「愛」についての再考〜愛はアートである

人生で最も難しい問題としてあげられるものに、「愛」というテーマがあります。カウンセラーやセラピストとして働いている誰しもが、愛のテーマの重要性を認識していることは間違いないでしょう。つい先日、私は、美人で知性的な若い女性の主張に大変心を動かされました。彼女によれば、自分をレベルアップさせるための行動は全て、完璧で理想的な結婚相手を探すためのものなのだそうです。彼女にとって理想の男性とは、自分がこれまでに注いだ全ての努力に見合った人であるべきで、彼女の素晴らしい振る舞いの対価として手にしたある種の栄冠、もしくは、勲章のようなものだと言うのです。



ああ!人生とは、それ以上に、信じられないほどに複雑なのです!理想の男性は、自己陶酔的な投影にすぎないということを、彼女がわかるようにどう説明できるというのでしょうか? さらに、彼女の心が本当に望んでいたのは、自分のシャドウを投影できる人物との関係性を手に入れることだと、あなたは彼女にはっきりと伝えられるでしょうか? 引き寄せの法則は、とても複雑です。通常、引き寄せの法則が私たちの理想通りになることは決してなく、それどころか、きっぱりと理想を否定するのです。
 
生身の人間としての個人的体験に加え、私は長年にわたり、カウンセリングを通じて愛のテーマを扱ってきました。また、多くの文学や古典哲学から愛の理論を研究せねばなりませんでした。このことは、私が愛が何であるかを知っていることを意味しているでしょうか? 断じて違います。私の人生において現時点で言えることは、せいぜい、私が愛を経験し、愛について言及した文献を数多く読み、愛について多くを語ってきたということぐらいでしょう。
 
愛について教える学派や流派では、何種類かの愛があると主張しています。利己的な愛と寛大な愛は違うとするものもあれば、肉体的愛や神秘主義的愛、あるいは、相手を所有する愛や手放す愛といった具合に、愛の程度によって違いを見出すものもあります。しかし私の意見は異なっており、愛を経験する方法やレベル、状況、人生の時期は様々あるものの、愛は一種類だけだと考えています。
 
肉体を持つ物質世界の住人である私たちは、現実的な次元で愛と出会い、愛を発見しなくてはなりません。ですから、私たちの愛はまず母親の身体から始まります。成長した後、違う次元の愛を探究しますが、愛を探究することは、私たちが友愛から憎しみに至るまで、他者が抱く感情や考え方を知る手助けとなります。そして私たちを自分自身へ目覚めさせると同時に、他者が何者であるかを研究することにもなります。遅かれ早かれ、愛は、より精妙な光、あるいは、私たち自身や宇宙からの高次元からの光をもたらします。それこそが、スピリチュアルな愛と呼ばれているものです。愛は人生の最も素晴らしい師なのです。
 
様々な方法で私たちは誰しも、愛について学ぶこととなります。愛について書かれた何百万冊もの本があり、何千人というグルが過去にも今現在も存在していて、愛を説いているのです。
 
しかしながら、最近私はある重要な点を見落としていたことに気づきました。それは、いつも私の目の前にあったもので、私に軽く触れて通り過ぎるものの、全く気付かなかったのでした。というのも、それがあまりに分かり切ったことだったからでしょう。それは、様々な文化、伝統、型からも自由に、愛は常に違った方法で生み出されるということです。そして最も重要なことは、全ての人はそれぞれ、その人だけの独自の愛の道を創り出すことができるということです。
 
愛を生み出すことを表現する言葉として「invent(生み出す・発明する)」はあまりに弱すぎます。適切な言葉は、「create(創造する)」であるべきだと、私は敢えて明言したいと思います。人生において、最も重要で卓越した愛の経験は、私たちが経験する独自の道にこそあります。それは、誰もが持っている最も主観的で美しい感覚です。二人の人が分かち合う感覚(時にはもっと多くの人と)は、二つとして同じではありません。彼らは、様々な独自の方法でお互いへの愛を分かち合っているのです。
 
このような理由で、他者の愛し方の真似をしたいといった場合には、悲惨なこととなりましょう。友人や隣人が愛し愛されていることを羨むのも哀れです。第一に、他者と全く同じように感じることは不可能です。というのも、私たち一人一人は、ユニークで複雑な宇宙そのものなのですから。第二に、私たちが誰かを真似ようと、他者に無理強いしようと、愛は純粋なクリエイティビティなのです。無茶なことを他者に要求したり、そのように愛して欲しいと他者に無理強いしようともです。もし、私たちがこのような態度で他者に強要するならば、欺かれるか、もしくは、相手をだますことになります。創造的な体験として愛するときには、愛は常に「著作権」を持って生まれてくるのです。もし自分を欺き他者の愛し方を真似るならば、私たちはその時詐欺を働いているのだと言えましょう。愛はアートであるという主張、それこそが、愛の偉大なマスター達の教えでしょう。
 
第三に、これが最も重要なポイントですが、愛は人生(生命)そのものだということです。愛しているときというのは、完全に自分を生きている実感があります。そして神秘的な啓示を得たとき、生きることと愛することには、なんら違いなどないと理解することができましょう。人生(生命)は、永遠に続く創造性の源です。アーティストは、たとえそれがどんなに痛みに満ちた経験だったとしても、愛の経験を無意識に伝えます。アーティストが伝えるもの、それは本物のアートが持つ神秘の一つと言えるでしょう。
 
ですから、ありきたりの場所は 愛にとってはあまりに致命的なのです。自己中心が愛を妨げるというのも、本当ではありません。もし私たちが、真実の愛を体験するならば、いつか、自分本位な感情や利己的な態度を克服することを学ぶでしょう。愛におけるエゴイズム、自己中心については危惧する必要はないでしょう。利己的な愛が、勘違いや偽りの愛から守ってくれることもあるからです。真の愛における最悪の敵は、感傷に浸ることです。なぜならば、それは、愛に似た感情を引き起こし、見せかけの愛を売ることすらするからです。
 
ハリウッド映画は、私たちの精神と魂にとって、恐ろしく危険なもので、そのラブストーリーとハッピーエンドの数々は、同じ愛の方程式を何千・何万回と繰り返し描いてきました。世界中の人々が、この愛の方程式を購入し続けてきました。それは私たちの脳内に入り込み、どこにでもあるような愛のひな形を押し付けつづけてきたのです。ですから、多くの思想家や教師、セラピストが、ハリウッド映画の影響から逃れることは不可能だと言えましょう。
 
そのような理由から、悲劇について、特にシェークスピエアの悲劇を学び、教えることを、私はこれまでやり続けてきました。悲劇は愛を破壊しません。それどころか、人生における愛にまつわる妄想や裏切りが、どのように破壊的な結果をもたらすのかを、私たちに教えてくれます。愛は人生の完全な充足感をもたらし、愛についての誤った考えは、死と破壊をもたらします。私たちは、登場人物が犯した悲劇的な過ちから、愛を学び習得するのです。
 
そしてもちろん、喜劇、それも良質の喜劇も、また、愛についての多くを教えてくれます。どういうことでしょうか? 登場人物たちが愛したり、恋することに、あまりに深刻だったり、気取っていたりするので、私たちは可笑しくて笑ってしまうでしょう。良質の喜劇では、主人公は苦い教訓を通じて謙虚さを学ぶのです。私がお薦めしたいのは、シェークスピアの戯曲「空騒ぎ(’Mach Ado About Love’)」や「恋の骨折り損(’Love’s Labour’s Lost')」、アメリカ映画の「卒業('The Graduate' 1967年制作)」や、日本映画の「Shall we ダンス?(1996年公開)」(ハリウッド版はひどかったですが)などです。アメリカのミュージカルやラブコメディーにも良いものがありますね。ごくありふれた愛をおちゃらかして冗談にしてしまっています。ペドロ・アルモドーバル(スペインの映画監督)は、愛の様々な状況(シーン)や起こりうる可能性をジョークに乗せて、楽しい喜劇を数多く作りました。私のお気に入りのフランス人映画監督、エリック・ロメールは、非常に楽しく上品で、優雅に洗練された喜劇を作りました。これまでに私は、エリック・ロメールが好きという日本の方々にもたくさん会いました。

そして、愛をテーマにしたアメリカ映画ももちろん、非常に数多くあります。しかし、ほとんどがハッピーエンドではないのですが。ただ、「ブルー・ベルベット('Blue Velvet')」(ディヴィット・リンチ監督1986年)だけは、例外でしょう。この映画は、愛し方を学んでゆくその痛みに満ちたプロセスを描いており、このような場合においては、ハッピーエンドもよいのではないでしょうか。(終)

─────────────────────────────────

DISCOVERING LOVE ONCE AGAIN

One of the most complicated issues in human life is the theme of love; it certainly is a big issue for anybody who works as a counsellor or as a therapist. Recently, I was moved to tears when a young woman, beautiful and intelligent, claimed that all her actions to improve herself as a person were focused in finding her perfect match for this life. The ideal man should be the prize for all her efforts; a sort of crown, or medal, for her good behaviour.

Alas! Life is incredibly more complicated than that. How can you elucidate with her the notion that that ideal man was only a narcissistic projection? Or that what the psyche really wants is to find someone, a relationship, to whom she can project her own shadow? The laws of attraction are very complicated and, normally, they never obey our ideals; those laws rather contradict those ideals.

In addition to my personal experience as any mortal, I have been dealing with this theme for decades in counselling, and I have had to study theories of love in most literary and philosophical traditions. Does this mean that I know what love is? Certainly not. All I can say, at this stage of my life, is that I have experienced it, read a lot about it, and talked a lot about it.

Some school of thought or traditions of the art of love maintain that there are several kinds of love; some distinguish between selfish love and generous love; others see different degrees of love, from the physical to the mystical, from the possession of the object of our love to surrender. My personal opinion is different; I think there is only one kind of love but we experience it in different ways, levels, situations and periods of our life.

We have bodies and we live in a physical world, so we have to encounter and discover love in a concrete dimension; we start with our mother’s body. Later on, we explore different dimensions of love; seeking for love help us to discover other’s own feelings and ideas, from friendship to hatred; all this makes us become conscious of ourselves, and thus investigate what others are. Sooner or later love brings to light more subtle or superior dimensions of ourselves and of the universe; that is what people call spiritual love. Love is the best teacher in life.

In one way or another, we all know about this theme; there are millions of books about it, and thousands of gurus, dead or alive, teaching it.

Recently, however, I realised that I had been missing an important point. It had always been in front of me, I had grazed it but I had not been quite aware of it; maybe because it was so obvious. Independently of the different cultures, traditions, or even fashions, love is always invented in a different way. And, most important, every human being can invent his or her own way of love.

Thence, I dare claim that ‘invent’ is too soft a word for it; the proper word should be ‘create’. What makes love the most outstanding experience in life is the unique way in which we experience it. It is the most subjective and beautiful feeling we can have. What two, sometimes more, human beings are sharing is not the same feeling; they are sharing the two, or more, different ways in which they love each other.

For this reason, wanting to copy from others a way of loving can be disastrous. Envying the way my friend or my neighbour loves or is in love is pathetic. First, it is impossible to feel exactly the same that another individual feels; each one of us is a unique complex universe. Second, love is pure creativity, if we copy or impose on others, or on the other person, the manner in which we want to be loved, we are asking for something impossible; if we insist in this attitude, either we are deceived or we cheat. As a creative experience, love comes always with a copyright, when we copy ways of loving we are cheating ourselves, we are committing a fraud. That is what the great masters of love meant when they asserted that love is an art.

Third and most important point, love is life. Thus, we feel totally alive when we are in love. When we have a mystical revelation, we are able to see that there is no difference between being alive and being in love. And life is a non-ending source of creativity. One of the secrets of authentic art is that the artist coveys, unconsciously, his or her own experience of love, no matter how painfully that experience could have been.

This is why common places are so lethal for love. It is not true that selfishness prevents it; if we experience real love, it will eventually teach us to overcome selfish feelings or egotistical attitudes; I would not be worried about egoism in love because it can preserve us from delusion or false love. The real, the worst enemy of love is sentimentalism because it can imitate feelings and sell fake love.

Hollywood cinema can be terribly dangerous for our minds and souls; its love stories and happy endings repeat the same formula thousands and thousands of times. People all around the world have bought this formula; it has been inserted in our brains, it tries to impose its banal model of love; many thinkers, teachers and therapists cannot escape from Hollywood’s influence.

For this reason I insist on studying and teaching tragedies, especially those of Shakespeare’s. Tragedy does not destroy love; on the contrary, tragedy teaches us the devastating effects that delusion or betrayal of love can have in our life. Love incarnates fullness of life; misunderstanding this brings about death and destruction; we learn this through the tragic characters’ mistakes.

And, of course, comedy, the good comedy, teaches us lots about love too. Why? because we can laugh when the characters become too serious or pretentious about love, or about falling in love. In the good comedies, the heroes learn hard lessons of humility. I recommend Shakespeare’s ‘Much Ado About Love’ or ‘Love’s Labour’s Lost’; ‘The Graduate’ an American movie; the Japanese ‘Shall We Dance’ (the Hollywood version was terrible). Some American musicals, love comedies, can be good because they allow themselves to make fun of common places of loving. Almodovar, the Spanish film director, has many funny comedies where he jokes with different situations and possibilities of love. My favourite French director, Eric Rohmer made delicious and highly refined comedies. I have met many Japanese people who like Rohmer enormously.

And sure, sure, there are hundreds of good American movies about love, but most of them do not have a happy ending. ‘Blue Velvet’, directed by David Lynch, is an exception; it shows the painful process of learning how to love; in such a case, a happy ending is totally justified.(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-06-01 00:00  

<< 神話と12サイン〜神話というシ... 「孤独」と「真の個としてあること」 >>