Uranus transcends Saturn, the Lord of Time. Sure, as any human being, an Aquarius person is summited to the laws of nature, he or she has to age and die as any human being does, but those Aquarius who become visionaries know that only the body and the brain (ruled by Saturn and the Moon, respectively) depend on time and corruption. The Spirit cannot be affected by time or space; and this is the Great Uranus revelation.

One of the myths of this sign, Ganymede, illustrates the transcendence potential. Ganymede was an adolescent who was abducted by Zeus, in the shape of an eagle. Zeus took him to Olympus (Heaven for the Greeks) and made him immortal, eternally young, and then he became the cupbearer of the gods. Ganymede’s task was serving and distributing the nectar and ambrosia, the food of immortality.

A myth is a sacred revelation; what the abduction of Ganymede represents is the elevation of the Spirit. Zeus as an eagle is an image of the spiritual force ascending to heaven. The alchemists used this image many times to show the process of sublimation. The fact that this god took Ganymede to heaven means that this boy belonged in heaven. There, Ganymede distributes the flow of immortality, the prana or the vital energy of the cosmos.

On the BBC news, some days ago, there were some curious, funny and scary news; in Australia, a huge eagle tried to carry off a young boy (between 6 or 8 years old) during a wild animal show in front of many people. Most probably, the eagle only meant food, and the poor child was terrified; but it is such a compelling image of the myth that I would die to see the natal chart of the boy (impossible because his identity is protected). This episode will be forever associated to his first Saturn’s square; just imagine the effects of this experience for the rest of his life. Will he become a frightened neurotic man, or will he ever understand the meaning of this event, and take the challenge to take his place in Heaven? The message for the boy’s psyche is enormously powerful. If he is not an Aquarius, surely Uranus in his chart must have a powerful position.

You can see the image and the news:
Eagle tries to carry off Australian boy - BBC News
http://www.bbc.com/news/world-australia-36771205
An enormous wedge-tailed eagle attempts to carry a terrified young boy into the sky at wildlife show in remote outback Australia.
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-09-01 00:00 | 神話  

<< 魚座の神話〜全てのものを含み持... 現代における山羊座の神話 >>